PEリーダー結び方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

PEリーダー結び方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ルアーフィッシングは、ルアーを小魚に見立てて泳ぎ回るようにすることで、その小魚となるルアーを魚が追いかけて、捕食すると言った性質を利用した釣りであり、魚の種類や大きさ、その時の潮周りに応じてルアーを選ぶ事で釣果を楽しめる釣りとして人気が高くなっています。ルアーフィッシングはラインにルアーを結ぶと言う簡単な仕掛けで楽しめるのですが、ルアーフィッシングはルアーの重さだけでポイントにキャスティングをしなければなりませんので、ラインについても性能が重要視されます。しかしながら、ルアーフィッシングのラインと言うのは、決して安いものではなく、しかも水中でのアクションにおいて、根スレなどが生じやすいと言うデメリットが在ります。根スレなどが生じることでラインは傷んでしまい、大きな魚がヒットした時など、ラインが傷んでいる事でラインが切られてしまう事も在ります。そのため、PEリーダーはラインは守る目的において有効な手段であり、ルアーフィッシングには欠かせない存在になっているのです。PEにリーダを結ぶ事でラインを守ることが出来ると言うメリットが有り、PEリーダーは、根スレなどによるラインの損傷を防ぐ目的が在るのです。

PEリーダー結び方を作ることの楽しさ

PEリーダーはラインに結ぶ事で効果を高められるようになります。 根スレなどに対するラインの損傷を最小限に抑えることが出来るため、キャストをしてヒットした時もラインが切れる事なく取り込みが出来るようになるので、ルアーフィッシングには必要不可欠な存在です。 尚、PEリーダーは単に結べば良いと言う事ではありません。 きちんとした結び方でもある手作り方法を知らないと、結んだ後に両側を引っ張った時にラインが解けてしまってはPEリーダーの意味をなしえなくなるわけです。 また、PEリーダーの結び方をマスターしておけば、ラインを守れること、そしてヒットした魚をばらす事無く取り込めるなどのメリットにも繋がりますし、高価なラインを短期間で換えるなどの事をしなくても済むようになるなどのメリットが出てくるのです。 尚、ラインの結び方と言うのは幾つかの方法が在るのですが、結び方は自分がやり易い方法を選べばよく、その選んだ結び方でラインが解けないと言う事が前提条件として在ります。 手作り方法には色々な方法が在りますので、覚えやすい方法を選ぶ事、そして強度が高い方法を選ぶ事が大切です。 特に、シーバスを狙う場合にはPEリーダーは必須と言えるのです。

PEリーダー結び方を作るのに用意する物

PEリーダーはラインのスレを防止する役割を持つもので、海などでのルアーフィッシングを楽しむ時には必須と言われています。 PEというのは、元々根ズレなどによる傷には強くはないと言います。 これはPEが柔らかい特徴を持つラインであり、柔らかさが在るため、ルアーの重みでポイントのキャストが出来ると言うメリットが有るわけです。 しかし、根スレが起きているラインを使っていて、シーバスがヒットするといきなり切られてしまうと言う結果にも繋がります。 そこで根スレなどを防止する目的でPEリーダーを結んであげるわけです。 尚、PEリーダーは適当に結んでしまうと、折角のPEリーダーの役割を果たせなくなります。 そのため、きちんとした結び方を覚えておくことが大切で、手作り方法を覚える事で、PEリーダーの効果を期待することが出来ます。 シーバスがヒットしてもラインが切れない、ばらす事無くキャッチが出来、記念撮影をした後に、シーバスのリリースと言うことが出来るわけです。 また、PEリーダーが在れば、ラインは根スレが起きないので長く使えると言うメリットが有ります。 用意するものは、専用のPEリーダーが在れば簡単に結ぶことが出来ます。

