クッキー作りレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

クッキー作りレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

料理を覚えるための手始めとしてクッキー作りをしたという人も多いようです。クッキーの基本は、バターや油、ショートニングなどの油脂と小麦粉、砂糖を混ぜあわせて160~180度のオーブンで焼成します。味や風味を豊かにするため、基本的な生地に玉子やアーモンドパウダー、甘さを引き立てる塩、ココアやチョコチップ、ドライフルーツやナッツなどを入れて焼き上げることもあります。ワンボウルといって、ボウルひとつの中ですべての材料を混ぜ合わせるだけで作れる手軽さがあります。サクサクとして食感と、ホロホロと口の中で溶けていく甘いクッキーは、ちょっとしたおやつとしても良い食べ物ですが、自分で作ってプレゼントしたり、お茶の時間におすそ分けをするなど、コミュニケーションを取りながら美味しく食べられるものでもあります。焼きたてよりも、十分に冷めてから食べる方がクッキーのサクサク感を感じられます。クッキー生地に練りこむものは乾燥したものが適しており、水分が多いものやフレッシュなものを入れ込むと生地がダレてしまいます。ナッツや砕いたチョコ、ドライフルーツが適しているのはそのせいでもあります。油脂がたっぷりと入ったクッキーはサクサク感が、より強くなります。

クッキー作りレシピを作ることの楽しさ

全国ビスケット協会では、「糖分と脂肪分が全体の40%以上」をクッキーとしており、40%以下のものをビスケットと呼んでいます。家庭で作る上では、簡単な手作り方法やお気に入りレシピで作ればよいので、あまり気にする必要はありません。クッキー作りで気になるのは、いかに簡単で美味しく、材料が少なくて済むかということです。応用がきくレシピをいくつか知っておくと、いざという時に役立ちます。例えば、玉子を使わない、バターやマーガリンがなくても作れるなど、食べたい時に冷蔵庫を覗いて材料がなかったとガッカリすることがないレシピなら作る回数も増えるでしょう。クッキーのレシピはとても多く、迷ってしまいますが、覚えやすい材料や分量で選んでおくことも大切です。クッキー作りをすると、市販では得られない作り立ての風味や美味しさがあります。シンプルながら、添加物が入っていないクッキーを作れるのは手作りに限られます。クッキーを焼いたら、湿気ないように密閉できる保存用の瓶に乾燥剤と一緒に入れます。手作りならではの美味しさを保つには早めに食べきることをおすすめします。時間か経つと、練りこんだ油脂が酸化しますので注意しましょう。

クッキー作りレシピを作るのに用意する物

クッキー作りでは、卵とバターを使うレシピが多いです。これも美味しいですが、卵やバターが高騰しているということで、クッキー作りの気力が萎えてしまうこともあります。 そういう時に大活躍するのが、マヨネーズです。マヨネーズを使うと、卵とバターなしでサクサクのクッキーが作れます。 マヨネーズを使ったクッキーレシピというと、甘いクッキーには向かないのではないかと思うかもしれませんが、大丈夫です。焼き上がればマヨネーズの味は全く感じません。 用意するのは、20枚分で、薄力粉90g、砂糖50g、マヨネーズ50g、牛乳10ccです。たった4つの材料でクッキー作りができてしまいます。 なぜマヨネーズにそんな力があるのかというと、マヨネーズには卵と油が入っているからです。 卵黄には水と油を結びつける力があります。卵白にはふんわりと膨らませる力があります。油はバターの代わりになります。日本のマヨネーズは卵黄が多めにできているので、コクのあるクリーミィさが特徴です。 なので、クッキー作りに使うことにより、さわやかなコクがある味になるのです。 焼いてしまえば、マヨネーズの味はほとんどしません。言われないと気づかないくらいです。

