夏野菜の育て方の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏野菜の育て方の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏野菜を育てる目的は美味しい野菜を自分自身で育て上げる楽しみと出来上がった野菜を美味しく頂くことではないでしょうか。また、自分の手で育てたものは品質管理がはっきりしており安全であるのは言うまでもありません。また、トマトやナス、おくらなど美味しい野菜を自宅で育てていれば農家の苦労もわかってきます。飽食である現代では食べ物を粗末に扱う傾向が多くなっています。自分自身で作物を手掛けることによって、どれほどの手間がかかるかなど理解できます。夏野菜の育て方は簡単なものから難しい、コツがいるものまで様々ですが、そのどれもが『育てる』ことに繋がります。特にお子さまがいるご家庭では学校などで教えられる食育をする絶好の機会でもあります。夏休みという長い休みを利用して野菜を育てるのもいいかもしれません。また、一人暮らしなどの場合はつい避けてしまいがちな野菜を自分で育てることで定期的に摂取することができるでしょう。一人分の野菜の購入は戸惑ってしまいますが、手作りすることで出費を抑えることもできます。栄養面や金銭面でもDIYの家庭菜園は存分に役に立ちます。また、作りすぎた場合には無人販売や農協に持ち込むことが可能な場合もありますので、各地域で確認してみてください。

夏野菜の育て方を作ることの楽しさ

季節の野菜を食べるということは最も美味しい時期であると同時に、身体に必要な栄養素が揃っています。むくみを解消するものやダイエット効果、美肌効果など、夏野菜には女性に嬉しい効果がたくさんあります。夏野菜の育て方は野菜によって様々なので、まずは簡単なものから始めましょう。ナスに含まれるカリウムはむくみの元となる塩分を放出し、むくみ解消につながります。トマトはメラニン色素の合成を抑え、美肌効果に役立ちます。夏の厳しい紫外線でダメージを受けたお肌を回復させるにはぴったりの野菜です。オクラに含まれる水溶性食物繊維は血糖値の上がり下がりを緩やかにし、太りやすい体質を改善してくれます。また、美容効果もあります。このようにただ野菜を育てるだけでなく、栄養成分や効果を知ることで野菜づくりがますます楽しくなってきます。自分自身や家族の健康のために美味しい野菜を作るのはたいへん効果的で楽しい作業でしょう。他にもビタミンC豊富なピーマンや今話題のゴーヤで緑のカーテンなど、ただ食べるだけでは勿体無いです。様々な野菜が持つ効果を知ってこそ育てる楽しみが倍増します。また、旬の野菜はその季節に必要な栄養を補うようになっているので、夏バテや日焼けの改善などにも役立ちます。

夏野菜の育て方の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピを作るのに用意する物

夏野菜を育てる準備をするためには、まず土が必要です。手作り方法は簡単です。赤玉土7:腐葉土2:バーミキュライト1を混ぜ合わせて作ります。そこに石灰と化成肥料を、10リットルの用土に対して10グラムずつ混ぜます。これで土の準備は完了です。自分で土を作るのが面倒な人や自信のない人には、ホームセンターなどで野菜用の土が売っています。こちらを使用すれば問題ありません。次に植える場所の確保が必要です。畑や庭にスペースがあればそこで育てます。ない場合はプランターでも十分育てることができます。他の野菜にも使いまわせるように、購入の際は深型のプランターを選びましょう。その他に必要な道具として、スコップ・ジョウロ・軍手・バケツ・支柱・はさみ・紐などが挙げられます。それと一番肝心な野菜の苗です。夏野菜の育て方は、比較的簡単なものが多いです。その中でも初心者が育てやすい野菜は、トマト・ピーマン・なす・きゅうりなどです。種からでも育てることはできますし、種からの方がコスト的には優れています。しかし発芽させるまでに時間と手間がかかり、失敗するリスクも高いです。接ぎ木苗の方が簡単確実に育てることができます。苗を選ぶ際は、茎が太くてしっかりしたもの、葉が大きく緑色が濃いもの、病気にかかっていないものを選びましょう。



