さつまいもの苗の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

さつまいもの苗の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

さつまいもは熱帯アメリカが原産であり、日本に伝わったのは1597年と言われているので、418年もの歴史が在る事になります。
最初に伝来されたのは鹿児島県の宮古島で有り、その後、薩摩長崎に伝わったと言います。痩せた土地でも収穫が出来る事や、凶作の年でも収穫が出来るなどのメリットが有り、全国へと広まったと言います。さつまいもは簡単に調理が出来る食材であり、手作り方法を覚えておけば、健康効果の高いさつまいも調理を作ることが出来ます。さつまいもに含まれている主な栄養素は、ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンE、葉酸、パントテン酸、銅、カリウムといったもので、食物繊維がたっぷりと含まれているので便秘解消に最適です。また、ダイエットをしている人にも最適と言われており、美容や健康に良いと言われているのです。さつまいもの収穫となる時期は9月の半ば頃から11月にかけてとなり、秋の味覚としても人気が高い野菜です。最近は、さつまいもの苗を購入して家庭菜園で作る人や、幼稚園や保育園などの敷地内などでさつまいもの苗を植えて季節が来ると園児達に収穫の楽しさや、おやつなどの用途して作る施設も増えており、作る楽しみ、育てる楽しみ、そして収穫の楽しさを味わえるのです。

さつまいもの苗を作ることの楽しさ

さつまいもには色々な種類が有るといいますが、品種改良が行われることでビタミンを豊富に含むと言うニンジン芋と呼ばれているさつまいもが在ります。 これは「隼人芋」と呼ばれるもので、通常のさつまいもよりもビタミンが多く含まれていると言います。 また、白い色をしたさつまいもは「シモン芋」とよばれるものもありますし、「太白」も白のさつまいもです。 身の部分がオレンジ色をした「アヤコマチ」やさつまいもを代表する品種でもある「ベニアズマ」など色々な種類が有るのです。 因みに、さつまいもはビタミンCが豊富に含まれているため、美肌効果にも最適とされます。 一般的にビタミンCと言うのは過熱をすると壊れてしまうのですが、さつまいもに含まれているビタミンCは壊れにくいと言われており、ストレスの解消や睡眠不足の解消などにも最適な栄養素と言います。 さつまいもの苗は春になると園芸ショップなどに登場します。 5月から7月の中旬にかけてが苗木の植え付け時期で、6月から9月の半ば頃にかけて土寄せや除草をしてあげます。 9月の半ば頃から11月頃が収穫時期で、さつまいもの葉が枯れた段階が収穫の合図になると言われており、採りたてのさつまいもレシピを味わえるのです。

さつまいもの苗を作るのに用意する物

さつまいもは、種から作るものではありません。4月の下旬~5月頃に、ホームセンターの園芸コーナーなどで、さつまいもの苗が束になって、10本程度で数百円という形で出回ります。葉がしおれかけていることもあり、一見すると捨てるべきもののようですが、これが立派なさつまいもをつける苗です。この苗を購入して、直接植え付けるのが最も簡単で楽チンです。 さつまいもの苗の入手方法はそれだけではありません。さつまいもは「種芋」がポリポットで販売されます。さつまいもの種芋は、ポリポットに半分刺さっている状態で、そこから伸びる蔓を育てます。さつまいもの苗として店頭で売られているものを、自分で作ることになるので、その分手間がかかり栽培期間が長くなります。しかし、採取できるさつまいもの苗は、切り取ってもそこからまた出てくるので、軽く10本を超えます。種芋の価格は、既にできて売られている10本いくらの苗と比べると、金額的にあまり大きな差はないので、たくさんの苗を取りたい場合はお得です。 さつまいもの苗は種類が多いです。ホクホクしたものがいいのか、ねっとりとしたものがいいのか、好みで選べます。 さつまいもの種芋は地中に深く埋めるものではなく、地上で育てるものです。プランターや鉢、米袋や培養土の袋などを用意します。通常の植物を植え付けるように、鉢底石と培養土も必要です。また、多肥にする方が良いので、肥料も用意します。

