えびレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

えびレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

えびを使った料理は子供に人気があります。えびの天ぷらからえびのマヨネーズあえ、チリソース、えびグラタンと、えびという食材の名前が付くだけで美味しそうだというイメージを持つ方は多いでしょう。独特のぷりぷりっとした食感も魅力的ですし、噛んだ時のジューシーな歯ごたえもえび好きにはたまりませんね。子供だけでなく大人にもえび好きな方は多いので、夕飯の食卓には頻繁に出てくる食材の一つでもあるでしょう。スーパーに行けば冷凍パックになった物から刺身として生で食べる物、冷凍食品のえびピラフやえびドリア等も見つけることができます。それだけ日本人にとっては身近な食材として人気があるのです。えびレシピから作る料理はお酒のつまみにしても美味しいですし、お弁当のおかずや夕飯のおかずとしても最適です。家族全員が食べられるというご家庭が多いですから、えびレシピを充実させておけば料理のレパートリーも広がるでしょう。炒め物の中に入れればアクセントとして効果を出すことができますし、サラダのようなサイドメニューを引き立たせる役目も果たしてくれます。これまで一度も作ったことがないえびレシピをマスターして家族に喜んでもらいましょう。

えびレシピを作ることの楽しさ

食材にえびを使った料理が一品でもあると、子供は喜んでくれるはずです。小さいサイズから大きいサイズまで様々な商品を手に入れることができるので、大きさに合わせて最適なえびレシピを選ぶといいでしょう。 えびレシピを参考にしながら料理を作ることのメリットは、単に美味しいというだけではありません。殻をむいて背ワタを取るという簡単な下ごしらえで使うことができるので、ちょっとしたホームパーティーを開く時等品数を多めにしたい時にも役立ちます。えびさえあれば洋食や中華、イタリアンと各種のメニューが作れます。どの料理も一度レシピに目を通せば作れるような簡単な物が多く、えびが持つ素材の味を存分に活かすことができるでしょう。 えびには様々な有効成分が含まれており、健康と美容に役立つ成分を手軽に摂取できるというメリットもあります。例えばビタミンEには抗酸化作用があるため、体の中に存在する活性酸素を取り除き老化を予防する働きがあります。さらに鉄分やマグネシウム、カリウム、亜鉛、ビタミンB群、アスタキサンチンといった嬉しい成分が含まれています。どの成分も体から不足させたくない物ばかりで、健康な体を保つために大いに役立ってくれます。

えびレシピを作るのに用意する物

えびレシピの定番えびフライは、メインおかずとしてだけではなく、お弁当にも入れられます。 用意するのは、2人分で、えび(大)4尾、塩少々、こしょう少々、揚げ油適量、衣(小麦粉適量、卵1/2、生パン粉適量)、タルタルソース(ゆで卵1/4個、玉ねぎみじん切り小さじ1、ピクルスみじん切り小さじ1、マヨネーズ大さじ1と1/2、しょうゆ小さじ1/2、こしょう少々)です。 えびフライや天ぷらのえびレシピの場合、尻尾だけ残して殻をむくことがあります。この場合、尻尾がついている最後の節だけ残して殻をむくのがポイントです。 えびフライが丸まらないように仕上げるコツは、腹側に斜めに浅い切り込みを入れることです。何箇所か腹側に切り込みを入れて、さらに背中側から軽く押さえると揚げた時に丸まりにくくなります。 えびレシピでは必ずえびの背わたを取ります。殻付きの場合には殻をむく前に頭から2~3節目に竹串を入れて静かに引き抜きます。背中をそっと指で押さえて抜くと取りやすいです。 えびレシピでは、背わた取り、尾を一節残す、背中に切り込みを入れる、尾の先を切って水分を出す、腹側に数カ所切り込みを入れる、という5ポイントを守ると、うまくいきます。