クッキー作りレシピの作り方の手順

マヨネーズを使った簡単なクッキーの手作り方法です。 ボウルに材料(薄力粉90g、砂糖50g、マヨネーズ50g、牛乳10cc)を入れて、ゴムベラで混ぜます。小麦粉はふるいにかけなくても、ダマになりません。 生地がひとまとまりになったら、ラップに包んで棒状に成形します。これを冷蔵庫で1時間休ませます。休ませることで、マヨネーズが生地にしっかり馴染みます。 1時間したら、生地を取り出して包丁で1cm幅に切ります。マヨネーズを使うと、かなり厚みのある生地でも生焼けになりません。 180℃に余熱しておいたオーブンで12分焼きます。 アレンジとして、薄力粉の量を減らして薄力粉80g+抹茶10gにしたり、薄力粉80g+ココアパウダー10g、で、抹茶クッキーとココアクッキーが作れます。 マヨネーズの量が多くても少なくても、ほとんど失敗しないレシピです。バターや卵を使うレシピだと生地の扱いが難しいですが、マヨネーズを使うと扱いやすいです。 マヨネーズの分量を多くすると、ほろほろの食感になります。それも美味しいですが、持った時に崩れてしまいやすくなるので、扱いには気をつけてください。 卵とバターがなくても作れるクッキーレシピでした。

クッキー作りレシピの作り方のまとめ

クッキーの種類は練りこむ生地だけではありません。型抜きタイプ、絞りだしや、スプーンですくって落とすドロップなど、生地の柔らかさによっても違いがあります。レシピの詳細はインターネットなどで検索すれば、好みのクッキーが必ず見つかります。覚えやすい分量としては、小麦粉100g、バター50g、砂糖25~35g、玉子1/2個があります。イギリスの伝統的なクッキーのショートブレッドも、ほぼ同じような配合で、違いがあるとすればよりサクサク感を出すために玉子を入れない方法で作られるという点です。最近では風味を活かしつつ、バリエーションをつけるクッキー作りが人気で、油脂をバターやマーガリンではなく、ココナツオイルやオリーブオイル、ゴマ油で作ることもあります。最近の、バターの価格高騰もその原因のひとつといわれています。また、沖縄の代表的なお菓子である「ちんすこう」は、豚の脂(ラード)で作る珍しいお菓子です。ラードをサラダ油で代用して作れば、家庭でも手軽にちんすこうが楽しめますし、バターやマーガリンがなくても作れます。クッキー生地はタルト生地としても使えますから、多めに作ってラップでしっかり包み、厚手のビニール袋に入れて冷凍保存しておくことも可能です。

y001-0962

ヘアーバンドの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

大人から子供まで、おもに女性が利用することが多いヘアーバンド。おしゃれアイテムとして利用しても良いですし、機能的に髪の毛...

y001-0739

契約書袋とじの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

契約書は、企業が色々な契約についてまとめ、後に使う時に見易いように整理しておく事が大切です。契約書を長期間保存出来るよう...

y001-0115

しそジュースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏と言えばしそジュースを想像する人もいるのではないでしょうか。あの赤い色がとてもきれいで、とてもおいしく飲む事が出来ます...

y001-0384

肥後ずいきの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

肥後ずいきは、ハスイモの茎の部分を干したものです。ハスイモとは、サトイモ科サトイモ属の常緑性多年草であり、東南アジアを中...

y001-0646

写真集の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

写真を趣味にする人は非常に多くいますが、中には高級なカメラを複数台揃え、本格的な撮影を楽しむという人も少なくありません。...

y001-0523

折り紙トトロの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

封筒という道具は、手紙を相手に送るときに使うものであり、これがあると中身のを確認されずに相手に手紙を送ることができるので...

かごの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

真っ平らなテーブルの上に道具を置くだけでは、テーブルに衝撃が加わり、揺れ動いた時に、置いた道具が床に落ちてしまう恐れがあ...

肉じゃが

美味しい肉じゃがの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

美味しい肉じゃがを作る理由は、なんといっても定番の日本食であり、ほとんどの日本人が好きなおかずだからです。目的としては、...

y001-1060

パウスカートケイキの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

フラダンスはハワイ伝統のダンスであり、見ているだけでも踊りの美しさに癒されてしまうものです。古代のハワイ人が海や山、花な...

y001-0930

マイクラの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

マインクラフト、略してマイクラは、どこまででも行けるような広大な世界で土地を開拓したり、ダンジョンを攻略するなどして素材...

y001-1164

ツリーハウスの簡単な...

ツリーハウスというのは、要するに樹の上に建てる簡易的な家...

y001-0943

ホールトマトの簡単な...

夏は殺菌作用が強く浴び続けると有毒性が強くなる紫外線が最...

しそ巻きの簡単な手作...

郷土料理というのは昔から伝わってきたもので、その土地に根...

y001-0899

めんつゆの簡単な手作...

和食を作るうえで欠かせないのが「出汁(だし)」です。また...