クッションカバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

クッションカバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

クッションカバーを作る理由というのは、気分転換をしたり季節によって相応しいものを選んだりしたいからです。しかし、あまり複雑なクッションカバーではその目的を果たせなくなるので、出来るだけ簡単な手作り方法であれば、気軽に作ることが出来るようになるといえます。家の中でリビングや寝室などでも大活躍するクッションですが、いつも同じカバーであれば飽きが来てしまうこともあるものです。簡単な作り方をマスターすれば、飽きることがないようにクッションカバーを掛け替えられるのが魅力です。
購入するとなると布製品は値段が張るものですので、好きな布を買って来て手作りをすれば、安く仕上げられるという理由で作っている方もたくさんいらっしゃいます。さらに、オリジナルのクッションカバーになるので、それだけ使う時にも存在感がありクッションが見違えるように変身させることが出来るので、リフレッシュが出来るという目的も果たせます。クッションカバーは、お部屋のイメージチェンジを気軽にすることが出来る代表的なアイテムですので、初心者でも気軽に作れる手作り方法を覚えてみると、想像していた以上に素敵なものに仕上がりますので、おすすめします。

クッションカバーを作ることの楽しさ

クッションカバーを簡単な手作り方法を知っておくと、気軽に洗い替えや季節や雰囲気を変えたい時に変えられるようになります。 クッションカバーの作り方でも、ファスナーをつけなくて済む簡単な手作り方法ですので、初心者の方でも問題なく作ることが出来るだけではなく、仕上がった時の楽しさがあります。 簡単なものであっても自分で手作りをしたものというのは、それなりの思い入れがあるので、暮らしの中でも心が落ち着いた感じになり癒されるというメリットもあります。 また、市販のクッションカバーを購入するというのは、結構なお値段になるため、手作り方法をマスターしておけば、布や糸を購入するだけで済みやすい材料費で仕上げることが出来るのでそれだけ経済的なメリットもあります。 ソファーや家具は、そう気軽に変えられるものではありませんが、クッションカバーであれば気軽に変えられるようになり、お部屋の雰囲気を変えたり季節に相応しい布を選んだりすることが出来るので、暮らしを素敵に演出できるというメリットも得られます。 簡単な手作り方法で出来るので、初心者であっても戸惑う点もなく作れるので、この機会に、お部屋に相応しい挑戦をしてみてはいかがでしょう。

クッションカバーを作るのに用意する物

クッションカバーの手作り方法はそんなに難しくありません。用意するものも好きな布、ヌードクッション、ファスナー、ミシン、ミシン糸くらいです。布は大型ショッピングセンターなどの手芸コーナーや、手芸店で購入できます。センチ単位で買えるので、作りたいクッションの大きさを測ってから買いに行くと良いでしょう。生地も夏用のサラッとしたコットン生地や冬用の暖かそうなボア素材などいろいろあるので、生地によっても趣が全然違ってきます。ヌードクッションもホームセンターや日用品店や手芸店にあるので、あとはミシンがあれば、ミシン糸とファスナーを用意するだけで簡単にクッションカバーは作れてしまいます。また、全部、これらは手芸店や手芸コーナーで揃えることが出来ます。クッションカバーはお店でも買えるし、いろいろな柄やデザインのものがありますが、手間暇かけて自分で作ったものは愛着が湧くし、手作業で手芸をする時間というのは、寛ぎのひと時と、充実した精神的ゆとりを授けてくれます。完成したものを目にした時は、なんともいえない充実感があることでしょう。自宅で、コツコツと手作業をする時間、作ってみてはどうでしょうか。はまってしまうかもしれません。