夏野菜の育て方の作り方の手順

夏野菜の育て方は簡単です。まず植えつける1か月前には、畑やプランターに土を入れ、植えつけの準備をしておきます。元肥も忘れずに施しておきましょう。そして苗を植えます。時期的にはGW明け、5月の中旬以降が植えどきです。あまり遅い時期だと梅雨に入ってしまいますし、気温が高くなると根付く前に暑さにやられてしまうため、その時期がベストです。苗を植えたらしっかりと水やりをしましょう。後は毎日の水やりと、1週間ごとの追肥を行っていきます。夏野菜の育て方で気を付けたいのが、水をあげる量です。キュウリやナスは水が大好きな野菜です。毎日たっぷりと水をあげましょう。逆にトマトにはあまり水分が必要ありません。トマトは水や肥料を多量にあげない方が、甘く美味しく育ちます。水をあげすぎると割れてしまうこともあるので、十分に注意しましょう。苗が大きく育ってきたら、倒れないように支柱を立てます。紐やワイヤーで茎と支柱を八の字に結びます。キュウリは蔓が伸びていくので、ネットや支柱で絡み付けられるようにしてあげましょう。トマトは脇芽かきも必要です。放っておくとジャングルのようになってしまうので、脇芽を見つけたら小さいうちに折ってしまいましょう。野菜が大きくなったり、色づいたら、いよいよ収穫です。収穫のタイミングを逃すと、大きくなりすぎて味が落ちるので注意しましょう。夏野菜を使った美味しいレシピもたくさんありますが、トマトやキュウリは生のまま、獲りたてを洗って食べるのが一番美味しいです。また収穫せずに放置して、そこから種を収穫することもできます。

夏野菜の育て方の作り方のまとめ

手作り方法としては野菜によって違いはありますが、基本的には水や肥料を適度に与える、日々の観察を欠かさないことではないでしょうか。簡単な野菜であれば水さえ上げていれば十分育つというものもあります。ただし、mしっかりと手間暇けることで旨味が増すのも事実です。夏野菜の育て方として最も簡単なものは枝豆ではないでしょうか。丈夫で育てやすく、病気にも強いうえに手間もかからず収穫することができます。夏になればビールのお供に最適な枝豆から始めるのもいいかもしれません。また、オクラやししとうなども比較的簡単です。とくにオクラは家庭菜園の代表的な野菜としても知られています。どの野菜も基本的にプランターでも育てることができます。土と一緒に肥料を混ぜ込み、種や苗を植え適度に水やりをします。水やりの場合、昼間に与えるのはやめましょう。撒いた水が温かくなってしまい、野菜にとって良い環境ではありません。水やりをするのであれば、日が昇る前の朝や、日が沈んだ夕方頃が最も適しています。また、肥料や水は与え過ぎも良くありませんので、どちらも適度に、各野菜に合わせた量を与えるのがいいでしょう。野菜によっては追肥が必要な物もあります。害虫などにも気をつけ、美味しい夏野菜を育てましょう。



y001-0677

子供ポシェットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供が幼稚園に行く位の年齢になってきたら、自分でバッグを持ってお出掛けしたいと言うようになるでしょう。幼稚園に登園する時...

y001-0866

リボンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

人の脳の機能というのはとても複雑であることが分かる例として、目の前に見えるものに何かを加えるだけで、全く違った印象に見え...

ウッドガスストーブの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アウトドアをするとき、調理で使われるのが薪です。しかし、薪のまま利用しても対した火力を生むことができません。なぜならば可...

y001-1389

お茶の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お茶というのは、日本人にとっては毎日の生活の中で欠かせないものとなっています。朝起きてから、食事の後に、そしておやつの時...

y001-0007

ヘクセンハウスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子どもの頃に憧れたお菓子の家。それが自分でも作れます。ヘクセンハウスと言いますが結構簡単に手作りをすることが出来ます。子...

y001-1419

おいしいハンバーグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おいしいハンバーグは人気レシピの定番です。ボリューム満点のおかずにもなり、子どもも大人も大喜びです。夏にスタミナをつけた...

y001-0629

手作りちょうちんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏祭りや飲食店などでよくみかける提灯は、昔から日本で使われ続けているなじみ深い照明器具です。おもに野外で使われることが多...

y001-1397

お好み焼きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お好み焼きは関西が発祥と言われている小麦粉を使った料理です。関西人はお好み焼きをご飯のおかずとして食べる事が出来る、おか...

アームカバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アームカバーは日焼け止めや掃除の時に長袖が汚れないようにするために使うものですが、手作りすることもできます。手作りしてア...

y001-0749

玉ねぎ種まきの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自分の口に入る物は自分で育てて、自分で食べたい。最近、野菜の価格が高くなることが多くて、少しでも家計の助けになるように、...

y001-0435

豚骨スープの簡単な手...

ラーメン屋の豚骨スープはとてもおいしいですが、自宅で作る...

y001-0282

卵の燻製の簡単な手作...

食材を煙でいぶして独特の味わいを引き出す燻製食品は、ベー...

y001-0007

ヘクセンハウスの簡単...

子どもの頃に憧れたお菓子の家。それが自分でも作れます。ヘ...

y001-0037

見守りマップの簡単な...

高齢化が進む日本においては、子供は日本の将来を担う大事な...