にんにく酢の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

にんにく酢の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

にんにく酢はとても簡単に作れる上に、さまざまな料理との相性も良いので、家に置いておくととても便利です。普段の何気ない料理にこのにんにく酢をかけるだけで、味に劇的な変化が生まれます。にんにくとお酢はサプリメントにも利用されているほど、優れた効果を持っています。にんにくには、アリシンという成分が含まれていて、殺菌作用や抗酸化作用、解毒など優れた働きがあります。スタミナをつけるために、にんにく料理を食べることがありますが、これはアリシンとビタミンB1による共同作業によるもので、この2つの成分が結合するとアリチアミンという成分になり、エネルギー代謝を良くしたり、疲労を回復させたりします。また、アリチアミンには自律神経の働きを整えて心身をリラックスさせる作用もあると言われています。お酢も健康を維持するための大切な食品になり、お酢に含まれているアミノ酸やクエン酸などは疲労回復や血液の流れを良くする作用があります。にんにく酢はこうした健康維持に役立つ成分が手軽に摂取できる上にとてもおいしいので、レシピを覚えて家に常備しておくと、何にでも使える万能調味料になります。にんにく酢を手作りする場合、特別な材料などは必要なく簡単に手に入る物ばかりなので、必要な時にすぐに作れます。

にんにく酢を作ることの楽しさ

にんにく酢の作り方はそれほど大変ではないので、誰でも簡単に調味料が作れます。にんにくは強い臭いが発生するので、場合によっては避けることもありますが、お酢に漬けておくとにんにく特有の臭いが軽減されて食べやすくなります。 にんにく酢を作る際には、漬けこむ容器を準備する必要があります。調味料として食卓で頻繁に使用する場合には、おしゃれなガラス製のボトルなどを利用すると、ただのにんにく酢がとてもスタイリッシュな調味料になります。これならテーブルに置いていてもインテリアになじみ、キッチンの片隅に無造作に置いていてもオブジェのように見えて素敵です。 にんにく酢は万能調味料とも呼ばれていて、さまざま料理に利用できます。シンプルにドレッシングとしてサラダにかけて食べても良いですし、餃子のたれなどにも使えます。料理に直接かけて食べるのもピッタリで、ラーメンやカレー、パスタなどにかけて食べる方法もあります。煮込み料理やスープなどに入れて食べると味に深みが出てきます。他にも、にんにく酢とマヨネーズ、味噌などを混ぜ合わせてディップを作ったり、醤油とおろした玉ねぎを混ぜてステーキソースを作るといった方法もあります。

にんにく酢を作るのに用意する物

にんにく酢は、ドレッシングとして使ったり、炒め物にも使えるなど、さまざまな料理で使える万能調味料です。作り方も簡単なので、家庭で作って常備しておけば、いつもの料理がプロの味に変身します。漬けたにんにくをそのまま食べたり、酢を水を薄めて飲むのもおすすめです。 にんにく酢を作るために用意するのは、にんにく、酢、保存容器だけと、いたってシンプルです。酢は、米酢、りんご酢、黒酢など好みに応じて用意してください。 にんにく酢は、おいしいだけでなく、健康効果・美容効果があります。酢に含まれるクエン酸、アミノ酸は疲労の原因となる乳酸を分解し、にんにくに含まれるアリシン、スコルジンは糖質をエネルギーに変えるビタミンB1の吸収を助けます。このため、にんにく酢には大きな疲労回復効果があります。にんにくに含まれるビタミンB2には、中性脂肪や内臓脂肪を燃焼させる働きがあるのでダイエット効果が期待でき、ジアリルジスルフィドという成分が肝臓の解毒作用をサポートしたり活性酸素を除去し、免疫力アップやアンチエイジング効果があります。にんにくも酢も、昔から健康にいいといわれていた食品なので、組み合わせることで相乗効果が得られます。

