にぎにぎの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

にぎにぎの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りのおもちゃやぬいぐるみなどは、大きくなっても思い出の品として残しておくことができます。作る理由や目的は、赤ちゃんに喜んでほしいから、ということが大きな理由ですが、手作りをして、赤ちゃんが楽しそうに遊んでくれる姿をもう一度見たい、という目的もあります。また、自分の子供に自分で作ったものを与えることができるという喜びも作る理由になっていることが多いです。簡単な手作り方法がありますし、できるだけいろいろなおもちゃで遊んで楽しんでほしい、という思いがあるのです。おもちゃを作る理由には、たくさん遊んで喜んで欲しい、という思いで作っているものばかりです。また、手作りをするのが楽しい、ということもあります。ものを自分の手で作り出すことができる、というのは、大きな喜びと感動があるのです。子供のものだけではなく、自分の手で作ったもので、それを喜んでくれる人がいる、大切にしてくれる人がいるというのは、作ってよかった、と感じることができます。それも作る理由や目的になるのです。手作り方法をいろいろと工夫したり、自分なりのこだわりを持って作ったものが出来上がったときは、感動しますし、楽しくて、また作る、というのが理由です。

にぎにぎを作ることの楽しさ

作る楽しさや得られるメリットは、自分の考えているものを形にすることができるという喜びと出来上がった姿をみることができる、ということです。人それぞれで作る楽しさや得られるメリットというのは違うものですが、それでも、ものを作っていく、という行動そのものに楽しさを感じている人が多いといいます。 作る楽しさのなかには、少しずつ出来あがっていく過程を自分でみることができること、そして出来上がったものを一番はじめにみることができる嬉しさがあります。赤ちゃんのおもちゃを作ったとして、それで喜んで遊んでくれる、その姿をみることができる、というのは作る楽しさであり、大きなメリットでもあるのです。 ひとつずつ、形も出来上がりも違うのが手作りのもののよさです。手作りのものには同じものはひとつとないのも作る楽しさのひとつです。どんなに同じ生地を使っても、同じ材料を使っても、同じものはできないのもメリットです。世界にひとつだけのものを自分の手で作ることができる、ということが作る楽しさであり、メリットになっていきます。材料がなくても、あるもので作ることができるのも手作りのものを作るときの面白さを感じます。作る楽しさや得られるメリットは、ものを作ってみて感じることができます。

にぎにぎを作るのに用意する物

赤ちゃんのおもちゃのにぎにぎは簡単に手作りすることができます。 手作り方法も簡単です。手作りするときに用意するものは、まず、好みの布を適宜、できればコットンなどの優しい肌触りのものがいいです。それから、リボンなどの装飾になるもの、綿と小さめの鈴を用意します。 にぎにぎにもいろいろなものがあるので、作る形や数によって布などの大きさも違います。ベビー用のタオルなどを利用して作ることもできるので、いろいろと生地を用意してみたり、探してみるといいです。 形には、輪になっているものから、動物の形になっているもの、音が鳴るものなどまであります。可愛いものを作りたいときやシンプルなものを作りたいときで柄や布をかえて作ってみると、いろいろなものを作ることができます。型紙などがなくても作ることができるのがにぎにぎです。もちろん、自分で型紙などを作って布をカットしてもいいのですが、自由に大きさも形も考えることができるので、赤ちゃんが好きな形、持ちやすい形にしてあげます。手作り方法も素人でも出来るものがほとんどなので、難しく考えずに、自由に作ってみるといいです。赤ちゃんが好きな布や形を参考に作ってみるようにします。

にぎにぎの作り方の手順

にぎにぎの作り方ですが、はじめにどんな形にするのかを考えます。はじめて作るときは不安なので、直接布に書いたりせずに、型紙を探してみてもいいです。そして、布をその形にカットします。布は縫い代なども考えて、少し大きめにカットしておくようにします。そして、中に綿を入れて、硬すぎないようにしておきます。そして、その綿の中に小さな鈴を入れて、最後に布を縫い合わせます。それで簡単なものは出来上がりです。 動物の形のにぎにぎなども同じです。たとえば、象さんのにぎにぎを作るときの手順は、タオル地の布 20センチ×10センチのものを1枚、刺繍糸、フェルトを10センチ×5センチのものを1枚、そして綿、鈴を1個、糸を用意します。はじめに、型紙を作ります。10センチ×10センチ以内で書くようにします。それを、輪郭にそって切り取っていきます。象さんの本体の布の裏側に、左右対称にして型紙を写します。両方が同じ方向を向いていたりしないように気をつけることです。写した部分より少しだけ大きめにカットして、中表にして、写したところ同士が重なるように糸で縫い合わせていきます。後ろ足の部分を1センチほど縫わないようにして、そこから表にひっくり返します。フェルトに同じ大きさの円を2つ書いて切り取って、象の本体に耳を縫い付けます。刺繍糸で可愛く目を刺繍したら、綿と鈴を詰めてかがり縫いで蓋をして、出来上がりです。

