アロエ化粧水の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アロエ化粧水の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アロエ化粧水は簡単に手作りすることもできます。手作り方法にはアルコールを使った作り方と、使わない作り方があります。自分で手作りする化粧水は、安く作れることも魅力的ですが、自分の肌に合わせて調整することができることも魅力的です。また、自分で作るわけですから原料が明確で無添加のコスメを手に入れることができます。安価で作ることができますので、贅沢にたっぷりと使用してスキンケアをすることもできます。アロエは、ヤケドの治療などにも使われていたものですし、虫に刺されてしまったときの治療にも使うことができます。アロエを自宅で栽培していて、何かに使いたいと思われている方は、アロエ化粧水を作れば便利です。自宅にあるアロエを有効活用することができるうえに、化粧品代を節約することができます。肌にもよくて、エコで、お財布にも優しいですから、試してみる価値はあります。手作り方法は簡単ですが、アロエが肌に合うかどうかは人それぞれですし、アルコールが肌に合う方ばかりではありませんので、自分の肌に合わせて作る必要があります。逆に言えば、自分の肌に合わせて作ることができますので、肌を化粧品に合わせることなく肌にあった化粧水を手に入れることができます。

アロエ化粧水を作ることの楽しさ

メリットとしては、安く、安全な化粧水を手に入れることができます。アロエの持っている美肌効果は高いので、自宅で簡単に作ったからとって効果が無いということはありません。アロエには血行を促す働きがありますので、肌の血行を高めてくすみを和らげてくれる効果が期待できます。また、新陳代謝も促してくれますので、シミの改善や予防に効果が期待できます。ヤケドなどにも効果があるほど消炎効果に優れており、うっかり日焼けしてしまったときのほてりや熱を取る働きが期待できます。殺菌効果も高いですから、ニキビなどの予防にも役立ちます。保湿効果も高いですから、瑞々しくハリのある肌を保つサポートもしてくれます。美肌効果や老化防止効果が期待できますので、アンチエイジングにも効果が期待できます。アンチエイジングのためのケアは継続することが必要ですから、安く簡単に作れるアロエ化粧水でアンチエイジングできれば、お財布に優しく取り組むことができます。無添加ですから小さなお子さんがいる方でも安心して使える化粧品を手に入れることができます。肌が弱い方でも無添加で安い化粧品を作ることができますので、化粧品代を節約したい、肌に優しいものを使いたいという方に向いています。

アロエ化粧水を作るのに用意する物

アロエ化粧水の手作り方法としては、アルコールを使うものと、使わないものがあります。どちらも必要なものを用意しておけば簡単に作ることができます。アロエ化粧水を作るときには、アロエの葉を用意します。アロエの葉は生のものを用意します。アルコールを使うものはホワイトリカーと密閉容器を用意します。アルコールを使わないものは、精製水とグリセリンを使います。どちらも出来上がったアロエ化粧水を入れる清潔な容器が必要です。また、アロエを取り除くためのガーゼなどがあると良いです。手作り方法としては簡単で、アロエの葉を洗って清潔にして水分を拭取っておきます。そのままアルコールに漬け込んでも良いですし、刻んで入れれば早く抽出することができます。精製水に混ぜる方法では、アロエを搾って絞り汁のみを足していくことですぐに使うことができる化粧水を作ることができます。絞らなくても細かく刻んで漬け込むことでアロエ化粧水を作ることができます。アロエの葉を切って、中の半透明の果肉のみを取り出して細かくし、エキスのみを取り出してアロエエキスを作るという方法もあります。手間はかかりますが、アロエエキスにしてからアロエ化粧水を作ると刺激の少ないものを作ることができます。

アロエ化粧水の作り方の手順

アルコールを使った手作り方法としては、密閉容器に清潔にしたアロエの葉を入れ、ホワイトリカーをひたひたになるまで入れます。アロエは刻んで入れると出来上がりが早くなります。化粧水として使うのであれば、一週間から二週間程度、漬ければ使えるようになります。綺麗なガーゼでこして、容器に入れて使います。精製水で希釈したり、グリセリンを加えたりして自分の肌に合うように調整して使うという方法もあります。希釈すると、その分、傷みが早くなりますので早めに使い切るようにしましょう。アルコールを使わないものは、精製水にグリセリンを入れ、そこにアロエの葉をいれます。精製水100mlに対してグリセリン小さじ1杯程度が目安です。そこに刻んだアロエの葉を入れますが、後からアロエを取り除く必要があるので、最初からアロエの絞り汁を入れる方法でも構いません。防腐剤が入っていないので、冷蔵庫で保管しましょう。一週間から二週間くらいで使い切ると良いです。 アロエの果肉のみを使用してアロエエキスにしてから精製水とグリセリンに混ぜるという作り方もあります。外側を使用しないため、より肌にマイルドなアロエ化粧水を作ることができます。こちらも防腐剤は入っていませんので早めに使い切るようにしましょう。