クッションカバーの作り方の手順

クッションカバーはお店にもいろいろ種類があり、買ってきてしまえば簡単に手に入りますが、自分で手作業で作ったものというのは、なんともいえない愛着があり、また、意外とストレス発散になるかもしれません。クッションカバーは布とヌードクッション、ミシン、ミシン糸、ファスナーを用意すれば、あとは寸法を測り、布を切って、ミシンをあて、ファスナーをつければ完成です。まず、これらの物を用意します。布などの用意するものは全部、手芸店でそろえることができます。生地はさらっとしたものから、冬用の暖かい素材まで、多種あるので、どの季節に向けてのクッションカバーを作りたいかによっても違ってきます。生地が決まったら、お店の人に長さを言って、切ってもらいます。そしてそれに合う、ミシン糸やファスナーの色を選び、あとは、寸法を測り、生地を切って、ミシンで縫うだけです。途中、ファスナーを付けるのがちょっと手間がかかるかもしれません。ずれないように、仕付け糸などで縫ってからミシンをかけると良いでしょう。完成したらヌードクッションを入れて、ファスナーで留めれば自分で作ったクッションカバーの完成です。布次第でどのような印象にもなります。インテリアにどうでしょうか。

クッションカバーの作り方のまとめ

クッションカバーの手作り方法は、まず、布の目安を計算しておくことが必要になります。 クッションの短い方を仮にAとし、短い長い方をBとします。 必要な布の大きさは、A+3㎝、Bの2倍+25㎝が必要になるので、きちんと裁断をしましょう。 布の長い方の両端を三つ折りにして直線縫いをしておきます。 次に、布を中が表になるようにたたむのですが、クッションの裏側になる部分が15㎝程度重なるように折ります。 折る時に、クッションの入れる部分が中央に来るようにするといれやすく見た目もきれいになるので注意をしましょう。 折りたたんだらしつけをかけてから、1.5㎝の位置を直線縫いをしていきます。 クッションの厚さによって重なる部分を調整しますが、厚い場合には重なりをやや深く出来るように予め裁断をする時に、数㎝の余分を含めておくと安心です。 このように、クッションカバーは誰でも気軽に縫える簡単な手作り方法で完成しますので、気分転換をしたい時や季節感を出したい時におすすめの方法です。 お好みのプリント布を選ぶのも楽しい時間ですし、仕上がったクッションがあるだけで、お部屋の雰囲気を変えられるのでありきたりの日常に変化をもたらしてくれます。



y001-0567

酢豚の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

味をつけた豚肉を揚げて、甘酢あんをからめた酢豚は、中華料理でも人気のメニューです。酢豚は晩御飯のメニューにも作りますし、...

y001-1019

ビーズフラワーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

小さなビーズを使って作りあげていくビーズフラワーは、様々な色合いや風合いの細かいビーズが連なりあって、可憐で可愛らしい花...

y001-0046

便箋封筒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

最近は連絡をするのにメールを利用する人が多いですが、まだまだ便箋封筒を利用する人も多いです。いつも便箋封筒簡を利用してい...

y001-1241

じんべいの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本は四季が豊かであることでよく知られていますが、1年のうちに様々な変化のある風景などを楽しむにはよいものの、ずっと暮ら...

y001-0926

マジパンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

マジパンは1407年のドイツで生まれたといわれています。当時深刻な食料難に陥ったため、大量にあったアーモンドと砂糖を使っ...

y001-0907

ムニエルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代の日本はなかなかデフレ経済から脱却できずにいます。給与や景気の回復が報道されていますが、それは一部のエリートサラリー...

y001-0004

梅ジュースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏の足音が聞こえてくるとスーパーなどに出回るのが梅の実です。梅の実には疲労回復に効果があるとされるクエン酸が豊富に含まれ...

y001-0812

塩昆布の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昆布には鉄分やミネラルなどが豊富に含まれており、美味しい出汁をとることができます。しかし、多くの人は出汁をとるのに使用し...

y001-0354

布花の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

花に関連する手作り品としては、古くから用いられているドライフラワーなどがありますが、現在ではプリザーブドフラワーやペーパ...

y001-1231

ステテコの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

高温多湿になるのが、日本の夏の特徴です。この時期は非常に汗を掻くことが多く、また湿度が高いですから、汗がじっとりと身体に...

y001-1191

タルタルソースの簡単...

タルタルソースは、色々な揚げ物に乗せる事で本格的な味にな...

y001-0150

プリザーブドフラワー...

プリザーブドフラワーはプレゼントに喜ばれる「Preser...

y001-0971

ぶり大根の簡単な手作...

ぶり大根はもともとは北陸の郷土料理でした。北陸では16世...

y001-1010

ピザの簡単な手作り方...

ピザはイタリアを中心に今では世界中で親しまれている人気の...