酢大豆の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

酢大豆の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

大豆は、畑の牛肉とも表現されるほど豊富な栄養素を含んでいる食品です。このために、ミラクルフードとして世界中で脚光を浴びています。これは、植物由来のものの中では唯一肉類と同レベルのたんぱく質を含有していることが関係しています。豆腐や納豆などの様々な大豆製食品が開発されていますが、いずれも健康には非常に有効な効果を期待できるものばかりです。しかもローカロリーであるということも特徴であり、ダイエット中の健康をキープするためにも有効です。その中で、特におすすめなのが酢大豆です。酢大豆は、名前が示している通りの内容で、大豆を酢につけたものです。このために、簡単な作り方であり、特別なテクニックや専門的な道具などは必要ありません。料理についての知識や経験が全くない人でも、作ることが出来ます。大豆同様に酢も健康に効果的ということで、高い評価を得ている液体調味料です。これらを組み合わせることにより、さらに有効性は増加することになります。また、他の料理に加えるという利用が可能であり、楽しみながら健康になれるということが酢大豆を作る上での大きな魅力です。綺麗に痩せたいという人や快適な生活を過ごしたい人には、酢大豆は特におすすめです。

酢大豆を作ることの楽しさ

酢大豆には、女性の健康をサポートする成分が豊富に含まれています。特に、有効なのが大豆イソフラボンというポリフェノールの一種です。この成分は、女性ホルモンのエストロゲンと非常に似た構造であり、同様の作用を発揮します。このために、女性ホルモンの分泌量が低下している時に摂取することにより、体調を整える効果を期待できます。 また、この大豆イソフラボンには老化を進行させる原因物質の活性酸素の働きを抑制する抗酸化作用もあります。つまり、年齢を重ねるにつれて発生する確率が高くなる不調を改善するアンチエイジング効果があるということです。 活性酸素は、ストレスの強い生活を過ごしていると増加してしまいます。このために、普段の生活がつらいと感じている人ほど老化が進行するということになります。酢大豆を食べることにより、このような問題を解消することが可能です。 また、酢大豆は血液循環を良化させる効果もあるので、体内の代謝機能を活性化させます。老廃物の排出もスムーズに行えるようになるので、多くの女性の悩みの種である冷えや便秘に対しても有効ということになります。このように、様々なメリットを酢大豆を作ることにより得られます。

酢大豆を作るのに用意する物

酢大豆というのは、ここのところ美容やダイエットなどに興味を持っている女性たちから特に人気の食品として評判になっているものです。これはどのようなものかというと、簡単に言えば大豆の酢漬けです。そのまま食べても美味しいですし、料理に使うという方もいますが、冷蔵庫に常備しておきたい女性の味方と言えます。手作り方法さえ分かってしまえば、手軽に簡単に酢大豆を作ることが出来るようになるので、是非ともチャレンジしてみてはいかがでしょうか。大豆の中に豊富に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンの働きのためにも効果的であり、更年期を迎える中高年の方には理想的な食品であることは広く知られています。しかし、毎日お豆腐や味噌汁を食べることも少なくなっているという人も増えており、大豆離れをしている日本人も多くなっているそうです。だからこそ、サプリメントのように気軽に摂取できる酢大豆を、ご家庭に常備しておくことはとても大切なことです。作る際に用意するものとしては、まず大豆、そして水とボウル、ざる、お好みのお酢と砂糖、塩などの調味料です。一緒に昆布などを漬けてしまうという方であれば、昆布もお好きなだけ用意しましょう。

酢大豆の作り方の手順

酢大豆の作り方の手順としては、まずざるに大豆を入れて水洗いします。それをボウルに入れ、たっぷりの水を入れて一晩おきます。こうすることで、大豆をゆっくりと水戻しすることが出来るので、仕上がりが美味しくなります。夏場は気温が高くて水が腐ったりするといけないので、心配な場合には冷蔵庫に入れておくのも良いでしょう。さて翌日になったら、水切りをします。その間に、煮沸消毒をした清潔な瓶などに酢を用意します。味をみながら、砂糖と塩で味を調えていきますが、ドライハーブやさんしょう、カレー粉などといった様々なスパイスを加えることにより、さらに食べやすい酢大豆となってくれます。さて酢の味がきまったら、そこに大豆を入れましょう。この時に大豆の量の方が多かったりすると、しっかりと漬からない部分が出てきてしまうので注意が必要です。保存容器にしっかりと蓋をしたら、あとは冷蔵庫に入れて数日待ちます。大豆の量にもよりますが、2、3日もすると味がしっかりと大豆の中に入ってくるので美味しく頂けます。朝起きたら5粒食べる、というように日課にしてしまうと食べ忘れも無くなり、しっかりと続けられるので美容効果も出てくるものです。

