オニオンスライスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

オニオンスライスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

オニオンスライスは玉ねぎだけで作ることができるシンプルな料理です。そのままサラダとしてドレッシングをかけて食べたり、グリーンサラダやトマトサラダ、ポテトサラダなどのトッピング、スモークサーモンやローストビーフなどの付け合わせ、ピザトーストやマヨチーズトーストにのせるなど、主役としても脇役としても大活躍してくれるレシピです。玉ねぎをスライスするだけで簡単にできて、冷蔵庫で冷やしておけばある程度日持ちもします。オニオンスライスを加えるか加えないかで全く味が違ってくる料理もあり、スパイスとしても大切な役割を果たします。独特の辛味があるので最初は苦手でも、慣れてくるとオニオンスライス無しでは物足りないと感じるようになります。特にポテトサラダなどマヨネーズ系の味や、塩味の強い燻製、薬味をたっぷり使うタタキやカルパッチョなどと相性がいいのでオニオンスライスを加えることで見た目が豪華になり、味と香りも豊かなプロの料理が仕上がります。新玉ねぎの季節には特に作ってみたいレシピで、玉ねぎ本来の素材のおいしさを味わうことができます。手作り方法は包丁さえあれば簡単にできるシンプルな料理なので、積極的に作りましょう。

オニオンスライスを作ることの楽しさ

玉ねぎは血液の流れをよくしたり、動脈硬化や心臓病の予防、脂肪燃焼、ダイエット、疲労回復など様々な効能のある優れた野菜です。どこでも簡単に手に入るので毎日の食生活に積極的に取り入れることで健康維持や基礎体力作りなどに役立ちます。オニオンスライスは玉ねぎを生で食べるので、含まれている栄養素を壊さずに直接体内に運ぶことができます。スライスする作業は最初は時間がかかっても、何度も作っているうちに慣れてくるので薄くきれいに切れるようになって包丁使いの練習ができるメリットもあります。たくさん作ってしまったら炒め物や煮物、スープなど他の料理に応用できるので無駄がなく、ドレッシングを工夫すればそのままお酒のつまみとして出したりご飯のおかずにもなります。オニオンスライスをバジルやケッパー、青紫蘇、かいわれ、みょうがなどほかのハーブや薬味と合わせてみるのも面白く、単調なサラダや肉料理、魚料理などが豪華に変身します。特に前菜や冷たいお料理には欠かせないアクセントで、オニオンスライスを添えることで味がしまっておいしくなるだけでなく、栄養面でもプラス効果があります。玉ねぎの種類によって味の違いや見た目の違いを楽しむこともできます。

オニオンスライスを作るのに用意する物

オニオンスライスに必要なものは好みの量の玉ねぎと、よく切れる包丁、まな板、スライスした玉ねぎを入れておくためのボウル、玉ねぎを広げるためのザル、余ったときに保存するためのビニール袋やラップなどで、特別な材料や道具は一切必要ありません。包丁の切れ味が悪いとスライスする作業に時間がかかり、目が痛くなったり涙が出てくるのでオニオンスライスを作るための包丁はあらかじめ研いでおくなど準備をしておきましょう。オニオンスライスは新玉ねぎで作れば辛味が少なくまろやかな甘みでおいしくできますが、新玉ねぎが手に入らない季節には普通の玉ねぎでも作れます。新玉ねぎの代わりに紫玉ねぎを使うのも有効で、普通の玉ねぎよりも辛味が少なく水気が多い上に薄紫色できれいなので、サラダのトッピングなどに使いたい場合は最初から紫玉ねぎを選ぶのもおすすめです。切った玉ねぎを塩で揉むと辛味が和らいで薄味が付くので、使いたいレシピによっては塩も手元に用意しておきましょう。オニオンスライスと共に食べるためのドレッシングや薬味、サラダや野菜なども一緒に用意してよく冷やしておくと玉ねぎの味が一層引き立って歯触りや舌触りを楽しむことができます。

