いかレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

いかレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イカを使った料理と言うのは、生食用のイカであればお刺し身が可能ですし、天ぷらや唐揚げなどのフライ物、イカと里芋の煮物、イカを網で焼いたり、中華料理の食材として炒め物で利用したりと、生、揚げ、焼き、煮ると言った具合に様々な、いかレシピとしての有効活用が出来ます。また、イカスミはパスタの材料として利用されることが在りますが、イカスミにはムコ多糖類と呼ばれている成分が豊富に含まれており、痛みを和らげる効果を持つと言います。また、黄色ブドウ球菌に対しての抗菌作用が在るので、黄色ブドウ球菌による食中毒の予防やガン予防などにも効果が在ると言われているのです。イカスミは独特の匂いが在るので、捨ててしまうと言う人も多いのですが、こうした健康効果が在ると言う事を知る事で何らかの、いかレシピに利用したいと感じる人も多いのではないでしょうか。また、イカの内臓などはイカの塩辛を作る時に欠かせない食材でもあり、鮮度の高いイカはお刺し身だけではなく、内臓を利用したイカの塩辛には欠かせない存在になっています。そのため幾つかの、いかレシピ同時に行う事で捨てる部分と言うのは軟骨や皮などの極僅かなものとなると言った特徴もあります。

いかレシピを作ることの楽しさ

いかレシピを覚えておくことで、イカ釣りをして大量にイカが手に入った時など、手作り方法によるイカ尽くしなどが出来るようになります。 尚、いかレシピを覚える事で必要になって来ることは、生のイカを使った場合のイカのさばき方です。 イカのさばき方を覚えておけば、イカの胴体、足、内蔵、そしてイカスミ全ての部位を使う事も出来るわけです。 また、イカのさばき方は難しいと言った先入観を持つ人も多いのですが、足の付け根部分に指を入れて、足が繋がっている部分を剥がしてから、イカの目の分と足を持ってゆっくりと引っ張ってあげれば簡単に内蔵までを取り外す事が出来ます。 足についている内蔵やイカスミの袋はいかレシピによっては使わないので、切って生ごみとして処分する事になりますが、イカスミのパスタとイカの塩辛の両方を作ると言う事であれば、軟骨や皮以外は全て使いきることになるわけです。 イカの足をフライにする事でイカゲソ揚げを作ることが出来ますが、イカゲソには皮がついているので油に入れると高温度の油が四方に飛び散り、熱い思いをすると言う人も多いものです。 しかし、水分をしっかりと拭き取ってあげると、油が飛び散り難くなり、熱い思いをせずにイカゲソの唐揚げを作ることが出来るのです。

いかレシピを作るのに用意する物

ヤリいかやスルメいかやホタルいかなど、いかには様々な種類があります。栄養も豊富な上にヘルシーなので人気の海鮮でどんなレシピにも比較的アレンジがきくのが特徴です。また新鮮ないかのお刺身や煮物など、生でも温かいお料理でも楽しめるのが最大の魅力です。美味しいいかレシピは数多くありますが、その中でも選りすぐりで簡単な鉄板のいかレシピが2つあります。1つ目は「いかのゴロ炒め」です。必要な材料もとても簡単に揃う食材ばかりです。まずは新鮮なするめいかを一杯用意します。するめいかの肝が重要です。その他の材料はバターとお醤油・料理酒が各小さじ1に塩コショウです。お好みで玉ねぎやアスパラなどの野菜を用意します。使う料理器具は包丁とまな板とフライパンがあればできる簡単いかレシピです。2つ目のいかレシピは「いかと里芋の煮物」です。材料は2人分で以下の通りです。いか一杯・里芋7個・さやいんげん5本に生姜の千切りが少々です。調味料は醤油・大さじ2・みりん・料理酒・砂糖が各大さじ1・だし汁400CCです。使用する調理器具は包丁にまな板と、深めのお鍋が1つです。どちらのいかレシピも必要な材料は少なく、手作り方法は簡単で美味しいのが特徴です。

