フレンチトーストの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

フレンチトーストの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

フレンチトーストは、朝食に作ることもできますし、おやつを目的として作ることもあります。外はカリカリ、中はしっとりのフレンチトーストは、海外でも日本でも、愛されるトーストのレシピです。本格的なスイーツのようにも見えますが、簡単な手作り方法で仕上げて、熱々を食べることができます。朝食メニューといえば、フレンチトーストというほど、フレンチトーストは朝にもよく作られるメニューです。忙しい朝に作ることができるくらいですから、簡単に作れるということでもあります。フレンチトーストには、牛乳やタマゴ、バターなども使われています。卵は完全栄養食と言われるほど、栄養価の高い食材です。アミノ酸を含む卵を摂取することで、体内の免疫力を高める効果があります。体内の免疫が低下すると、体調も崩しがちになります。人間の体に必要と言われている、8つの種類の必須アミノ酸を含んでいます。この成分が、免疫アップにもつながります。牛乳は良質のタンパク質や、カルシウムにミネラル、ビタミンAやB2も含みます。カルシウムも豊富で、イライラ解消にもなります。バターはビタミンAも含みますから、美肌のためにも役立ちます。メインのパンは糖質も多いですが、タンパク質や鉄、カルシウムも含んでいます。

フレンチトーストを作ることの楽しさ

フレンチトーストを作ることで、食べる人を笑顔にすることができるのもメリットです。少し硬くなった食パンやフランスパンも、フレンチトーストにすることで、美味しく変身するのもメリットと言えるでしょう。簡単な手作り方法として、基本のフレンチトーストのレシピを知っておくと良いです。食パンを使ったレシピでは、耳までふわふわで、口にするととろけて、プリンみたいな味わいです。厚めの食パンを4等分にカットしておくことで、フライパンで焼くときに、焼きやすくなります。器に卵と佐藤、牛乳を入れて混ぜます。そこに食パンを入れて、染み込ませます。フライパンを熱して、バターを溶かしてから、食パンを並べていきます。片面が焼けたら、裏返して両面をこんがりと焼きます。両面がキツネ色になったら完成です。固くなった食パンやフランスパンも、こうなれば柔らかいフレンチトーストになります。液体にパンをしたす時には、深めの器に入れて、パンは軽く押さえて、両面に液体が染み込むようにします。焦げやすいですから、強火ではなく弱火で焼いて、焼き色の確認もすると良いです。香ばしい香りがしてきて、出来上がりが楽しみですし、焼き上がりをすぐに食べるのはワクワクします。

フレンチトーストを作るのに用意する物

フレンチトーストを作るために必要なのはベースになるパン、卵液を作るための卵と牛乳と砂糖、こんがり焼くためのバターです。フライパンで焼くのが基本ですがオーブンやオーブントースター、電子レンジを使って作ることもできます。ベースになるパンは厚めの食パンやフランスパンが基本で、買ってから少し日数が経って乾燥しているもののほうが卵液をよく吸収するのでよりふんわりした食感のフレンチトーストができます。リッチタイプやデニッシュタイプの食パン、マーブル食パン、レーズンパン、ナッツの入ったフランスパン、全粒粉のパンや雑穀パンなどを使うと一味違った魅力的なフレンチトーストができます。卵液は6枚切りの食パン1枚に対して牛乳200cc、卵1個、砂糖大さじ1程度の割合で作ります。甘さは好みで砂糖の量を調節します。牛乳をココアにしたり、抹茶を混ぜたり、生クリームを少々加えたりすると色がきれいなアレンジフレンチトーストになります。簡単に豪華な盛り付けができるので、完成したトーストに添えるためのはちみつやメープルシロップ、ホイップクリーム、ジャム、チョコレートシロップ、フレッシュフルーツ、アイスクリームなども好みで用意しておきましょう。