オニオンスライスの作り方の手順

オニオンスライスの手作り方法は玉ねぎをスライスするだけなのでとても簡単ですが、切り方にコツがいるので作り方をしっかり確認してから作業を始めましょう。玉ねぎは切る繊維の方向によって辛さが変わってきます。繊維を切断して断面が空気に触れる面積が多いほど辛さの成分が抜けるので、繊維に対して垂直に、玉ねぎを横にするようにまな板にのせてなるべく薄くスライスします。切った玉ねぎはザルの上に広げて少し時間を置くと辛味の成分が空気中に抜けて味が和らぎます。使う前に冷水に浸して水気を切るとシャキシャキした歯触りになって食感がよくなります。急いで辛味を抜きたいときはスライスしたものを軽く塩もみしてから水で洗い流して、絞るように水気を切ります。サラダのトッピングにするときはこの方法がおすすめです。スモークサーモンやローストビーフ、カツオのたたきなどに添えて食べる場合は多少辛味が残っていたほうが薬味としてアクセントになっておいしいので歯触りを重視してオニオンスライスを作りましょう。作りすぎて残ってしまった場合は冷蔵庫で2日程度保存ができます。オニオンスライスは冷凍することも可能ですが、歯ごたえがなくなるので注意しましょう。

オニオンスライスの作り方のまとめ

オニオンスライスの作り方のポイントは、とにかく薄くスライスすることです。一切れが分厚いと独特のシャキシャキした食感が楽しめないだけでなく、辛味が抜けずに口の中に不快感が残るので、よく切れる包丁を使って透き通るように薄く切ることを目指しましょう。切る方向を繊維に対して垂直にすると辛味が抜けやすくなるのも頭に入れておきましょう。水にさらすとある程度辛味が少なくなりますが、同時に栄養素も溶けだしてしまって水っぽくなるので辛さが苦手な場合は新玉ねぎを使うか、手に入らない季節なら紫玉ねぎを選ぶと味がマイルドです。そのまま食べたいときはスライスしたあとで軽く塩を振ってから揉んで、水洗いして水気を拭き取ると辛味が抜けてほのかな塩味が付くので食べやすくなります。作ったあとでしばらく冷やしたほうが玉ねぎがしまって歯ごたえが出るので、食事の準備を始めたらまずオニオンスライスを作って冷蔵庫に入れておきましょう。作業は素早く行わないと玉ねぎの成分で涙が出てきたり目が痛くなるので注意しましょう。特に包丁使いが苦手な人は涙で目がくらんで指を切ったりすると大変なので、薄く切れるスライサーを使うのも選択肢の一つです。

y001-1110

金魚の飼い方の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

金魚というのはペットとして非常に優れた生き物と言えます。というのは、鳴き声を発することもなく、食べ物の好き嫌いもなく、数...

y001-1306

グローブの型の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

買ったばかりの新品グローブはカチカチで、すぐに捕球するのは簡単ではありません。そこで、捕り易い捕球面を自分で作ってあげな...

y001-0137

レジ袋収納の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

レジ袋はスーパーやコンビニエンスストアなどで買い物をした時にもらうことができますが、これはたまにもらいすぎてしまって、余...

y001-1123

ゼリーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

明日はお客さんが来るけれど、暑くて何もする気が起きないとき、そもそも夏なのにオーブンで焼いたお菓子などボリューミーなおや...

y001-0991

フェルト王冠の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

フェルト王冠は赤ちゃんのかわいい写真を撮りたいときや子供の誕生日会、王様ごっこやお姫様ごっこなどで大活躍してくれるアイテ...

y001-1161

テーブルベンチの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

家の中で食事をする時に、昔ながらのちゃぶ台やこたつテーブル、座敷テーブルを置いて、そこに料理を乗せて食べる習慣があります...

y001-0859

レインボールームの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ブレスレットなどのアクセサリーを購入するときには、ブランドの正規代理店やセレクトショップなどのお店に行かないと入手する事...

y001-0622

手作りマスコットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りマスコットは、小学校に入り針と糸が使える様になった女の子がまず作ってみたくなる簡単な手芸です。基本的には2枚のダイ...

ピーマン肉詰めの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

いつの時代も子どもが大好きなおかずとして人気があるのがハンバーグです。お肉たっぷりで食べごたえがあるから大人だって好物の...

y001-0661

紫蘇ジュースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

紫蘇ジュースは濃縮したシロップを作っておけばかなり長い期間保存していくことができます。もちろん冷蔵庫などでの保存が必須で...

y001-0857

レゴ恐竜の簡単な手作...

レゴで恐竜を作ってみましょう。パズルやブロック好きな子ど...

y001-1057

はぎれパッチワークの...

はぎれパッチワークを趣味としている人は、小さな端切れも無...

y001-1096

にぎにぎの簡単な手作...

手作りのおもちゃやぬいぐるみなどは、大きくなっても思い出...

y001-1338

がん帽子の簡単な手作...

がん帽子は医療用帽子とも言われ主にがんの化学治療で髪の毛...