米の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

米の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

米は、日本やアジアなどで広く食べられている穀物です。米は世界三大穀物に数えられるほど、多く食べられいます。アジアではなじみ深い主食なのです。日本の食糧生産率をみると、ほぼ100%生産されている食糧は、なんと米のみなのです。それだけ日本では米の生産に力を入れています。米をはじめとする主食は、農家による大規模な生産によって支えられているのです。また、ほかの野菜とは違い、田んぼで生産するのが一般的です。畑を用意するのは個人でも簡単なのですが、田んぼとなるとそうはいきません。個人で米を植える場合、バケツを使うのが最も簡単な手作り方法です。バケツは水を逃しにくいので、田んぼに似た土壌をつくることができます。また、DIY用品などとして売られていることが多く、入手も簡単なのです。これは「バケツ稲」と呼ばれ、食育の一環として、小学校で広く行われているようです。育成から収穫、さらに脱穀などをすべて自分たちで行うこの方法は、食糧に対する感謝の気持ちや、食糧生産の大変さを教えるのに大変役立っています。米は収穫すればすぐに食べられるわけではなく、脱穀してから食べることが多い食品です。その加工がどれだけ時間がかかるのかを実感することができます。

米を作ることの楽しさ

米はほかの野菜と同じように、家庭菜園で育てることができる作物なのです。実はこれを知らない人は多く、実際に育ててみることで、その楽しさがわかると思います。イネは春から秋まで、長い間をかけて育てる作物です。家庭菜園で育てる野菜は1~3か月程度かけるものが多く、特にハツカダイコンはその名の通り、一か月足らずで収穫できるのです。これらの野菜ももちろん、楽しいのですが、長期間かけてじっくりと育てる作物として、米はおすすめできるのです。また、プランターなどをそろえる必要はありません。田んぼのように、常に水で満たされた土地を再現するために、水はけのい植木鉢やプランターは使わず、あえてバケツを使います。イネは種もみを蒔く前に、塩水につけて種を選別します。塩水に沈むもみは中身が詰まっているので、いい種もみといえます。種もみを選んだら、次は水につけます。目安としては、芽が出てくるまで待つとよいでしょう。こうしないと腐ってしまうことがあります。この間に土をつくることをおすすめします。芽が3~4cmまで伸びてきたら、よい芽だけを選び、中央に植えかえます。これらの作業は、すべて田んぼでイネを育てる方法と同じなのです。バケツ稲を育てることで、昔のことを思いだすかもしれません。これも米をつくるメリットといえるでしょう。

米を作るのに用意する物

米は日本人の主食で、私たちの食事には欠かすことが出来ない食べ物です。パンが普及し、食の欧米化が進んだとはいえ、日本人はお米無しでは生きていけないと言っても過言ではありません。普段何気なく炊いているご飯も、少し手順を見直せば格段に美味しくなるはずです。ではどのように炊けば良いのでしょうか。まず、お米を用意します。新米や高い方が美味しいというイメージですが、古米でも安いものでも保存の仕方一つで味は負けません。お米は生鮮食品ですので、買うときはたくさん買いすぎないようにしましょう。そして、袋のまま保存せず、専用の容器に移し替えて冷暗所で保存します。買ってきた袋のまま、口は輪ゴムなどでしばって保存する人がいますが、それでは虫や湿気が入って味が落ちてしまいます。綺麗に洗って乾燥させた容器を用意して保存してください。虫除け専用の商品を中に入れておくと害虫除けになります。炊くときに必要なものは、大きめのボールと計量カップです。あとは炊飯器です。美味しく炊く裏技として、みりんや酒を少々加える簡単な方法があります。お米に甘みが出るのでためしてみてはいかがでしょうか。そういった調味料は他にはちみつや白湯、サラダオイルやにがりがあれば用意してください。

