もやし育て方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もやし育て方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もやしはどこのスーパーでも安く売っているところをよく見かけますし、安く手に入るのにとても料理に使いやすくどんな料理にも使うことができます。もやしは育て方で細胞の大きさが変化するので、自分で育ててみて味に変化はあるのか、触感に変化はあるのかなど興味本位で育てるのもありです。そして食品でもあるので自分できちんと管理して育てられたら衛生問題の心配もなく、自分も家族の人も食べることができます。もやしは肥料などを使わずに家にあるもので育てることのできる、非常に簡単に育てることのできる野菜としても有名なので、自分で野菜を栽培してみたいが、難しそうで挑戦することができないという人にはもやしの栽培から始めてみることをおすすめします。何かを育てたり成長していくのを観察するのが好きな人も、成長観察目的で育ててみるのも成長が早いので、成長していくにつれて変化が多きく観察の見応えもあります。それに、一般的に売られてるもやしの種類はみんながよくスーパーなどで見かけるもやしですが、自分で育てるなら売っていないもやしを育てる目的で栽培してみるのもいいです。もやしの育ち方やでき方を知らない人が多いと思うのでこの機会に自分が育てて知識を増やすことができます。

もやし育て方を作ることの楽しさ

どんなにすぐに手に入るものも、自分の手によって育てることによりDIY精神も多少は学べるのではないかと思っています。 食べ物を自分で栽培することによって、自分がいつも食べている食べ物がどんなふうに育てられているのかなどを知ることができます。 もやしは明るさなどで育ち方が変わってくる野菜なので、自分で育てることによってどのように成長するかなどの一日一日の楽しみができることも、いいメリットになります。 今回育てることによって上手に育てることができた面や上手くいかなかった面も出てくると思いますが、その経験を生かして次に栽培したいなと思っている野菜や、植物にも生かせることがみについていきます。 そしてほかの野菜と違い最初の豆の状態から成長しているのを観察すると、すごい量に成長していくのでとても楽しく栽培することができます。 自分で育てるもやしは今まで買ってたべていたときより時間をかけて育てた分だけとてもおいしく感じますし、とても新鮮です。 そしてもやしはほかの野菜に比べてタンパク質が多く、アミノ酸や炭水化物やカルシウムやカリウムも豊富に含まれていて、栽培することの他に食べることのメリットもとても多くあるので育てる価値はあります。

もやし育て方を作るのに用意する物

もやしというのは、数あるお野菜の中でも安く手に入るものとして、お給料日前には何かと活躍してくれる、家計の救世主というような存在なのではないでしょうか。スーパーなどで特売をしていると、ついつい沢山つかんで帰ってきてしまうという人も多いでしょうが、難点として日持ちがあまりしないというものがあります。そのような方におすすめなのが、もやしを家庭で育てるというものです。といっても、もやしの育て方など分からないので、面倒臭いのではないかと心配になる方もいらっしゃるでしょう。しかしその育て方はいたって簡単です。作る際に用意するものとしては、まずもやしを育てるための容器が必要になります。この時に、透明のものであれば根が伸びていく様子を観察することも出来るので、小さなお子さんのいる方などは、観察日記などを書かせて夏休みの自由研究をするというのも良いでしょう。いちごやミニトマトなどを買った時に、それが入っている透明のパックをとっておけば良いので、わざわざプランターなどを買わなくても良いのです。そして、もやしの種、スポンジを薄く切ったもの、受け皿と穴を開けるためのキリ、以上でもやしを栽培することが出来ます。



もやし育て方の作り方の手順

栽培をするための容器の手作り方法にうつりますが、それはこのような作り方の手順になっています。まず透明の容器の底の部分に、キリなどを使って穴を開けていきます。キリがご家庭に無いというような方は、ボールペンやつまようじなどを使ってみても良いかもしれません。スポンジを薄く切り、残りのスポンジは容器の中に敷き詰める形にします。そして、上の薄いスポンジ部分に脱脂綿を敷き詰めて、その上にもやしのたねを蒔きましょう。そして、最初のうちはしっかりと水で湿っている状態になっているようにこまめに確認をしてあげることが育て方のポイントです。水分が十分にあることが、発芽をきちんとしてくれるか否かにつながる訳ですから、最初が肝心なのです。そして、大事なもやしをどこに置くかということが最大の重要事項です。もやしというのは、光の当たらないところで育てるために、光合成が起こらないことにより白いままヒョロヒョロと細長く伸びていくものなのです。そのために、薄暗く少し湿度のあるような環境に置いてあげると、理想的なもやしとなってくれるはずです。ただし日光が当たらないために、水を過剰にやり過ぎてしまうとカビてしまったりするので注意が必要です。

