マンゴー切り方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

マンゴー切り方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

南国の果物の中でも特に人気のある果物であるマンゴーは、ねっとりした濃厚な甘みとコクのある香りで果物の女王と呼ばれています。完熟した果実をそのまま食べるのが一番贅沢でおいしい食べ方なので、食べやすいような切り方をして食卓に出さなければ上手に食べられません。マンゴーは真ん中に大きくて細長い種があり、完熟の果実はとても柔らかくて皮を剥きにくいので桃やりんごなど普通の果物のように切ることが難しく、種の周りにたくさん果肉が残ってしまったり、皮に実が付いてはがれてしまったり無駄が出ます。マンゴーの正しい切り方の手作り方法をマスターすることで、果実を無駄なく上品に食べることができます。基本の切り方で処理したマンゴーは食べやすいだけでなく見た目が美しいので食卓が華やかになり、おもてなしのデザートやパーティーの飾りなどにもぴったりです。レストランやリゾートホテルなどでも使われている作り方なので、一度覚えてしまえばいつでも自分でプロのように果実を切り分けることができます。切った果実はサイコロ状にして保存するのも簡単で、他の南国果物と合わせてフルーツカクテルやフルーツポンチ、シャーベットなどにするにも適しています。

マンゴー切り方を作ることの楽しさ

マンゴーはビタミンA、ベータカロテン、ビタミンC、葉酸などを豊富に含む栄養のあるフルーツです。カリウムも含まれていて体内の水分調整や疲労回復にも役立つので、特に夏場の暑い時期などに積極的に食べたい果物です。食べ応えがあるのでおやつ代わりや軽いランチにもなり、切り方を知っていれば即座に食卓に出すことができます。ちょっとしたコツでお花のように果実を盛り付けられるので作業をするのが楽しく、子供も喜びます。そのまま食べるときだけでなく、プリンやジュースに加工したいときでも基本の切り方で処理してからスプーンで果肉を取り出せば無駄なく簡単に下準備ができます。マンゴーはそのままでじゅうぶん甘みがあり、独特のねっとりした舌触りも魅力的で手を加えなくてもお菓子のようなフルーツなので、切り方を工夫するだけで立派なデザートとして活躍してくれます。マンゴーの正しい切り方は果肉の美しい黄色を目立たせるのに最適で、様々な角度から華やかに見えます。単品でも、イチゴやキウイ、パイナップル、メロン、オレンジなど他の果物を一緒に盛り付けても美しく、色とりどりの葉っぱを使ったサラダの中心に置いても主役になってくれる便利なレシピです。

マンゴー切り方を作るのに用意する物

マンゴーの切り方に必要なのは使いたいだけのマンゴーとよく切れる包丁、まな板の3つです。果実は完熟のものを選ぶようにします。表面を指で軽く押してみて、果肉が柔らかければ熟しています。未熟な場合は常温で放置しておくと熟してくるので、しっかり熟すまで待ちましょう。未熟な果実を使うと果肉が種から離れなかったり皮を剥くのが大変で切り方を失敗する原因になってしまいます。切ったものはそのまま食べるのが一番ですが、好みでレモン汁をかけたり砂糖や洋酒などを加えたりもできるので、必要なら用意しておきます。ピューレ状にしたりプリンなどに加工したい場合は入れ物やゼラチンなどその他の材料も揃えておきましょう。食べるときは完熟の果肉はスプーンですくったりフォークで簡単に皮から外すことができますが、お皿に盛りつけてエレガントに食べたいときはナイフとフォークを用意します。マンゴーの黄色を活かすために赤や緑など色がきれいな他のフルーツを一緒に盛り付けたり、サラダなどと同じ皿にのせるのもおしゃれです。素材そのものを味わうレシピなので盛り付け方や配色を工夫して見栄えがよくなるように、マンゴー以外の食材も揃えてアレンジしてみましょう。



