ラッキョウ酢の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ラッキョウ酢の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ラッキョウ酢を作っておけば、ラッキョウ漬けだけでなくいつでも簡単に時短レシピを作ることができます。作り方もとても簡単ですし、一度にたくさん作っておいても困ることはありません。また、酢は体にとてもよいものですが、なかなか日々の生活で摂り続けることが難しい食材といわれています。大人から子供まで、季節を問わず毎日少しずつ摂取することが望ましいこととはいえ、特に男性は酢の物が嫌いということが多いので、摂取しづらいのです。さらに、酢を使ったメニューは限られてしまい、レパートリーがないことも挙げられます。酢の独特の、ツンとした香りや舌の感じ方が嫌われる理由ですが、これらをクリアすれば美味しく食べられるものなのです。日本はお米の国であり、酢との付き合いは非常に長いのですが、年々酢を使うことが少なくなっているといわれています。積極的に摂取することで体に良いものとは長く付き合っていきたいものですし、食事は薬ではありませんから体を作り上げていくのはこの先のことです。明日の体作りだけでなく、10年、20年後のことを考えながら酢を効率よく摂取したいものです。酢の特徴をとらえ、良い部分を引き出しながらラッキョウ酢を使っていきましょう。

ラッキョウ酢を作ることの楽しさ

ラッキョウ酢は、特別な材料を必要としません。基本的には酢と砂糖で作るものですから、手作り方法といっても難しいことはありません。市販でも手軽に購入できます。市販のラッキョウ酢が安く販売されている時に購入しておくのもよいでしょうし、作りたいと思った時に手作りをするのもよいでしょう。また、ラッキョウ酢という言い方をしていますが、ラッキョウだけでなく他の食材にも使えます。季節の食材や、旬で安く売られている材料を使ってラッキョウ酢に漬けておけば、いつもで美味しい一品ができあがります。食事の箸付や、お酒のおつまみ、サラダや漬物代わりにもなりますので、大変便利です。旬の材料も、野菜だけでなく果物でもできますからチャレンジしてみるのもよいでしょう。さらに、酢には食材を柔らかくする効果があります。肉や魚に使うと、短時間で柔らかく調理できますから、圧力鍋がなければ難しいと思っていたレシピにも向いています。酢の効果で臭みもとれますから、ニオイが気になる青魚などにも使ってみると美味しく食べられます。魚嫌いの子供にも骨まで美味しく食べられる料理を出すことができます。ラッキョウ酢はドレッシングにも向いていますから、漬け汁は捨てずに最後まで使えます。

ラッキョウ酢を作るのに用意する物

ラッキョウ酢とは、ラッキョウを甘酸っぱく漬けるためにちょうど良い漬け汁のことです。 ラッキョウ酢を家庭で作るのに必要となる基本的な材料は食酢、砂糖、水のです。レシピによっては砂糖の代わりに蜂蜜を使う場合があります。 酢は純米酢を用意します。また、砂糖は氷砂糖やグラニュー糖といった純度の高いものを使うと、綺麗な色に仕上がります。また、好みにより黒糖など砂糖の種類を工夫しても、おいしいラッキョウ酢ができます。 漬け汁に漬けるためのラッキョウも準備します。このラッキョウには、下ごしらえが必要です。 まずはらっきょうの根と茎を切り落とします。この時に、深く切りすぎてしまうと水分が入ってしまうので、歯ごたえがなくなります。 切り落としたら流水で優しく揉みこむようにして洗います。洗っている途中に薄皮がはがれます。この時、ラッキョウが水分を吸わないように手早く洗う必要があります。最後にざるにあげて軽く水を切ったら下準備は終わりです。 使う容器は熱湯消毒か消毒用アルコールで、ていねいに拭きます。乾かす際にはほこりが入らないように、裏返して乾かします。調理前には手をきれいに洗って、アルコールで消毒しておくことが必要です。