にぎにぎの作り方のまとめ

あかちゃんのおもちゃのにぎにぎを作るときには、まず柔らかくて、赤ちゃんに触れてもいいものを選びます。できれば、コットンやハンドタオルなどがいいです。今回はハンドタオルを使います。それから、詰めるための綿、型取り用の厚紙、プラ鈴を1個、または小さめの鈴を1個用意します。まずは厚紙に動物の形を描いて、それをハンドタオルの裏面に型紙を写して切り抜きます。大きさは大体幅8センチから10センチほどがいいです。にぎにぎの取っ手の部分が必要になるので、中央に穴をあける部分を作っておくことが大切です。切り取った1枚を柄の部分が内側になるようにハンドタオルに重ねて、線を縫うと簡単に形が出来上がります。周りを一周丁寧に縫い終わったら、それを少しだけ余裕をもって切り取ります。中央の穴用の枠の中に、はさみでばつ印のように切り込みを入れて、ここから裏返しします。用意してあった綿を詰めながら、中央の穴を丁寧に縫い合わせます。布の面積が大きい部分に鈴を入れて、縫い閉じていきます。縫い閉じたら、刺繍糸などの黒い糸で目を作るのですが、玉止めを繰り返し適当な大きさになるまで塗ってもいいですし、目用のパーツや黒いビーズを使用しても大丈夫です。ハンドタオルなどではなく、フェルトや厚めのコットンの布を使用してもにぎにぎは可愛いものができるのでいいです。

y001-1111

魚の絵の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

人として暮らしていると、地上に住む動物たちのことばかりに目がいきがちですが、地球上で地上よりも広い世界であるのが、海の中...

y001-1113

夏野菜の育て方の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏野菜を育てる目的は美味しい野菜を自分自身で育て上げる楽しみと出来上がった野菜を美味しく頂くことではないでしょうか。また...

y001-0479

大豆レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

大豆にはとても栄養があります。畑の肉とも呼ばれるタンパク質豊富な大豆ですが、様々な料理に合う食材です。例えば豆腐、煮物、...

y001-1414

おいしい梅干しの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ちょっと料理に梅干しを使おう、と思っても市販のものを購入しようとすると、意外と高価で気軽に使えないということもあります。...

y001-0337

弁当レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

弁当というのは、主に昼食にするために作られることが多いのですが、場合によっては夕食になったり、朝食になったりすることもあ...

y001-0106

お金を分ける貯金箱の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

毎月の収入に合わせてお金の収支を明確にする事は家計に大きな影響を与えます。子供のお小遣いを計画に貯める事が出来るので大変...

y001-1039

バッティングゲージの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

家でバッティング練習ができたら、と野球好きなら誰でも思ったことがある筈です。また、子どもが野球を始め、熱中していたら、家...

y001-1201

たけのこの茹で方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

たけのこの時期になると、色々な所から生のたけのこを貰う事が有ります。また、たけのこの時期になればスーパーや直売所などでも...

紅生姜の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏に多くなる体の変化として体の一部に多くの汗が出てしまう多汗症や体に熱がこもることによって機能障害を起こす熱中症がありま...

y001-0966

ブロック塀DIYの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

一戸建て住宅にお住まいの方や購入した土地に住宅を建築している方は、自宅の敷地と隣家との敷地の境目が分かるように境界線とし...

包丁の研ぎ方の簡単な...

毎日の食事を作る際に使用する包丁ですが、長く使っていると...

y001-0316

蜜蜂巣箱の簡単な手作...

これまで限られた人のみに許可されていた養蜂ですが、平成2...

y001-1449

うりの漬物の簡単な手...

うり科の野菜には色々ありますが、その中でも健康長寿野菜と...

y001-1351

から揚げの簡単な手作...

から揚げは人気おかずです。おかずの定番、お弁当の定番とし...