かぶら漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

かぶら漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

かぶら漬物を作る理由や目的ですが、それは、好きなものやおいしいものを自分で作ってみたい、という好奇心です。普段、口にしているものがどのように出来るのか、ということもわかりますし、自分で手作りすることで、自分の好みの味を作ることができるというのも作る理由のひとつです。また、安くたくさん食べたい、という理由もあります。手作りをしているときのわくわくとした気持ちを感じることも、手作りする理由です。かぶら漬物などは、家庭菜園をしている人や手作りすることが好きな人にはつけている人がよくいます。簡単に手作りすることができるので、その方法を知っておくと便利です。お子様と一緒に、食べ物ができる過程を知っていくこともできるので、普段から食卓に出るものがどのように出来上がるのかを勉強することを目的として一緒に作る人もいます。おいしいものを自分の手で作って、食卓に出したい、おいしいと言ってもらいたい、というのも作る理由です。手作りすることで、漬け具合なども調節することができます。自分や家族の好みの漬物を作ることができるというのも目的として多いです。食卓に出した手作りの漬物をおいしく食べてもらえることが作る理由なのです。

かぶら漬物を作ることの楽しさ

かぶら漬物を作る楽しさやメリットというと、自分で作ることでどんな風に漬物が出来上がるのか、その過程をじっくりと見ることができるという楽しさがありますし、漬物の漬け具合を調節することで自分好みの味にすることができる、というのもメリットといえます。 手作り方法も難しいものではないですし、自分で手作りしたのだ、という嬉しさを感じることもできます。作る目的は人それぞれですが、メリットは手作りしたものが出来上がったときの嬉しさです。出来上がるまでの、どんなものになるか、おいしく出来上がるか、などのわくわくした楽しさもメリットのひとつですが、やはり出来上がったときに、自分の思ったとおりの味になっているとき、出来上がりになっているとわかったときの喜びは大きなものだといえます。おいしい食べ物を自分でも作ることができる、というのは、作る楽しさになります。なかなか作ることができない、と思っていたものを、自分でも簡単に手作りすることができる方法がある、と知るだけでも驚きますが、実際に作ってみて出来上がったときというのは格別な喜びがあります。 作る楽しさもメリットも人それぞれで感じ方は違いますが、出来上がったものを食べるとき、見たときに感じるものがその人にとっての楽しさとメリットになるのです。

かぶら漬物を作るのに用意する物

かぶらというのは、大根のように辛みがないと言う事もあり、小さなお子さんからお年寄りまでが美味しく食べる事の出来る野菜です。また身も柔らかいので、色々なお料理にも適している食材です。ヨーロッパなどではシチューなどといった煮込み料理などに使われることも多いものですし、さっぱりとイタリアンドレッシングをかけてサラダにしてしまうという人もいますし、かぶら漬物にするのもおすすめです。漬物というと、何だか難しそうで手作り方法も分からないという方もいらっしゃるかもしれませんが、比較的簡単にかぶら漬物をご家庭で作ることが出来るものです。作る際に用意するものとしては、新鮮なかぶら、塩、砂糖、お酢、しょうゆ、ポン酢などといった調味料、まな板に包丁、そして保存袋、ボウルと小皿、そして重石になるものなどです。重石はいまどきのご家庭に無い事も多いでしょうが、代わりになりそうな重いものが見付からない場合には、1、5リットルや2リットルなど大きなペットボトルやお米がおすすめです。米袋はボウルの直径よりもあまり大きなものではない方が、安定感があって良いでしょう。さて材料や道具などの準備が整ったら、いよいよクッキング開始です。

かぶら漬物の作り方の手順

かぶら漬物の作り方の手順としては、まずかぶをきれいに洗うことから始めます。たわしなどでゴシゴシと泥などを落としてあげれば、そのまま皮をむかずに漬物にしてしまうことも出来ますし、気になるようであれば皮むきまでしてしまいます。かぶらの葉は、一緒に漬けると彩もきれいなので、別にとっておきます。次にかぶらをお好みの厚さにスライスしていきますが、あまり厚くなり過ぎないように、出来れば千枚漬けをお手本にして薄く切ってあげましょう。そうすることで、味もしっかりと馴染んでくれるので、より早く美味しいお漬物を味わう事が出来る訳です。そこへしっかりと塩をふりかけて手で揉んで馴染ませます。それをボウルに入れ、そこにボウルよりも径の小さな小皿などを載せて、その上に重しを置きます。そのまま1時間以上おいておくことで、余計な水分が出てきますので、それを捨てます。水抜きの終わったかぶらと、かぶらの葉を保存容器に入れて、砂糖、お酢、塩やしょうゆ、ポン酢などでお好みの味付けにしてあげます。鷹の爪を輪切りにして一緒に入れると、かすかな風味も楽しめます。もしも手に入れば、ゆずの皮などを入れてあげるとまた違った味わいになります。