米の作り方の手順

お米を炊く際、まずやることは洗う作業です。無洗米でない限りはどれもまず洗う必要があります。お米に水を注ぐという人が多いと思いますが、それでは吸水具合にムラが出来てしまいますので、逆に行ってください。水をたっぷり入れたボールに米を入れます。昔よりも精米技術が向上していますので、ゴシゴシとすり合わせて洗う必要はありません。たっぷりの水でサッと洗いましょう。一回目の研ぎ汁は糠くさくならないよう、すぐに捨てます。そのあと4回ぐらい洗います。研ぎ汁が透き通るまでやる必要はありません。洗い終わったら炊くのに必要な水を入れます。炊飯器の目盛り通りに入れれば良いのですが、好みで量を加減してください。そしてすぐに炊飯のスイッチを入れるのではなく、吸水の時間をとりましょう。現代人は忙しく、すぐにでもスイッチを入れたくなりますが、ここはグッと堪えましょう。夏は最低30分、冬は最低2時間おきます。炊き上がったらすぐに蓋を開けず、10分ほど蒸らしてください。そして釜の底からひっくり返すようにしゃもじで混ぜます。これで美味しいご飯が炊けます。古米や安い米を美味しくたきたいときは、吸水のときに調味料を入れます。白湯は簡単な手作り方法がネットにのっていますのでチャレンジしてみると、普段の飲み物にも出来ますのでオススメです。

米の作り方のまとめ

「バケツ稲」のメリットはいくつかあります。まず、場所をとらず、どこでもできることにあります。家庭菜園として、庭やベランダなどでも稲を育てることができます。「バケツ稲づくり」などといったバケツ稲を作るためのキットが配布されている場合もあり、初めて稲を育てる場合でも、わかりやすいよう工夫されています。バケツ稲専用のマニュアルや指導書もpdf形式で配布されているので、ダウンロードして読むことができます。稲を育てるだけでなく、米として食べられるようにするには、収穫してからの作業が大事になってきます。まず、収穫してから稲を干す作業があります。これは、もみの呼吸を少なくして、養分を最大限まで残すことができるために行われています。そこから、もみすりという作業を行うことで、玄米として食べることができます。このままでもおいしいのですが、一般に食べられているのは白米なので、ここからさらに作業を重ねていく必要があります。選別し、品質の悪いものや。混ざった小石などの不純物を取り除きます。そこから、精米という手順を経て、はじめて白米になります。ここまでして、初め、て家庭でよく食べられるごはんができあがるのです。

y001-1107

自由研究中学生の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「自由研究」と言うと、夏休みの宿題の中でも一大イベントのようなもので、子供達にとっては楽しくもあり、悩みのタネでもあるの...

y001-0319

味噌漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本人のふるさとの味であるお味噌は様々な料理に使え、万能で美味しくできあがります。発酵食品でもあるので身体にも良く、麹菌...

y001-0102

折り紙花まりの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供のころ、折紙を折ったことのある経験があるという方がほとんどなのではないでしょうか。簡単な作り方の鶴を折ったり、オルガ...

y001-1450

うめぼしの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

うめぼしは、バラ科サクラ属の落葉高木うめの果実を塩漬けした後に日干しにした漬物の一種で、日本では少なくとも平安時代には食...

y001-0934

ポン酢の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鍋を食べる時やてんぷらを食べる時にはポン酢を使うことがあります。市販のポン酢を使うことがほとんどだと思いますが、実はポン...

y001-1375

カクテルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ベースとなるアルコールに、ジュースや他のお酒を混ぜて仕上げるカクテルは、日本でもオシャレなアルコールとして人気が高いです...

y001-0387

半熟オムライスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

卵の調理は簡単なようで非常に難しく中でも半熟調理は温度調節や経験が必要となるものが多いです。中でも半熟オムライスは非常に...

y001-0677

子供ポシェットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供が幼稚園に行く位の年齢になってきたら、自分でバッグを持ってお出掛けしたいと言うようになるでしょう。幼稚園に登園する時...

子供用湯上がり衣の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供用湯上がり衣はお風呂上りにさっと羽織れる服です。子供は大人よりもずっと体温が高く、新陳代謝もいいため汗をかきやすくな...

y001-0097

蛇腹カードケースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

蛇腹カードケースを作る理由としては、収納面で優れていることが挙げられます。現代社会において、カードを使う機会は昔に比べて...

y001-0323

本しおりの簡単な手作...

本しおりはもともと本にはさんであったり、書店でもらえるこ...

y001-0865

リボンで作る金魚の簡...

金魚というと、やはり夏祭りなどの金魚すくいや、水中を泳ぐ...

y001-0734

結婚式ガーランドの簡...

結婚式に欠かせないものと言えば装飾になります。花を沢山セ...

y001-0067

布のカーネーションの...

カーネーションと言えば真っ先に思い出すのが「母の日」では...