カブトムシ人工蛹室の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

カブトムシ人工蛹室の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏は様々な生き物が活発に動く時期ですが、それはほかの季節では味わえない様々な生き物と触れ合える機会が増える時期であるという意味を持ちます。その生き物と触れ合えるという点において、その中でも特に昔から子供たちのあこがれとして人気の生き物が夏の昆虫界の王様であるカブトムシといえます。カブトムシは山に生息する硬い皮膚を持つ昆虫の意味である甲虫の一種であり、世界にも様々な種類が存在するのですが日本では濃い茶色をした硬い皮膚と頭部に角があることが特徴です。もともとカブトムシは夏に最盛期を迎えるスイカやきゅうりなどを食べてしまう害虫として農家を困られているのですが、その角の風貌と縄張り意識が強いことで同族同士でもそうですがそのほかの昆虫界でも強い部類に入るスズメバチやカマキリなどを角で追い払ってしまうことが長年子供たちの心を掴んだといえます。そのカブトムシですが、近年において子供たちの人気の高まりからスーパーで成虫を購入できるようになっています。しかしただ成虫を購入して飼うだけでは面白みがないため、スーパーで購入できる成虫を利用しオスとメスで交配して新しいカブトムシを生み出す方法が確立されているのです。そのために必要とされているのが人工蛹室を手作りすることです。

カブトムシ人工蛹室を作ることの楽しさ

自然界では生まれたカブトムシは木の樹液を吸って大きくなり、そして1ヶ月のうちに寿命が付きたカブトムシは鳥やその他の昆虫の餌となり土に帰って木の樹液の栄養をそのほかの植物に分け与える流れで自然界に良い流れを与える役割を担っています。そこで自宅では人工蛹室でオスとメスで交配して新しいカブトムシを生み出すメリットは、その卵から孵化し幼虫となりそして幼虫から眉となって成虫となる姿をその目で見れることです。その新しい命が誕生する場面を見ることは子供たちにとって有意義なことであり、その後の人生で最も大事な愛情という言葉を実際に教えることができます。そして生まれたきた最初は飼育のやり方が分からなくて失敗し、卵が生まれたとしてもそこから孵化して生まれてこなかったまた生まれてきたとしても小さかったりとなぜこうなってしまったのかを考えさせるという考慮するということを学ばせてあげられます。このなぜこの状態になったのかの手段を考える力と新しい命を生み出し育むことの力を養ってあげることが最大のメリットであり、そしてなにより一から卵から負荷させる環境づくりから誕生までを自分で行えることが人工蛹室を作る最大の楽しさといえます。

カブトムシ人工蛹室を作るのに用意する物

カブトムシはその成長の過程で、卵から幼虫へ、そして蛹になり、成虫へと大きくその姿を変えていきます。人工で飼育する場合いくつか注意する点があります。卵から孵るときや幼虫から蛹に変態する時は注意が必要ですが、とくに重要で、成虫になれるかどうかの分岐点になるのが蛹の時期です。せっかく育てているのですから、何とか元気にかっこいい成虫まで育ててあげたいところです。そのお手伝いを人の手でしてあげるのが、人工蛹室です。とてもデリケートな時期なので、角が変な方向に曲がってしまったり、成虫になれずに死んでしまうのを防ぐため、是非作ってあげて下さい。まず用意するものはトイレットペーパーの芯です。これはキッチンラップの芯でも構いませんが、ラップの芯は硬すぎて加工に苦労します。紙コップで作るという方法も無くはないですが、一般的な大きさの紙コップだと、日本のカブトムシには少し大きすぎて用をなさないことがあります。以上の理由で、トイレットペーパーの芯が最適です。あとはキッチンペーパーと霧吹き、古新聞も用意して下さい。更に、芯で作った蛹室を入れる入れ物も必要です。小さめの飼育ケースが適しています。蓋も併せて準備して下さい。これで、最も簡単な手作り方法で人工蛹室を作る準備は完了です。



