ソフトボールのグランドの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ソフトボールのグランドの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ソフトボールは、野球から派生したスポーツで、グラウンドのサイズが狭く、反対にボールは大きくなっていることが特徴です。このために、狭い土地で行える上に安全性も高いので、老若男女問わず楽しむことが出来ます。1887年にアメリカで冬季に楽しむためのスポーツとして発明されて、日本には1921年に紹介されています。ソフトボールのルールにおいて野球と最も異なる部分は、ピッチャーが上から投げてはいけないということです。このために、下からの特殊な投法となり、それほど長い距離を投げることが出来ません。このために、マウンドからホームベースまでの距離は短くなっています。ちなみに、男子の競技で比較すると野球と比べて4メートル以上短くなっています。また、ボールも大きなものを使用しており、逆にバットは細い物を使用しなくてはなりません。このために、あまり遠くまで飛ばすことが出来ないので、狭いところで行うことが可能となっています。ただし、競技としてソフトボールを行うためには、グランドが必要となります。路上で行えるようなスポーツではないからです。ソフトボールのグランドを作ることにより、この手軽なスポーツを楽しむことが出来るようになります。

ソフトボールのグランドを作ることの楽しさ

ソフトボールは、野球と同様にポジションが9つあり、DH制を採用すれば10名がゲームに参加出来ます。対戦する時にはもう1チーム必要となるので、合計20人が楽しめるということになります。学校や会社で行うことにより、自然に体力を向上させることが可能であり、コミュニケーションの場としても機能することになります。 スポーツは、ストレスを解消するために非常に有効で、体内の代謝機能を活性化させます。これにより、不要な老廃物をスムーズに体外へと排出させることが出来る様になるので、毒素が蓄積されるのを防止します。また、代謝機能が活性することにより免疫機能も強化されるので、精神的な不調に対しての抵抗力が身に付きます。 ただし、スポーツにも色々あり、中には若くなければ出来ないものや若い時から始めていなければ楽しめない様なものも少なくはありません。その点、ソフトボールであれば高齢者でも気軽に参加できるので、グランドを作ることは健康管理という観点からも効果的です。 ソフトボールのグランドを作ることにより、スポーツが身近になるということが得られるメリットです。これにより、多くの人が快適な日常生活を過ごせるようになります。

ソフトボールのグランドを作るのに用意する物

ソフトボール行うためにはバットやボール、グローブなどといった野球道具が必要です。 しかし、ソフトボールで公式な戦いを行う場合には、それらの野球道具類だけでは試合ができないのです。 なぜなら、ソフトボールに試合を行うグラウンドには各塁間や本塁からピッチャーマウンドまでの距離など 性別や年代によってルールとして決められているグランドのサイズを満たしていないと試合ができないからです。 そういったことから、ルールに沿ったサイズのソフトボールのグランド作りをするためには正確な距離を測るための巻尺や、試合に必要となる各種ラインを引くためのラインカーやラインパウダーなどが必要となります。 また、打球のイレギュラーバウンドを極力防ぎ、選手が打撃や守備、走塁をしやすくするためにグランド整備に使うトンボやブラシも必要です。 ソフトボールのグランド作りに欠かせない物の中で一番気をつけたいのがグランドにラインを引くときに使うラインパウダーです。 少し前までですと一般的にライン引きには消石灰が使用されていました。 ただ、強アルカリ性の消石灰は目に入ってしまうと角膜や結膜を損傷することがあるため、視力に影響する障害が残る可能性がありました。 そういったこともあり最近では炭酸カルシウムを主成分にしたラインパウダーが主流となっています。 しかし、今もまだ消石灰を使用しているところもあるようなので、グランド作りをする際には安全性の高いラインパウダーを使用することをお勧めします。

