カレーのおいしいの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

カレーのおいしいの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

国民の定番食にもなっているカレーは、なくてはならないレシピとなっています。日本のみならず、世界で愛されるカレーのおいしい手作り方法は、国や家庭によっても異なります。作る理由は、美味しくて食べやすいメニューであるため、ランチにも夕食にも気軽に作ることができます。目的としても、日常的な食事にはもちろん、パーティーなどの時にも、アレンジして作れば、おもてなしメニューになります。カレーのおいしいレシピは、具材も選びませんから、レパートリーが広がる楽しさがあります。カレーと一口に言っても。実にさまざまなレパートリーがあるのが、カレーのワールドです。ポークカレーにシーフードカレー、ビーフカレーにインドカレー、リメイクカレーだって楽しめます。おいしいカレーを作るコツは、基本のカレーに隠し味をプラスすることです。日本でのカレーは、カレーライスがメインですが、カレーうどんなどもあります。カレーライスの翌日にはカレーに市販のめんつゆを少し足して、カレーうどんにすると、和風の醤油風味とカレーが絶妙なコンビネーションで、かなり美味しいいめんつゆ入りのカレーうどんを食べることができます。おいしいカレーは本格的に粉末からも作れますし、市販のルーでもかなりおいしく仕上げることができます。

カレーのおいしいを作ることの楽しさ

おいしいカレーのレシピは、そのアレンジのしやすさと豊富さもメリットです。スタンダードなカレーライスにもできますし、ドライカレーにしたり、チキンカレーやスープカレーなど、意外と簡単に作ることができます。おいしいカレーは、隠し味を工夫することで、よりコクのある味わいにもなりますから、そこもメリットであり、楽しめる部分です。いつものカレーを作ったら、仕上げにキッチンにある、インスタントコーヒーを加えてみます。小さじに1杯から2杯くらいを、カレーに混ぜてみるだけで、ほろ苦さが出て、絶妙な旨みのカレーに仕上がります。たくさん入れると苦味がますため、少しだけ入れて、大人の味にしてみると良いです。もはや定番にもなりつつあるのが、隠し味にウスターソースを加えるというものです。酸味がきいた味わいとなります。オイスターソースを入れてみると、今度はカレーのコクがグレードアップします。出来立てなのに、一晩寝かせたかのような味わいになります。まるでお店で作るようなまろやかなカレーにするなら、ココアパウダーを加えて仕上げます。いつものカレーにプラスするだけで、カレー専門店並みの味わいに変身です。実際に料理のプロは、カレー作りにココアを隠し味に使うと言われています。

カレーのおいしいを作るのに用意する物

カレーのおいしい作り方は家庭によって様々です。 一言でカレーと言っても家庭によって味が違うので、どのようなカレーが美味しいかは人によって異なります。 ただ基本的にカレーを作る際に用意する具材としては人参と玉ねぎ、ジャガイモと肉です。 そしてカレーのルーを用意します。 肉は豚肉でも鶏肉でも牛肉でも構いません。 自分の好みの肉を用意すればよいです。 ただカレーに使う肉としては、豚肉が一般的です。 豚肉は牛肉よりも安く購入することができ、煮込むと味が引き立つのでカレーにはお勧めです。 これらの食材にお好みの具を用意します。 最近ではカレーにチーズを入れるのが人気です。 蕩けたチーズがカレーの中に入っているととても美味しいです。 ですからチーズを入れるのもお勧めです。 また納豆を入れる人も増えています。 カレーに納豆を入れることにより、ねばねば感を引き立たせることができます。 一度納豆を使ってカレーを作ってみるのも良いかと思います。 カレーを作る際には、これらの食材を用意することになります。 カレーは美味しくて安上がりで済むので、たくさんの家庭で作られています。 毎日食べても飽きないほど、多くの日本人はカレーが大好きです。 また夏バテ防止にも、とても効果的です。



