おいしい梅ジュースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おいしい梅ジュースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自家製のおいしい梅ジュースを毎年作る人が増えています。既製品のものは香料や甘味料が入っているものが多いですが、自家製のおいしい梅ジュースは保存料や添加物が入っていないので、小さなお子様からお年寄りまで誰でも安心して飲むことができます。おいしい梅ジュースには、夏の暑い日を乗り越えるために必要なクエン酸がたっぷり入っています。クエン酸には疲労回復効果があるだけでなく、体の中に溜まった毒素を分解して、血液浄化をしてくれます。夏は暑くて汗も沢山出ますし、胃腸疲れも出やすくなりますが、おいしい梅ジュースは整腸作用や胃の働きを整える働きもありますし、すっきりした味わいなので、口の中もさっぱりします。おいしい梅ジュースは、夏だけでなく冬の寒い時期にも好まれる飲み物です。肩こりや筋肉疲労の予防にもなるので、お湯割りにしたホット梅ジュースを飲めば、夜もぐっすり眠ることができます。また、おいしい梅ジュースは、アルコールが入っていないので、アルコールが苦手な人のための食前酒としてもおすすめです。甘さ控えめで食事の邪魔をせず、ジュースの色もきれいなので、梅を1つグラスに入れて食卓に並べれば、おしゃれな雰囲気を演出することができます。

おいしい梅ジュースを作ることの楽しさ

おいしい梅ジュースを作るときには、火や包丁などを使わずに作ることができますから、小さなお子さんにお手伝いをしてもらって、楽しみながら作ることができます。おいしい梅ジュースの手づくり方法は簡単なので、会話を楽しみながら家族みんなで作るのも絆が深まっていいでしょう。毎年6月頃に青梅が店頭に並ぶので、毎年おいしい梅ジュースを作ることが家族イベントの恒例になれば、青梅を見ただけで季節感を感じることができます。自宅で瓶詰めにしたおいしい梅ジュースは見た目も透明感があって涼しげで、飾ることでキッチンのインテリアとしても活用することができます。自家製のものは、作ってから1か月ほどたてば飲むことができますが、出来上がるまでの推移を眺めて楽しみながら待つことができます。腐らないように酢を入れていますので、保存料を入れなくても長持ちして、好きなときに飲むことができます。自家製のものは、お好みで梅ジュースの味を調節できたり、飲み方を工夫することができるのも魅力です。おいしい梅ジュースはジュースとして飲むだけでなく、料理の隠し味としても活用できます。お菓子作りをするときに、シロップの代用として使うことができます。

おいしい梅ジュースを作るのに用意する物

おいしい梅ジュースは、家庭でも簡単に作ることができます。例年、6月頃になると青梅が店頭に並びますので、それを材料として作ります。おいしい梅ジュースを作る際に用意するものは、梅を漬けておくための瓶を用意しましょう。瓶の口にパッキンがついていてこぼれにくくなっているものが望ましいです。パッキンがついていると密封度が高くなるので、余計なものが入り込みにくくなります。そして梅ジュースの材料として、一瓶漬ける場合は、青梅を2kgと氷砂糖2kg、醸造アルコール、そして酢を用意しましょう。おいしい梅ジュースは火を一切使いませんから、必要な道具は梅の表面に穴を開けて梅エキスが出やすくするための竹串やフォークを用意するだけで大丈夫です。氷砂糖と青梅の量は同じにするのが一般的ですが、甘さ控えめを好む場合は氷砂糖を少なめにするなど、お好みで加減することができます。氷砂糖の代用品として、ハチミツもおすすめです。ハチミツは栄養価が高く、喉を保護する効果もありますから、氷砂糖を半分にしてもう半分をハチミツにするのもいいでしょう。酢は、料理酢以外に、りんご酢もおすすめです。りんご酢はフルーティーな味わいで、梅ジュース作りにも最適です。醸造アルコールは、果実酒を作るときに使用するものと同じでいいでしょう。

