きゅうりピクルスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

きゅうりピクルスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ピクルスはお酢に野菜を漬けた料理で疲労回復や体質改善などの健康効果があります。特に有名なのはきゅうりピクルスで、きゅうりの歯ごたえとお酢の酸味が心地よく爽やかなのでおつまみやお口直し、サラダのトッピングやドレッシング、タルタルソースなどに最適で、そのままいくらでも食べられる自然のスナックとして重宝します。きゅうりピクルスは瓶詰のものがお店で手に入りますが、値段が高かったり着色料や保存料が入っている心配もあるので手作り方法を覚えて自分で作るのが一番です。作り方はとても簡単で、難しい作業はないので材料さえ揃えればいつでも好きなだけきゅうりピクルスを作ることができます。自分で味付けをすればさっぱりした浅漬け風のピクルスもできて、手軽にどんどん食べられます。生のきゅうりが苦手な人でもお酢やハーブ、スパイスを使ったピクルス液に漬けたものならきゅうり独特の青臭さなどを感じずに楽しむことができます。市販のものは液の酸味が強すぎたり、塩気や甘みが口に合わないことがありますが、手作りなら全て好みで調節できるので本当に好きな味を再現できます。レシピを覚えればきゅうり以外の野菜にも応用できるのでとても便利です。

きゅうりピクルスを作ることの楽しさ

きゅうりピクルスは作るのが簡単なのに本格的に仕上がるので料理のレパートリーが広がります。冷蔵庫で日持ちするのでいつでも作ってストックしておけば、あと1品足りないときや急いでビールのおつまみがほしいとき、ポテトサラダを風味が豊かに仕上げたいとき、自家製のタルタルソースを作りたいときなどに重宝します。きゅうりピクルスはカロリーがほとんどないのでダイエット中におなかが空いたときや口寂しいときにも有効で、お酢を使ったダイエット方法と合わせて健康や美容にも効き目があります。使うお酢の種類を変えれば風味の違う仕上がりになり、入れるハーブやスパイスの組み合わせで何通りものレシピができます。きゅうりの切り方を変えると全く違う料理のように見えるので、一口サイズの輪切りや小さなきゅうりを丸ごとつかったピクルスなどその日の気分で楽しめます。簡単なので子供と一緒に作れば野菜を食べさせるきっかけにもなります。かわいいビンに詰めると見栄えがいいのでプレゼントにしたり、持ち寄りパーティーなどの場でも活躍してくれます。ハンバーガーやホットドッグなどを作るときにも自家製のきゅうりピクルスを入れるだけで味が本格的になります。

きゅうりピクルスを作るのに用意する物

夏は体温調整のために汗を多く出すため水分補給が大事なのですが、古来から水分補給には水を取るのではなく水を含んだ食材で取ることが多かったのです。それは水を含んだ食材を取ることで取り過ぎを防ぐと共に、その食材の栄養を取ることによって夏バテ防止に役に立つためです。そして古来から日本の夏の水分補給であり代表する野菜というのがきゅうりです。きゅうりは内部に多くの水分を含んでいることによって夏場の水分補給としての役割と、きゅうりの栄養素にはカリウムが大量に含まれておりカリウムには余分な水分を出す効果があるため体温調節に役に立ちます。そのためきゅうりは夏に食べることがお勧めの食材ですが、しかし水分が多いため購入したもしくは収穫したその日から2日間が賞味期限でその後は水分によって品質の劣化が始まってしまいます。そこで収穫したもしくは購入した火から2日間かけても食べきれない場合において保存性を高めると同時に食べやすくする方法としてあるのが、きゅうりを酢漬けにする調理法であるピクルスにすることがよいです。きゅうりピクルスにすると、酢漬けにすることによって巣のアルカリ性の殺菌抗菌作用によってきゅうりの腐敗を抑えることができるのと巣の味と香辛料の味を加えることによってきゅうりを手軽に食べやすくすることができます。



