キッシュの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

キッシュの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

キッシュはピザやタルトのような土台に卵と生クリームのソースと好みの具をのせて焼いたもので、フランスとドイツの国境付近のアルザス・ロレーヌ地方の郷土料理として知られています。季節の野菜や好きなものを使って手軽にできるので何通りものレシピがあり、簡単でおいしいので本場はもちろん、世界中で親しまれている料理です。キッシュはメインとして食べても、前菜として食べてもよいのでいろいろなメニューに応用することができます。温かくても冷たくてもおいしく、大きなタルト皿で作ると豪華なのでおもてなし料理としても喜ばれます。持ち運びが便利なのでピクニックや持ち寄りパーティーに持っていったり、差し入れにも最適です。手作り方法は見た目よりも簡単で、基本を覚えてしまえばわずかな材料だけで簡単に作ることができます。中に入れる具を工夫すれば野菜をたっぷり食べられて栄養バランスもよく、チーズやソーセージなどを混ぜれば子供も喜んで食べてくれます。手軽にできるフランスの家庭料理を自宅で再現できるので、料理の腕を上げてレシピを増やすためにもキッシュの手作り方法をマスターして食卓に目新しい料理を登場させてみんなをびっくりさせましょう。

キッシュを作ることの楽しさ

キッシュはお菓子作りでタルトを作るような感覚で楽しみながら調理ができます。生地を捏ねたり伸ばしたりする作業は楽しいので子供と一緒に作るのもおすすめです。中身はアルザス・ロレーヌ地方の伝統的なネギとベーコンの他に、下ゆでしたほうれん草や菜の花、キャベツ、アメ色玉ねぎ、人参、じゃがいも、アスパラガス、ズッキーニ、ミニトマト、かぼちゃ、パプリカなどどんな野菜でもよく合います。肉類を入れるとコクが出るのでハム、ソーセージ、ベーコン、炒めた鶏肉、ひき肉などを加えれば立派な主食ができます。缶詰のスイートコーン、ミックスビーンズなど子供が喜ぶ具や、ピザ感覚で照り焼きチキンや明太子などを使ってみるのも面白いアレンジです。材料は下ごしらえをして冷凍しておいたり、生地だけ作っておくこともできるので来客前に準備をして豪華なキッシュを出せば手の込んだ料理に見えてびっくりされること間違いなしです。みんなで取り分けて食べられ、残っても翌日にレンジで軽く温めたりオーブントースターで焼き直せば焼き立てのような風味を味わえるので無駄がありません。フランス料理なのでワインとよく合い、おしゃれな前菜やおつまみとしても活躍してくれます。

キッシュを作るのに用意する物

キッシュを作るためには土台になる生地と中身の具、流し込む卵液のための材料が必要です。直径22センチ程度のタルト型を使う場合の材料は、生地のために小麦粉150g、無塩バター70g、牛乳大さじ3、塩少々、卵液のための牛乳200ccとLサイズの卵2個、塩コショウが基本です。時間がないときには生地を市販の冷凍パイシートで代用することができます。また、生地だけ先に作って冷凍や冷蔵保存することも可能なので焼きたい時間に合わせて効率よく作業をしましょう。卵液は牛乳に生クリームを加えてコクを出したり、クリームチーズを入れてほのかな酸味を出すなどアレンジができます。中身の具は好みでほうれん草、玉ねぎ、人参、トマト、ハム、キャベツ、ズッキーニ、ベーコン、チーズ、ソーセージ、缶詰のコーンや豆などを自由に選んで組み合わせます。生野菜はあらかじめ茹でたり炒めたりして火を通し、下ごしらえをしておくと後の作業がテンポよく進みます。下ごしらえした野菜も冷凍保存ができます。調理済みの冷凍野菜や缶詰ならそのままキッシュの土台に並べて焼くことができるので簡単です。オーブンで焼くのが基本ですが、小さめに作ってオーブントースターで焼くことも可能です。