おいしい梅ジュースの作り方の手順

おいしい梅ジュースの手作り方法はとても簡単です。まずは青梅をきれいに水で洗いましょう。表面に土や汚れがついていることがありますから、1つ1つ丁寧に洗います。そして汚れがたまりやすいヘタの部分も取ります。竹串など先端のとがったものを使うと、ヘタを取りやすいでしょう。綺麗に洗ったら醸造アルコールに漬けます。醸造アルコールに漬けることは消毒の意味があります。手づくりの梅ジュースは防腐剤は一切使用しませんから、腐らないように醸造アルコールに梅をくぐらすことが大事です。梅のエキスが出やすいように、梅の表面に穴を開けます。フォークなどを使うと開けやすいでしょう。12個程度の穴をあけると、梅の成分が出ておいしい梅ジュースになります。梅の準備が出来たら、瓶に漬けていきます。まずは瓶の底に梅を敷き詰め、その上に氷砂糖を同じように敷き詰めます。これを繰り返して、ミルフィーユ状にすれば、梅と氷砂糖が混ざりやすくなっておいしい梅ジュースになります。最後に上から酢をたっぷりと入れたら出来上がりです。作った日から1か月ほどくらいたつと、おいしい梅ジュースが飲めるようになります。醸造アルコールに梅を浸してありますし、酢がたっぷり入っていますから、長持ちしますのでゆっくり飲んで楽しむことができます。

おいしい梅ジュースの作り方のまとめ

おいしい梅ジュースの手作り方法は家庭によって異なりますが、基本的な材料としては青梅と氷砂糖、酢、醸造アルコール、梅を入れる瓶、竹串になります。瓶は密封性があるものが好ましいため、口部分にパッキンがついているものがいいでしょう。青梅をまずは水で一つ一つきれいに洗いながらヘタの部分を竹串で取り除きます。ヘタ部分に汚れがたまりやすいので、面倒な作業ですが丁寧に行います。洗ってヘタを取った青梅は、醸造アルコールに漬けます。そして竹串で梅の表面に穴を開けます。穴が開けにくい場合は、フォークなどを使って穴をあけましょう。穴の数はお好みになりますが、12個くらいがおすすめです。全ての青梅の作業が終わったら、瓶に重ならないように底に梅を敷き詰めます。そしてその上に氷砂糖を入れて敷き詰め、また青梅を置きます。これらを繰り返して段々になるように並べます。全て並べ終わったら、酢を入れたら完了です。酢は、食用酢以外に、りんご酢を使ってもフルーティーに仕上がっておすすめです。氷砂糖は青梅と同量にするのが一般的ですが、甘めがお好みの方は氷砂糖を増やすといいでしょう。氷砂糖を半分にして、もう半分をハチミツにするのもおすすめです。柔らかな甘さになって、おいしい梅ジュースが簡単に作れます。ハチミツ入りは喉にも優しいので、冬にホット梅を作るときにもおいしくなります。

y001-0512

折り紙折り方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

折り紙封筒を幼い頃、一度でも作ってみたことがあると思います。その時期を通り過ぎた大人になった今でも時々手紙を書きたいな、...

y001-0031

トン汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

トン汁はとてもおいしくて、子供から大人まで大好きなものです。トン汁を作るとご飯が進みます。またDIYのメリットとして、や...

y001-0826

移動ポケット型紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

移動ポケットは、パンツやスカートのウエスト部分にクリップやピンで留めることができ、付け替え式のポケット型ポーチです。就学...

y001-1121

トマトの育て方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

トマトは代表的な野菜のひとつです。さまざまな料理に使われる万能野菜で生でサラダに使えますし、煮込んだり、ソースの素材とし...

北欧モビールの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もともとは赤ちゃんや子供の視覚を楽しませるために利用されていた北欧モビールですが、北欧では室内にこもることが多いためにD...

マキシスカートの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏のおしゃれに欠かせないスカートですが、今はマキシスカートの人気が高いです。足首まで届く長いスカートを合わせることで、ト...

y001-0943

ホールトマトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏は殺菌作用が強く浴び続けると有毒性が強くなる紫外線が最も多い時期のため、その紫外線で受けたダメージを回復させる食材であ...

y001-1453

うどんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

うどんは蕎麦に並ぶ日本の国民食です。讃岐うどんで有名な香川県は、「うどん県」と銘打ってアピールが盛んです。讃岐うどんはコ...

y001-0017

昆布巻きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本料理の1つでもある昆布巻きを手作りする家庭は増えており、作る理由として挙げられることの1つが伝統また伝承にあります。...

作業台の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

DIYなどを趣味や特技としている方の場合では、自宅で何かを製作する場面が多いことになります。天気の良い日などでは屋外で作...

y001-1396

お煮しめの簡単な手作...

お煮しめというのは、日本料理の中でも家庭の味というもので...

y001-1428

エルサドレスの簡単な...

ディズニー映画で人気となったアナと雪の女王のヒロインのエ...

y001-0386

半熟ゆで卵の簡単な手...

わたしたちが日常よく口にする最も多い食材の一つに卵があり...

y001-0897

もちもちポテトの簡単...

もちもちポテトは、じゃがいもと片栗粉を混ぜて揚げることで...