いかレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

いかレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イカを使った料理と言うのは、生食用のイカであればお刺し身が可能ですし、天ぷらや唐揚げなどのフライ物、イカと里芋の煮物、イカを網で焼いたり、中華料理の食材として炒め物で利用したりと、生、揚げ、焼き、煮ると言った具合に様々な、いかレシピとしての有効活用が出来ます。また、イカスミはパスタの材料として利用されることが在りますが、イカスミにはムコ多糖類と呼ばれている成分が豊富に含まれており、痛みを和らげる効果を持つと言います。また、黄色ブドウ球菌に対しての抗菌作用が在るので、黄色ブドウ球菌による食中毒の予防やガン予防などにも効果が在ると言われているのです。イカスミは独特の匂いが在るので、捨ててしまうと言う人も多いのですが、こうした健康効果が在ると言う事を知る事で何らかの、いかレシピに利用したいと感じる人も多いのではないでしょうか。また、イカの内臓などはイカの塩辛を作る時に欠かせない食材でもあり、鮮度の高いイカはお刺し身だけではなく、内臓を利用したイカの塩辛には欠かせない存在になっています。そのため幾つかの、いかレシピ同時に行う事で捨てる部分と言うのは軟骨や皮などの極僅かなものとなると言った特徴もあります。

いかレシピを作ることの楽しさ

いかレシピを覚えておくことで、イカ釣りをして大量にイカが手に入った時など、手作り方法によるイカ尽くしなどが出来るようになります。 尚、いかレシピを覚える事で必要になって来ることは、生のイカを使った場合のイカのさばき方です。 イカのさばき方を覚えておけば、イカの胴体、足、内蔵、そしてイカスミ全ての部位を使う事も出来るわけです。 また、イカのさばき方は難しいと言った先入観を持つ人も多いのですが、足の付け根部分に指を入れて、足が繋がっている部分を剥がしてから、イカの目の分と足を持ってゆっくりと引っ張ってあげれば簡単に内蔵までを取り外す事が出来ます。 足についている内蔵やイカスミの袋はいかレシピによっては使わないので、切って生ごみとして処分する事になりますが、イカスミのパスタとイカの塩辛の両方を作ると言う事であれば、軟骨や皮以外は全て使いきることになるわけです。 イカの足をフライにする事でイカゲソ揚げを作ることが出来ますが、イカゲソには皮がついているので油に入れると高温度の油が四方に飛び散り、熱い思いをすると言う人も多いものです。 しかし、水分をしっかりと拭き取ってあげると、油が飛び散り難くなり、熱い思いをせずにイカゲソの唐揚げを作ることが出来るのです。

いかレシピを作るのに用意する物

ヤリいかやスルメいかやホタルいかなど、いかには様々な種類があります。栄養も豊富な上にヘルシーなので人気の海鮮でどんなレシピにも比較的アレンジがきくのが特徴です。また新鮮ないかのお刺身や煮物など、生でも温かいお料理でも楽しめるのが最大の魅力です。美味しいいかレシピは数多くありますが、その中でも選りすぐりで簡単な鉄板のいかレシピが2つあります。1つ目は「いかのゴロ炒め」です。必要な材料もとても簡単に揃う食材ばかりです。まずは新鮮なするめいかを一杯用意します。するめいかの肝が重要です。その他の材料はバターとお醤油・料理酒が各小さじ1に塩コショウです。お好みで玉ねぎやアスパラなどの野菜を用意します。使う料理器具は包丁とまな板とフライパンがあればできる簡単いかレシピです。2つ目のいかレシピは「いかと里芋の煮物」です。材料は2人分で以下の通りです。いか一杯・里芋7個・さやいんげん5本に生姜の千切りが少々です。調味料は醤油・大さじ2・みりん・料理酒・砂糖が各大さじ1・だし汁400CCです。使用する調理器具は包丁にまな板と、深めのお鍋が1つです。どちらのいかレシピも必要な材料は少なく、手作り方法は簡単で美味しいのが特徴です。

