イカのさばき方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イカのさばき方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イカのレシピを作る時、加工済みのイカを使うと言う人は多くいます。ゲソが付いているそのままのイカは、さばかなければ使うことが出来ませんので、簡単に済ませるため、加工されたイカを使う人が多いのです。しかし、イカの手作り方法としてイカのさばき方を覚えてしまえば、色々なレシピに挑戦することが出来るようになります。また、イカのさばき方は思っている程難しいものではなく、コツさえ掴めば簡単にイカをさばくことが出来るようになります。旬を迎えたスルメイカ、ヤリイカ、アオリイカ、コウイカと言った一般的に売られているイカのお刺し身を作る事も出来ますし、イカをさばいた時に残る内臓を使ったイカの塩辛も作れるようになりますし、イカスミを使った美味しいパスタ料理も作れるようになります。加工品の場合は、内臓やイカスミなどは取り除かれているので、これ等の食材を使ったレシピに挑戦する事は出来ませんが、イカのさばき方を覚えてしまえば、鮮度の高いイカを選んで、色々な料理に挑戦することが出来ると言ったメリットが有ります。尚、イカと言うのは色々な種類が有りますが、種類が豊富にあるので1年中何かしらのイカの旬を迎えるという特徴もあるのです。

イカのさばき方を作ることの楽しさ

イカの旬はスルメイカの場合は6月から10月にかけてとなります。 しかし、他のイカの旬はこれ以外の時期になっているため、1年中イカを使った料理を楽しむことが出来ますし、イカはそれぞれ味や食感などが様々ですので、飽きると言う事が無い食材と言えます。 加工品だけを使っていると、料理の幅が広がらずに、何時も同じような物だけと言ったことになりますが、イカのさばき方を覚えておくことで色々なイカを使うことが出来るメリット、そして色々な料理を作ることが出来るようになるメリットが出てくるのです。 因みに、イカめしという料理方法が在りますが、イカ飯は胴体の中にもち米を詰め込んでから、甘辛いたれを使って煮込む料理です。 北海道の函館が発祥とも言われており、函館では豆イカと呼ばれるヤリイカと、真イカと呼ばれているスルメイカの何れかを利用して作られています。 また、イカめしは函館などの家庭料理として古くから作られており、現在では函館のイカめしは日本全国に広がっており、子供のおやつとして作られることもあれば、おもてなし料理として自家製のイカめしを作ることで喜ばれるなど、イカのさばき方を覚えておくことで作ることが出来る家庭料理の一つでもあるのです。

イカのさばき方を作るのに用意する物

イカのさばき方は慣れると簡単にすることができます。新鮮ないかをさばくことによっておいしいお刺身やわたを使った塩辛などをつくることができます。用意するものはまず新鮮ないかです。買う時により新鮮なものを選びましょう。基本的には包丁さえあればさばくことができるのですが、直接いかを触るのに抵抗があるような人は使い捨ての手袋やキッチンペーパーを用意しても良いでしょう。またむいた皮や、内臓を使わない場合はすばやく処理できるように予め準備しておくとスムーズです。新聞紙などでいったんくるんでからビニル袋にいれると臭いも気にならないでしょう。料理方法によってさばきかたはちがってきますが、お刺身で食べる場合は特に清潔にしておくことが大切です。まな板も魚専用のものを用意しておくと安心です。数をさばく時にはボウルなどもいくつか用意しておき、胴体とげそ、内臓などをわけて入れるとスムーズです。慣れてくるとスピードもアップしてきますのでたくさんさばくことができますが、初めは一杯ずつさばくと良いでしょう。さばく直前まで冷蔵庫に入れておき、常温で放置しないように注意することも大切です。いかは新鮮さが命ですので気をつけましょう。