カブトムシ人工蛹室の作り方の手順

人工蛹室の作り方を説明します。カブトムシは幼虫から蛹へ、そして成虫へと姿を変えますが、蛹の段階が一番デリケートで、死んでしまう可能性が高いです。複数のカブトムシを育てる場合、十分な土やマットで育てたとしても、数匹は死んでしまうことを覚悟しなければならない程です。それを防ぐのが人工蛹室です。作り方は簡単です。まずトイレットペーパーの芯を真ん中で二つに切ります。それを蛹室に入れたい蛹の数だけ立てて並べます。カットした芯の下には保湿のため霧吹きで十分湿らせたキッチンペーパーを敷いて下さい。ここまで済んだらいよいよ芯の中に蛹を移します。しつこいですがこの時の蛹はとても繊細なので、よく注意して移して下さい。芯を斜めにしてゆっくりと滑らせるように入れると良いです。垂直か、ほんの少し傾く位に蛹を入れて並べてください。オスの場合は角が曲がったり引っかかっていないか注意してください。カブトムシの蛹は人工蛹室の中でも少し動くことがありますので、芯が倒れないよう、空いたスペースがある場合は残った芯や新聞紙を詰めて立てた芯を固定してください。あとは蓋をかぶせて完成です。成虫になるまで待ちます。入れ物の中が乾燥しないよう、たまに霧吹きで水分を足すことを忘れないでください。

カブトムシ人工蛹室の作り方のまとめ

実際にカブトムシを飼育し生まれる場所となる人工蛹室を簡単手作り方法として用意するものは、深めの箱と霧吹きそして幼虫の餌となる腐葉土と植物を育てるために使用する牛糞や鶏糞といった肥料を使用します。深めの箱に腐葉土と植物に使う肥料を混ぜたものを敷き詰めたあとに、その腐葉土と肥料を混ぜた土台に湿り気を与えるために霧吹きで水分を与えます。それはカブトムシの幼虫は山奥の柔らかい土質で土の養分を食べて成長するのと成長するためにはある程度の暖かい空間が必要になるためで、その土の中でも栄養価の高い場所を選んで成虫のカブトムシが卵を産む生態を持っていることに加えて腐葉土に含まれている微生物の発酵で暖かい空間を維持してあげることが重要になるためです。。そして出来上がった人工蛹室に実際にオスとメスを入れるのですが、箱をそのまま置いていても光が指す場所では卵を生まないため山の環境と同じく室内全体を常に暗くなる場所にして置くもしくはアルミホイルを箱全面に巻いて暗くし空気穴を開けておくことによって卵を生み出しやすい環境にしてあげることです。そして手作りした人工蛹室で卵を産んだら、その後は動かさないようにしながら観察して生まれたあとは、山に放ってあげるか飼う場合には同じく肥料と腐葉土を混ぜた土台に木で休める場所と餌には水分の多い野菜や果物を食べさせてあげることが重要になります。



y001-0414

廃油石けんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

廃油は工場などで発生するばかりでなく、家庭でも割と多く発生するものです。天ぷらやフライなどの揚げ物を作った時に、大量に余...

y001-0126

栗ごはんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

主に食欲の秋に嬉しいひと品として、栗ごはんを挙げる事ができますが、大きな粒の国産の栗を使った栗ごはんはとても美味しい献立...

自分未来年表の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自分の人生を振り返るということでは、より自分の人生を簡単に把握して、これからの人生を有意義にしたり、何かを後世に残したり...

y001-0527

折り紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

折り紙は、紙1枚から誰でも始められる手軽な創作活動です。普段、絵や音楽等の芸術や創作の活動をしていない方でも、紙があれば...

y001-1337

キーマカレーレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

カレーというのは嫌いだという人が珍しいくらいに、誰からも愛される食べ物です。しかも基本の作り方は簡単で、市販されているル...

y001-0991

フェルト王冠の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

フェルト王冠は赤ちゃんのかわいい写真を撮りたいときや子供の誕生日会、王様ごっこやお姫様ごっこなどで大活躍してくれるアイテ...

y001-1396

お煮しめの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お煮しめというのは、日本料理の中でも家庭の味というもので、誰もが小さなころから食べているものの一つということが出来るので...

y001-0992

フェルトマスコットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

誰でも一度は体験したことのあるフェルトを使ってのマスコットづくり、楽しかった思い出がある人は良く、手先が不器用な場合はち...

y001-1172

チョコバナナの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チョコバナナは、バナナにチョコや様々なトッピングを施したお菓子のことです。お祭りなどの屋台や出店で販売されることが多く、...

y001-0426

肉じゃがの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

肉じゃがは、日本の家庭料理の代表的な煮込み料理のため、いろんな世代に人気があります。そのため、女性が好きな男性に家庭料理...

y001-0064

フリースネックウォー...

フリースネックウォーマーは冬には大活躍のアイテムです。暖...

y001-0358

氷こんにゃくの簡単な...

氷こんにゃくは現在、夢の食物と注目される食べ物です。氷こ...

y001-1356

がま口100均の簡単...

100均で手作りするものはいろいろとあります。なぜ作るの...

y001-0947

ペペロンチーノの簡単...

美味しいパスタ料理はパスタ専門店に行かないと食べられない...