うどレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

うどレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

うどは山菜の一つであり、漢字で書くと「独活」になります。「独活」と書いて有っても、これを「うど」と読める人は少ないと言えます。所で山菜の一つと言う事を言いましたが、お店で販売されている大半は栽培されたものであり、自生しているものがお店に出回ると言うのは少ないと言います。また、栽培されたものは、自生しているものとは異なり、日光が当たらない暗い室の中で栽培が行われたものとなるので、白い色をしているのが特徴です。尚、自生しているものは灰汁がとても強く、灰汁抜きが必要となりますが、栽培されたものは灰汁も少ないのでそのまま手作り方法での調理が出来るので簡単なのです。うどは水分が大半を占めると言われており、カロリー量としてはゼロに近いのが特徴です。しかし、うどにはアミノ酸の一種でもあるアスパラギン酸が豊富に含まれており、アスパラギン酸の作用により、新陳代謝を促進させる効果が在るので、疲労回復やカルシウム、カリウムと言ったミネラル成分を身体の隅々まで運んでくれる効果も在ります。尚、うどの薬効と言うのは、疲労回復や風邪予防、食欲増進、そして便秘予防も在るため、便秘がちの人にもうどのレシピはお勧めと言えるのです。

うどレシピを作ることの楽しさ

うどのレシピには酢味噌和え、サラダ、天ぷら、きんぴらなどが在ります。 酢味噌和えやサラダは生の状態で利用出来るレシピであり、ちょっとした時間を利用する事で作ることが出来ます。 また、うどは過熱を行う事で甘みも出て来るので、天ぷらなどで食べる事でホクホク感や甘味を感じる事も出来ます。 きんぴらはうどの皮の部分を使って、ニンジンなどと一緒に炒めてから出汁を使っての炒め煮となりますが、ゴボウとは違ってほろ苦さが在る大人の味のきんぴらを作ることが出来ます。 尚、うどは山菜の一つですので、旬となるのは3月から5月頃にかけてとなりますが、これは自生している灰汁の強いものであり、一般的には栽培されている物を利用するため、地域により収穫時期は異なりますが、12月頃から6月にかけてが旬となっています。 夏から秋にかけては入手が難しくなりますが、これ以外の時期であればお店の店頭に並ぶので、うどを見つけた時は購入すれば、健康効果も期待出来るわけです。 因みに、うどには全体的に白くなっている軟白ウド、緑色をした山ウドの2つの種類が有りますが、緑色をしたものは自生のものと軟白ウドを出荷時に葉先部分を光に当てることで緑色になると言います。

うどレシピを作るのに用意する物

日本は自然が豊富で、野山には今でもと食べられる野草が生えていて、積んできて楽しまれている方もいるはずです。しかしながら昨今は食材を購入するのはスーパーなどの店舗が多くなっていて、山菜はとれる数に限りがあって扱っていないことがあります。それゆえ山菜取りをしてもどうやって食べたらいいのか分からない、そんなもので避けてしまう傾向にあって、せっかくの新鮮な食材が無駄になってしまうのです。 山草といって思いつくのがフキノトウやうど、ヨモギなどがあって、中でも厄介なのがうどだと思います。名前だけは聞いたことのあるポピュラーな山草ですが、実際に自宅で調理して食べる機会は少ないはずです。ただスーパーでも季節によっては取り扱っていることがあるので、一度試してみるといいです。そんなうどのレシピですが、有名なところだと酢味噌和えやてんぷら、しぐれ煮、あまりがちな葉を使った胡麻和えなどになります。必要な食材はもちろんうどで、他はレシピによって変わってきます。山菜というとハードルが高くなりますが、アスパラなどと同様に使用できますので、気楽に試してください。春の旬、野趣がありつつもすっきりと爽やかな味わい、しゃっきりとした食感は慣れると美味しさの虜になるはずです。

