餃子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

餃子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本人が大好きな中華料理といえば、ラーメンにチャーハンに餃子です。その中で家で気軽に作れるのは餃子ではないでしょうか。餃子はスーパーで簡単に買える食材で作れますので、ミンチ肉が特売の時にたくさん作るとしばらくメニューに悩まずにすみます。簡単な食材でたくさん作れますので、毎日の献立に悩むお母さんには助かるメニューです。さらに、餃子を嫌いな子供はめったにいません。好き嫌いの多い子供に野菜を食べさせるために、種にこっそり色んな野菜を入れることも可能です。キャベツや白菜、ニラを入れるのが一般的ですが、中に入れるものは自由ですので、アレンジも簡単にできるのも魅力です。また複雑な工程はありません。野菜を切って肉と混ぜて皮に包んでフライパンかホットプレートで焼くだけですので、洗い物も少なくすみます。日々の家事が多い中で、洗い物を減らせるのは、餃子を作る理由の一つになりえます。ハンバーグと具材が似ているので、子供のリクエストを聞いてからメニューを変更できるのも助かります。白ごはんと相性の良いおかずですので、成長期の子供がいる家庭ではたびたび作られます。餃子に付けるたれも工夫次第で色々な味に変えられるので飽きがきにくい利点もあります。

餃子を作ることの楽しさ

餃子の作り方は簡単です。野菜をこまかく刻むのが少し大変ですが、フードプレッサーを使えば簡単にきざむことができます。そして肉だねをこねて味を付けます。味付けは好みによって色々変えられます。塩コショウ、酒、しょうゆ、で味を付けるのが一般的ですが、家庭によってはオイスターソースを入れたり、甘めが好みの家庭はみりんや砂糖を入れてもおいしいです。そうやって、自分好みの味付けを研究する楽しみが餃子にはあります。化学は台所から、といわれるように実験と検証を繰り返すことで理系的な物の見方を学ぶことができます。また、肉だねを皮に包む作業は、小さな子供と一緒にできます。土日などの休日に、お父さんと子供たちで作れば良い親子の触れ合いの時間になります。共同作業をしながら、普段は話さないことも楽しく会話できるではないでしょうか。また、餃子を焼くときにホットプレートで一気に焼くと、普段とは違う料理法に子供たちはわくわくすること間違いなしです。餃子以外のおかずもホットプレートで焼けば時短にもなり、お母さんも助かります。親子の絆が強くなり、しかもおいしいメニューなんて、とても魅力的ですね。タレも市販のタレ以外にゆずポン酢や、酢と塩コショウを組み合わせるなど、手作り方法で自己流を開発してみるのも楽しいですね。

餃子を作るのに用意する物

餃子は中国を起源としている料理ですが、非常に懐が広い料理であるためにアレンジの幅が大きいという特徴があります。そのため餃子の皮の中に何を包み込むかで実に様々な餃子を作ることが出来ます。しかしまず最初は基本的な餃子が作れるようになることが重要であると言えるでしょう。その様な餃子が作れるようになったら、材料を少しずつ変えてアレンジを楽しむことがお勧めされます。 一般的な餃子は肉餃子と呼ばれ、豚肉をベースにして作ります。用意するのは豚ひき肉とニラやしょうが、ニンニクと言った香りの強い素材にキャベツなどを混ぜ合わせたタネを作って皮で包みこむことで作りだします。脂身は少し多めにした方がジューシーな肉汁を楽しむことが出来ますので好みで調整すると良いでしょう。他にも好きな野菜があれば入れても良いですし、キャベツが高い二節には白菜で代用しても良いでしょう。 餃子はそのまま食べてもおいしいですが、調味料を工夫するのも楽しいです。醤油にごま油を加えたり、砂糖や酒、こしょうを加えたりと様々な種類の楽しみ方を開発して食べることで飽きのこない味のバリエーションを作り出すことが容易にできる食事であるという特徴があります。

