豆乳クリームの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

豆乳クリームの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

最近になって話題となっている豆乳クリーム、見聞きしたことがある人も多いはずです。この豆乳クリームのメリットは大きく、単純に美味しいだけではなく、普通のクリームを使うよりもカロリーや脂質がぐっと抑えられるのです。一般的なクリームは乳脂肪が強く、コクとうまみがありますが、それだけにカロリーや脂質が高く、ダイエット中の人はもちろんのこと、健康に気遣っている人にとっても気になってしまう食材になるのです。対して豆乳クリームは生クリームの代わりに豆乳を使っていますので、脂肪分は少なく、カロリーも少ないものとなります。しかも最近は牛乳にアレルギーを持っている人も多く、そうなってくると通常の生クリームは食べられず、普通に売っているケーキなども食べられないことが多いのです。また糖尿病患者など、食事制限を行っている人にとって、生クリームというのは美味しい反面、危険な食べ物となってしまうのです。それゆえ代用品として、しかも普通に食べて美味しいクリームですので、作って食べることが多くなっているのです。菓子だけではなく普通の料理にも使うことができますので、これまで制限されていたものも可能となり、バリエーションが広がるのです。

豆乳クリームを作ることの楽しさ

しかしながら豆乳クリームというのは市販品はまだ少なく、自分好みのものを見つけるのが難しいのです。それゆえ手作りするのがよく、簡単にできますので覚えておいて損はありません。しかもお子さんがいらっしゃるのなら、一緒に手作りするのもよく、お菓子作りから料理まで幅広く使うことができるのです。 特に糖尿病やアレルギーを持っている人にとって、食事とは制限が多く、楽しくない場合が多いのです。食べたいものを病気のせいで食べられない、そのストレスは大きく、そんな時に豆乳クリームは役立ってくれるのです。また自宅で作れるようになれば、カロリー計算なども行いやすいですし、そうなると健康にも役立ちます。他にも手作りする楽しさを知ることによって、食の大切さを学ぶことができますので、自宅で料理するということは大きな意味を持ってくるのです。 特定食品に対するアレルギー、糖尿病で食事制限をしなければいけない、そういう人にとって食べることが切なくなる場合もあります。そういった時に手作りをすることによって、食事のバリエーションが増えて楽しさがますので、気になっている方は一度チャレンジするのがよく、意外と簡単にできることがわかります。

豆乳クリームを作るのに用意する物

豆乳クリームを作る際には、さまざまな作り方がありその材料によりいろいろなタイプの豆乳クリームが簡単にできあがります。 今回の投入クリームの手作り方法では市販で販売されている泡豆腐の素を手に入れることができなくても簡単に家にある材料で作れる豆乳クリームになります。 まず豆乳は200cc用意します。 次にコーンスターチを用意します。 コーンスターチが手元にない場合は片栗粉で代用することができます。 コーンスターチは大さじ2杯ほどだけ使用するので、たくさん用意する必要はありません。 次に砂糖です。 砂糖は普段使っている砂糖のタイプならどれでもかまいませんが、甘さにコクを出したい場合は黒糖などもおすすめです。 砂糖は大さじ1杯プラス小さじ1杯の分量使用します。 はちみつも用意してください。 はちみつは大さじ1杯です。 以上の材料で作ることができますが、できあがりの風味をさらに良いものにしたい場合はバニラエッセンスを用意するといいです。 調理用具は泡だて器と鍋を準備します。 鍋は小ぶりの小鍋で構いません。 また出来上がり後に鍋から豆乳クリームを出し冷ますのに使う、バットなどの皿も必要になります。 基本的に、豆乳、コーンスターチ、砂糖類などの甘味料を用意するだけでできます。

