木炭の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

木炭の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アウトドアなどを趣味としている方も多く、一般的な住宅ではガーデニングなどを楽しんでいる方も多く存在しています。特に屋外活動で役立つアイテムというものがあり、事前に準備しておくことによって、あらゆる行動に役立つものとされています。そんな中、アウトドア用品に分類されるようなアイテムの中には木炭があります。一般的にはホームセンターなどで販売されているものが多く、木炭の種類によっては非常に高価なものも見ることができます。この木炭に関しては手作り方法というものも紹介されることが多く、一度覚えた場合では比較的簡単に作ることができます。木炭作りに関しては購入して利用する方が簡単と感じる方もいますが、DIYなどを趣味としている方や、得意分野としている方の場合、若しくは知識の一つとして興味を持っている方のケースでは試してみることもおすすめになります。使い道の範囲は意外と広く、燃料として利用できることの他にも脱臭用としても活用することができ、アイデア次第で使い道が広がることになります。目的はそれぞれ異なるものがあっても、手作り品の場合では必要とされている分量を決定することもでき、長期的に保管できるアイテムでもあることによって、使い道に合わせた製作を行うことができます。

木炭を作ることの楽しさ

木炭をDIYとして作る場合では、いくつかの楽しみや得られるメリットというものがあります。DIYの多くに見られる内容になりますが、自ら苦労をして作り上げたものに関しては、簡単に購入することのできるものと比べた場合では、その重みが異なることになり、十分な愛着を持って使うこともできます。特に木炭の場合では一部では高価なアイテムとなっていることもあって、製造方法に力を入れることによって、高品質な木炭を作り上げることも可能になり、その結果としてリーズナブルに必要な物資を入手することもできます。実際にインターネットなどでも作り方のレシピなどが掲載されているものも目にすることができますが、木炭の場合では簡単に作る方法が用意されている一方で、手間のかかるアイテムとしても知られています。その結果として完成した場合では、充実感を得ることのできるメリットを持っており、同時にアウトドアに関しての知識を得ることもできるために、サバイバル活動などを行う場面を想定した場合でも非常に効果的な内容を持っていることになります。アウトドア関連の知識に関しては普段の生活上では得ることが難しい一面を持っているために、貴重な知識を得られるメリットは大きなものがあります。

木炭を作るのに用意する物

木炭の手軽で簡単な手作り方法をご説明します。木炭は薪と違い、とても扱いやすい燃料です。安い輸入品もたくさんありますが、廃材などをうまく再利用できると、環境にもやさしい木炭ができます。木炭は薪のように炎を立たず、煙がでません。また、バーベキューに使用する際、火が消えず扱いやすいのも特徴の一つです。燃焼時間が長く、火力は安定していて、空気の量によって燃焼温度を調整できます。木炭を作るのには時間がかかりますが、出来上がれば、とても利用価値のあるものです。身の回りにある手軽な材料や道具を使って、無駄にならない、その日の分だけの木炭を作ってみましょう。 材料は、薪、アルミホイル、空き缶(大きめの物)、ワイヤー、ケナフの代わりになるもの(ケナフは木炭づくりにいい草の一種ですが、身近にあまりないので、木の実や枝、割りばしのような硬い物を用意します)、コンロです。 作る際に大切なのは、酸素のない状態で熱を加える事です。 土管や一斗缶を使用したり、大量のおが屑をかけて蒸し焼きにする方法なども紹介されていますが、一般的には、それほど大量の木炭は必要ありません。バーベキューをする程度の量ならば、簡単に手に入る材料や道具で、手軽に楽しみながら作れることができます。



木炭の作り方の手順

作り方は以下の通りです。 ① 空き缶のふたに穴を開けます。これは、中の酸素を外に出すための穴です。 ② 薪の大きさを整えます。空き缶に入る大きさにしましょう。小さくしすぎると、使用した時に炎が長持ちしなくなります。 ③薪をアルミホイルで包みます。 ④アルミホイルで包んだ薪を空き缶に入れ、ケナフの代わりに用意した枝や木の実をいっぱいに詰めふたをし、ワイヤーを巻き付け、ふたが開かないようにします。 ?コンロに④の缶を載せて、強火で点火します。 最初は水蒸気を含んだ白っぽい煙が出てきて、炭化が進むと煙が黄色く変わります。煙が透明になってきたら、火を止めます。 ⑥コンロを消火後、缶のまま冷却します。トングなどを使用して、木炭が濡れないように、缶ごと水に浸けると早いです。十分に冷めてからワイヤーを外し、出来上がった木炭を取り出しましょう。 空き缶は簡単に手に入るので、一回にいくつか作ることもできます。 小さい子供でもお手伝いできるので、夏休みにバーベキューを計画しているご家族にとって、とてもいい思い出になることでしょう。夏休みの自由研究として観察記録を付けることもお勧めです。これなら大きなセットや、釜を用意する必要はありません。簡単に準備ができます。最後になりましたが、危険なので、換気と火の後始末には注意しましょう。

