プリン石鹸の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

プリン石鹸の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

衣類や布製品の汚れを綺麗にするには、洗濯機を使うことになります。当然ながら洗濯機だけでは汚れは落ちませんので、市販の洗濯用洗剤を用いて、綺麗に落としていきます。スーパーなどにはたくさんの洗濯用洗剤が並べられており、どの商品を見ても、驚くほど汚れが落ちるようなことが書かれています。確かに優れた洗濯用洗剤ばかりではあるものの、これらの商品の洗浄力だけでは、頑固なシミ汚れ、すす汚れ、皮脂汚れはなかなか落とすことができません。そんな洗濯の悩みにこたえてくれるのが、プリン石鹸と呼ばれるものです。プリン石鹸とはいえ、洋菓子のプリンとは全く異なるもので、感触がプリンのように軟らかいことから、この名がつけられています。市販品を手に入れるのではなく、プリン石鹸はとても少ない材料から手作りすることができる、簡単でお手軽な石鹸です。見た目の頼りなさの割には、アルカリ濃度が高く、汚れに吸着する力が強い石鹸ですので、衣類や布製品の頑固な汚れを、落とす力が優れています。常備しておけば、汚れ落としで大活躍してくれる存在であることから、この機会に手作り方法を覚えておくと、困った時に即プリン石鹸を作ることができ、助かることでしょう。

プリン石鹸を作ることの楽しさ

プリン石鹸を作るメリットとしては、コストが殆どかからない点が一番大きいでしょう。材料は粉石鹸とぬるま湯だけですし、粉石鹸自体も大した量を使いませんので、コストをかけずに洗浄力の強い、優秀な石鹸を手に入れることが可能です。 保存が割ときくという部分も、見逃せません。手作りするとあまり日持ちがしないのではと心配になるところですが、プリン石鹸の形状が変わってしまっても、電子レンジなどで温めると、すぐに元の状態に復活してくれます。これなら多く作っておいても、無駄なく使いこなすことができるでしょう。 プリン石鹸は、衣類や布製品の洗濯の時だけでなく、あらゆる使い方ができる楽しさがあります。キッチンの油汚れ、焦げ汚れに使えますし、ガスコンロ、IHのクッキングヒーターにも使えてしまいます。 食器洗いでも活躍してくれます。汚れの吸着力を利用して、ガラスの汚れもピカピカに洗い上げることが可能です。 網戸といった、複雑な形状のものも、自由自在に洗うことができます。気になるお風呂のしつこい汚れでさえも、アルカリの力によって、落とすことが可能です。 使う部分の材質によって注意する必要があるものの、基本的にどのような材質にも使えるメリットがあります。

プリン石鹸を作るのに用意する物

プリン石鹸とは、人気情報番組で紹介されたことで人話題を呼んでいる手作りタイプの石鹸です。材料はぬるま湯と粉石鹸だけというシンプルな内容で、油汚れだけではなく皮脂や手垢、血液などのたんぱく質による汚れに対しても対応することが出来ます。 ただし、用意するのは成分表示の部分に純石鹸分、アルカリ剤(炭酸塩)と記載されているものでなければならず、通常の合成石鹸ではありません。これは、粉石鹸の種類により洗浄力に差が出ることはありませんが、仕上がりの固さに差が出るケースがあるからです。プリン石鹸という名前が示している様に、フワフワした状態が特徴となっています。 ただし、プリン石鹸の作り方は難しい部分は特になく、簡単に出来ます。難しい専門知識や高度な加工技術などは一切不要であり、不器用なタイプの人でも不安を感じる必要はありません。プリン石鹸を作ることにより、汚れている部分に塗って放置するだけで、驚くほど綺麗な状態に変えることができます。しかも、水で流したりふき取ったりするだけという簡単な方法であり、網戸の掃除などには特に有効です。この様に、作り方も使い方もシンプルということがプリン石鹸を作る上でのメリットと言えます。