えびレシピの作り方の手順

えびフライの手作り方法の手順です。 まず最初に、タルタルソース作りです。 玉ねぎのみじん切りをキッチンペーパーに包み、水にさらし、よく絞ります。これに、ゆで卵、ピクルスみじん切り、マヨネーズ、しょうゆ、こしょう、を入れてよく混ぜ合わせます。これでタルタルソースは完成です。 次にメインのえびフライです。 えびの背わたを取り、殻をむきます。腹側に数カ所切り込みを入れて伸ばします。尻尾の三角の部分を切り、中の水分を出して、塩、こしょうを振ります。尻尾の水分を出しておかないと揚げている油が跳ねやすくなるので注意してください。しごき出すようにするとうまく水が出せます。 次に衣をつけていきます。小麦粉を下処理したえびに均一にまぶし、卵液、生パン粉、の順番につけていきます。パン粉がつきにくい場合には、軽く押し付けながらつけるようにすると良いです。 衣をつけたら、170℃の油で2~3分揚げます。 すぐに食べる場合にはお皿に盛り、タルタルソースを添えて出します。 お弁当用にするならば、粗熱をとってタルタルソースとは別にして入れると良いです。 170℃の油で2~3分揚げるのがポイントです。 慣れれば20分くらいで簡単に作れるようになります。

えびレシピの作り方のまとめ

家庭の主婦の方は普段からえびを使うえびレシピが数種類は頭に入っているでしょう。手作り方法が簡単なものから難しいものまで色々ありますが、ベテランの主婦の方なら珍しいえびレシピにもチャレンジしたいのではないでしょうか。いつもの料理とは違うえび料理が出てきたら、家族はきっと喜んでくれるはずです。 えびレシピの中でもどちらかというと中華に近い丼物を作り方を確認しておきましょう。子供も大人も美味しく食べられるえび入りの中華丼を作っていきます。用意する食材は、えびの他にたけのこや青野菜、生しいたけ、ニンジン、豚肉等があります。えびは背ワタを取り除いてきれいに洗っておきます。たけのこや生しいたけは下ごしらえをして適当な大きさに切っておきます。青野菜は青梗菜が使われることが多いので、適量を用意しましょう。 材料を一品ずつ切り揃えていったら、調味料を作っておきます。調味料は自宅にあるもので構いませんが、オイスターソースがなければスーパーで購入しておきましょう。フライパンに油を入れたら熱くなるまで加熱し、切り揃えておいた材料を炒めていきます。材料が柔らかくなったらカップに用意した汁を投入します。全ての食材と汁ができあがったら片栗粉で調整して完成です。



y001-1182

チェックシートの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チェックシートは、その名の通り、物事をチェックするポイントの一覧表です。工場でより良い製品を生産したり、サービス業でより...

y001-1504

GMAILの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

GMAILアカウントは作っておくことで色々な機能をより便利に活用していくことが出来るようになります。というのも、このGM...

ダンボール収納の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

季節の変わり目など、ダンスの中やクローゼットの中をかたづけをしたり入れ替えることが多く、収納していたものが、前回の記憶を...

y001-0316

蜜蜂巣箱の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

これまで限られた人のみに許可されていた養蜂ですが、平成25年より施行された改正養蜂振興法によって誰でも制限無く養蜂を楽し...

y001-1255

シャーベットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

暑い夏、冷たいシャーベットというのは子供だけじゃなく、大人にも嬉しいデザートとなっています。購入するのは簡単ですが、時に...

y001-1089

ニンニクの漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ニンニクは、ユリ科ネギ属の植物で香味野菜の代表的な存在です。紀元前数千年頃には栽培が開始されていたと考えられており、人類...

y001-1416

おいしい肉団子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おいしい肉団子は、日常的な食事のおかずにも作られますし、お弁当のおかず目的で作ることもあります。ジューシーなお肉のかたま...

y001-0376

美味しいナポリタンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

美味しいナポリタンというと、やはり洋食屋さんの昔ながらのナポリタンをイメージすることでしょう。ナポリタンというのは、具材...

チェストストラップの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

幼稚園や保育所などの通園バッグや、小さいお子さんをお持ちのお母さん、学生さんまで、幅広い年齢層の方に支持されているのがリ...

y001-1396

お煮しめの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お煮しめというのは、日本料理の中でも家庭の味というもので、誰もが小さなころから食べているものの一つということが出来るので...

y001-1251

シャボン玉の簡単な手...

子供の頃、シャボン玉が飛んでいくのを追いかけて手で割った...

y001-0493

堆肥の簡単な手作り方...

なぜ植物を育てる際に堆肥が必要になるかという部分が大事で...

y001-0262

冷やし汁の簡単な手作...

冷やし汁というのは九州地方の郷土料理ともいわれていますが...

y001-0663

紙飛行機の折り方の簡...

紙飛行機の折り方を学ぶ事は、子供にも大人にも創作を通じた...