にんにく酢の作り方の手順

にんにく酢の手作り方法は簡単で、分量にも決まりはありません。手順は次のようになります。 1.にんにくの皮をむきます。薄皮までむいて、水洗いします。 2.にんにくの水気をキッチンペーパーで拭き取り、保存容器に入れます。 3.にんにくがひたるくらいの酢を注ぎ入れます。 4.冷蔵庫で保存します。 2~3日すると、にんにくが水色になり、2週間程度すると水色が抜けて、酢も黄金色になります。水分が多いにんにくは水色になりにくく、水分がすくないと鮮やかな水色になります。どちらも問題ありませんので、そのまま保存し続けます。漬けて1ヶ月程度で出来上がりです。 サラダのドレッシング代わりに使ったり、カレーや焼きそば、餃子にかけてもおいしくなります。唐辛子や粒こしょうをプラスするなどアレンジも楽しめます。長く保存がきくのもメリットです。 にんにくはそのまま食べる他、焼きにんにくにしてもおいしく食べられます。酢に浸かったことで、気になる臭いもとれますが、これは臭いの元であるアリシンを作り出す酵素であるアリナーゼの働きを抑えるからです。ただし、体内に入ると他の食品の酵素によってアリシンは生成されますので、にんにくの効能は変わりません。

にんにく酢の作り方のまとめ

にんにく酢の手作り方法ですが、にんにく1個に対して200mlのお酢を準備します。この量はあくまでも目安になり、にんにくとお酢の量は特に決まりはないので、好みに応じて量の増減をしてください。そして、雑菌の繁殖を防ぐために、利用する容器はあらかじめ煮沸消毒をしておきます。 作り方は、にんにくを1片ずつバラした後、皮をむきます。全てむき終わったら、にんにくとお酢を容器の中に入れます。ピリ辛風味が好きな方は、唐辛子を2~3本程度加えます。唐辛子を入れると赤い色が映えて見た目にもきれいです。 始めはお酢が緑色に変化していき、その後1ヶ月程度で黄金色になります。使用するにんにくによっては作り始めが真っ青になってしまうこともありますが、特に問題はなくその後黄金色になります。にんにく酢は気温によって出来上がりの期間が変わり、夏は1~2ヶ月程度、冬は2~3ヶ月程度で完成します。 以上がベーシックなにんにく酢のレシピです。にんにく酢はアレンジ次第で味に変化が生まれます。例えば和風テイストのにんにく酢を食べたい時には、かつお節と黒コショウ、ローリエなどを加えてみると、また違った味わいが楽しめます。お酢の量が少なくなったら、継ぎ足して使えるのでとても便利です。

y001-1379

ガーリックソースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ガーリックソースは、スタミナ料理に仕上げたい目的で作ることもあります。にんにくの香りも豊かで、食欲をそそられるメニューに...

y001-0895

もてなし料理レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お客さんを招いた時に作る料理のことを、もてなし料理などと言いますが、もてなし料理は訪れたお客さんの口に合うものを選ぶ事が...

y001-1162

テーブルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

大昔の人は、床や地面に直接ものや食べ物を置いて、作業をしたり食事をするなどしていました。そのうちにテーブルという道具が生...

y001-1101

梅干しの簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅干し作りは1年に1回だけの楽しみであり、年中行事の一つとしても重要です。土用干しは夏の季語としても親しまれ、暑い時期の...

y001-0365

美味しい冷やし中華の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

美味しい冷やし中華は、体が火照って夏バテしやすい時期にも最適です。上にのせる具材を変えれば日替わりで食べられます。冷やし...

y001-1036

パペットの作り方!簡単に可愛い手作り人形が作れる

『パペット』は、人形劇などで使用される操り人形のことで、人形の操り方との組み合わせで使われることが多いです。同じ人形と呼...

y001-1449

うりの漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

うり科の野菜には色々ありますが、その中でも健康長寿野菜と言われているのが、にがうりです。沖縄ではゴーヤーと呼ばれており、...

カメラ 帽子

旅行しおりの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

何人かで旅行に行く前には、旅行しおりを作ると旅の楽しみが増えます。幹事になった人は日程や観光コースを決め、旅行の期間の行...

y001-1504

GMAILの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

GMAILアカウントは作っておくことで色々な機能をより便利に活用していくことが出来るようになります。というのも、このGM...

ガーデンテーブルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自宅の庭を自分好みにレイアウトしたり、好きな植物を植えたりしてそれぞれの季節を楽しむなど、ガーデニングを趣味にする人は非...

y001-0248

筍の茹で方の簡単な手...

筍は鮮度が大切です。近所のスーパーに行けば、筍の水煮が手...

y001-0851

レシピ麻婆豆腐の簡単...

中華料理が好きだという人は多く、特にピリッと辛い麻婆豆腐...

y001-0482

大根葉漬物の簡単な手...

大根は一年を通じてお店で購入することが出来る野菜ですが、...

ピクルスの簡単な手作...

ピクルスはきゅうりやにんじんなどの好みの野菜をお酢をベー...