PEリーダー結び方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

PEリーダー結び方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ルアーフィッシングは、ルアーを小魚に見立てて泳ぎ回るようにすることで、その小魚となるルアーを魚が追いかけて、捕食すると言った性質を利用した釣りであり、魚の種類や大きさ、その時の潮周りに応じてルアーを選ぶ事で釣果を楽しめる釣りとして人気が高くなっています。ルアーフィッシングはラインにルアーを結ぶと言う簡単な仕掛けで楽しめるのですが、ルアーフィッシングはルアーの重さだけでポイントにキャスティングをしなければなりませんので、ラインについても性能が重要視されます。しかしながら、ルアーフィッシングのラインと言うのは、決して安いものではなく、しかも水中でのアクションにおいて、根スレなどが生じやすいと言うデメリットが在ります。根スレなどが生じることでラインは傷んでしまい、大きな魚がヒットした時など、ラインが傷んでいる事でラインが切られてしまう事も在ります。そのため、PEリーダーはラインは守る目的において有効な手段であり、ルアーフィッシングには欠かせない存在になっているのです。PEにリーダを結ぶ事でラインを守ることが出来ると言うメリットが有り、PEリーダーは、根スレなどによるラインの損傷を防ぐ目的が在るのです。

PEリーダー結び方を作ることの楽しさ

PEリーダーはラインに結ぶ事で効果を高められるようになります。 根スレなどに対するラインの損傷を最小限に抑えることが出来るため、キャストをしてヒットした時もラインが切れる事なく取り込みが出来るようになるので、ルアーフィッシングには必要不可欠な存在です。 尚、PEリーダーは単に結べば良いと言う事ではありません。 きちんとした結び方でもある手作り方法を知らないと、結んだ後に両側を引っ張った時にラインが解けてしまってはPEリーダーの意味をなしえなくなるわけです。 また、PEリーダーの結び方をマスターしておけば、ラインを守れること、そしてヒットした魚をばらす事無く取り込めるなどのメリットにも繋がりますし、高価なラインを短期間で換えるなどの事をしなくても済むようになるなどのメリットが出てくるのです。 尚、ラインの結び方と言うのは幾つかの方法が在るのですが、結び方は自分がやり易い方法を選べばよく、その選んだ結び方でラインが解けないと言う事が前提条件として在ります。 手作り方法には色々な方法が在りますので、覚えやすい方法を選ぶ事、そして強度が高い方法を選ぶ事が大切です。 特に、シーバスを狙う場合にはPEリーダーは必須と言えるのです。

PEリーダー結び方を作るのに用意する物

PEリーダーはラインのスレを防止する役割を持つもので、海などでのルアーフィッシングを楽しむ時には必須と言われています。 PEというのは、元々根ズレなどによる傷には強くはないと言います。 これはPEが柔らかい特徴を持つラインであり、柔らかさが在るため、ルアーの重みでポイントのキャストが出来ると言うメリットが有るわけです。 しかし、根スレが起きているラインを使っていて、シーバスがヒットするといきなり切られてしまうと言う結果にも繋がります。 そこで根スレなどを防止する目的でPEリーダーを結んであげるわけです。 尚、PEリーダーは適当に結んでしまうと、折角のPEリーダーの役割を果たせなくなります。 そのため、きちんとした結び方を覚えておくことが大切で、手作り方法を覚える事で、PEリーダーの効果を期待することが出来ます。 シーバスがヒットしてもラインが切れない、ばらす事無くキャッチが出来、記念撮影をした後に、シーバスのリリースと言うことが出来るわけです。 また、PEリーダーが在れば、ラインは根スレが起きないので長く使えると言うメリットが有ります。 用意するものは、専用のPEリーダーが在れば簡単に結ぶことが出来ます。

