魚の絵の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

魚の絵の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

人として暮らしていると、地上に住む動物たちのことばかりに目がいきがちですが、地球上で地上よりも広い世界であるのが、海の中です。あらゆる動物は海から生まれたといわれているほど、海は生き物にとって原点ともいえる存在です。海の中には、たくさんの生き物が生息しています。中でも割合が圧倒的に多いのが、魚類です。クジラやイルカなどは哺乳類ですが、鯛やアジ、サバ、サメなどは魚類にあてはまります。魚類といってもよく見る魚のスタイルから、驚くような不思議な形をした魚類まで、様々なものが存在します。ユニークで色鮮やかな数多くの魚類は、見る人を惹き付ける魅力があり、多くの魚を暗記して、姿を見ればすぐさまその種類を言い当てられる人もいます。そんな魅力的な魚をより深く理解する目的として、絵を描くという手段があります。特に魚に興味がなくても、魚の絵を描いているうちに、興味がわいてくることもあるでしょう。絵が苦手だからと躊躇する必要はありません。簡単に描ける方法がちゃんとありますから、最初から本格的に身構えなくても、なかなかしっかりした絵を描けるものです。鉛筆1本で描くのもよし、カラフルなペンを揃えれば、バリエーション豊富な魅力的な魚の絵を描けるようになります。

魚の絵を作ることの楽しさ

魚の絵を描けるようになれば、魚の特徴を理解しやすくなるというメリットがあります。魚を知るには、図鑑など、魚に関する書籍を参考にすることが多いでしょうが、目で見るだけでは特徴を十分に理解できないという難しさがあります。 しかし、魚を絵にしてみると、身体の形状やヒレの位置、尻尾の長さや口やえらの形など、確認しながら描いていくことになりますので、魚の特徴を覚えやすくなります。このように形状などを覚えるには、精密な描き方をしなければ難しい面がありますが、単純な描き方でも、全体像を簡単に把握したり、模様や色などを確かめるには十分です。 暇つぶしになるというメリットも持っています。魚が好きな人は、魚釣りや水族館に向かうことが多いでしょうが、魚釣りは波が高かったり、雷が鳴っていたりすると、危険なため行うことができません。水族館なら悪天候でも大丈夫ですが、動物園と比べると入館料が高く、頻繁に向かうには費用がかかってしまいます。 魚の絵を描くだけなら、悪天候や入館料などの心配をすることなく、自宅にて好きなだけ作業することが可能です。夢中になって楽しく描いていれば、充実した時間を過ごすことが割と簡単にできます。

魚の絵の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピを作るのに用意する物

魚の絵というのは実在する魚をモチーフにして絵を描くことであり、様々な魚を描くことができるのです。魚の絵は様々にあるのですが、基本的に道具さえ揃っていればどんなものでも描くことができます。 道具は鉛筆やボールペン、マジック、シャーペンなど線を描くことができるものを用意するのですが、これらのものを購入するときには文房具店で購入するといいでしょう。また、魚には色を塗らないといけないので、どの魚を描きたいのかにより色が異なってきます。 なるべく多めに色を揃えておくのがいいのですが、色を塗るための道具がさまざまに存在しているのです。一番安く手に入れることができるのが色鉛筆であり、これは沢山の種類が揃っているものだとかなりの価格がするので、15本くらい入っているものを購入するといいでしょう。 また、水彩絵の具やアクリル絵の具などが学校で使っているものを用意すると、わざわざお店で買わなくてもいいので経済的にもお得です。その他にクレヨンで色を塗ることもできるので、文房具店で購入しておくといいでしょう。100円均一ショップに行くことで、非常に安い金額で色を塗る道具を手に入れることができるので、お金がないのであれば100円均一ショップを利用するといいです。