ラッキョウ酢の作り方の手順

ラッキョウ酢のの漬け方はレシピによって本格的なものと簡単なものに分けることができます。本格的なものは乳酸菌発酵させるために塩水に漬けます。また、ラッキョウ酢に漬けてから食べられるようになるまでには1か月ほど必要です。 簡単な手作り方法はまず、水に用意した甘味料を入れます。そしてこれを沸騰させ、冷ましてから酢を加えます。この時に好みによって唐辛子を加えても、おいしいラッキョウ酢ができます。これでラッキョウ酢は完成です。 ラッキョウを漬ける手順はまず、下準備が終わったラッキョウに塩をまぶします。ラッキョウ1キログラムに対して、20グラムの塩を加えます。次に軽く水洗いをして塩を流したら、ざるにあげてよく水を切ります。 そして、鍋に水を多めに沸かします。これが沸騰したらラッキョウをざるごと入れて、10秒間浸します。熱湯に入れると殺菌できるのと同時に、歯ごたえの良いものができあがります。 これをざるにあげて一気に湯切りをして、清潔にした容器に入れたラッキョウ酢に、ラッキョウの全体がよく漬かるようにつけます。 漬けたラッキョウは10日後から食べることができますが、1か月ほど待ったほうがおいしく食べられます。また保管する際には、冷暗所か冷蔵庫に保管します。

ラッキョウ酢の作り方のまとめ

ラッキョウ酢は、酢と砂糖で作れます。小鍋に水を150gを入れ、砂糖250gを煮溶かします。冷ましてから酢を350g入れれば、基本的なラッキョウ酢のできあがりです。甘酢としても使えますから、甘さの好みは調節できます。覚えやすいレシピですので、すぐに作れます。ラッキョウ酢ができたら、まずは野菜から漬けてみましょう。キュウリやナス、大根、人参やカリフラワーは煮沸したガラス瓶に入れて、材料にラッキョウ酢がかぶる程度まで入れます。しっかり蓋をして、漬かりやすいものなら3~5日、固い材料なら10~20日くらいが食べごろです。特に、キュウリは古漬けにしておくとピクルスと同様に使えますから、タルタルソースの具としても美味しく食べられます。季節の材料として、梅を漬けてもよいでしょう。イワシが安く手に入ったら、ラッキョウ酢と醤油、砂糖でコトコト煮れば甘酢煮ができます。骨まで軟らかく、多めに作っておけば冷蔵庫で日持ちがします。アジの酢煮は、揚げないマリネともいわれており、カロリーを気にする人には一石二鳥のレシピです。スペアリブや鶏手羽も短時間で柔らかく煮ることができますから、夏の暑い日のレシピとしても覚えておきたい使い方です。

y001-1332

キャッチフレーズの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

キャッチフレーズは、スポーツのチームなどでチームを活気づける目的で作られることが多いです。例えば野球チームの場合、「最後...

y001-1246

しょうがの味噌漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

しょうがは、日本では奈良時代には既に栽培されていたと考えられており、古事記にも記載されています。食用や薬用、香辛料、お菓...

y001-0211

万華鏡の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

万華鏡を作る理由は人それぞれではありますが、その多くの理由は作り方が簡単だからという理由です。実際に作ってみると、用意す...

y001-0236

お雑煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本人にはお正月になるとお雑煮を食べる風習があります。お雑煮には新たな年に向けて、豊作を祈る気持ちや家内安全を願う気持が...

y001-0156

提灯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

提灯を作る理由は、子供の学校行事などで使うことがありますし、夏には、お盆の時期など風情がでてとても良いものです。日本の伝...

y001-0758

牛乳パック椅子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

牛乳パックというのは基本的には自宅にあるもので、それゆえさまざまな創意工夫によって、別のものを作り出す材料となっています...

y001-0384

肥後ずいきの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

肥後ずいきは、ハスイモの茎の部分を干したものです。ハスイモとは、サトイモ科サトイモ属の常緑性多年草であり、東南アジアを中...

y001-0766

間違い探しの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

間違い探しと言うのは、雑誌のコーナーでお馴染みのゲームですが、テレビゲームで発売されたこともあるゲームでもあります。 ...

y001-1496

アートバルーン花の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

風船はそれ自体が夢があるような雰囲気を持っているので、見ている人の気持ちをワクワクした気分にしてくれますが、花の形のアー...

y001-0351

葡萄酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お酒類の製造に関してはDIY等でも行うことのできるレシピの数々が用意されていますが、梅のような一般的な果実以外の場合では...

y001-1183

チーズフォンデュの簡...

スイス料理として世界的に有名なチーズフォンデュは、お店で...

y001-1457

ウインナー飾り切りの...

ウインナーの飾り切りを作る目的は、可愛いウインナーを楽し...

y001-0928

マカロンの簡単な手作...

日本は、国内のものに限らず、世界中のお菓子が食べられると...

y001-1023

ビーズキャラクターの...

ビーズで小物を作ることで、ちょっとしたアクセサリーのよう...