しょうがの味噌漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

しょうがの味噌漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

しょうがは、日本では奈良時代には既に栽培されていたと考えられており、古事記にも記載されています。食用や薬用、香辛料、お菓子などの多様な目的で使用できるのも魅力です。その独特の風味に魅了されている人は、少なくはありません。しょうがの原産地の一つであるインドでは、紀元前から医薬品として使用してきた歴史を持っています。インドの古い医学書には、しょうがは神からの治療の贈り物であるという言葉が記されています。これは、優れた薬効を持つ成分を豊富に含んでいるからです。つまり、しょうが料理を食べるということは、健康を保つために非常に有効ということになります。このしょうがの持つ健康への効果を、さらにサポートするのが味噌です。味噌もまた古い歴史を持つ発酵食品で、味噌は医者いらずという言葉がある様に、優れた栄養価が特徴です。これをしょうがと組み合わせることにより、さらに完成度の高い栄養食品となります。そこでおすすめなのが、しょうがの味噌漬けです。栄養バランスにおいて非常に優秀な内容を備えている上に、簡単に作れるということも魅力的です。このしょうがの味噌漬けを作る理由は、いうまでもなく健康的な生活を送るためです。

しょうがの味噌漬けを作ることの楽しさ

しょうがに含まれている辛み成分には、血液循環を良化する作用があります。これにより、体内の代謝機能が活性化するので、冷え症を改善することができます。また、乳酸などの疲労物質の排出もスムーズに行えるようになるので、肩こりに対しても効果的です。 また、殺菌作用や免疫細胞を活性化する作用もあるので、食中毒や寄生虫の予防効果もあります。ただし、しょうがは栄養成分自体は、それほど豊富に含んでいるわけではありません。この弱点をサポートできるのが、しょうがの味噌漬けです。味噌には、生命を維持する為に必要不可欠な8種類の必須アミノ酸をはじめとして、ビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。 このために、しょうがの味噌漬けは、健康食品としてのメリットも得られます。身体全体の状態を良化した上で代謝や免疫機能が向上するので、しょうがの持つ薬効がさらに効果的に作用することになります。しかも、トータルでのカロリーはそれほど高いわけではないので、ダイエットの最中でも利用できます。健康的に美しくやせたいという人には特におすすめできる内容であり、楽しみながら続けることが可能となります。また、手間をかけずに簡単に作れるということも魅力となっています。

しょうがの味噌漬けを作るのに用意する物

しょうがを使って簡単に作れる「しょうがの味噌漬け」は、新しょうがと砂糖、味噌、そしてしょうがと材料を混ぜあわせる袋を用意するだけで作ることが出来ます。しょうがの味噌漬けを作る際のポイントは、必ず「新しょうが」を用意することです。一言でしょうがと言っても、実際には4つの種類があり、形や味の特徴に違いがあります。私達が日頃「薬味」として使っているのは、「ひねしょうが」と呼ばれる辛味の強いものです。しょうがの味噌漬けを作る際、ひねしょうがを使ってしまうと辛味が強すぎて砂糖と味噌の味に合わないため、必ず新しょうがを用意するようにしましょう。そんな新しょうがですが、前述のひねしょうがの上の部分に出来た新しい根の部分に当たるため、「新」しょうがと呼ばれています。新しょうがは夏から秋にかけて出荷され、夏に収穫されるものは赤い茎が付いているのが特徴です。一方、秋に収穫される新しょうがは色白で、ひねしょうがの収穫後すぐに出荷されるのが特徴です。しょうがの味噌漬けを作る際は、赤い茎が付いている新しょうがを用意しましょう。赤い茎が付いた新しょうがの旬は、6月から8月のちょうど暑い時期に当たります。旬の新しょうがを使って、夏バテ防止のためにしょうがの味噌漬けを作るのもおすすめです。