きゅうりピクルスの作り方の手順

きゅうりピクルスを食べる機会はハンバーガーショップなど限られ自宅で食べる機会が無いのですが、それはきゅうりピクルスの作り方が分からないことが多いためです。しかし実際にきゅうりピクルス自体を作るのは難しくはなく簡単であり、自宅で簡単にできる手作り方法で用意するものはきゅうりとワインビネガーそしてローリエなどのハーブと香辛料そしてきゅうり一本分が入る深めの容器と霧吹きに熱湯ととアルコールが必要になります。きゅうりは塩で皮表面の硬い毛を取り除くために板すりをして表面を拭いた後に、後々取り出しやすく食べやすいように一本の細い棒をきゅうりに刺しておきます。きゅうり一本分入る深い容器にローリエなどのハーブや香辛料にワインビネガーもしくはお好みの酢でマリネ液を作り容器に入れるのですが、その段階できゅうりとマリネ液を入れると容器に付着している雑菌によって保存性が落ちてしまいます。そのため容器に材料を入れる前に、容器の中に熱湯を入れて出した後により確実性を高めるために霧吹きの中にアルコール度数の高い蒸留酒を入れて吹きかけて殺菌消毒をします。殺菌消毒した容器にマリネ液を入れてきゅうりを入れて一晩おいて漬け込んだら完成であり、その後暗く湿度の低いところで保存すると一か月以上は持ちます。その後はそのままで食べるのも良いですが、パンにはさんでサンドウィッチやハンバーガーそしてサラダの具にするとアクセントになります。

きゅうりピクルスの作り方のまとめ

きゅうりピクルスの作り方はほとんど火を使わず、きゅうりのサイズが小さいときは包丁も使わずにできるのでとても簡単です。使う前にきゅうりを丁寧に洗うこと、ピクルス液を熱い状態でビンに注ぐことだけに注意すればあとは冷蔵庫で寝かせておくだけでおいしく仕上がります。ピクルス液に入れるスパイスは好みでアレンジできるので、ローリエや黒コショウ、にんにく、唐辛子などを好みで加えます。カレー粉を混ぜるとエスニックな味になり、ハチミツを加えるとやさしい味のきゅうりピクルスができます。きゅうりと一緒ににんじんやタマネギ、カリフラワー、ヤングコーンなどの野菜を漬けるとミックスピクルスになります。漬ける時間は最低半日くらいで味が染み込んできますが、一晩置いたほうがもっとおいしくなります。手作りのピクルスには保存料が入っていないので冷蔵庫で保存して1週間くらいで食べきるようにしましょう。保存容器は使う前に煮沸消毒をして雑菌が入らないように気をつけましょう。ピクルス液は加熱中にお酢のにおいが強いので、家中に広がらないようにキッチンの戸を閉めたり工夫して手早く作業を進めましょう。薄切りにすれば早く味が馴染んですぐに食べられます。



y001-1216

セミロングまとめ髪の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お洒落を楽しむなら洋服を着替えるように髪型もその日その日で変えたいものです。ただ、セミロングだと中途半端な長さなのでまと...

y001-1269

シーサーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

シーサーと聞けばすぐに沖縄が思い浮かぶでしょう。シーサーとは獅子を沖縄の言葉で表現した呼び方で、見た目からも獅子の形をし...

y001-0670

紙工作の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

紙工作とひとくちにいっても様々なものがあります。ダンボールを使ったダンボールアートなども最近は盛んになってきています。 ...

y001-1054

パジャマの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

パジャマというのは、小さな子供からお年寄りまでが必要とするものと言えます。もちろん、浴衣を着て休む方やネグリジェなど、人...

y001-1144

トマトジュースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏に旬を迎える野菜の特徴としては夏の日差しにある紫外線を浴びることによって内部で発生する活性酸素を除去する成分を作り出す...

y001-0813

塩レモンのの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

レモンに塩をまぶして発酵させた調味料の塩レモンが話題です。北アフリカのモロッコでは調味料としてごくオーソドックスなもので...

y001-0884

ヤリイカ仕掛けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ヤリイカの胴体は他のイカと比べると細長く、しかも円錐形をしているのが特徴です。また、この姿が槍の穂先に類似している事から...

y001-0951

ペットボトル風車の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ペットボトル風車は、手作り方法で誰でも簡単に作れるものです。作り方も簡単で、身近に手に入る材料と道具とで作る事ができます...

y001-0039

おいしい干し柿の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

干し柿を作る理由は「おいしい」という以外にもさまざまな理由があります。味覚の面で、生の柿よりも干したものの方が好きという...

y001-0668

紙袋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本は外国に比べて「包む文化」を大切にする国です。どんなものでもきれいな包装紙に包んだり、袋に入れたりして中身だけでなく...

ダンボール家の簡単な...

ダンボール家を作られる方の作る理由についてですが、単に住...

y001-1472

あんこの簡単な手作り...

和菓子には欠かせないあんこは小豆が原料となります。市販の...

y001-1352

カラメル焼きの簡単な...

カラメル焼きは砂糖と重曹と水、できれば卵があれば意外に簡...

y001-0488

台紙の簡単な手作り方...

現在では多機能型の携帯電話が普及しており、いつでも写真撮...