酢大豆の作り方のまとめ

酢大豆の手作り方法は、生の大豆をそのまま使用するのとから炒りしてから使うやり方との2種類があります。有効成分を補給する為には生の状態で使う方が適当なのですが、青臭さが残ってしまうので食べにくいという問題が生じます。このために、味を重視したいという人は大豆をから炒りしたものを使う方法をおすすめします。 から炒りしたものによる酢大豆の作り方は、まずは大豆を良く洗うということから始めます。そして、キッチンペーパーにより水気を切ります。そして、茶色っぽく色付く程度まで20分~25分程度弱火で炒めます。これをガラス瓶の3分の1程度まで入れて、大豆の高さより数センチメートル上回る高さにまで酢を注ぎます。 この状態で蓋を閉じて密閉すると、1~2日程度で大豆が膨らんで酢の上に出るようになるので、再び完全に浸るまで酢を注ぐことになります。これを数回繰り返して大豆が酢の上に顔を出さなくなれば、完成となります。大体1週間~10日程度の日数が必要となります。 出来あがった大豆は、瓶から取り出しざるなどで酢を切ってから冷蔵庫で保管します。残りの酢は、大豆の栄養分が溶け込んでおり味もまろやかになっています。このために、そのまま飲んだり料理に使用することも可能です。

領収書エクセルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

金銭の受け渡しの証明書として利用されているものには領収書と呼ばれるものがあります。一般的な小売業などで発行されるレシート...

y001-1404

オムライスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本で誕生したお米を使った料理のオムライスは、みんなが大好きな洋食メニューの鉄板でもあります。甘さと酸味のきいたケチャッ...

y001-0935

ホワイトソースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ママにとって毎日の献立、悩みますね。お子さんがいれば長期の休みに入れば、ランチも用意しなければならないし…と朝昼晩の献立...

y001-0421

猫ちぐらの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

猫ちぐらとは藁でできた猫ベッドのことで、猫を飼っている人の間で大人気の商品です。通気性が良く、保湿性にも優れていますので...

1人あやとりの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現在の世の中には、様々な場面、小学校、幼稚園、保育所、介護施設等であやとり、特に1人あやとりが行われています。これらが何...

y001-1446

エクセルでカレンダー作成の簡単な手作り方法や作り方・DIY・...

エクセルは、データを様々な角度から見るときによく使われる、ビジネスで必須のツールです。セルと呼ばれる枠に数字や式を入力し...

y001-0437

徳川家康年表の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

徳川家康年表を作る理由や目的は様々です。大学受験生が日本史対策として作る場合もあれば、歴史が好きな人が趣味で作る場合もあ...

y001-0859

レインボールームの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ブレスレットなどのアクセサリーを購入するときには、ブランドの正規代理店やセレクトショップなどのお店に行かないと入手する事...

y001-0873

らっきょう漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

らっきょう漬けは、カリッとした歯ごたえが魅力で、カレーの付け合せとして知られています。らっきょう漬けはカレーの辛さを中和...

折り紙ブーケの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

封筒というのはお店にたくさんのデザインのものが売っているのですが、それらのお店で売っている封筒はそれぞれのお店で扱ってい...

y001-0083

門松の簡単な手作り方...

知っている通り、お正月のシーズンに飾るために使われる道具...

y001-0651

七夕飾り手作りの簡単...

毎年7月7日になると、それぞれの家の軒先などに七夕飾りを...

y001-0980

プラネタリウムの簡単...

夜空に光り輝く星々を見ていると、とても現像的な雰囲気に見...

y001-0488

台紙の簡単な手作り方...

現在では多機能型の携帯電話が普及しており、いつでも写真撮...