かぶら漬物の作り方のまとめ

かぶら漬物の作り方は、まずかぶを3個、大体350グラムくらいを用意します。そして、お塩を野菜の重さの2.5パーセントから3パーセント、昆布は野菜の重さの1パーセント、輪切りにした唐辛子は少々、砂糖は大さじ1から1・5、穀物酢を大さじ2です。かぶは葉とヒゲを切ります。食べやすい大きさに薄く切るか、食べやすい大きさに切っていきます。タッパーなどに材料を全て入れて、液が漏れないように蓋をしっかり閉じてよく振ります。砂糖が溶けているのが確認できたら、もう一度蓋をして、20分以上漬け込みます。これは、夏場は冷蔵庫に置き、冬は常温で置いておくようにするといいです。20分以上経って、味見をしたときに味が染みていたら完成です。液に漬け込んだままで冷蔵庫で保存するようにします。 これは、ほかの野菜も一緒に漬けたり、かぶの葉っぱなども一緒に漬けることができるので便利です。浅漬けの方法ですが、あっさりとして食べやすいのでとてもいいです。時間がないときや、おかずに一品つけたいときなどにもすぐに作ることができるので、食卓にすぐに出すことができます。 ヨーグルトや麹を使ったものなどもありますが、基本的なレシピでどんな野菜でも一緒に漬けることができるのがこの方法です。

y001-0687

山椒味噌の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

山椒味噌は山椒の若い葉や実をすりつぶし、味噌に加えたものを言い、別名木の芽味噌とも言います。山椒は雄株と雌株があり、雌株...

y001-0737

経口補水液の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

最近経口補水液を自宅で作る方が増えています。夏になると熱中症で倒れ病院に運ばれる方が増えます、熱中症は健康な方でも起こる...

組織図の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

組織図をつくることは会社の経営計画を作るうえで最も重要です。例え社員が数人しかいない会社だとしても組織図を作ることは重要...

y001-1134

とろろ汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏の暑さにばててしまって食欲が失われている人も多く、しかし食べないとエネルギーが補給できず、さらに疲労が蓄積されていって...

y001-0338

編み込みやり方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ヘアアレンジの中でも、様々なバリエーションが楽しめるアレンジ方法が三つ編みで、その三つ編みを更に引き立てるアレンジが「編...

y001-1092

ニンニクチップの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

にんにくの健康効果というのは精力剤の材料に使われるように食欲増進効果に加えて疲労回復効果があることで男性にとってうれしい...

y001-0056

ミニチュアソファの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

今大人もはまる趣味の中にミニチュアの世界というのがあり、子供の頃に好きだった人形遊びなどでも使っていたミニチュアを作った...

y001-0966

ブロック塀DIYの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

一戸建て住宅にお住まいの方や購入した土地に住宅を建築している方は、自宅の敷地と隣家との敷地の境目が分かるように境界線とし...

y001-0505

川柳の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

川柳を作る目的は人によって様々だと思われます。いくつか一般的な理由や目的を考えてみたいと思います。まず、自分の日々感じた...

y001-0745

金柑甘露煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

初冬から早春の頃にたわわに実を結び店頭でも目にする機会が多い金柑、普段から食べ親しんでいるミカンを丸く小さくしたような愛...

y001-0280

卵焼き基本の簡単な手...

お弁当のおとも、数ある日本のおかずの中でポピュラーなもの...

y001-0265

料理レシピ豚肉の簡単...

地方によっては梅雨明けも近く、毎日暑い日が続く夏を迎える...

y001-1313

クッションの簡単な手...

クッションはリビングのソファに並べたり、椅子に敷いたり、...

y001-1133

とんちクイズの簡単な...

とんちクイズは、その気になれば子供でも解くことが出来るよ...