豆乳クリームの作り方の手順

豆乳クリームの手作り方法の作り方をみていきます。 まず小鍋にコーンスターチと砂糖を全量いれます。 2つの材料を全量入れたら、泡だて器を使ってよく混ぜてあげます。 混ぜる工程をしっかり行うことでダマを防ぐことができます。 この段階ではまだ小鍋は火にかけません。 コーンスターチ、砂糖をしっかり混ぜ合わせたら、豆乳を入れていきます。 注意したいのが、豆乳をいっきに注がないということです。 少量の豆乳を少しずつ加えていき、数回に分けて小鍋に豆乳を足します。 はちみつやバニラエッセンスを加えるタイミングはこの時がよいです。 豆乳を少し入れて混ぜる、そしてはちみつやバニラエッセンスを加えまたよく混ぜる、そしてまた豆乳を再度少しずつ加えます。 全量の豆乳を入れ終わったらここで小鍋を火にかけます。 火は弱火をキープします。 泡立て器で混ぜながらするのがポイントです。 火から下ろすタイミングはかるくとろみがついたときが最適です。 このときとろみは、まだすこし緩さが残るくらいの状態を示します。 豆乳クリームは冷めるとかたくなりますので、自分が好きなかたさになる手前で火から下ろしてください。 バットの豆乳クリームを移します。 使用前まではラップなどをかけておくと良いです。

豆乳クリームの作り方のまとめ

それでは豆乳クリームの手作り方法ですが、用意するのは豆乳200cc、コーンスターチ大匙1、三温糖大匙2と小匙1、ハチミツ大匙1、バニラエッセンス少々になります。コクを出したい場合は卵黄1コを加えてもいいですが、ヘルシーさを求めるのなら入れない方がいいです。 鍋に三温糖とコーンスターチを入れて泡だて器でクルクルとかき回します。これはダマになるのを防ぐためで、量が少ないのでふるいにかける必要はないです。次に豆乳を少量注いで混ぜていきます。ハチミツ、バニラエッセンス、卵黄を加える場合もここで入れます。さらに少しずつ豆乳を加えて混ぜていき、全てを注ぎ終えます。 豆乳を全部入れたら火にかけて、泡だて器で混ぜながら弱火で加熱していきます。まだゆるそうに見えるくらいで火を止めて、バットなどに流して使うまでラップをかけておきます。この時、熱いうちにラップをすることで細菌の繁殖が抑えられます。 砂糖の分量を半分以下に減らすと料理にも使用できるクリームとなりますので、使ってみてください。豆乳クリームによってコクやうまみが加わってくれますので、味気なさや物足りなさが減って、食べごたえや充実感が出て食事に満足できるようになります。

y001-0454

的当ての簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

家庭内で遊ぶことのできるゲームの一種として的当てと呼ばれるものがあります。比較的古い時代から用いられているものになり、特...

y001-1155

テリーヌの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

テリーヌを簡単に手作りすることで、大勢を招いたパーティーやちょっとした友人だけで囲むパーティーを色鮮やかに演出することが...

y001-1453

うどんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

うどんは蕎麦に並ぶ日本の国民食です。讃岐うどんで有名な香川県は、「うどん県」と銘打ってアピールが盛んです。讃岐うどんはコ...

y001-1456

うちわの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

うちわは今では当たり前のように繁華街で無料配布されていますが、無料で手に入るものをあえて手作りするのには理由があります。...

y001-0921

マンゴー切り方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

南国の果物の中でも特に人気のある果物であるマンゴーは、ねっとりした濃厚な甘みとコクのある香りで果物の女王と呼ばれています...

y001-0673

紙トンボの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

"から子供の遊びとして伝えられてきた竹とんぼですが、身近に竹が少なくなったことや、刃物を使う危険があるため、近頃ではめっ...

y001-0301

夜会巻きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

友人の結婚式の披露パーティーに招待された、華やかなパーティーに出席する、などと言う場合に女性が気になるのがヘヤースタイル...

y001-1221

スモークサーモンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スモークサーモンは、サーモンをより一層美味しく食べる方法の1つです。サーモンは様々な調理法に適する食材ですが、スモークサ...

y001-0898

メンマの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ラーメンの具材には欠かせないメンマは、たけのこが食材になっている料理で、独特の食感が人気です。たけのこが在れば、炒めてあ...

y001-1322

キュウリの奈良漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本の食卓にかかせないものといえば漬物です。漬物にはさまざまな種類があり、素材を漬ける方法もそれぞれ異なります。塩漬けを...

y001-0043

シュシュの簡単な手作...

シュシュは買う物と思っていたのですが、案外簡単に手作り出...

y001-0338

編み込みやり方の簡単...

ヘアアレンジの中でも、様々なバリエーションが楽しめるアレ...

y001-0800

夏祭り飾り手作りの簡...

梅雨が明けて夏が来ると、保育園や幼稚園では「夏祭り」が始...

y001-0322

本格的杏仁豆腐の簡単...

大豆を原料とした加工食品である豆腐は、東アジアから東南ア...