プリン石鹸の作り方の手順

プリン石鹸の手作り方法は、30度から50度のぬるま湯500ミリリットルに、粉石鹸50グラムの割合で溶かして3時間以上放置するだけという内容で、冷えれば出来上がりという簡単な内容です。仮に固まらなかったとしても洗浄力には違いはありませんが、どうしてもプリン状のフワフワした感触を楽しみたいという場合は、ぬるま湯の温度を50度から60度に上げることにより成功する確率は高くなります。粉石鹸の割合は水の10分の1程度であり、手早く混ぜてしっかりと溶かすのがポイントです。完成するとすくった時はゼリーのような弾力がありますが、しばらく待っているととろとろになります。 なお、プリン石鹸を使用する上での注意点はというと、洗浄能力が優秀ということからくる肌へのダメージに対しての準備です。このために、肌が弱いタイプの人は使用する場合は手袋をつけるのが適当となります。また、アルミ製品に使ってしまうと、アルカリの力で黒ずんでしまうケースもあります。 プリン石鹸は腐る様な原料から製造されてはいませんが、一度にたくさん作ってしまうよりもその都度準備する方が適当です。保存の方法としては、100円ショップで販売されているポンプなどに入れるのが最適です。

プリン石鹸の作り方のまとめ

プリン石鹸の具体的な手作り方法です。材料として用意するのは、20度から50度くらいに温めたぬるま湯500mlに対し、市販の粉石鹸を50g、550mlのペットボトルです。 粉石鹸は合成石鹸ではなく、脂肪酸ナトリウムという純石鹸の成分と、アルカリ剤という炭酸塩が含まれているものを購入します。洗濯用の粉石鹸ではなく、ふきん用の石鹸売り場に置かれているような粉石鹸です。 内部を綺麗にしたペットボトルに、ぬるま湯を注ぎます。その中へ粉石鹸を投入して、ペットボトルの蓋をきつく閉めます。ペットボトルをよく振って中の材料がよく混ざったら、そのまま3時間程度放置すれば出来上がりです。 ぬるま湯の温度は高めの方が、固まりやすくなりますが、固まらなくても石鹸としての機能が劣るということはないため、気にする必要はありません。 使い方は汚れを落としたい部分に塗りつけ、数時間放置した後に水で流したり、拭き取るようにします。洗濯で使う場合には、洗濯機に入れる前に、汚れの部分にプリン石鹸を擦りつけておきます。 洗浄力が強いですが、アルカリ濃度が高いため、素手で長時間作業すると手あれを起こす心配があることから、できるだけゴム手袋などを着用して作業しましょう。

アームカバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アームカバーは日焼け止めや掃除の時に長袖が汚れないようにするために使うものですが、手作りすることもできます。手作りしてア...

y001-0641

手芸の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

一言で「手芸」と言っても、様々なものが思い浮かびます。今回は、編み物全般について書かせていただきたいと思います。編み物と...

y001-0888

もんぺの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もんぺというと、作業をするときに動きやすく、汚れてもいいような作業着のズボンのことですが、それぞれの人で使いやすく工夫を...

y001-0807

可愛いアルバムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日々成長していくこどもの記録、家族や恋人とどこかへ出かけた記録。せっかく写真を撮ってもそのまま携帯電話の中にデータとして...

y001-1062

ハイビスカスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ハイビスカスは熱帯や亜熱帯地方を中心に250種類もある南国情緒溢れる花です。とても大きく綺麗な花を咲かせることが特徴的で...

y001-0151

連絡網の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

連絡網を作るいちばんの理由は、いつでも連絡を取りたい人が複数おり、その人たちと常に連絡を絶やさずにいたいという場合と、必...

y001-1214

そうめん流し竹の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代の日本はなかなかデフレ経済から脱却できずにいます。様々な政策が打ち立てられるものの、消費の回復の兆しはなかなか見えま...

y001-1026

ハンギングバスケットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

ハンギングバスケットとは、バスケットに花を寄せ植えして、壁やベランダなどに吊るしたり引っかけたりして、楽しむものです。イ...

y001-0544

生クリームの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

生クリームはケーキやお菓子などを作る時には欠かせないものとしてよく知られていますが、実は生クリームではなく、ただのクリー...

y001-0017

昆布巻きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本料理の1つでもある昆布巻きを手作りする家庭は増えており、作る理由として挙げられることの1つが伝統また伝承にあります。...

卵サンドの簡単な手作...

卵サンドは持ち運びにも便利で、ピクニックや運動会にも大活...

y001-0443

当番表の簡単な手作り...

学校生活や社会生活であっても担当することを必要としている...

y001-0641

手芸の簡単な手作り方...

一言で「手芸」と言っても、様々なものが思い浮かびます。今...

ふきの煮物の簡単な手...

ふきは春の訪れとともにスーパーや八百屋さんの店頭に登場す...