ソフトボールのグランドの作り方の手順

様々な決まり事があるためソフトボールのグランド手作り方法に関しては少々難しく考える方も多いと思いますが、巻尺とライン引きがあれば誰でも簡単に作ることができます。 塁間の距離は基本的には18.29m、小学生の場合には16.76mですが、ここでは小学生の場合を例にしたいと思います。 まず、ホームベースの場所を決め、そのホームベースを原点として一塁方向に直線を引くのです。 次に本塁を原点に二塁方向に向かって半径23.7mの弧を描きます。 そして、本塁を原点にして三塁方向に16.76mの弧を描きます。 その後で最初に一塁線にマーキングしたところを原点にして二塁方向に16.76mの弧を描くと、2番目に描いていた弧と重なる点が出てきます。 また、同じように一塁線にマーキングしたところを原点にして三塁方向に向かって半径23.7mの弧を描きます。 そこでも3番目に描いた弧と重なる点が出ます。 その全ての重なった点を線でつなげると各ベースを置く位置が決定するのです。 また、本塁から二塁に向かった直線上でホームベースから10.67mのところをマーキングして、そこに61cmの横線を引いてください。 これがピッチャープレートになります。 そして、そのマーキングしたところを中心に半径2.44mの円を描いたらピッチャーマウンドの完成です。 ピッチャー側の弧が一塁線と重なった点から三塁線に重なった点まで16cm、91cm、74cm、91cm,16cmの順でマーキングをします。 それから、16cm取ったそれぞれの点を原点にしキャッチャー側へ半径2.13mの弧を描き、それが交わった点に向かって線を描きます。 あとは91cmの横幅でバッターボックスを2つ作ったら完成です。

ソフトボールのグランドの作り方のまとめ

ソフトボールのグランドの手作り方法は、正確にベースの位置を決めることからスタートとなります。ホームベースを原点として固定し、まずは一塁線を引きます。ホームベースから一塁までの距離は16.76メートルで、半分の8.38メートルがスリーフィートラインとなるので、それぞれマーキングしておきます。 二塁は、ホームベースからピッチャーズマウンドの方向23.7メートルの距離にあります。そして三塁は、一類と反対の方向の16.76メートルの距離です。この16.76メートルというのは塁間の距離です。このために、二塁の位置はホームベースから23.7メートル離れていて、なおかつ一類から16.76メートルの距離にある地点ということになります。そして、三塁は二塁からも本塁からも16.76メートルの距離にある場所ということになります。 それぞれの塁の位置が決まったら、次はそれぞれに線を引いて結ぶという作業を行います。これにより、ダイヤモンドと呼ばれる基本的な形が完成となります。次に、ピッチャーが投げる場所であるマウンドにも線を引くのですが、これはホームベースから二塁の方向の10.67メートルの位置と定められています。この様に、ホームベースを原点として簡単にソフトボールのグランドを作ることが出来ます。

y001-1213

ソーイング小物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ソーイング小物を作ることを趣味としている方は少なくありません。ぬいぐるみなどのインテリアグッズとして作る方もいれば、バッ...

y001-1377

カエル折り紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

カエルの折り紙は、作った後に動かして遊べる楽しいものの1つです。折り方は様々にあり、紙の柔軟性を利用して跳ねさせるおもち...

楽しいレクリエーションの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レ...

レクリエーションと一言で言ってもそこには体を動かすもの、クイズ、リズム遊びなど様々なものがあります。そのどれもが楽しいレ...

y001-1175

チャーハンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

炊飯ジャーにある白ご飯と冷蔵庫の残り物で料理を作ろうと思ったらチャーハンが一番適しているでしょう。チャーハンなら炊いてあ...

y001-0003

つまみ細工の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

つまみ細工は、江戸時代から作られている伝統的な髪飾りで、その作り方は、花などをモチーフとしてさまざまな形の「つまみ」を組...

y001-0539

生姜焼きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

生姜焼きを作る目的となるのは、何よりもスタミナを増強するためにあります。豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれていますから、...

y001-0344

物置小屋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

一戸建て住宅にお住まいの方の場合では、庭などの敷地を持っていることも多く、各種道具類の収納用として物置小屋を敷地内に設置...

y001-0808

温泉卵の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

卵はタンパク質やビタミン類が豊富に含まれていて、必須アミノ酸のバランスがとれている優秀な食材です。その栄養価の高さから完...

ヘアスタイルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ヘアスタイルのアレンジは簡単にできればおしゃれですね。朝の時間のないときでも、簡単にヘアスタイルをアレンジできる人になり...

y001-0949

ベビードレスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

生まれて間もない赤ちゃんが初めて本格的に外出するのがお宮参りでしょう。お宮参りは誕生してから一か月を目安にして行くことが...

y001-0054

からくり屏風の簡単な...

からくり屏風を作る理由としては子供のおもちゃを作る感覚で...

折り紙箱折り方の簡単...

現代はお金さえ出せば、なんでも手に入る時代です。そういう...

y001-1173

ちゃんぽんの簡単な手...

ちゃんぽんという言葉を聞いて多くの人が思い浮かべるのは長...

y001-0529

切干大根の簡単な手作...

近年海外でも和食がブームになっていますが、和食の良さは美...