チャーシューの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チャーシューの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チャーシューをなぜ作るかと聞かれて、多くの人は手作りならではのおいしさを理由としてあげるのではないでしょうか。市販のものとは比べものにならないおいしさです。また市販の加工品には、食品添加物がたくさん含まれています。安全基準を満たしているとはいえ、できればあまり取り入れたくないと思うのではないでしょうか。また甘すぎたり、味付けが濃すぎたりして口にあわないことがあるかもしれません。その点チャーシューを手作りするなら、自分好みの味にすることができます。塩分や糖分を控えたいなら手作りに限ります。つまり安心して家族にも食べさせられるチャーシューを作ることが目的と言えるでしょう。またそれ以外にも手作りチャーシューを作るのは、簡単で買うよりおいしいからです。加える調味料も自由にアレンジできることも手作りならではの楽しみではないでしょうか。さらにチャーシューといえば、ラーメンに添えられている貴重な一枚です。ところが手作りすれば、ぜいたくにたくさん食べることができます。初めて手作りチャーシューを食べる人はたいていおどろきます。それは、まさか手作りできると思わないからです。ですからホームパーティーで作ればとても盛り上がります。肉が苦手な人でない限り、大人気の一品です。

チャーシューを作ることの楽しさ

チャーシューを手作りするのはとても楽しいことです。レシピによっては、とても時間がかかります。だからこそ期待がふくらむのではないでしょうか。肉を入れた鍋が、コトコトと音をたてて待っている時間は特別のひとときです。冬はストーブを利用することもできます。部屋いっぱいにおいしい香りが広がります。チャーシューを作るメリットは、手作りなら安心して食べられることです。ハムやソーセージと同様、肉類の加工品には様々な添加物や保存料が含まれています。もちろん無添加に近いものもありますが、全く含まれていないものはあまりありません。一方家庭で手作りするなら、添加物ゼロで作ることが可能です。これなら子供にも安心して食べさせることができます。また別のメリットは手作りすることで、節約できるという点です。市販されているチャーシューは決して安くはありません。一人当たり一度に二枚から四枚ほど食べるなら、四人家族の場合300グラムほど必要です。食べざかりの子供がいるならもっと必要かもしれません。地方やスーパーによって異なりますが、500円以上はするのではないでしょうか。しかし肉から作るなら、その半分以下の値段で作ることができます。

チャーシューを作るのに用意する物

日本で一般的にチャーシューと言われているものは、豚肉に焼きを付けたあと煮込んで味をしみこませているものになり焼き豚や煮豚とも呼ばれています。しかし本場の中国ではチャーシューは煮込んで作るものでは無く、タレに漬け込み焼いてから更に蜜を付け照りを付けたものをチャーシューと呼ぶそうです。ラーメンや焼き飯・丼ぶりなど様々な料理の具材として使えたり、そのまま切るだけでもおかずになり便利な食材なので、1度に大量に手作りして冷凍しておくという方も多いようです。そんなチャーシューを作るのにいる基本的な材料は豚ばら肉又は豚カタロース肉のかたまりと、漬けタレ用として砂糖又はグラニュー糖・しょうゆ・オイスターソース・紹興酒又は焼酎・ニンニク・しょうが・ねぎの青い部分、後から付ける蜜用として水あめ・砂糖・水・はちみつなどが必要となります。そして調理器具には包丁にまな板・漬けタレを作るボウル・豚肉をタレに漬ける底が広めのタッパーなどの容器と蜜を作るお鍋、お肉を焼くオーブン調理器又はガスコンロに付いているグリル・オーブンで焼くならオーブン用のキッチンシート、材料を量るための計量器・計量カップ・大さじと小さじの計量スプーンなどが必要になります。

チャーシューの作り方の手順

タレに漬けて焼くチャーシューの手作り方法の簡単な流れとしては、まず豚ばら肉又は豚カタロース肉のかたまりを縦に長く3等分に切りわけておきます。次にボウルに砂糖又はグラニュー糖・しょうゆ・オイスターソース・紹興酒又は焼酎を入れ、そこにみじん切りにしたニンニクとしょうがを加えてよく混ぜ最後にねぎの青い部分を入れ漬けタレを作ります。そして底が広めのタッパーなどの容器に切って置いた豚肉と漬けタレを入れて、しっかりと豚肉にタレをからませてラップをし冷蔵庫などの涼しい場所で一晩漬けておきます。4~5時間で漬け込む場合は1時間半ごとに、豚肉を裏返してタレをもみ込むという作業を繰り返すといいでしょう。一晩たったら豚肉をタレから取り出し、オーブン用のキッチンシートなどを引いた天板に並べていきます。そして表面に焼き色が付くまで約10~15分間オーブンで焼き、焼き色が付いたら一旦オーブンから出し上下を裏返して更に10分ほど焼きます。この間に鍋に砂糖と水をよく混ぜ、そこに水あめとハチミツを加えて火にかけて煮詰めておきます。そして豚肉が両面とも焼けたら再びオーブンから取り出し、温かい蜜にくぐらせて更に5分ほど焼くとチャーシューの完成です。