しょうがの味噌漬けの作り方の手順

そんなしょうがの味噌漬けですが、手作り方法はいたって簡単です。普段料理をしない人でも簡単に作ることが出来るため、一人暮らしで栄養が偏りがちな人にもおすすめです。まず、新しょうがを半月状に薄く切ります。自分の好みに合わせて、大きさや薄さを変えるのがおすすめです。しょうがのシャキシャキとした歯ごたえが欲しい人は、しょうがを分厚く切るのがおすすめです。逆に少しでも味を速く染み込ませたい人は、少ししょうがを薄めに切ると良いでしょう。しょうがを全て切り終わったら、あらかじめ用意しておいた袋に入れます。そして、その中に味噌と砂糖を入れて、袋の口をしばって良く揉み込みます。しょうがと味噌、砂糖がよく混ざり合うように揉み込むのがポイントです。十分に揉み込んだら、空気を抜いて冷蔵庫に入れて一晩寝かせて完成です。夜に漬けておくと、翌朝の朝ごはんとして食べられるので、夜に作るのがおすすめです。また、辛めの味が好きな人は、砂糖を入れずに味噌だけで漬けると、ピリリと辛めに仕上がります。完成したしょうがの味噌漬けは、ごはんのお供にもってこいです。また、5分程度茹でた人参を入れるのも、違った味や食感が楽しめるためおすすめです。

しょうがの味噌漬けの作り方のまとめ

しょうがの味噌漬けの手作り方法は、まずはしょうがの皮を取り除き洗うことからスタートします。汚れが落ちたらざるに入れて、水気を切っておきます。次にしょうがと塩をビニール袋に入れて混ぜます。塩の量は、しょうがの重さの約1割程度です。この状態で、3日間放置します。 3日後に袋からしょうがを取り出し、再び水で良く洗います。そして、ビニール袋に味噌と砂糖を入れて、その中に先ほどのしょうがも加えます。空気が入りこまないように袋の入り口は輪ゴムでしめるなどで防御します。常温で3週間から1カ月が経過すると完成です。 出来あがったものは、サバや大根の味噌漬けとしても利用できるなど、他の料理との相性も抜群です。しょうがの香りと味噌の濃厚な味わいとがお互いに引き立つので、食欲があまりない時には特におすすめです。栄養価は非常に良好であり、健康的な生活をサポートする効果があります。 味噌は発酵食品であり、常温で放置しても大丈夫です。空気に触れないように作るということが注意点で、ビニール袋を使用するので、手も汚れないしカビが生えてしまうという失敗もありません。なお、甘みが強いのが好きな場合は、味噌と同僚の砂糖を加えるのが適当です。

y001-0707

黒ニンニクの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ニンニクは、紀元前3000年頃の古代エジプトでは既に栽培されていたと考えられており、食用として長い歴史を積み重ねています...

y001-0375

美味しいぬか床の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ぬか漬けというのは、日本の伝統的な漬物の一つです。ぬか漬けにはビタミンやカルシウム、タンパク質などさまざまな栄養素が豊富...

y001-0183

テープカット花の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

テープカットをする際、真ん中に花が付いています。このテープカットの花を是非手作りしてみましょう。色々な式典など、何かの記...

y001-0136

チラシの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チラシは、人を集めたり知ってもらうための一つの手段です。チラシを工夫することで、人の集まりや注目度が変わってきます。です...

y001-1119

ナメクジ駆除の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

雨があがった後のすっきりした気持ちにひんやりと水をさすのが、ヌルヌルした巨大なナメクジです。何かあるなと気になり、よくよ...

y001-1498

UVレジン初心者の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

UVレジンと聞いてもピンとこない人も中にはいるかもしれませんが、実はこれハンドメイドのアクセサリー、ストラップ作りには欠...

y001-0204

クレープスカートの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

クレープスカートは、防寒と可愛さを兼ね備えたファッションとして、山ガールなどを中心として人気に火が付きました。表生地をキ...

アクセサリー台紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ガラスビーズやパールビーズ、革紐、レースなどを使った手作りのアクセサリーは、作家のセンスとアイデアを活かして作られた世界...

y001-0462

張子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

郷土玩具としても古い時代から用いられているものに、張子と呼ばれているものがあります。張子はそもそもの製法が手作り品に属し...

y001-1512

DIY引き出しの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自宅の中で使用する棚や物入れといった収納グッズは、空いているスペースを利用して使いたいものです。既に様々な種類の家具が設...

y001-1025

パンツの簡単な手作り...

パンツというと、いろいろな種類があります。ショートパンツ...

y001-0926

マジパンの簡単な手作...

マジパンは1407年のドイツで生まれたといわれています。...

y001-0071

タイル鍋敷きの簡単な...

料理をする時、鍋敷きを使う人もいるでしょう。勿論新聞紙で...

y001-1270

サングリアの簡単な手...

サングリアといえばスペインのお酒ですが、これは赤ワインと...