ドライカレーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ドライカレーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おいしくて簡単でボリュームのあるメニューといえば、なんといってもチャーハンやオムライス、ドライカレーといったごはんものになります。特にランチタイムにはぴったりのもので、お弁当にも使えますし、作り方を知っておくと何かと便利になります。しかも中に入れる具材にこだわれば、栄養バランスも良くなり、好き嫌いに多い子供にとっても味付けがされているので食べやすくなっています。その中でも暑い夏場にぴったりなのがドライカレーで、暑さでどうしても食欲が失せてしまうこの季節、カレーの風味は食欲を刺激してくれるのでもってこいのものと言えます。作り方も簡単ですし、食材も特別なものは必要なく、身近にあるものでできるのです。それゆえレシピを知って作り方をマスターしておくと、何かと重宝します。しかもドライカレーは単品で食べるだけではなく、上から卵を被せればオムカレーにもなりますし、キーマカレーをかけたりなど、アレンジも数多くできるのです。それゆえ基本を押さえておけばバリエーションが広がり、悩みとなるランチタイムから、夕飯のメニューにも役立ってくれますので、気になる方はポイントを押さえて作れるようにしておくと活用できます。

ドライカレーを作ることの楽しさ

ドライカレーのメリットとはカレーライスを作るよりも簡単にできることで、また余った冷やごはんを活用するにもぴったりのものなのです。炊き立てのご飯を知っていると、冷凍ごはんを温めたものはどうしても味が劣ってしまい、不得意な人も多いはずです。そんな時にドライカレーというのはごはんに味付けをしていますので、炊き立てのものとは別の魅力があるのです。 また中に入れる具材に野菜を多く使えば栄養バランスも整いますし、カレーの味となるので、野菜が苦手な人でも比較的食べやすくなります。さらにフライパンひとつで作ることができるので、片付けも楽ですし、作り方を覚えれば初心者にも可能となるのです。 そう、ドライカレーというのは大人もそうですが、子どもにチャレンジさせたい料理メニューでもあって、小学生の高学年くらいになってきたら親子でチャレンジするのもいいのです。チャーハンよりも難易度が下がっていますので、初めてでもわりと簡単にできますし、カレー味というのは基本的に味付けに失敗することはないのです。しかも盛り付けも楽しめますし、親子で一緒に作るにはぴったりのものであり、夏休みになったらランチタイムに試してみたいものとなっています。

ドライカレーを作るのに用意する物

子供も大人も大好きなドライカレーは、何となく難しそうなメニューに感じる方もいるかもしれませんが、実際は市販のカレールウを使ってとても簡単にできます。フライパン一つでぱぱっと炒めてちょっと煮ればすぐに完成するので、普通のカレーよりも時間がかかりません。とても簡単なので、忙しい日や簡単にすませたいランチにもおすすめのメニューです。 ドライカレーの3~4人分の材料は以下の通りです。 ・豚ひき肉(合挽でも可) 約200g ・野菜 (例:タマネギ1個、ニンジン1本、ナス1本) ※野菜はみじん切りにして入れるのでお好みで好きなものを入れたり、冷蔵庫に残っている野菜を入れてもOKです。カボチャやピーマン、しめじなどのきのこ類などを入れても美味しいです。パプリカなどを入れると彩りも綺麗です。 ・カレールウ(市販のカレールウ) 2かけら ・水 1/4カップ~1/3カップ(カレールウのメーカーなどによって多少の違いあり) ・しょうゆ お好みで少々 ・ソース お好みで少々 ・塩コショウ お好みで少々 ・サラダ油 大さじ1 以下のものはあれば味に深みが増すので入れてみてください。なくても十分美味しいドライカレーができます。 ・ショウガ 1かけ ・ニンニク 1かけ