魚の絵の作り方の手順

魚の絵の簡単手作り方法はというと、まず画用紙が必要になるのですが、これは画用紙でなくてもスケッチブックでもいいのですが、アクリル絵の具や水彩絵の具を使うのであれば、厚みのある髪を使うと紙が水を含んでボコボコになるならくなります。画用紙を用意して、ここに鉛筆もしくはボールペンなどで魚の形を描いていきます。 魚の形を描いたなら、尾びれを描いて、背びれも描きます。必要になるヒレをすべて描いたなら、目玉を描きましょう。サカナのウロコに関しては、直接鉛筆などで描いていくといいのですが、それ以外に色で塗って見るのもいいです。 魚の色は基本的に青色にすればそれらしくなるのですが、この時にアクリル絵の具や水彩絵の具のほか色鉛筆などを使うといいでしょう。綺麗にまんべんなく塗ると、魚の絵を完成させることができるのです。 色に関しては、折り紙をちぎって魚の絵にはりつけていくという方法も使うことができるので、こだわりのある魚の絵を作りたいというのであれば折り紙を使って魚の絵を描いててみるといいでしょう。水彩絵の具を使うときには、複数の色を混ぜてグラデーションのようにすると非常にきれいな魚の絵を作ることができるのです。

魚の絵の作り方のまとめ

魚の絵の手作り方法には、紙と鉛筆などの筆記用具があれば十分です。カラフルな色ペンがあると、鮮やかな絵を描くことができますが、鉛筆だけでも問題ありません。 簡単に描く方法ですので、写実的な描写にはこだわらないようにします。子供のお絵かきのように、気軽に構えて描き始めましょう。 アジのような、一般的な魚の描き方として、最初に胴体部分を描いておきます。葉っぱの輪郭を横配置で描くような感じで、胴体を描きましょう。 葉っぱの片側の端の部分に、三角を描くと、尻尾の形になります。三角の頂点の1つを胴体にくっつけるようにすると、それっぽくなります。胴体に目とうろこを描きます。目の位置は胴体を横に半分に分けた部分よりもやや上の位置で、尻尾とは反対側の胴体の端近くに描くと、ちょうどよい位置になります。うろこはあまり気にすることなく、数字の3を繋げて描くように、縦に2列や3列描くだけで構いません。これで簡単な魚の絵が完成します。 うろこの部分は色を変えてやると、カラフルに見えます。うろこの描き方に関しては、3を繋げて描くのではなく、横に平行な線を何本か入れたり、斑点のように描いても、様になります。背中部分に青いラインを横に引けば、サンマやマグロのような見た目にできます。

y001-1487

あさりの味噌汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

あさりの味噌汁の具材は潮干狩りでも獲ることが出来るあさりですが、あさりと言うのはカルシウム、カリウム、亜鉛と言ったミネラ...

y001-0821

飲むヨーグルトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

飲むヨーグルトは年齢に関係なく飲むことができて、さらにアレンジすることができるので、おやつや朝食などにも食卓に出すことが...

y001-1299

コーヒーゼリーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ちょっとした休憩や食後には、コーヒーを欠かせないという人も多いでしょう。コーヒーには覚醒作用や精神を落ち着かせるような働...

y001-0263

輪ゴムブレスレットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供の頃は外で川遊びをしたり、泥んこ遊びに夢中になるものですが、徐々に成長していくと、身だしなみやおしゃれに興味を持つよ...

y001-1438

エクセル領収書の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

領収書はお金のやりとりを行う場合に必要になる機会が多い書類として知られています。市販の既成品も数多くありますが、その中に...

y001-0011

パールネックレスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

パールネックレスは、最近とてもはやっています。パールネックレスを、作る理由はとても簡単に、自分の手作りを楽しむことができ...

y001-0561

水ようかんレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

水ようかんを手作りすることは難しいのではないか、と考える人もいますが、そうでもないといいます。水ようかんはいろいろな種類...

y001-0790

花かんむり100均の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

海やフェス、双子コーデ等、10~20代の女性に大人気の花かんむり。その注目度から近年店頭やウェブ上のたくさんのショップで...

y001-1466

イカの皮のむき方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イカの皮はむく作業はとても難しく思われていて、丸ごと買ってくるのを避けてしまうこともあるのではないでしょうか。イカは簡単...

y001-0846

ローズウィンドウの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ローズウィンドウとは、元は西洋の教会に見られる、装飾を施した丸窓を指します。中でもステンドグラスを使ったものはとても美し...

y001-0217

紅白こよりの簡単な手...

祝儀などによく用いられる水引は、一般的に贈答品の包み紙な...

折り紙ブーケの簡単な...

封筒というのはお店にたくさんのデザインのものが売っている...

y001-1501

PEリーダー結び方の...

ルアーフィッシングは、ルアーを小魚に見立てて泳ぎ回るよう...

y001-0445

東屋の簡単な手作り方...

一戸建て住宅にお住まいの方ならば、庭の空いているスペース...