いかレシピの作り方の手順

1つ目のいかレシピ「いかのごろ炒め」の手作り方法です。1・するめいかは食べやすい大きさに切り分けます。いかのワタは包丁で開き、包丁の背を使ってしごきだします。野菜は食べやすい大きさに切っておきます。2・取り出したいかのワタは包丁で叩き、口当たりを滑らかにしておきます。いかのワタに料理酒を加えてよく混ぜます。3・加熱したフライパンに油を少々ひきます。いかとお好みの野菜を炒めたら、ワタソースと醤油を加えます。ワタが焦げるような香ばしい香りがしたら、最後に塩コショウをしバターをなじませれば完成です。いかのワタはしっかりと炒めることで、風味が増しとても美味しい味わいになります。続いて「いかと里芋の煮物」の手作り方法です。1・いかはワタと軟骨を取って水洗いします。いかの足は目を取って1本ずつに切り離し、胴は1cm程度の輪切りにします。里芋は皮をむき、大きい物であれば2つに切ります。2・鍋に生姜の千切りと、全ての調味料を入れ煮立たせます。この時いかを入れて2分程煮たら、別皿に取り分けておくのがいかを柔らかく頂くポイントです。3・里芋を入れて柔らかくなるまで、じっくりと煮ます。この時鍋に落としぶたをすると、里芋に早く火が通り中まで味が染み込みます。4・里芋が柔らかくなったら、取り分けておいたいかを戻し入れます。鍋を揺すりながら汁気がなくなるまで、煮付けます。下茹でしておいたいんげんを、半分に切り煮物の上に散らせば完成です。

いかレシピの作り方のまとめ

イカのフライやイカゲソの唐揚げと言うのは、お酒のおつまみにも最適です。 しかし、120度ほどの高温度の油の中に小麦粉やパン粉をつけたイカを投入すると、イカの表面に付いている水分が油で熱せされてしまい、油が飛び散り、コンロ周辺は油まみれになってしまったり、飛び散った油が手や腕、酷い時には顔について熱い思いをしたり、火傷をしてしまうと言う事も在ります。 そのため、大好きなイカフライやイカゲソの唐揚げは家ではやらない、やりたくないと言う人も多いものです。 イカは薄皮の下部分に水分が在りますので、イカの胴体の皮を剥がしてから、キッチンペーパーなどで水分を綺麗に拭き取ります。 また、足の部分の皮や吸盤などは剥がす事が出来ませんが、この部分もキッチンペーパーを使って水分を拭き取ってあげてから衣をつけてあげれば、油が飛び散るのをある程度防止することが出来るのです。 尚、炒め物を作る時なども下ごしらえの段階で水分を拭き取ってあげれば、炒めている時に油が飛び散ると言う事を防止することが出来るのでお勧めです。 因みに、イカは冷凍保存をしておくことである程度日持ちがします。 内蔵などを取り除いて内部を綺麗に水洗いをしておけば、後日直ぐに調理を行えると言うメリットも在ります。

y001-0613

手作り提灯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏の季節の風物詩のように使用されることの多いアイテムには提灯があります。古くから用いられている道具になり、本来では明るさ...

y001-1277

さざえご飯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

サザエは漢字では「栄螺」と書きますが、サザエの特徴は棘のある殻にあります。これは外敵から身を守るためのものであり、大きく...

y001-1312

クッションカバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

クッションカバーを作る理由というのは、気分転換をしたり季節によって相応しいものを選んだりしたいからです。しかし、あまり複...

y001-1157

テディベアの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ずんぐりとした体型を持ち、太い手足に大きな頭のあるクマは、大変力が強く、人間に危害を加えることもあることから、人からは恐...

y001-0073

毛糸ポンポンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

毛糸ポンポンを作る一番の理由としては、やはり可愛さがアップするということでしょうか。最近では女性の方でも賃貸マンションの...

y001-1244

ジンギスカンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

肉料理は若者を中心に人気がありますが、年配の人でもたまには食べてみたい料理といえます。他の食材と比べて高級感があり、ご馳...

めだかビオトープの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

めだかを飼育する際に、室内で水槽を使用して育てることもできますが、ビオトープで育てた方がより自然な状態に近付けるので、長...

y001-0286

浴衣帯結び方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

このところ若い女性、いえ男性の間でも浴衣の人気が高まっています。やはり暑い夏、日本人を小粋に、素敵に演出してくれるのは、...

y001-0199

ビーズ半襟の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ビーズ半襟を作る理由について書いていきます。ビーズ半襟は用意するものが、ビーズ、レース糸、かぎ針の3つほどで作ることがで...

y001-1190

ダンボールの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ダンボールは誰もが知っている身近な道具ですが、同時に、誰もが使いやすい工作の素材でもあります。小中高校と文化祭の出し物作...

y001-0165

角松の簡単な手作り方...

お正月には様々なアイテムを揃えなければなりませんが、その...

y001-0176

美味しい黒糖梅酒の簡...

自分で梅酒を作ることになったきっかけは、梅をたくさんいた...

y001-0720

広報誌の簡単な手作り...

市町村、学校、団体、企業、サークルなど、発行元はさまざま...

y001-0571

針金工作の簡単な手作...

身近な材料を使って何かを作り出すことを考えた場合では、一...