キッシュの作り方の手順

まずはキッシュの土台を作ります。冷たいバターを細かく切って粉とすり混ぜて砂状にし、牛乳と塩を加えて塊になるように合わせます。パイ生地やタルト生地を作る要領で手早く作業をします。水分が足りなければ冷水を加えて硬さを調節してください。生地を一まとめにしたらラップに包んで冷蔵庫で30分寝かせ、取り出して薄く延ばして型に合わせて敷き詰めます。卵液の材料は全て混ぜ合わせておきます。生地の上に好みの具を並べます。ソーセージやハムなどは生のままで大丈夫ですが、玉ねぎや人参などはあらかじめ炒めたものを使います。ほうれん草、キャベツなどは下ゆでをして水を切ってから使います。具を敷き詰めたらその上から卵液を流し、好みで上から粉チーズやパン粉などをふりかけます。220度に温めたオーブンの中段で30分~35分焼いたら出来上がりです。焼き立てのキッシュは熱いので、荒熱を取ってほのかに温かい程度のほうがおいしくいただけます。冷蔵庫で冷やしてもおいしいので前菜やブランチにもぴったりです。生地と卵液の手作り方法のレシピさえ覚えておけば、具を変えるだけで無限にアレンジができるので季節の野菜を使ってキッシュのバリエーションを楽しんでみましょう。

キッシュの作り方のまとめ

キッシュの作り方には特に難しい点はありません。生地を手作りするには寝かせる時間がかかるので焼きあげたい時間を考慮して前日に生地だけ作っておいたり、暇な時に冷凍しておけば作業がスムーズです。中身の具も玉ねぎを炒めたりするのは手間なので、事前に下ごしらえを済ませておきましょう。卵液は本場では生クリームを使いますが、味が濃厚になってカロリーも高いのでキッシュ1台分を牛乳200ccと卵2個の分量で作ればあっさりとした仕上がりで具の風味が活かせます。具の種類によっては卵液にカレー粉やナツメグ、バジルやオレガノなどのイタリアンハーブ、マヨネーズ、トマトピューレなどを混ぜるとより一層深い味わいに仕上がります。手に入ればキャラウェイシードやアニスなどの珍しいスパイスを入れると本格的になります。ベーコンなど塩気の強い肉類を入れるときは、卵液に使う塩の分量を少なめにしないと塩辛くなりすぎることがあるので注意が必要です。焼いている途中で表面が焦げてきたら、アルミホイルをかぶせれば真っ黒になるのを防ぐことができます。基本を押さえておけば失敗することはほとんどないので、手作り方法をマスターして好みのキッシュに挑戦してみましょう。

y001-1064

バーベキュー炉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

暖かくなってくると、天気の良い日には家族や親戚、友人などと集まって、バーベキューをやりたくなるものです。バーベキューの語...

y001-0819

瓜の漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

作る理由は手作りをしてみたいから、というシンプルなものから、普段食べているものがどのように作られているのか、また、自分で...

y001-0976

プランターの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ガーデニングブームや、子供への食育のためなど様々な理由で、家庭菜園に興味を持つ人が増えてきています。一戸建てで広い庭のあ...

y001-1301

コースターの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏場になると冷たい飲み物を自宅に来たお客様に出す方も多いですが、しずくが落ちてテーブルが濡れるのが難点です。せっかくいい...

ティッシュケースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ティッシュケースは自宅の部屋で使うものと小さなポケットティッシュのものとがあり、最近は簡単にハンドメイドで手作りできます...

y001-0422

忍たまジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

寒い時期はもちろん、暑い時期でも職場や自宅でエアコンを使用するため、1年間を通して冷え性に悩んでいる人が増えています。 ...

y001-1244

ジンギスカンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

肉料理は若者を中心に人気がありますが、年配の人でもたまには食べてみたい料理といえます。他の食材と比べて高級感があり、ご馳...

y001-1240

スーパーボールの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お祭りの縁日やイベントなどの定番、スーパーボールすくいは、子供たちに大人気の遊びです。同じようにすくう遊びでも、金魚すく...

y001-1296

コールスローの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

野菜というのは積極的に食べなければ、毎日の必要量を摂ることが難しいものですが、しかしながらサラダにすると大量には食べにく...

y001-1355

がま口型紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

がま口を作る理由、それはやはり「自分で欲しいから」です。がま口は女性好みの雑貨店などでよく見かけるアイテムで、様々な綺麗...

y001-0826

移動ポケット型紙の簡...

移動ポケットは、パンツやスカートのウエスト部分にクリップ...

チヌ釣りだんごの簡単...

クロダイの事をチヌと言います。クロダイは高級魚の1つでも...

y001-1370

ガチャガチャ工作の簡...

スーパーなどのレジ横によく見かけるガチャガチャ、一度は利...

北欧モビールの簡単な...

もともとは赤ちゃんや子供の視覚を楽しませるために利用され...