生クリーム牛乳の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

生クリーム牛乳の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ケーキにたっぷりと塗りつけてある、生クリームの食感が好きだという人は多く存在します。まったりと濃厚なホイップクリームの甘みのある味に、とりこになってしまうものです。このように、生クリームからできたホイップクリームは、ケーキに限らず、様々なお菓子に使われています。クッキーやビスケットでサンドしたり、菓子パンのトッピング、サンドイッチ、クレープに利用されるなど、美味しいお菓子にはよく使われています。生クリームはホイップして使うだけでなく、そのままシチューなどの調理に使われることも多々あります。そんな生クリームですが、実は普通の牛乳を使っても、簡単に生クリームができる手作り方法が存在します。生クリーム牛乳と呼ばれているものです。牛乳と生クリームは本来、別物ですので、牛乳から完璧な生クリームを作ることはできませんが、料理に加える程度の目的として生クリームを使いたいのであれば、生クリーム牛乳で十分に代用が可能です。お菓子用にホイップクリームを作る場合には、風味が違いますのであまりおすすめはできませんが、料理くらいならさほど問題なく使えるのが便利です。生クリーム牛乳をいつでも手作りできるよう、材料を常備しておきたいところです。

生クリーム牛乳を作ることの楽しさ

生クリーム牛乳を手作りする楽しさは、なんといっても材料が少なく、簡単に作れてしまうことです。材料を適量用意したら、料理ができない子供やご主人などに後の作業を任せてしまっても作れるくらい、驚くほど簡単です。生クリームが急きょ必要になった時に、心強い味方になってくれるでしょう。 生クリーム牛乳は代用品という存在ですので、本物の生クリームの味とは違います。しかし、生クリームの欠点として、日持ちがしないという部分を持っています。ケーキなどのホイップクリームをたくさん作る時には使い切れるでしょうが、料理にアクセントを加える程度の量を使うには、よく市販されている生クリームのパッケージでは量が多すぎてしまいます。価格も割と高いですので、せっかく購入した商品をほとんど使わずに捨ててしまっては、あまりにももったいないといえるでしょう。 その点、生クリーム牛乳を作れば、材料費があまりかかりませんし、手作りのメリットを活かして、使いたい量だけを作ることが可能です。この方法であれば、大量に捨ててしまわなければならない事態に陥らずに済みます。 材料をしっかりと使い切って、さらに料理を美味しくできる手段とあり、利用価値が高いといえます。

生クリーム牛乳を作るのに用意する物

生クリームを生クリーム牛乳として簡単に手作りすることが可能です。 手元に生クリームがないときには、生クリームの代用として使える材料を2つ用意しておきます。 それが牛乳とバターです。 この2つの材料で作られる生クリーム牛乳は一般的な生クリーム脂肪分36パーセントタイプの1カップ分にあたります。 牛乳は4分の3カップ必要になります。 バターは3分の1カップほど用意してください。 この2つの材料で簡単に生クリーム牛乳を作ることができますが、用意した牛乳がどのタイプのものであるかをチェックしてみます。 理由は牛乳にも低脂肪タイプや無脂肪タイプなどさまざまな種類があるからです。 使用する牛乳のタイプにより生クリーム牛乳の仕上がりにも変化があります。 このとき確認した牛乳がもしも無脂肪タイプの牛乳ならばある材料をもうひとつ加えることで、仕上がりの味にコクを与えることができます。 もちろん無脂肪タイプの牛乳だからと言って生クリーム牛乳ができないわけではありませんが、無脂肪タイプの牛乳に小麦粉を約大さじ1杯加えるだけで、その仕上がりの差を補うことができます。 手作り方法で作る際に用意するものは、基本はバターと牛乳ですが好みや手元にある牛乳によりさらに小麦粉を準備するとよいです。