もやし育て方の作り方のまとめ

もやしの簡単な手作り方法について説明します。 まず、大豆とタッパーと水切りができるタッパーを用意して、タッパーに水を張りその中に大豆をいれ一晩しっかりと水分を吸収させてあげます。 この時に、大きめの大豆でしっかりと水分を吸収できていない状態だと成長不良や、しっかり育たなかったり芽が出ないことにつながるのでしっかりと水分を吸収させます。 十分に水分を吸収して大豆がふっくらしているのが確認できたら、水を切って水切りタッパーに移します。 この時にタッパーのふたは少しずらしておくことが大事で、それは空気と乾燥から守るためです。 ここまでの手順が済みましたら、あとは毎日一回全体的に洗うだけですくすく育っていきますが、その育てる環境や季節によって成長のスピードが異なり、冬は成長が遅いです。 ここまでの流れが育て方になるのですが、もやしは大豆だけと思っている人も多いのですがトウモロコシやほかの豆の種類でもできますし、その種類によって味も甘さなども変わるので、楽しみ方もたくさんあります。 もやしをおいしく育てる良い育て方は、いい空気と水が大事なのでいい空気が保てるところにおいて置くと衛生面的にも、もやしの質も高く育ちます。



y001-0347

服の型紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

洋服を買いに色々なお店を探してみたけれども、ここのポケットがいらないのにと思ったり、長袖だったらよかったのに、など気に入...

y001-0662

紙飛行機折り方長方形の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

たった一枚の紙で作り上げる紙飛行機は誰もが気軽に楽しめます。子供の頃は一度は作ったことがあるでしょう。飛ばしている時、年...

y001-0886

ヤマモモジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もともとは野生の植物として知られているヤマモモは、街路樹として植えられている地域や庭木として栽培する家庭も増えて、都市部...

水まんじゅうレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏の和菓子と言えば、水まんじゅうを思い浮かべる人が多いでしょう。和菓子屋さんだけでなく、スーパーやコンビニのデザート売り...

y001-0388

半襟つけ方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

半襟は着物を着る時に長じゅばんの衿につけて使います。半襟は汚れ防止の役割の他におしゃれとして楽しむ事もできます。着物の種...

y001-0781

革ブレスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

なにかおしゃれをしたいと感じたら、アクセサリーショップで色んなファッションアイテムを眺めて回ると、好みのアイテムを見つけ...

y001-0673

紙トンボの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

"から子供の遊びとして伝えられてきた竹とんぼですが、身近に竹が少なくなったことや、刃物を使う危険があるため、近頃ではめっ...

y001-0451

天丼のタレの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

超・簡単手作り方法の天丼のタレ!決め手はごま油を1滴たらすだけ。せっかくカラリと揚がった天ぷらを贅沢に天丼にしたとき、何...

y001-0679

子供キュロットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供キュロットというのは、一見スカートのように広く生地をとってあるように見えるボトムでありながら、実はショートパンツなど...

y001-0292

洋服ワンピースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代の日本はデフレ経済からなかなか脱却できずにいます。国の政策も焼け石に水であり、サラリーマン世帯などは非常に厳しい生活...

y001-0503

洗濯バサミ猫型紙の簡...

雑貨品に分類されているアイテムの中には洗濯バサミ猫と呼ば...

Gパンでリメイクバッ...

長年履いたGパン。愛着があり捨てるのはもったいなく何か利...

y001-1416

おいしい肉団子の簡単...

おいしい肉団子は、日常的な食事のおかずにも作られますし、...

y001-1002

ビビンバの簡単な手作...

焼肉店に行ってしめで頼む料理といえばビビンバで、お好きな...