さつまいもの苗の作り方の手順

さつまいもの苗の手作り方法は、とても簡単です。プランターや鉢、栽培袋を用意し、鉢底石を入れてから培養土を入れ、種芋をポリポットから根鉢ごと取り出して植え付けます。栽培袋の場合は、袋の下側に、ドライバーやキリで数カ所穴を開けて、通水できるようにします。土を入れる前でも入れてからでもどちらでも可能な作業です。うっかり忘れても大丈夫です。 さつまいもを作る場合は、肥料はほんの少量で足ります。また、カンカン照りの日を除いて、水やりもあまり必要ありません。前作の肥料の残りで十分育つこともありますし、雨の水分だけで十分なこともあります。さつまいもは土中の栄養分や水分がわずかであっても、吸収する力が強いので、必要な分は得ることができます。肥料やお水を惜しげなく与えると、地上の葉ばかりが生い茂り、さつまいもが大きくならなかったり、味の良くない水っぽいさつまいもができてしまいます。 しかし、種芋は栄養分もたくさん必要としますし、お水も必要です。なかなか蔓が伸びずに首をかしげる人もいますが、ビニールなどで覆ってしっかりと保温をし、肥料とお水、太陽光があればグングン伸びます。さつまいもの植え付けは、遅くても6月いっぱいとされています。梅雨を挟むとかなり伸びてくることでしょう。できた苗は、土と平行に植えても、突き刺すように植えてもどちらでもかまいません。収穫量に若干の差が出ることがありますが、初心者は突き刺す植え方が簡単です。さつまいもができるまで、約90~120日といわれています。ある程度植えっ放しでも育つ楽な根菜類ですが、蔓返しや雑草の除去を怠らず、きちんと管理していきましょう。

さつまいもの苗の作り方のまとめ

さつまいもの苗を植えるためには畑の準備をしなければなりません。 今回が初めての畑と言う場合は元肥が必要ですが、前の年などに野菜の栽培をしている場合は元肥は少量で構いません。 作付けを行う1週間ほど前に、堆肥、米ぬかなどを撒いてから土を良く耕しておきます。 また、堆肥、米ぬか以外も、サツマイモ専用の肥料が園芸ショップなどに有るので、専用の肥料を使う方法もお勧めです。 因みに、肥料に窒素肥料が多い物を利用してしまうと、さつまいものツルだけが大量に繁ってしまったり、さつまいもの芋の部分が成長しないと言った失敗をする事も有るので肥料選びは重要な作業となります。 畝間を60㎝から70㎝ほどとり、高さを30㎝から40㎝の高畝を作っておきます。 こうすることでさつまいものツルが上手く伸びて行く事、そして芋のつきが良くなるなどのメリットが有ります。 尚、さつまいもの苗と言うのは切苗とよばれるもので根は有りません。 苗の切り口部分を水につけておくことで成長をするので、この状態で植え付けを行います。 また、苗は植え付けを行う前、1週間ほど風通しが良い日陰に置いてあげてから植え付けを行う事がコツです。 因みに、さつまいもを収穫した後は少しおいてから食べる方が熟成して甘味が増すと言われています。

y001-1405

おむつケーキの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おむつケーキとは、おむつを使ってケーキのようにし、装飾などを行いかわいらしくしたものです。最近人気が出てきて利用する人も...

y001-0149

ふき味噌の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

春に顔を出すふきのとう。このふきのとうから作るふき味噌はとてもおいしいものです。熱々のご飯で頂くと本当においしくて、何杯...

y001-1150

トーナメントの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

いかなる大会や競技会でも、多くの参加者や参加チームが出場するのであれば、トーナメントを作って試合進行をしなければいけませ...

y001-1238

スカートの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ゴムを使った、簡単なギャザースカートの作り方をご紹介します。長方形にカットした布を2枚縫い合わせただけの簡単なスカートで...

y001-0018

味噌の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

名古屋に生まれたこともあり、味噌は身近が食材で、小さい頃は母親や祖母が作った手作り味噌の料理を食べて育ちました。独立して...

y001-0247

籠の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

籠というのは何か物を入れたりするときに使うことができるので、非常に便利であり買物をするときに使うこともできるのですが、畑...

y001-0418

粘土花の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

粘土花というものは、樹脂粘土や軽量粘土を使用して作る花のことです。本物の花だと世話をしなければなりませんし、時期が来れば...

y001-0489

鯛めしレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ご自宅の炊飯器で普段よりワンランク上の美味しいお米料理を作りたいと考えているなら、鯛めしを作ってみるといいでしょう。 ...

y001-0491

苔玉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

インテリアショップや雑貨屋でおしゃれに飾られている小さな盆栽が「苔玉」です。高齢者の趣味のレベルを超えて、老若男女問わず...

y001-0199

ビーズ半襟の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ビーズ半襟を作る理由について書いていきます。ビーズ半襟は用意するものが、ビーズ、レース糸、かぎ針の3つほどで作ることがで...

y001-1249

シュークリームの簡単...

おやつの定番と言えばケーキやプリンなど簡単に手に入る物が...

y001-0035

ハンドメイドアクセサ...

キラキラしていてきれいなアクセサリーは、女子ならだれでも...

手提げカバンの簡単な...

外出する時に、必要になるものを常に手に持つという行為は、...

y001-0579

食べるラー油の簡単な...

近年、節約志向の高まりと共に、「外食を減らそう」という人...