にんにくの醤油漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

にんにくの醤油漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

にんにくの醤油漬けは、簡単な手作り方法で作ることが出来ます。材料もにんにくと醤油のみなので、材料を揃える手間もかかりません。にんにくは、アリシン、スコルジニン、ビタミンB1、ビタミンB6、リン、カルシウム、糖質、鉄、カリウム、タンパク質などを含む栄養価の高い食品です。成人病や生活習慣病の予防に効果的と言われています。また、美容にも良いことが知られています。醤油につけることで、にんにくの臭みが軽減されるので、気軽ににんにくから豊富な栄養を取ることが出来る上に、用途も広がります。一度作ってストックしておくと、冷蔵庫で1年間もちます。そのまま食べると、にんにくの辛みがビールや焼酎などに合い、良いおつまみになります。また、にんにくを刻んで炒め物やチャーハンに入れても良いでしょう。にんにくを漬けた醤油も、もちろん美味しく召し上がることが出来ます。ステーキソースにしたり、オリーブオイルと混ぜてドレッシングにしても良いでしょう。このように、にんにくの醤油漬けはそのまま食べる楽しみだけでなく、さまざまな料理で活用できるという楽しみがあります。市販の商品は値段がそれなりにするので、自分で作ることで節約しながら、手軽に楽しむことが出来ます。

にんにくの醤油漬けを作ることの楽しさ

にんにくの醤油漬けは非常に簡単に作ることが出来ますが、しっかり浸かるまでは時間がかかります。浸かるまで今か今かと待つ時間のわくわく感を味わえることが、にんにくの醤油漬けを作る際の一つの醍醐味です。2週間から1ヶ月ほど待って、ふたを開けたときには食欲をそそるにおいとともに完成を喜ぶことが出来るでしょう。にんにくに含まれるアリシンには発ガンを抑制する強い抗酸化作用があります。また、風邪や感染症の原因になる連鎖球菌やブドウ状球菌などを殺す強い殺菌・抗菌力をもっているので、食中毒の予防に効果的なほか、病気への抵抗力も高める働きをします。にんにくに豊富なビタミンB1は、細胞内でエネルギーを作るために欠かせないエネルギーで、これがアリシンと結びつくと体内に吸収されやすいアリチアミンに変化します。この働きから、にんにくはスタミナがついて元気になれる食べ物として古くから知られています。にんにくの醤油漬けを作れば気軽にこうした栄養が摂取できるので、健康的な毎日を送ることができます。また、にんにくの栄養で肌のターンオーバーを促進することもできるので、美容にも効果的です。個性の強いにんにくを毎日使うのは大変ですが、醤油漬けにすることで臭みが少なくなるので非常に食べやすくなります。

にんにくの醤油漬けを作るのに用意する物

にんにくは昔から病気の治療として使われるくらい体に良い成分が含まれるとして食べられてきました。抗菌作用や解毒作用が高いだけでなく、抗酸化物質として作用するため血圧を下げる効果や消化を助ける効果を持っています。にんにくに含まれているビタミンB1があることでエネルギー代謝が効率的に行うことができ、疲労回復や滋養強壮にも効果があります。栄養価が高く体に良い成分が入っているだけでなく、にんにくはそのもので食べると独特なにおいがありますが、調味料として使うことで料理がとてもおいしく出来上がります。においを抑えるためににんにくの醤油漬けにすれば、そのままおいしく食べることもできます。にんにくの醤油漬けは、自宅でも簡単に作ることができます。にんにくの醤油漬けを作る際に用意するものは、にんにくと醤油、米酢、みりん、酒、砂糖です。醤油は濃口醤油を選ぶといいでしょう。砂糖は上白糖や三温糖、黒砂糖どれでも構いません。黒砂糖は少し甘さは控えめになりますが、コクのあるおいしさになります。にんにくの醤油漬けを保存しておく、煮沸消毒のできるガラス瓶を用意しましょう。にんにくの醤油漬けは酢を醤油が入るので長期保存が可能になりますから、パッキンのついたガラス瓶を用意しておくと密封度が高くおすすめです。