PEリーダー結び方の作り方の手順

釣り糸の結び方と言うのは色々な方法が在ります。 PEリーダーの結び方はラインをリーダーに5回から10回ほどくぐらせて結ぶ方法になります。 ノットを利用してリーダーを2回から3回ほどの輪っかを作り、輪っかの中にPEラインを2回ほど絡ませてあげます。 これで、リーダーのストッパー部分が完成となります。 次に、PEラインをリーダーに10回ほど絡ませていきますが、絡ませる回数を多くすることで更に強度が増すので、シーバスを狙う場合は、10回以上絡ませるのがお勧めです。 後は、PEラインを締めて行ってノットを作り、それぞれのラインの両側部分を引っ張ってあげて、リーダーのストッパー部分とノット部分を結合させ、余分なラインを切れば強度が高いラインの結びが出来るのです。 2つのラインの両側を力強く引っ張ってみるとラインの結び目は解けることなく維持しているのが解ります。 これにより、大型のシーバスがヒットしても安心ですし、ラインの根スレは起きないので安心してフィッシングを楽しめますし、ラインが傷まないと言うメリットも在るのです。 因みに、ラインは決して安い物ではありませんので、こうする事ラインの交換などの頻度も減ると言うメリットも在ります。

PEリーダー結び方の作り方のまとめ

PEリーダーの結び方の中でもネックとなるのが結び目の団子状態です。 結び目に大きな団子状のものが出来てしまうと、ロッドのガイドからラインが出て行く時、ガイドに団子状の部分が当たってしまい、上手にキャストする事が出来なくなるからです。 しかし、正しい手作り方法をマスターして、結び方を覚えておけば、団子状態の部分も小さくなり、ロッドのガイドで投げ込んだ際に当たらずにスムーズなキャストが出来るようになります。 例えば、ノットを作る方法での結び方は団子状になる部分がとても小さくなり、ロッドのガイドに当たる確率が低くなりますので、スムーズなキャスティングが可能になります。 最初にリーダーを2~3回のノットで輪っかを作り、リーダーの重なった部分にPEラインを2回転させて絡ませます。 リーダーの輪を完全に固定にしてから、ラインを締めてリーダーのストッパー部を作り出します。 次に、PEラインをリーダーに対して、10回以上絡ませることで強度が高まります。 また、絡ませる回数を増やす事で更に強度が高くなるのです。 PEラインを締めてノットを作るのですが、この時、PEラインはリーダーに対して平行になるようにし、ラインの両側をゆっくりと引っ張ってリーダーのストッパー部分、PEラインのノット部分を結合させ、余った部分をカットすれば完成となります。

y001-0315

無料ゲーム脱出の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

近年はスマートフォンが大きく普及したことにより、無料ゲームが多く公開されています。そんななかで、脱出ゲームも様々なタイト...

y001-0054

からくり屏風の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

からくり屏風を作る理由としては子供のおもちゃを作る感覚で作ることができるところがあるでしょう。絵本などにおいて飛び出す絵...

y001-0417

納豆の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

納豆というのは、大豆を納豆菌によって発酵させた日本の伝統的な食品です。高栄養な発酵食品であり、たんぱく質や繊維、ミネラル...

ウッドガスストーブの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アウトドアをするとき、調理で使われるのが薪です。しかし、薪のまま利用しても対した火力を生むことができません。なぜならば可...

y001-0680

子供カチューシャの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

女性の場合、おしゃれに敏感な人が大勢いますが、おしゃれに外見を決めると、華やかな印象を人に与えることができます。他人から...

y001-0932

マーボナスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

マーボナスを作る理由は、自分自身や料理をおもてなす方に合った味付けにアレンジできることです。市販のマーボナスの素で簡単に...

折り紙ブーケの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

封筒というのはお店にたくさんのデザインのものが売っているのですが、それらのお店で売っている封筒はそれぞれのお店で扱ってい...

人工知能の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「人工知能」とは、コンピュータ上で、人工的に人間と同様の知能を持たすために開発された、基礎技術を指します。人工知能という...

y001-1030

ハワイアンキルトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ハワイアンキルトはパッチワークの作り方の中の一つです。このハワイアンキルトは、ハワイならではの貝、モンステラ、ハイビスカ...

y001-0952

ペットボトルロケットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

ペットボトルロケットはただの遊びのためのおもちゃにとどまらないものがあります。水と圧縮した空気をペットボトルへと溜めて、...

一発芸の簡単手作り方...

多くの人が集まった時、会話に混ざる事に苦労した記憶を持っ...

y001-0232

おはぎの簡単な手作り...

おはぎを作る理由としては、まずは季節があります。春と秋に...

y001-0037

見守りマップの簡単な...

高齢化が進む日本においては、子供は日本の将来を担う大事な...

y001-1395

お守りの簡単な手作り...

お守りは神社で販売している物。そんな固定概念を覆して、近...