木炭の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

木炭の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アウトドアなどを趣味としている方も多く、一般的な住宅ではガーデニングなどを楽しんでいる方も多く存在しています。特に屋外活動で役立つアイテムというものがあり、事前に準備しておくことによって、あらゆる行動に役立つものとされています。そんな中、アウトドア用品に分類されるようなアイテムの中には木炭があります。一般的にはホームセンターなどで販売されているものが多く、木炭の種類によっては非常に高価なものも見ることができます。この木炭に関しては手作り方法というものも紹介されることが多く、一度覚えた場合では比較的簡単に作ることができます。木炭作りに関しては購入して利用する方が簡単と感じる方もいますが、DIYなどを趣味としている方や、得意分野としている方の場合、若しくは知識の一つとして興味を持っている方のケースでは試してみることもおすすめになります。使い道の範囲は意外と広く、燃料として利用できることの他にも脱臭用としても活用することができ、アイデア次第で使い道が広がることになります。目的はそれぞれ異なるものがあっても、手作り品の場合では必要とされている分量を決定することもでき、長期的に保管できるアイテムでもあることによって、使い道に合わせた製作を行うことができます。

木炭を作ることの楽しさ

木炭をDIYとして作る場合では、いくつかの楽しみや得られるメリットというものがあります。DIYの多くに見られる内容になりますが、自ら苦労をして作り上げたものに関しては、簡単に購入することのできるものと比べた場合では、その重みが異なることになり、十分な愛着を持って使うこともできます。特に木炭の場合では一部では高価なアイテムとなっていることもあって、製造方法に力を入れることによって、高品質な木炭を作り上げることも可能になり、その結果としてリーズナブルに必要な物資を入手することもできます。実際にインターネットなどでも作り方のレシピなどが掲載されているものも目にすることができますが、木炭の場合では簡単に作る方法が用意されている一方で、手間のかかるアイテムとしても知られています。その結果として完成した場合では、充実感を得ることのできるメリットを持っており、同時にアウトドアに関しての知識を得ることもできるために、サバイバル活動などを行う場面を想定した場合でも非常に効果的な内容を持っていることになります。アウトドア関連の知識に関しては普段の生活上では得ることが難しい一面を持っているために、貴重な知識を得られるメリットは大きなものがあります。

木炭を作るのに用意する物

木炭の手軽で簡単な手作り方法をご説明します。木炭は薪と違い、とても扱いやすい燃料です。安い輸入品もたくさんありますが、廃材などをうまく再利用できると、環境にもやさしい木炭ができます。木炭は薪のように炎を立たず、煙がでません。また、バーベキューに使用する際、火が消えず扱いやすいのも特徴の一つです。燃焼時間が長く、火力は安定していて、空気の量によって燃焼温度を調整できます。木炭を作るのには時間がかかりますが、出来上がれば、とても利用価値のあるものです。身の回りにある手軽な材料や道具を使って、無駄にならない、その日の分だけの木炭を作ってみましょう。 材料は、薪、アルミホイル、空き缶(大きめの物)、ワイヤー、ケナフの代わりになるもの(ケナフは木炭づくりにいい草の一種ですが、身近にあまりないので、木の実や枝、割りばしのような硬い物を用意します)、コンロです。 作る際に大切なのは、酸素のない状態で熱を加える事です。 土管や一斗缶を使用したり、大量のおが屑をかけて蒸し焼きにする方法なども紹介されていますが、一般的には、それほど大量の木炭は必要ありません。バーベキューをする程度の量ならば、簡単に手に入る材料や道具で、手軽に楽しみながら作れることができます。