フレンチトーストの作り方の手順

フレンチトーストの手作り方法はとても簡単です。まずはベースになるパンを浸すための卵液の材料を全て混ぜ合わせて深めのお皿やバットに流します。そこにパンを並べて両面に卵液が浸みこむようにして、冷蔵庫で最低15分程度馴染ませます。朝ごはんに食べたいときは前日の夜に仕込んで寝かせておいても大丈夫です。フライパンにバターを熱してパンを入れて、中火から弱火で型面ずつ5~6分程度焼き、キツネ色になってこんがり焦げ目がついたら出来上がりです。オーブンの場合は耐熱皿に入れて180度で20分程度焼きます。焦げ目がつかなくてもいいからとにかく素早く作りたいという人は、卵液に浸したパンを600wの電子レンジで3分ほど温めればフワフワのパングラタンのようなフレンチトーストができます。焼きあがったら好みでシロップや粉砂糖をかけたり、果物、ミントの葉、アイスクリームなどを添えると見栄えがよくなります。焼き立ての熱いうちに食べるのが最高ですが、冷めてもおいしくいただけます。焼いたものを冷凍保存することも可能で、レンジで解凍するだけですぐに食べられます。手作り方法の基本レシピを覚えて素敵なティータイムや休日のブランチを楽しみましょう。

フレンチトーストの作り方のまとめ

フレンチトーストは、簡単に作ることのできる美味しいメニューです。黄金比で作ると、味わいはより深くなるので、コツとして知って起きても良いです。2人分を作る材料は、8枚切りの食パン2枚と、卵1個にバター大さじ2、砂糖が大さじ2に、牛乳は100ccです。黄金比率のフレンチトースト液は、パンに浸す時間は、たったの3分です。そのパンを焼き上げる時間も3分間という、時短で出来上がるフレンチトーストです。砂糖と牛乳をバットに入れたら、全体的によく混ぜて、半分にカットした食パンを浸けます。パンの片面は1分30秒で、両面で3分間浸して準備完了です。フライパンを温めたら、バターを入れてパンを焼きます。この時も片面を1分30秒、裏返して1分30秒です。お皿にのせたら、好みでシュガーパウダーをふりかけます。黄金比率の分量は、試してみる価値は大いにあります。大人の味にしたいときには、仕上げにトッピングする内容をチェンジしてみても楽しいです。粉チーズや粒マスタード、黒胡椒やカットしたトマト類を添えても良いです。パンは食パンだけではなく、バケットで作っても良いです。甘さを調整するのに、はちみつを加えて作ることもできます。

y001-0951

ペットボトル風車の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ペットボトル風車は、手作り方法で誰でも簡単に作れるものです。作り方も簡単で、身近に手に入る材料と道具とで作る事ができます...

y001-1085

にんにく料理の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

にんにくは、紀元前3000年前のエジプトでは既に栽培されていたと考えられており、食用や薬用として利用され続けてきた長い歴...

y001-1082

足が速くなる方法の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

社会人になると運動会や体育祭という行事がなくなるので足が速くなくても特に問題ありませんが、学生、特に小学校や中学校では徒...

y001-1414

おいしい梅干しの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ちょっと料理に梅干しを使おう、と思っても市販のものを購入しようとすると、意外と高価で気軽に使えないということもあります。...

y001-0941

ポストカードの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

市販されているポストカードがあるにも関わらず敢えてポストカードを作るのには理由があります。まず市販されているポストカード...

y001-0346

腹式呼吸の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

腹式呼吸を正しく練習するには、練習メニューを作るのが良いものです。手作り方法は簡単ですし、練習メニューを整理すれば練習が...

y001-1167

つばめ巣の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ツバメという鳥は、日本では古来より決まった季節になると家屋などの建物にやってきて、巣作りをして卵から孵った幼鳥を育ててき...

y001-0101

ショルダーバッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

出かけるときには、できるだけ両手をあけておくのが望ましいとされています。もしかしたら転ぶかもしれませんし、そんな時に手が...

y001-0047

使い捨てマスクポーチの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

昔はマスクと言えば、風邪の人だったり、病気の人が周りに移さないようにするもののイメージがありましたが、現在では、他の病気...

y001-0296

油淋鶏レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

作る理由や目的は、人によってそれぞれですが、それでもおいしいものを自分で作って、食卓に出したい、という思いから作っている...

y001-1236

すし酢の簡単な手作り...

お寿司を作ろうと思った時に、必ず必要な物はすし酢になりま...

y001-0991

フェルト王冠の簡単な...

フェルト王冠は赤ちゃんのかわいい写真を撮りたいときや子供...

y001-1160

おいしいレシピの簡単...

料理を作る限りは人に喜んでもらえるようなものを作りたいも...

シフト表エクセルの簡...

店舗などを運営する場合どうしても開店から閉店までの時間す...