木炭の作り方のまとめ

木炭を手作り品として製作する方法に関しては、いくつかの技法が用意されている状態ですが、その中でも簡単に作ることのできる内容を持っているものもあり、DIYとして初めて行う方にとっては役立つ項目になります。基本的な内容としては、一般的に木材を燃焼させた場合では、空気と反応してしまうことになり、直ぐに燃焼してしまうことになります。この状態では木炭を作ることができないために、いわゆる蒸し焼き状態を作る方法によって完成させることができます。その方法としては、土の地面などに対してわらを敷き詰めることを行います。十分な量を用意することが必要とされており、隙間が生じないように配慮することが大切になります。その上に程良い太さや長さに仕上げた木を並べることになります。木は樹木の枝などを利用することになり、比較的簡単に入手できるものになります。その後は木の上にもみがらを被せる方法があり、もみがらの量も十分なものを確保することが必要です。もみがらの中央には最初に敷いたわらを出しておくことも必要になり、わらに対して着火を行うことも基本とされています。程良い火加減で長時間をかけて燃焼させることも重要な要素になり、あまり高温にならないように配慮することが求められています。完成後には炊飯用の燃料として利用したり、あらゆる場所の脱臭用品や水質を良好にするためのアイテムとしても活用することができます。



y001-1453

うどんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

うどんは蕎麦に並ぶ日本の国民食です。讃岐うどんで有名な香川県は、「うどん県」と銘打ってアピールが盛んです。讃岐うどんはコ...

y001-0938

ホットプレートパエリアの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レ...

スペインはフラメンコや闘牛などの文化を持つ情熱の国として世界にその名を知られています。明るく陽気で情熱的なスペインの人々...

y001-0303

目隠し塀の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

一戸建て住宅などに居住されている方の場合では、道路と面している場所や、隣接している住宅との境界部分には何も設置を行ってい...

y001-0240

笹刈り刃の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

笹刈り刃とは草刈りを行う際に使われる刃です。メインとして草刈り専用の機械に付けて使われます。言うまでもなく通販サイトで売...

y001-1329

キャラクター折り紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

折り紙は、日本の文化として世界中に広く知られている動物や植物、生活道具などの形を作るという内容の遊びです。室町時代の頃に...

y001-1110

金魚の飼い方の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

金魚というのはペットとして非常に優れた生き物と言えます。というのは、鳴き声を発することもなく、食べ物の好き嫌いもなく、数...

y001-0988

フキの佃煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ふきの旬は10月頃から翌年の5月頃だと言いますが、ふきは山菜の一種であり、春が旬となります。一般的に出回るふきの多くは栽...

y001-0386

半熟ゆで卵の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

わたしたちが日常よく口にする最も多い食材の一つに卵がありますが、その食品は非常に栄養価が高くどんなお料理にも合うとして様...

y001-0639

手芸ふくろうの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

簡単に作ることが出来る手芸ふくろうを作る理由や目的はいくつかあります。まず、わずかな布があれば手芸ふくろうが出来るので、...

y001-0624

手作りプレゼントの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

大切な人にプレゼントをあげるなら、気持ちがこもった手作りプレゼントがいいでしょう。大切な人と言えば恋人やパートナー、古く...

カメラ 帽子

旅行しおりの簡単な手...

何人かで旅行に行く前には、旅行しおりを作ると旅の楽しみが...

y001-0633

手作りケーキレシピの...

簡単な手作りケーキレシピのストックがあると、いろいろなお...

y001-0450

伝言ゲームお題の簡単...

伝言ゲームは日本でも広く行われている遊びです。数人のグル...

y001-0249

燻製器の簡単な手作り...

燻製の味を一度知ってしまうと、やみつきになってしまう人も...