ドライカレーの作り方の手順

ドライカレーの簡単な手作り方法は以下の通りです。 まず、野菜とショウガ・ニンニク(入れる場合)を全てみじん切りにします。食べた時に食感をある程度残したい方は野菜を荒みじん切りにするとザクザクした食感が楽しめます。 フライパンにサラダ油を入れ、ショウガ・ニンニクを入れる場合は先に入れます。 フライパンを十分熱したら、火を通したい順に野菜を入れ、ひき肉を入れ、中火で炒めます。 ひき肉の色が変わり、全体に火が通ったら塩コショウを加えてざっと混ぜ、水を加えます。 水が沸騰したらカレールウを溶けやすいように細かくして入れます。しっかりカレールウを溶かしてから、お好みでしょうゆ、ソースを加えて味をととのえたら完成です。 具材が小さく、水も少量しか使わないのですぐ火が通ります。普通のカレーより時間がかかりません。盛り付けの際に後から温泉卵や卵黄をのせてもとても美味しいのでおすすめです。また、このまま冷凍保存バッグなどに入れて冷凍もできるので便利です。また、普通のカレーよりもカレールウを使っていないのでカロリー控えめなところも嬉しいポイントです。ぜひ、お好みの具材で自分だけのドライカレーを作ってみてはいかがでしょうか。

ドライカレーの作り方のまとめ

ではドライカレーの手作り方法ですが、大きく分けてご飯にカレー味を付けるものと、キーマカレーベースのものがあります。さらにはカレー粉を使ったものとルーを使ったものがあります。 初心者用としてはキーマカレーベースのルーを使ったものがよく、2人前のレシピがこちらになります。ひき肉100~150g、玉葱1個、人参1/2個、ピーマン2個、塩、コショウ少々、サラダ油、市販のカレールー2かけ、さらにはご飯が2人分になります。他にスパイスとして生姜、ニンニク、ナツメグ、しょうゆやめんつゆがあると味に深みが出ます。 下準備として、野菜をみじん切りにしてカレールーを細かく砕いておきます。フライパンにサラダ油を熱してひき肉を炒め、塩コショウ、あればスパイスを加えます。ひき肉の色が変わったらみじん切りにした人参、玉葱、ピーマンの順番に加えて炒めていきます。水50~100ccを加えて、砕いたカレールーを加えて溶かして煮ていきます。醤油やめんつゆなどで味を調えて完成です。 温かいごはんに盛って食べましょう、卵の卵黄をトッピングするとマイルドになります。また野菜は好きなものを加えればよく、お好みでアレンジしていきましょう。

y001-0418

粘土花の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

粘土花というものは、樹脂粘土や軽量粘土を使用して作る花のことです。本物の花だと世話をしなければなりませんし、時期が来れば...

y001-0432

奈良漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

奈良漬けは歴史の古い食べ物ですが、その最古の記録でわかっているのはなんと1300年ほど前の奈良時代のことでした。当時は可...

y001-0590

焼き飯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本人ならば、やはり米を食べるのが自然です。米はパンよりも腹持ちが良いですし、地産地消にも貢献しやすいです。焼き飯で使う...

y001-1048

はちみつレモンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

はちみつレモンは家に置いておくと何かと活用できます。また、とても簡単に作れる上、レモンが余ってしまったときに非常に重宝し...

y001-1461

イチゴの苗の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イチゴの苗を作る理由は、やはりなんと言ってもイチゴの収穫ですよね。これにつきると思います。イチゴの収穫期は、主に4月から...

y001-0943

ホールトマトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏は殺菌作用が強く浴び続けると有毒性が強くなる紫外線が最も多い時期のため、その紫外線で受けたダメージを回復させる食材であ...

y001-0109

ポップコーンキャラメルシュガーの簡単な手作り方法や作り方・D...

だれもが大好きなポップコーンキャラメルシュガーですが、映画館やショッピングモール、縁日などでしか食べることができません。...

y001-1516

100円ショップ手作りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レ...

収納棚が欲しい、家に備え付けの靴箱だけでは収納しきれない、という悩みを持った方も多いです。断捨離という言葉が流行していま...

ゆず酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お酒が好きな人は多く、お店で飲むだけではなく自宅で晩酌したりパーティをするためにお酒をよく購入する人も多いのではないでし...

y001-0259

冷凍たまごの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スーパーなどで一般的に売られているタマゴの賞味期限は14日程度だと言われています。そして、ほとんどのタマゴは10個1パッ...

y001-1125

なすの漬け物の簡単な...

健康や美容に良いと言われている発酵食品、ヨーグルトや納豆...

y001-0536

青しそジュースの簡単...

青しそは、茎・葉ともに緑色をしたもので、味と香りが良いた...

y001-0492

帯でバッグの簡単な手...

様々な手作りDIYアイテムがありますが、リサイクルを利用...

y001-1245

ショートパンツの簡単...

ショートパンツというのは、ハーフパンツなどともいわれるこ...