いかレシピの作り方の手順

1つ目のいかレシピ「いかのごろ炒め」の手作り方法です。1・するめいかは食べやすい大きさに切り分けます。いかのワタは包丁で開き、包丁の背を使ってしごきだします。野菜は食べやすい大きさに切っておきます。2・取り出したいかのワタは包丁で叩き、口当たりを滑らかにしておきます。いかのワタに料理酒を加えてよく混ぜます。3・加熱したフライパンに油を少々ひきます。いかとお好みの野菜を炒めたら、ワタソースと醤油を加えます。ワタが焦げるような香ばしい香りがしたら、最後に塩コショウをしバターをなじませれば完成です。いかのワタはしっかりと炒めることで、風味が増しとても美味しい味わいになります。続いて「いかと里芋の煮物」の手作り方法です。1・いかはワタと軟骨を取って水洗いします。いかの足は目を取って1本ずつに切り離し、胴は1cm程度の輪切りにします。里芋は皮をむき、大きい物であれば2つに切ります。2・鍋に生姜の千切りと、全ての調味料を入れ煮立たせます。この時いかを入れて2分程煮たら、別皿に取り分けておくのがいかを柔らかく頂くポイントです。3・里芋を入れて柔らかくなるまで、じっくりと煮ます。この時鍋に落としぶたをすると、里芋に早く火が通り中まで味が染み込みます。4・里芋が柔らかくなったら、取り分けておいたいかを戻し入れます。鍋を揺すりながら汁気がなくなるまで、煮付けます。下茹でしておいたいんげんを、半分に切り煮物の上に散らせば完成です。

いかレシピの作り方のまとめ

イカのフライやイカゲソの唐揚げと言うのは、お酒のおつまみにも最適です。 しかし、120度ほどの高温度の油の中に小麦粉やパン粉をつけたイカを投入すると、イカの表面に付いている水分が油で熱せされてしまい、油が飛び散り、コンロ周辺は油まみれになってしまったり、飛び散った油が手や腕、酷い時には顔について熱い思いをしたり、火傷をしてしまうと言う事も在ります。 そのため、大好きなイカフライやイカゲソの唐揚げは家ではやらない、やりたくないと言う人も多いものです。 イカは薄皮の下部分に水分が在りますので、イカの胴体の皮を剥がしてから、キッチンペーパーなどで水分を綺麗に拭き取ります。 また、足の部分の皮や吸盤などは剥がす事が出来ませんが、この部分もキッチンペーパーを使って水分を拭き取ってあげてから衣をつけてあげれば、油が飛び散るのをある程度防止することが出来るのです。 尚、炒め物を作る時なども下ごしらえの段階で水分を拭き取ってあげれば、炒めている時に油が飛び散ると言う事を防止することが出来るのでお勧めです。 因みに、イカは冷凍保存をしておくことである程度日持ちがします。 内蔵などを取り除いて内部を綺麗に水洗いをしておけば、後日直ぐに調理を行えると言うメリットも在ります。

y001-0777

割り箸工作の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

割り箸を使った工作はいろいろなものがあります。割り箸はとても身近にある木材としても見ることができます。簡単に手に入れるこ...

y001-0349

風呂敷バッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

風呂敷というと年配の方が使っているイメージがありますが、最近の風呂敷はいろいろな柄が売られています。伝統的なちりめんや、...

y001-0132

レンガ囲炉裏の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

レンガ囲炉裏を作る理由としては夏などにバーベキューを庭で楽しむためです。バーベキューをするためには場キャンプ場などに行く...

アクセサリー台紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ガラスビーズやパールビーズ、革紐、レースなどを使った手作りのアクセサリーは、作家のセンスとアイデアを活かして作られた世界...

y001-0769

甘い梅干しの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅干しは、元々は古代中国で漢方薬として使用されていたと考えられており、強い殺菌効果があるのが特徴です。日本に渡来して以降...

y001-0468

竹炭の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

竹炭を作る理由としては、湿度の調整や脱臭、空気の浄化や水質の浄化といった生活を補助する機能や、炭として焼き物料理に使うた...

ピタゴラスイッチの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ピタゴラスイッチとは、様々な仕掛けを作って、ゴールまで導く装置を手作りするというものですが、大人から子供まで、自分のアイ...

y001-1313

クッションの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

クッションはリビングのソファに並べたり、椅子に敷いたり、フローリングで座布団代わりにしたりと色々な用途に使うことができる...

y001-0188

竹テーブルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

竹テーブルをつくる理由としては、普通のテーブル、つまり、木製や合板のテーブルは重量も重く、あまりにシンプルすぎてしまいま...

電磁石の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お子さんから大人まで幅広い場面で活用することのできる工作の中には、電磁石を活用する方法が用意されています。お子さんの場合...

y001-1157

テディベアの簡単な手...

ずんぐりとした体型を持ち、太い手足に大きな頭のあるクマは...

y001-0611

手作り燻製器の簡単な...

古くから世界中で様々な食材を使った燻製があります。ここ日...

y001-0439

豆乳で豆腐の簡単な手...

豆腐は大豆からできています。大豆は「畑の肉」ともいわれて...

y001-0013

庭鳥小屋の簡単な手作...

野鳥はバードウォッチングなどの趣味がある人も多いので、日...