イカのさばき方の作り方の手順

イカのさばき方ですが、まずいかの皮をむきます。ぬるぬるとして滑る場合はキッチンペーパーなどでおさえてむくとやりやすいです。たてほうこうに一気にむきましょう。あまりぐちゃぐちゃとしていますと身も一緒にむいてしまい、見た目が悪くなってしまいます。調理時間を短縮するためにもひとつひとつの作業を早く行えるようにします。皮がむけたら次はえいといかの足をはずします。えいの三角の部分は胴体をおさえてひっぱるだけで簡単にはずれます。いかの足と内臓はつながっていますのでちぎれないように細心の注意をはらいます。途中でちぎれてしまいますとわたの部分が使えませんし、散らばってしまい後片付けが大変です。いきなりひっぱるのではなく足の部分から指を入れて少しはがしながらひっぱると抜けやすいです。軟骨などもありますので途中でとっておくとやりあやすいです。すべてのひっかかりがはずれたと思ったらひっぱりましょう。中に軟骨や皮などがついていますので、お刺身にする場合は念入りにとり、きれいに水洗いしておきます。イカのさばき方が上手にできると幅広い調理法に興味がわくでしょう。いかの塩辛の手作り方法をしってるとなおさばくときに気持ちが入るかもしれません。

イカのさばき方の作り方のまとめ

イカのさばき方はどのようなレシピでイカを使うのかにより異なりますが、イカめしのように胴体をそのまま使うような料理や、イカリングのように胴体を輪切りにしていくような料理を作る場合は胴体から足や内臓をそのまま引っ張って取り除く必要が有ります。 イカの胴体の足の付け根部分に指を入れると、胴体と足が繋がっている部分が在るので、そこを指を使って剥がして行きます。 この時、指先を胴体側に力を入れて繋がっている部分を剥がして行くのがコツです。 1周したら、イカの目玉と足の部分を持ってゆっくりと引っ張ります。 ここでまだ引っ張れないような場合は、完全に剥れていない部分が在るので、もう一度指を中に入れて剥がしてから再び引っ張れば、足の上側には内蔵やスミ袋がそのままの状態で取り出す事が出来ます。 少々グロテスクな部分でもあるのですが、内蔵などはイカの塩辛の大切な旨みであり、スミ袋はイカスミパスタの大切な調味料となります。 これらは破けないように引っ張ることがコツです。 尚、イカには軟骨が在るので、軟骨も忘れずに取り除いておきます。 最後に、足や胴体の内側などを綺麗に水洗いをすれば、色々なレシピに使う事が出来るイカの下準備が完成する事になるのです。

y001-1057

はぎれパッチワークの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

はぎれパッチワークを趣味としている人は、小さな端切れも無駄にしたくないという理由があり、布を大切に扱っています。新しい生...

y001-0758

牛乳パック椅子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

牛乳パックというのは基本的には自宅にあるもので、それゆえさまざまな創意工夫によって、別のものを作り出す材料となっています...

y001-1251

シャボン玉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供の頃、シャボン玉が飛んでいくのを追いかけて手で割ったり、大きくふくらませようと集中してゆっくりとふいたりして、シャボ...

y001-0379

美味しいかき揚げの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

かき揚げというのは、てんぷらなどを作る際に一緒に作ることが多いでしょう。一つの食材を使うのではなく、いくつかの食材の味や...

y001-1079

ぬいぐるみの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供たちが大好きなぬいぐるみは、一緒に遊んで楽しめるだけでなく、眺めていると大人もほっこりとした優しい気持ちになります。...

y001-0421

猫ちぐらの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

猫ちぐらとは藁でできた猫ベッドのことで、猫を飼っている人の間で大人気の商品です。通気性が良く、保湿性にも優れていますので...

y001-1087

にんにく酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

にんにくは、ユリ科ネギ属の香味野菜で、日本には2000年ほど前に中国から伝えられたといわれています。疲労回復などの薬用の...

水引結び方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

水引とはお祝いやお見舞い、弔事などの贈答品の包み紙を結ぶ紐のことを指します。水引は和紙をこよりにし、よりを固定するため水...

y001-1240

スーパーボールの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お祭りの縁日やイベントなどの定番、スーパーボールすくいは、子供たちに大人気の遊びです。同じようにすくう遊びでも、金魚すく...

y001-1371

カスミ網の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

畑に作物などを植えているとそれを狙って鳥などがきてしまいます。これではせっかく大事に育てた野菜などが台無しになってしまう...

y001-1407

おのくん人形の簡単な...

おのくん人形は、宮城県東松島市の仮設住宅で生まれたソック...

y001-1475

あわ醤油の簡単な手作...

あわ醤油とは、文字通りあわ状の醤油のことです。見たことも...

y001-0611

手作り燻製器の簡単な...

古くから世界中で様々な食材を使った燻製があります。ここ日...

y001-0073

毛糸ポンポンの簡単な...

毛糸ポンポンを作る一番の理由としては、やはり可愛さがアッ...