生クリーム牛乳の作り方の手順

"生クリーム牛乳の簡単手作り方法の手順をみていきます。 まず冷蔵庫から出した牛乳ははじめに小鍋などを使用して温めます。 このときに注意したいのが牛乳を温める温度です。 沸騰させてはいけません。 常に温めている牛乳の温度が沸騰しないように注意しながら火にけるようにしてください。 温度にして約70度以下を保つようにして、牛乳を温めます。 牛乳がほどよく温まったら、ここでバターを投入します。 これで市販の生クリームのように使える生クリーム牛乳の出来上がりです。 お菓子作りなどホイップして泡立てるときには、一度冷ましてから使うようにします。 シチューなど料理に使用するときには冷ます過程はいりません。 これ以外にもお菓子作りの目的としてはじめから泡立てることを念頭に置いている方は、冷ます過程を省くことができる作り方の手順も紹介します。 材料は同じですが、この作り方では温めるのは牛乳ではなく、バターのほうになります。 バターを焦がさないように溶かしていきます。 電子レンジなどを使うと簡単にバターを溶かすことができます。 溶かしたバターに牛乳を投入してください。 バターと牛乳をよく混ぜ合わせたら完成です。 このままいつものように泡だててください。

生クリーム牛乳の作り方のまとめ

手作り方法として、最初に材料を揃えておきます。材料の種類はとても少なく、牛乳とバターさえあれば作れます。分量の比率としては、バター1に対して、牛乳を3用意します。または、牛乳を45対し、バターを55という比率もありますが、まずは試しに少量だけ作ってみて、使いやすい味に仕上がる比率の作り方を利用するとよいでしょう。 この2種類の材料をよく混ぜ合わせるだけで完成しますが、そのままではバターが硬すぎますので、バターは軟らかく溶かして混ぜ合わせます。または、牛乳を火にかけた鍋で温めてから、バターをその中に加えて混ぜるという方法もあります。 鍋を火にかける時には、沸騰させないようにするのがコツです。だいたい70度くらいの温度を保つようにし、材料を混ぜ合わせると、上手に作れます。 生クリーム牛乳であっても、日持ちがするものではありませんので、作ったならすぐに料理の材料として使い切ってしまいましょう。また、風味は生クリームよりも、バターの風味が強くなります。大さじで数杯分使うくらいならこれでも構いませんが、生クリームの風味を本格的に引き立たせたい時には、素直に生クリームを購入して使用した方が無難であることを覚えておいてください。

y001-1055

バザー手作りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

バザーには色々なアイテムが出品されるもので、販売で得た利益が寄付されることを考えると、思い切って高価な物を出してみようと...

y001-0557

水琴窟の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

国内では古い時代に和風庭園などに造られたものとして、水琴窟と呼ばれるものがあります。水源から水鉢へと水を引き込むことにな...

y001-1449

うりの漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

うり科の野菜には色々ありますが、その中でも健康長寿野菜と言われているのが、にがうりです。沖縄ではゴーヤーと呼ばれており、...

ピクルスレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ピクルスとは西洋風の漬物のことで、野菜や果実を酢や香辛料などを合わせた汁につけたものをいいます。ピクルスは肉料理のサイド...

y001-0576

新聞紙で作るエコバックの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レ...

新聞紙は一回読むと資源ごみとして出してしまう事が多い紙です。ですが、新聞紙にはさまざまな活用方法があります。濡らしてガラ...

y001-0598

小豆の煮方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

小豆は和菓子の材料や赤飯、お汁粉など日本人の食生活に欠かせない食材です。たんぱく質、ビタミンB1、ビタミンB2、食物繊維...

y001-0514

折り紙手裏剣折り方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昔から子供を中心に親しまれている遊びとして、折り紙があります。折り紙は文房具屋などにいけば、大抵売られている商品で、赤や...

y001-1272

サラダうどんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏の暑い時期は料理もおっくうです。火を使うとコンロの前は蒸し風呂のようになって、蒸し暑いキッチンで長時間料理をしようとい...

y001-0609

手打ちそばの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手打ちそばは非常に奥の深い料理であります。そのため、初心者が自宅で作るのは難しいと思われがちですが、実はそうではありませ...

y001-0980

プラネタリウムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夜空に光り輝く星々を見ていると、とても現像的な雰囲気に見とれてしまう人も多いはずです。星の光には強く輝くもの、ぼんやりと...

y001-0360

紐ブレスレットの簡単...

おしゃれを徹底的に追及するなら、人とは少し違った場所まで...

y001-0640

手芸フェルトの簡単な...

自分の趣味を持つことは、毎日の生活にも楽しみが増えるので...

y001-0726

勾玉の簡単な手作り方...

勾玉とは古代日本や朝鮮で使われた装飾具の一つで、Cの字型...

y001-0319

味噌漬けの簡単な手作...

日本人のふるさとの味であるお味噌は様々な料理に使え、万能...