美味しい冷やし中華の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

美味しい冷やし中華の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

美味しい冷やし中華は、体が火照って夏バテしやすい時期にも最適です。上にのせる具材を変えれば日替わりで食べられます。冷やし中華は子どもでも食べやすく、大人の男性にも人気のあるメニューです。家族で食べるのにもぴったりのレシピです。市販の中華麺を買うのでも良いですし、乾麺のスパゲッティに重曹を入れれば中華麺に早変わりさせることも出来ます。生麺を買ってしまうと日持ちしませんが、乾麺ならば長期間保存が可能です。重曹も保存がききます。スパゲッティならば食べたい本数だけとって茹でられるので、量の調節も簡単です。もちろん、市販の中華麺を使っても良いですし、自宅で麺から手作りしても良いです。市販の麺を使う方法は最も簡単で、暑い時に火を使う時間を短縮出来ます。上にのせる具は、紅生姜、きゅうり、トマト、錦糸卵、ハム、チャーシュー、などが定番ですが、それ以外にも冷蔵庫に残っている野菜の片付け料理としても使えます。冷蔵庫の野菜を一掃させたい、火をなるべく使いたくない、冷たいものが食べたい、家族で食べられるレシピが作りたい、という時に重宝します。美味しい冷やし中華には美味しいタレが欠かせませんが、それも手作りすれば経済的です。

美味しい冷やし中華を作ることの楽しさ

冷やし中華のメリットは、彩りが良いことに尽きます。夏場は暑さのために食欲が衰えがちで、ついついパンだけ、そうめんだけ、など単品の食事に偏りがちです。 しかし、炭水化物だけ摂っていると、体内でエネルギーに変えるビタミン類が不足してしまうため、疲れやすくなります。疲れるとさらに食欲が落ちて、という悪循環に陥ってしまいます。 その悪循環を断ち切ることができるのが、冷やし中華です。冷やし中華は上に具をのせるのが定番なので、いろいろな野菜をとることが出来ます。夏場に不足しがちなビタミンやミネラルもたっぷりのせることが出来ます。 体を冷やしたいならば、きゅうり、トマト、をのせると良いです。紅生姜は色がはっきりしていて、食欲をそそってくれます。 それにプラスして、タレを手作りすると経済的で毎回味わいを変えることが出来ます。基本的には、醤油、酢、ごま油、砂糖、だし汁(もしくは鶏ガラスープ)を混ぜれば作れます。酸味が欲しい時にはレモン汁を搾ったりしても美味しいです。逆に酸味が苦手な人は、タレをひと煮立ちさせると酸味が和らぎます。夏バテ予防に唐辛子や辛子をプラスしてもOKです。 彩りよく盛りつければ、家族の食欲がアップします。

美味しい冷やし中華を作るのに用意する物

暑い夏がきますと、誰しも食欲がなくなるものです。 それでは体力が低下し、思うように活動ができなくなるとされます。 夏の暑い時期だからこそ、たくさん栄養のあるものを食べて力をつけておきたいというわけです。 そこで、暑いときでもすんなりと食べられる涼しげな食べ物を紹介したいと思います。 夏と言えば冷やし中華が思いつく人も多いのではないかとされますが、それですと食欲が低下していてもおいしく食べられるということになります。 美味しい冷やし中華の簡単な手作り方法として、まず用意するものを挙げますと麺の上にのせる具材が大切になるわけで、野菜や焼き豚、ハムといった数々のものをのせれば美味しい冷やし中華の完成なのですがたまにはアレンジしてみても美味しく食べられます。 麺類というと一見、栄養が不足しそうですが麺の上にのせる具材によりとてもヘルシーに十分と言える必要な栄養をとることが可能であります。 一ついつもと変わった美味しい冷やし中華を紹介してみようと思いますが、用意するものとして中華めんの他にきゅうり、豚や鶏のひき肉、レタスなどの野菜を揃えます。 あればほかの野菜をのせても構いませんが、見た目をきれいにする意味でそれくらいにしておきます。