マンゴー切り方の作り方の手順

マンゴーの切り方は難しそうに見えますが、手順を覚えてしまうと手作り方法はとても簡単です。まずは果実の中にある種の方向を確認します。果実のヘタ部分を上にしてまな板にのせて、果実の細い部分を立ててほぼ中心あたりに親指がくるように押さえます。ここに大きな細長い種子が入っているので、親指の内側あたりに包丁を当てて種に軽く当たる程度まで切りこみを入れて種の位置を確認し、なるべく果肉を大きく切り取れるように上手に動かして実の半分を切り取ります。反対側も同様に切り取って、3枚おろしのような状態にします。切った実にさいの目状に軽く切り込みを入れます。包丁が皮まで到達するときれいに仕上がらないので、深さは1センチから1センチ半程度にしておきます。果肉の切り口と皮の間部分にも1センチ程度の切り込みを入れます。果実を手に持って裏返すような感じで皮を押して反り返らせると花が咲いたようなマンゴーの切り方が完成します。このままお皿に盛って完成です。種についた果実はサイコロ状に切って一緒に盛りつけたり、他の料理に加工するなどして無駄なく使いましょう。マンゴーの切り方をマスターすれば簡単なのに豪華に見えるのでいろいろな場面で重宝します。

マンゴー切り方の作り方のまとめ

マンゴーの切り方で注意することは、種子の入っている場所と方向を間違えないようにすることです。細い部分をまな板と垂直にするように立てて切れば細長い種を上手によけることができますが、間違えて平べったい部分から切ってしまうと果肉が種に付いたままで、ほとんど取れなくなってしまいます。果実は完熟したものを使わないと果肉が硬くて上手にひっくり返すことができず、果肉を皮から剥がすのも大変です。作り始める前に必ず果実を指で押してみて、果肉がじゅうぶん柔らかくなっているか確認しましょう。果肉を種から切り離してさいの目状の切り込みを入れるときは、包丁を深く入れすぎると皮を傷つけて上手に裏返すことができなくなります。完熟の果肉は柔らかいのでわずかな力でも包丁が深く入ってしまうので気を付けましょう。マンゴーの果肉はねっとりしていて滑りやすいので、手から滑り落ちたり包丁がずれたりします。作業中はゆっくりと手を動かして、間違えて指を切ったり果実を落としたりしないように注意してください。切ったマンゴーは少し冷蔵庫で冷やしたほうがおいしくなるので、食卓に出すまでしっかり冷やしておきましょう。表面にレモン汁を少しかけると爽やかな風味で素材の味が引き立ちます。



y001-1487

あさりの味噌汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

あさりの味噌汁の具材は潮干狩りでも獲ることが出来るあさりですが、あさりと言うのはカルシウム、カリウム、亜鉛と言ったミネラ...

y001-0641

手芸の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

一言で「手芸」と言っても、様々なものが思い浮かびます。今回は、編み物全般について書かせていただきたいと思います。編み物と...

y001-0805

夏の折り紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

折り紙は様々な題材を形にできる遊びですから、夏には夏の折り紙を作って飾れば、季節感のある手作りインテリアにできます。作り...

y001-1055

バザー手作りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

バザーには色々なアイテムが出品されるもので、販売で得た利益が寄付されることを考えると、思い切って高価な物を出してみようと...

カーテンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

カーテンというのは室内の印象を大きく変えるアイテムで、インテリアコーディネートにこだわっている人にとっては重要で、そうで...

ピタゴラ装置の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ピタゴラ装置というと何か難しいもののようにも感じますが、特に難しく考える必要はなく、ボールが動いていくことによって、いろ...

y001-1423

おいしいそばつゆの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

正月などに年越しそばを食べて、オリジナルのおいしいそばつゆを作りたいと思う方や、なにか自分の一つのスキルとして身につけた...

y001-1143

トマトソース生トマトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

近年、家庭料理が西洋化してきて、中でもトマトソースが頻繁に使われるようになってきています。その理由として、西洋料理の中で...

フローチャートの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自分以外の人に手順や作業を教えるときに一番簡単な方法は手取り足取り教えることです。でもそれでは100人いたら100回教え...

y001-0417

納豆の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

納豆というのは、大豆を納豆菌によって発酵させた日本の伝統的な食品です。高栄養な発酵食品であり、たんぱく質や繊維、ミネラル...

y001-0287

浴衣子供の簡単な手作...

浴衣子供を手作りする理由は、やはり自分の子供の思い出を作...

ミニトマト

ミニトマト育て方の簡...

ミニトマトを作る目的を考えてみましょう。ミニトマトを作る...

y001-0974

フリーエネルギーの簡...

フリーエネルギーを作る理由は、研究や開発をする方によって...

y001-0406

梅ワインの簡単な手作...

梅ワインを手作りすれば、大量におもてなしのお酒が作れます...