カレーのおいしいの作り方の手順

カレーのおいしい作り方は、どの食材をどのように入れるかを考えることにあります。 一度手作り方法を決めてしまえば、何度でも同じように作れば良いだけですので簡単に作ることができます。 作り方の手順は家庭によって変わってきます。 ただ基本的には、まず最初に人参や玉ねぎ、ジャガイモを切ります。 そしてジャガイモをある程度炒めます。 その炒めたジャガイモは皿に置いておきます。 次に肉を炒めます。 この炒めた肉も皿に置いておきます。 その次に人参と玉ねぎを炒めてある程度経ったら水を入れます。 そして炒めた人参と玉ねぎを大きな鍋に入れ替えます。 その後数分経ってから、皿に置いておいた肉を入れます。 さらに数分経ってからジャガイモを入れます。 その時に、弱火にしてある程度長く煮込ませた方が美味しくできます。 そしてジャガイモもよく煮込んだら、カレーのルーを入れます。 カレーのルーを入れたらできるだけ弱火にして、全体にルーが行き渡るようにします。 その後数分経ってカレーのおいしい匂いがしたら、出来上がりです。 その後にチーズを入れたければそれを入れて煮込むと、味がより一層引き立ちます。 このようにして、美味しいカレーを作ることができます。 簡単に作ることができるので、とても助かる料理です。

カレーのおいしいの作り方のまとめ

カレーのおいしいレシピは色々ありますが、基本を押さえておくと、そこからアレンジも広がります。基本のカレーの美味しいレシピを8皿分作る材料は、牛肉を300gに玉ねぎを2個、にんじんを1本にバターを20g、おろしニンニクを大さじ1に、塩と粗挽き胡椒を少々、使うのはのカレールーで、約1箱200gを使用します。ほかには、ローリエの葉を1枚と、隠し味にウスターソース 大さじ1と、はちみつを大さじ1に、醤油を大さじ1です。フライパンを熱したらバターを溶かして、おろしたにんにくを香りが出るまで炒めて、スライスした玉ねぎを炒めます。牛肉を炒めたら塩コショウをして、人参も加えます。900ccの水を入れたらローリエの葉も加えて、30分間煮込みます。ルーを加えたら、更に30分間煮込んで、隠し味である、醤油とはちみつとウスターソースも入れて混ぜ合わせます。市販のルーは、いくつかの種類を組み合わせるのも、おいしく仕上げるコツです。おいしいカレーにするポイントとして、玉ねぎをあめ色になるまで、じっくりと炒めるというのもコツです。ここをしっかり押さえると、感動の美味しさを実現するステップにもなります。砂糖や、無塩バターを加えるのも、隠し味のひとつです。



y001-1413

おからの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おからは豆乳を作るときに大豆をすりつぶして絞った残りの部分です。かつては家畜の餌や肥料などにしか利価値のない廃棄物といっ...

y001-0208

減塩梅干しの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅干しを一日一粒食べていると体にとても良いと言われています。梅干しに含まれるクエン酸は、疲れた時や運動をして汗を掻いた時...

y001-1052

バジルレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イタリアンを作るときに欠かせないハーブと言えば、「バジル」を思い浮かべる人も多いでしょう。バジルは生ではサラダやピッツァ...

梅づけの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅づけは、全国の子供から大人まで誰もが一度は食べたことがある、ポピュラーな漬け物の一つです。子供には甘い梅づけを、大人に...

y001-0963

ヘアーアレンジの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

女性にとって髪型は顔のお化粧と同じくらい重要なものです。いくらメイクアップがばっちりでも、髪型がぐちゃぐちゃですとやぼっ...

y001-0497

草刈機混合油の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏のシーズンに入ると、草刈りなどを行う場面が出てくることがあります。農業などを営んでいる方の他にも一般的な一戸建て住宅の...

y001-1460

イノシシ鍋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

肉のレシピと言うと、豚肉や牛肉を使ったレシピは多く在りますが、イノシシ鍋などのようなイノシシを使ってレシピと言うのは意外...

y001-0647

写真コラージュの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

素敵な被写体があった時に、写真におさめると、画像として保存しておくことができます。そのようなこともあり、写真を愛用する人...

y001-0668

紙袋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本は外国に比べて「包む文化」を大切にする国です。どんなものでもきれいな包装紙に包んだり、袋に入れたりして中身だけでなく...

y001-0762

旗の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

旗にも様々な種類がありますが、自分で作る機会があるとすればそれはのぼりであることが多いと言えるでしょう。のぼりはお店など...

y001-0461

朝顔折り紙の簡単な手...

「朝顔」は私たち日本人にとって、大変身近な植物です。古く...

y001-0748

玉ねぎ料理の簡単な手...

玉ねぎ料理というと、小さな子供にとっては苦手で好きになれ...

y001-0384

肥後ずいきの簡単な手...

肥後ずいきは、ハスイモの茎の部分を干したものです。ハスイ...

y001-0587

賞状WORDの簡単な...

普段の生活上としては、あまり用いる機会の少ないものとして...