木炭の作り方の手順

作り方は以下の通りです。 ① 空き缶のふたに穴を開けます。これは、中の酸素を外に出すための穴です。 ② 薪の大きさを整えます。空き缶に入る大きさにしましょう。小さくしすぎると、使用した時に炎が長持ちしなくなります。 ③薪をアルミホイルで包みます。 ④アルミホイルで包んだ薪を空き缶に入れ、ケナフの代わりに用意した枝や木の実をいっぱいに詰めふたをし、ワイヤーを巻き付け、ふたが開かないようにします。 ?コンロに④の缶を載せて、強火で点火します。 最初は水蒸気を含んだ白っぽい煙が出てきて、炭化が進むと煙が黄色く変わります。煙が透明になってきたら、火を止めます。 ⑥コンロを消火後、缶のまま冷却します。トングなどを使用して、木炭が濡れないように、缶ごと水に浸けると早いです。十分に冷めてからワイヤーを外し、出来上がった木炭を取り出しましょう。 空き缶は簡単に手に入るので、一回にいくつか作ることもできます。 小さい子供でもお手伝いできるので、夏休みにバーベキューを計画しているご家族にとって、とてもいい思い出になることでしょう。夏休みの自由研究として観察記録を付けることもお勧めです。これなら大きなセットや、釜を用意する必要はありません。簡単に準備ができます。最後になりましたが、危険なので、換気と火の後始末には注意しましょう。

木炭の作り方のまとめ

木炭を手作り品として製作する方法に関しては、いくつかの技法が用意されている状態ですが、その中でも簡単に作ることのできる内容を持っているものもあり、DIYとして初めて行う方にとっては役立つ項目になります。基本的な内容としては、一般的に木材を燃焼させた場合では、空気と反応してしまうことになり、直ぐに燃焼してしまうことになります。この状態では木炭を作ることができないために、いわゆる蒸し焼き状態を作る方法によって完成させることができます。その方法としては、土の地面などに対してわらを敷き詰めることを行います。十分な量を用意することが必要とされており、隙間が生じないように配慮することが大切になります。その上に程良い太さや長さに仕上げた木を並べることになります。木は樹木の枝などを利用することになり、比較的簡単に入手できるものになります。その後は木の上にもみがらを被せる方法があり、もみがらの量も十分なものを確保することが必要です。もみがらの中央には最初に敷いたわらを出しておくことも必要になり、わらに対して着火を行うことも基本とされています。程良い火加減で長時間をかけて燃焼させることも重要な要素になり、あまり高温にならないように配慮することが求められています。完成後には炊飯用の燃料として利用したり、あらゆる場所の脱臭用品や水質を良好にするためのアイテムとしても活用することができます。

モバイルハウスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

人生を生きるためには、様々なしがらみの中で生きていかなければなりませんが、その中心となるものが衣食住を確保するということ...

y001-1439

エクセル方眼紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

エクセル方眼紙という言葉をご存知でしょうか。文字通り、エクセルを方眼紙のように使うことです。具体的にいうと、デフォルトで...

y001-0265

料理レシピ豚肉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

地方によっては梅雨明けも近く、毎日暑い日が続く夏を迎える季節になって参りますが、これからの時期には夏バテをしてしまったり...

y001-0298

油揚げの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

味噌汁の具材として人気の「油揚げ」。買い物に行った時についつい買ってしまう方も多いと思います。また、買ったことを忘れて気...

y001-0749

玉ねぎ種まきの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自分の口に入る物は自分で育てて、自分で食べたい。最近、野菜の価格が高くなることが多くて、少しでも家計の助けになるように、...

y001-0371

美味しい煮魚の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

家庭の食卓から魚離れが進んでいると言われています。日本人の食生活は昔と比べて欧米化しているため、肉を中心としたメニューが...

y001-0260

冷凍こんにゃくの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

冷凍こんにゃくとは、こんにゃくを一度冷凍してからもどしたもので、普通のこんにゃくよりもかみごたえがあり、肉に近い食感にな...

y001-0816

雲の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

青い空をふわふわと漂っている雲をみて、綿菓子みたいで柔らかそうで、乗ってみたいなどと子供の頃に思った人も多いのではないで...

y001-1416

おいしい肉団子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おいしい肉団子は、日常的な食事のおかずにも作られますし、お弁当のおかず目的で作ることもあります。ジューシーなお肉のかたま...

スヌードの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

寒い季節、セーターやニット、手袋に帽子など、毛糸でできた防寒着が恋しくなりますよね。特に手編みのものだとより暖かく感じら...

y001-0819

瓜の漬物の簡単な手作...

作る理由は手作りをしてみたいから、というシンプルなものか...

y001-0551

炊き込みご飯レシピの...

炊き込みご飯というのは、白いごはんとは異なり、いろいろな...

バック持ち手の簡単な...

手づくりでバックを作るには、やはり手づくりならではのよさ...

y001-0042

フェルトマカロンの簡...

マカロンと言えば、その見た目からとても人気が有るスイーツ...