アロエ化粧水の作り方のまとめ

アロエ化粧水の作り方は簡単です。自宅にアロエを使ったり、生のアロエを買ってくるという方法と、市販されている濃縮アロエエキスを使用するといった方法もあります。 アルコールを使ったアロエ化粧水は、市販のホワイトリカーに綺麗に洗って水気を拭いたアロエの葉を漬け込んで作ります。アロエの葉は切って作ったほうが出来上がりが早くなります。漬け込んで二ヶ月程度置きます。アロエの葉は取り出してガーゼで漉せばアロエ化粧水ができます。保存料は入っていませんので、早めに使い切るようにしましょう。一週間から二週間程度でも使用することは可能です。アルコールに漬け込んでいますので、長持ちします。 アルコールを使わないアロエ化粧水は、精製水とグリセリンを使います。精製水100mlに対してグリセリン小さじ1杯程度の割合のものに、綺麗に洗って水分をとったアロエの葉を数センチのサイズに切って漬けます。防腐剤は入っていないので、冷蔵庫で保管しましょう。一週間から二週間程度で使い切るようにしましょう。アロエエキスのみを投入することでも作ることができます。アロエそのものは取り除いて使う必要がありますので、いちいち取り除くのが面倒な方は、アロエエキスのみを絞って入れる方法のほうが楽に作れます。

y001-0240

笹刈り刃の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

笹刈り刃とは草刈りを行う際に使われる刃です。メインとして草刈り専用の機械に付けて使われます。言うまでもなく通販サイトで売...

y001-0942

ポケットポシェットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ポケットポシェットとは、小学生などの子どもが普段着ている洋服にポケットがない場合などに、本来ポケットに入れるべき必要最低...

y001-0693

笹舟の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

笹舟は誰でも簡単に作れて、工夫次第で楽しさが広がるおもちゃの1つです。水に浮かべると涼しげな雰囲気が出ますので、夏の素朴...

y001-0464

着物リメイクの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

着物リメイクをする理由や目的は、着なくなったお気に入りの着物を大切にしたいから、というものです。着物は何年も着ることがで...

y001-1212

そばがきの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

そばは5世紀にはすでに食べられていたという記録が残っていますが、そばがきはそれよりもっと後の鎌倉時代になった頃に石臼が普...

y001-1263

シソジュースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

古くから日本の食卓を味と香りで彩ってきた「しそ」。葉だけでなく、芽、花穂、実の全てが料理に使える万能食材です。平安時代に...

y001-0291

羊毛フェルト犬の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

羊毛フェルト犬が人気になっています。ぬいぐるみとは全くことなる手法で作られている犬の置物は、その質感が温かみを感じさせて...

y001-1244

ジンギスカンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

肉料理は若者を中心に人気がありますが、年配の人でもたまには食べてみたい料理といえます。他の食材と比べて高級感があり、ご馳...

y001-0246

餃子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本人が大好きな中華料理といえば、ラーメンにチャーハンに餃子です。その中で家で気軽に作れるのは餃子ではないでしょうか。餃...

y001-0785

茄子漬の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

茄子漬を作る目的としては、夏場の水分と塩分補給が第一となります。茄子は夏野菜の代表であり、漢方の五性の分類では涼性となる...

y001-0015

ブックカバーの簡単な...

読書好きの人にとって、本はとても大切なものです。ついうっ...

y001-1074

ネギ味噌の簡単な手作...

味噌は、穀物を発酵させて作られた食品であり、日本では古く...

y001-0624

手作りプレゼントの簡...

大切な人にプレゼントをあげるなら、気持ちがこもった手作り...

バック持ち手の簡単な...

手づくりでバックを作るには、やはり手づくりならではのよさ...