うどレシピの作り方の手順

ではうどの簡単なレシピになりますが、まずは酢味噌和えがおすすめです。うど1本、味噌と酢が各大さじ1、甜菜糖大さじ1/2になります。次に手作り方法ですが、ウドは4cmに切って皮をむいて分量外の酢水に浸します。それぞれ縦に薄切りにして、酢水に戻しアク抜きをします。葉っぱはお好みで、もしも若い葉っぱがあれば、塩少々を入れた湯でさっと茹で、しばらく水にさらします。調味料を混ぜ合わせて、水けをよく切ったうどを加えて和えて出来上がりです。酢水につけてアク抜きをする時、味見をしながら様子を見るのがいいです。またアクが強い場合は、湯通しすると抜けてくれます。 次にうどの葉の胡麻和えですが、うどの葉4~5本分、すりごま大さじ4、砂糖大さじ3、しょうゆ大さじ2の分量になります。作り方ですが、うどの葉はよく洗って適当に切って、熱湯で茹でておきます。時間は3分くらいですが、様子を見ながら調節します。ざるに上げ冷水にさらし、水気を絞っていきます。ボウルに調味料を合わせて、しっかりとしぼった葉を入れて和えると出来上がりです。 他にもいろいろなレシピがありますので、チャレンジしていき、お好みのものを見付けて食卓に取り入れてください。

うどレシピの作り方のまとめ

山ウドは軟白ウドを緑化させているものであり、自生しているものとは異なります。 自生しているうどと言うのは、茎部分までが緑色になっているので覚えておくと良いのです。 自生しているうどは中々出回る事は在りませんが、道の駅などに行くとその地方で収穫されたものが販売されており、自然の場所で収穫されたものもあるのです。 自生のものは、苦みや灰汁も多くありますので、灰汁抜きが必要となりますが、栽培されているものについては酢水につけておく程度で灰汁抜きが出来るため、簡単に調理が出来るなどのメリットが有ります。 尚、うどを購入して来たら、皮の部分は細切りにしてきんぴらとして利用をして、中の茎については薄くスライスをしてサラダとして食べたり、酢味噌和えをして食べることが出来ます。 尚、酢味噌和えは皮を剥いた後に、3~5センチほどの短冊切にして、酢水につけて灰汁抜きをし、短冊に切ったウドと若芽を合わせ味噌と寿司酢を和えてあげれば完成となります。 きんぴらはウドの皮を細切りにし、ニンジンも細切りにしておき、両方をフライパンで炒めてから、出汁の素、醤油、砂糖、みりん、などで味付けをして完成となります。 どちらも短時間で作ることが出来るのでお勧めです。

y001-0943

ホールトマトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏は殺菌作用が強く浴び続けると有毒性が強くなる紫外線が最も多い時期のため、その紫外線で受けたダメージを回復させる食材であ...

y001-0026

トートバッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

トートバッグは、バッグの中でも基本簡単に作れます。ですので、手作り初心者にとってはとても挑戦しやすいです。トートバッグを...

y001-0693

笹舟の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

笹舟は誰でも簡単に作れて、工夫次第で楽しさが広がるおもちゃの1つです。水に浮かべると涼しげな雰囲気が出ますので、夏の素朴...

y001-0484

大根煮物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

大根煮物は日本の和食の中でも馴染みがあって、真っ白な大根の見た目や味にも、しっかりと和風の味付けをして美味しくいただくこ...

y001-0540

生理食塩水の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

生理食塩水は簡単に作ることができますし、様々な用途に使うことができます。どのような目的で使うことができるかというと、目や...

y001-0396

梅味噌の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昔から、各地域では特産品などを利用して、その土地ならではの料理や保存食を作ってきました。最近では、調味料や保存食を手作り...

y001-0283

卵の天ぷらの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

さぬきうどんのお店の天ぷらのメニューの中に半熟卵の天ぷらがあり、とても美味しいと人気がありますが、なかなか自分で作ってみ...

y001-1267

ジーパンリメイクバックの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レ...

長く愛用してきたジーンズでも使わなくなってしまうこともあるでしょう。サイズが変わったり、風合いが変わったり、破れてきたり...

y001-0387

半熟オムライスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

卵の調理は簡単なようで非常に難しく中でも半熟調理は温度調節や経験が必要となるものが多いです。中でも半熟オムライスは非常に...

y001-1059

パウンドケーキの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

パウンドケーキとは、小麦粉、バター、砂糖、玉子の4種類を使って焼き上げるお菓子のことです。これらの材料をそれぞれ同量を混...

y001-0107

ベッドカバーの簡単な...

寝室のイメージチェンジをしたいけれど、家具の入れ替えは大...

y001-1009

ピザ釜の簡単な手作り...

世界との食の文化交流において日本に最もなじんだ食文化と言...

y001-0193

マシュマロの簡単な手...

コラーゲンがたっぷりはいっているマシュマロはお肌をぷりぷ...

y001-0936

ポテトサラダの簡単な...

ポテトサラダは、ほとんどの人が好きな、定番のサラダメニュ...