にんにくの醤油漬けの作り方の手順

にんにくの醤油漬けの手作り方法は簡単です。ガラス瓶に入れて長期保存できるので、作るときはにんにく10個くらいを用意して大量に作ると、熟成されたおいしいにんにくの醤油漬けを食べることができます。にんにくは皮をむかずに、根っこの部分を包丁で切り落とします。沸騰した湯にさっとくぐらせるように茹でたら、流水にさらして手むきをします。熱が通ったことで皮は簡単に剥けるようになりますから、1個1個の薄皮まで剥いて綺麗にします。水で洗ってざるに上げ、水切りして乾燥させます。にんにくの醤油漬けはにんにくを細かく刻む方法もありますが、個体で残しておいたほうが使い勝手がいいのでおすすめです。次ににんにくを漬ける調味液を作ります。にんにく10個に対して、大体醤油は200cc、米酢は醤油の半分程度の100cc、砂糖とみりん、酒と米酢は大匙2杯ずつを鍋に入れて、軽く沸騰させます。砂糖と米酢はお好みで量を調節してください。調味液の粗熱が取れたら、にんにくを煮沸消毒したガラス瓶に入れ、そこに調味液を流し込みます。蓋を閉めたら冷暗所に置き、1週間くらいすれば全体的に馴染むので食べることができます。醤油と酢が入っていますので長期保存が可能です。熟成すればさらににんにくに調味液が染みておいしくなります。にんにくの醤油漬けをそのまま焼き肉と葉物野菜に包んで食べてもおいしいですし、醤油漬けにしたにんにくを砕いて料理の隠し味にするとおいしい料理を作ることができます。

にんにくの醤油漬けの作り方のまとめ

にんにくの醤油漬けに必要な材料は、にんにくと醤油のみです。他に必要な材料はありません。保存するための密閉できる瓶があれば、簡単に作ることが出来ます。にんにくは1片ずつに分けて、薄皮を剥き、洗っておきます。水気をしっかり拭き取り、底の硬い部分を取り除いておきます。 買ってから時間が経っており、芽になる部分が気になるのであれば、縦に切って取り除いておきましょう。 にんにくは丸ごと漬け込んでもかまいませんし、薄く切っておくと料理に使う際にそのまま使うことが出来ます。煮沸消毒をした瓶に、にんにくを詰めていきましょう。瓶に水気が残っていると早く傷んでしまう可能性もあるので、瓶はしっかり乾燥させておきましょう。にんにくを詰め終わったら、醤油をにんにくが浸かるまで注ぎます。ふたをしっかり閉め、時々ゆすりながら、直射日光が当たらない場所で保存しましょう。にんにくを切って入れた場合は、2週間ほどで召し上がることが出来ます。丸ごと入れた場合は、1ヶ月程経たないと生食には向きません。一度開封したら、その後は冷蔵庫で保存しましょう。冷蔵保存することで、1年程度もちます。漬け込む日数で、風味が変わるので、変化を楽しむことが出来ます。

y001-1323

きゅうりの漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お祭り気分で食べられるきゅうりの漬物は、簡単に作れて見た目も良いです。2時間~半日で漬けられるので、即席漬物としても使え...

y001-1439

エクセル方眼紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

エクセル方眼紙という言葉をご存知でしょうか。文字通り、エクセルを方眼紙のように使うことです。具体的にいうと、デフォルトで...

y001-0734

結婚式ガーランドの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

結婚式に欠かせないものと言えば装飾になります。花を沢山セットするのもいいのですがかなりお金がかかってしまいます。しかし装...

y001-0885

やまもも酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

やまももは、中国大陸や日本を原産としているヤマモモ目ヤマモモ科の常緑樹になる果実です。20種類ほどの品種があり、やや酸味...

旅のしおりの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

学校などで遠足に行く際、しおりをもらったことがあると思いますが、是非出掛ける際は旅のしおりを自分で作ってみましょう。旅の...

レジンピアスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

レジンピアスを作る理由、目的は人によって様々です。たとえば、市販されているピアスではいまいち自分の好みに合わないとか、も...

y001-0412

梅エキスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅に含まれる成分を凝縮したのが梅エキスです。梅エキスを積極的に取り入れることで得られる効果は意外にたくさんあります。その...

y001-0618

手作り小物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お金さえ出せば何でも手に入る時代ですが、密かに手作り小物がブームです。何でも手に入る時代だからこそ、自分のオリジナルなも...

y001-0238

丸太ほぞの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

DIYでの住宅を手作りで作る際に丸太ほぞを作り上げます。またその丸太の暖かさを感じる物を作り出すには、丸太ほぞを行います...

y001-0303

目隠し塀の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

一戸建て住宅などに居住されている方の場合では、道路と面している場所や、隣接している住宅との境界部分には何も設置を行ってい...

チェストストラップの...

幼稚園や保育所などの通園バッグや、小さいお子さんをお持ち...

y001-0554

水筒カバーの簡単な手...

外出先で何かをしたくなった時に備えて、自宅で用意したもの...

y001-0637

手作りの簡単な手作り...

念願の一戸建て住宅を購入したら、色々と手作りしたい物が出...

y001-0296

油淋鶏レシピの簡単な...

作る理由や目的は、人によってそれぞれですが、それでもおい...