餃子の作り方の手順

餃子の手作り方法としては、まず肉のタネを作るところから始めるのが良いでしょう。準備しておいたひき肉に調味料を加えて下味をつけるのが最初の手順となります。そこにみじん切りにした野菜類を入れ、軽く混ぜ合わせましょう。その状態ですぐに餃子を作り始めても良いのですが、簡単なひと手間でよりおいしくすることが出来ます。それはすぐに皮で包まずに1時間ほど冷蔵庫で熟成させることです。そうすることで味がなじんでよりおいしくなるのです。 その様にして肉ダネが完成したら丸い形をした餃子の皮にタネを載せて包んでいく成形の作業に入ります。この作業は餃子の皮の中心部に適量の肉ダネを載せて包んで行くだけですので慣れれば非常に簡単ですが、最初は苦戦するでしょう。ひだを上手に付けることで見た目をよくし、美味しそうに見せることが出来れば一人前です。皮はくっつきあうことを防ぐために粉がふられていることが多いので、餃子として成形する際には皮のふちに水をつけてくっつけると良いでしょう。焼いた際破れないようにするためにはしっかりと固定することが重要であると言えます。 餃子の包み方には様々な種類がありますので、ここでオリジナリティを出すのも良いでしょう。家族で楽しむこともできるのが特徴です。

餃子の作り方のまとめ

餃子に必要な具材は、ひき肉と白菜やキャベツなどの葉物野菜、調味料と皮です。ひき肉は豚肉100パーセントでも合いびき肉でも良いですが、合いびきの方がコクが出ますし、豚肉100パーセントの方がジューシーに仕上がります。そこは家族や自分の好みで変えましょう。野菜はフードプロセッサーで簡単に細かく刻むのがおすすめですが、フードプロセッサーが家にないときは、思い切ってざくざくと大き目に切っても食感が面白くて良いですね。気張らずに作れるのが餃子の魅力ですので、大胆に作りましょう。材料を大き目のボールでこねます。そのときしっかり粘り気が出るまで練りましょう。練り方が足りないと皮に包んだ時ぽろぽろこぼれてしまいますので、ここは手を抜かずに頑張りましょう。しっかり種を練ったら、次は皮に包みます。皮の中央に種をのせて、ふちには水をぬって包みます。水は指でぬるのが楽でしょう。ひだになるように包みますが、だいたい5か所ぐらいおるのがちょうどよいです。鉄板に並べるときは円になるように並べます。隙間を小さく並べるとひっくり返す時に楽です。片面が焼けたあたりで片栗粉もしくは小麦粉を溶かした水を入れます。そして蓋をして蒸し焼きにします。あとは皮が透明になるまで待ちましょう。

y001-0433

豚肉レシピキャベツの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

肉と野菜を使った料理はボリュームがあるので、家庭の食卓には頻繁に並ぶメニューでしょう。育ち盛りのお子さんから働き盛りのお...

y001-0561

水ようかんレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

水ようかんを手作りすることは難しいのではないか、と考える人もいますが、そうでもないといいます。水ようかんはいろいろな種類...

y001-1494

アイスクリームの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

原料に牛乳をたっぷりと使ったアイスクリームは、たくさんの人を笑顔にするスイーツでもあります。市販品も手軽ですが、手作りし...

y001-0357

付け帯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

初心者が着物を着る際に大きなネックとなるのが帯結びです。たとえ練習してなんとか結べるようになったとしても、いざ着物を着た...

DIYドアの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

一戸建て住宅にお住まいの方は、所有している敷地の中なら自由に触ることができます。今ある住宅から増築して部屋を増やすことも...

y001-0588

焼肉もみだれの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

焼肉というのは日本人にとって欧米でのバーベキューに相当するエンターテイメントを兼ねた食事となっていて、祝いや打ち上げの席...

y001-1362

カブトムシ人工蛹室の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏は様々な生き物が活発に動く時期ですが、それはほかの季節では味わえない様々な生き物と触れ合える機会が増える時期であるとい...

1人あやとりの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現在の世の中には、様々な場面、小学校、幼稚園、保育所、介護施設等であやとり、特に1人あやとりが行われています。これらが何...

y001-1165

ツムツムキャラ弁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本人は非常に食事に恵まれた世界にいます。和食などは世界遺産に指定され、日本の出汁の素晴らしさが世界に認められるようにな...

y001-1080

腹筋を鍛える方法の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

年齢を重ねると男性も女性も体型が崩れやすくなります。これは体の中で代謝が低下していることも関係していますが、やはり日頃の...

y001-1222

スマホケースの簡単な...

スマートフォンは、現代人が情報ツールとして広く使われてい...

y001-1325

きゅうりのキュウちゃ...

きゅうりのキュウちゃんと聞くと、だいたいの人は有名メーカ...

y001-0590

焼き飯の簡単な手作り...

日本人ならば、やはり米を食べるのが自然です。米はパンより...

y001-0132

レンガ囲炉裏の簡単な...

レンガ囲炉裏を作る理由としては夏などにバーベキューを庭で...