チャーシューの作り方のまとめ

チャーシューの手作り方法はとても簡単です。もちろん様々なレシピが存在するので、複雑な工程のものもあります。しかし大抵のレシピは材料もそろえやすく、簡単に楽しく作ることができます。用意するのは肉のかたまりです。チャーシューといえば豚が一般的ですが、チキンチャーシューもあります。肉をタコ糸でしばるなら、形をきれいに保つことができます。もちろんなくてもかまいません。お湯を沸かし、にんにくや長ネギの青い部分を入れます。そしてかたまり肉を入れます。弱めの中火でそのまま2時間ほど煮込みます。お湯で煮込んでいるので、水がなくならないかぎり焦げることはありません。ですから2時間といっても、つきっきりで鍋を見張っている必要はありません。別のことをしていて大丈夫です。圧力鍋なら20分ほどの加熱で、できますので時間の節約になります。ただ圧力鍋と普通の鍋では食感が違い、それぞれに魅力があります。下ゆでが終わったら、調味料で煮込みます。しょうゆとさとうはそれぞれ同量です。好みでニンニクや料理酒などを加えることができます。弱火にして30分ほど煮込みます。あるいは煮込まないで、漬け込んでおくだけでもかまいません。食べる前日に作ると味がしみ込みます。

y001-1062

ハイビスカスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ハイビスカスは熱帯や亜熱帯地方を中心に250種類もある南国情緒溢れる花です。とても大きく綺麗な花を咲かせることが特徴的で...

y001-1191

タルタルソースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

タルタルソースは、色々な揚げ物に乗せる事で本格的な味になります。フライにたっぷりのタルタルソースが乗っている時の幸せ感は...

y001-1070

のし袋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

冠婚葬祭で贈るお祝いの現金を包むのし袋は、一般的な雑貨店を初めとして様々な店舗で売られています。そのため市販の商品を購入...

y001-0674

紙コップ工作の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

紙コップ工作は簡単にいろいろなものか作れるので、モノづくりの楽しさを味わうにはもってこいといってもいいでしょう。何しろ紙...

y001-1269

シーサーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

シーサーと聞けばすぐに沖縄が思い浮かぶでしょう。シーサーとは獅子を沖縄の言葉で表現した呼び方で、見た目からも獅子の形をし...

y001-0764

基礎代謝を上げる方法の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

基礎代謝を上げる方法を生活に取り入れることは健康のためにも良いですし、美容のためにもなります。簡単な基礎代謝を上げる方法...

y001-0285

浴衣着付けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

浴衣の楽しみ方とマナー 夏のイベントに花火やお祭りなどの行事が頭に浮かびます。これらのイベントには普段は和服とは縁のな...

y001-0667

紙粘土マグネットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りの小物を作るのは楽しいものですが、紙粘土マグネットのように、実用性のあるアイテムを作ると、作った後にも色々な場面で...

y001-1231

ステテコの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

高温多湿になるのが、日本の夏の特徴です。この時期は非常に汗を掻くことが多く、また湿度が高いですから、汗がじっとりと身体に...

y001-1297

ゴーヤ佃煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏野菜を使った料理のレパートリーを増やしたいという方は、ゴーヤを使ってゴーヤ佃煮を作ってみるといいでしょう。ゴーヤは数あ...

y001-0855

レシピお弁当のおかず...

お弁当のおかずは、お弁当を目的として作ります。ですが、前...

木箱の簡単な手作り方...

木箱を作る人は大勢います。では、どうして作るのでしょうか...

y001-1319

きり絵の簡単な手作り...

きり絵は芸術の一種ですが作ることの目的は手先を器用にした...

y001-0296

油淋鶏レシピの簡単な...

作る理由や目的は、人によってそれぞれですが、それでもおい...