美味しい冷やし中華の作り方の手順

美味しい冷やし中華の作り方を説明していきますと、中華麺として通常お店で売られているスープ付きの袋に入ったもので用意できますが麺だけを買って、自分で好みのスープを手作りする方法もあります。 スープをつくるのがたいへんという人は、お店で売られているスープ付きの麺でも十分です。 そこへ肝心の具材をのせていくわけですが、一つおすすめなのがひき肉そぼろかけ中華であります。 中華風なのですが、ピリ辛にしあげることもできて暑い夏の時期に食欲をそそります。 子供用には、ピリ辛をひかえて食べさせることができます。 用意しておいたきゅうりは千切りにし、レタスは手でちぎって洗っておきます。 味のポイントとなるひき肉そぼろはフライパンでゴマ油をひき炒めましたら、そこへ中華風だしの素を加え味を調整しながら醤油、酒、砂糖、生姜少々を加え煮詰めていきます。 煮汁がなくなるまで煮詰まりましたら、ひき肉そぼろの完成です。 そのひき肉そぼろを湯がいた中華麺の上にのせ、さらにレタスと千切りしたきゅうりをそえます。 ピリ辛を好む人は、ピリ辛ソースとして市販のマーボー豆腐のたれを少し水で溶いて好みのくらいまで調整したものをひき肉そぼろの上からかけて食べます。

美味しい冷やし中華の作り方のまとめ

美味しい冷やし中華の手作り方法のコツは、彩りと栄養素のバランスを整えることです。といっても、彩りのバランスが良ければ、自然と栄養素のバランスも取れているものです。 まず最初に、タレを作っておきます。基本は醤油、酢、ごま油、砂糖、だし汁を用意して混ぜておきます。 錦糸卵、ハム、きゅうり、焼き豚、紅生姜など好きな具材を千切りにして、上にのせる具材を用意しておきます。錦糸卵を作るには、広めの丸型フライパンに油を敷いて、卵液を流し込みます。薄く焼けばひっくり返さなくても火が通っています。卵が焼けたら、ひっくり返したざるの上で冷まします。あとは細く切ればOKです。 中華麺をたっぷりのお湯で茹でて、水にとって水道の水を流しながら冷やします。全体の熱をとるように、洗うように手を動かします。冷やした中華麺をざるにとって、お皿に盛りつけます。 その上に彩りよく用意した具材をのせていきます。具材を交互に盛りつけていくと綺麗に見えます。中央に紅生姜をのせるとアクセントカラーになります。 最後に最初に作ったタレを上からかけて完成です。お好みでレモン汁、辛子、唐辛子、を振って食べても美味しいです。 キンキンに冷えたタレが良いならば、用意している間に冷凍庫で急冷しておくと良いでしょう。

y001-0827

移動ポケットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ポケットのついていない服を着ている時にハンカチなどの小物を入れる為には、バッグを持ち歩く必要があります。バッグを持ち歩き...

y001-0046

便箋封筒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

最近は連絡をするのにメールを利用する人が多いですが、まだまだ便箋封筒を利用する人も多いです。いつも便箋封筒簡を利用してい...

y001-0026

トートバッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

トートバッグは、バッグの中でも基本簡単に作れます。ですので、手作り初心者にとってはとても挑戦しやすいです。トートバッグを...

y001-1378

ガウチョパンツの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏場の暑さと湿度、これは日本に住んでればだいたいは誰でも感じているもので、そして個人でどうにかすることのできない問題とな...

y001-0090

樹脂粘土パンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

最近人気の樹脂粘土。色々な形を作って乾燥させて固めれば、本物そっくりのスイーツやパンなど作る事が可能です。是非そんな樹脂...

y001-0335

母子手帳ケースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

妊娠した方の場合では国内では母子手帳を入手することが行われています。タイミング的には妊娠していることが証明されたならば、...

y001-0875

らっきょうワイン漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

らっきょうには、さまざまな効能があります。疲労回復、夏バテ防止の他に、らっきょうに含まれている硫化アリルが血液をサラサラ...

y001-1001

ヒラメの昆布締めの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ヒラメは、カレイ目カレイ亜目ヒラメ科に属する魚の一種で、太平洋の西部に分布しています。刺身や寿司ネタに用いられる高級食材...

y001-0231

グローブの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

グローブにはいろいろなタイプがあり、単に手袋を指したり、ウェディングに使う道具の一つを指したりしています。ただ、次に記述...

y001-0170

どくだみ茶の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

様々な飲み物が世の中にはあります。また中には健康に対しても効果が期待できるものも少なくありません。その一つがどくだみ茶で...

y001-0164

手芸人形の簡単な手作...

子供には安心できる材質で作られたお人形で遊ばせたいと思う...

y001-0571

針金工作の簡単な手作...

身近な材料を使って何かを作り出すことを考えた場合では、一...

y001-0530

切り干し大根の簡単な...

年齢を重ねることで煮物料理が好みなる人が多いのですが、煮...

y001-0115

しそジュースの簡単な...

夏と言えばしそジュースを想像する人もいるのではないでしょ...