PEリーダー結び方の作り方の手順

釣り糸の結び方と言うのは色々な方法が在ります。 PEリーダーの結び方はラインをリーダーに5回から10回ほどくぐらせて結ぶ方法になります。 ノットを利用してリーダーを2回から3回ほどの輪っかを作り、輪っかの中にPEラインを2回ほど絡ませてあげます。 これで、リーダーのストッパー部分が完成となります。 次に、PEラインをリーダーに10回ほど絡ませていきますが、絡ませる回数を多くすることで更に強度が増すので、シーバスを狙う場合は、10回以上絡ませるのがお勧めです。 後は、PEラインを締めて行ってノットを作り、それぞれのラインの両側部分を引っ張ってあげて、リーダーのストッパー部分とノット部分を結合させ、余分なラインを切れば強度が高いラインの結びが出来るのです。 2つのラインの両側を力強く引っ張ってみるとラインの結び目は解けることなく維持しているのが解ります。 これにより、大型のシーバスがヒットしても安心ですし、ラインの根スレは起きないので安心してフィッシングを楽しめますし、ラインが傷まないと言うメリットも在るのです。 因みに、ラインは決して安い物ではありませんので、こうする事ラインの交換などの頻度も減ると言うメリットも在ります。

PEリーダー結び方の作り方のまとめ

PEリーダーの結び方の中でもネックとなるのが結び目の団子状態です。 結び目に大きな団子状のものが出来てしまうと、ロッドのガイドからラインが出て行く時、ガイドに団子状の部分が当たってしまい、上手にキャストする事が出来なくなるからです。 しかし、正しい手作り方法をマスターして、結び方を覚えておけば、団子状態の部分も小さくなり、ロッドのガイドで投げ込んだ際に当たらずにスムーズなキャストが出来るようになります。 例えば、ノットを作る方法での結び方は団子状になる部分がとても小さくなり、ロッドのガイドに当たる確率が低くなりますので、スムーズなキャスティングが可能になります。 最初にリーダーを2~3回のノットで輪っかを作り、リーダーの重なった部分にPEラインを2回転させて絡ませます。 リーダーの輪を完全に固定にしてから、ラインを締めてリーダーのストッパー部を作り出します。 次に、PEラインをリーダーに対して、10回以上絡ませることで強度が高まります。 また、絡ませる回数を増やす事で更に強度が高くなるのです。 PEラインを締めてノットを作るのですが、この時、PEラインはリーダーに対して平行になるようにし、ラインの両側をゆっくりと引っ張ってリーダーのストッパー部分、PEラインのノット部分を結合させ、余った部分をカットすれば完成となります。

y001-1137

トランプマジックのやり方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・...

マジックと言うのは、老若男女どころか、国籍も問わずに大勢の人たちを楽しませることができる、とても素敵なエンターテインメン...

y001-0942

ポケットポシェットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ポケットポシェットとは、小学生などの子どもが普段着ている洋服にポケットがない場合などに、本来ポケットに入れるべき必要最低...

y001-0233

堆肥スペースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

堆肥スペースを作る理由としては、自宅で堆肥を作る事があるでしょう。家庭菜園をしたりガーデニングをするときには植物などに与...

丸太小屋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自分で作った丸太小屋には普段の生活と違う空間があり、ちょっとした息抜きに適した場所であると言えます。そして自然の中で過ご...

y001-0944

ポーチの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ポーチは、バッグの中に散らばりがちな物を1つにまとめることができる、とても便利な小物入れです。文房具を入れておき、ペンケ...

y001-0507

千羽鶴の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

千羽鶴といえば、もともとは祈願の意味で寺社などに奉納されていたようですが、現在ではやはりお願いごとを叶えるために作ること...

y001-1134

とろろ汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏の暑さにばててしまって食欲が失われている人も多く、しかし食べないとエネルギーが補給できず、さらに疲労が蓄積されていって...

y001-1453

うどんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

うどんは蕎麦に並ぶ日本の国民食です。讃岐うどんで有名な香川県は、「うどん県」と銘打ってアピールが盛んです。讃岐うどんはコ...

y001-0252

和竿の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

釣をするときに必要になる釣り竿にはカーボン製の釣り竿と竹などでの木で出来た和竿というものが存在しています。基本的にカーボ...

y001-1276

サツマイモのつるの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

戦時中の食糧難だった頃の話などでは登場することもあるサツマイモのつる、今ではほとんど食べる機会はありません、そもそもあま...

y001-0554

水筒カバーの簡単な手...

外出先で何かをしたくなった時に備えて、自宅で用意したもの...

y001-1175

チャーハンの簡単な手...

炊飯ジャーにある白ご飯と冷蔵庫の残り物で料理を作ろうと思...

ジェルキャンドルの簡...

ジェルキャンドルはキャンドル用のジェルを使い、ガラス容器...

y001-1389

お茶の簡単な手作り方...

お茶というのは、日本人にとっては毎日の生活の中で欠かせな...