高菜の油炒めの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

高菜の油炒めの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ご飯などに合う常備菜が欲しい人にとっては、高菜の油炒めを作るための理由がはっきりとしています。常備菜が豊かな食卓は、栄養のバランスもしっかりとしています。食卓のテーブルに置いておくことで、忙しいときにはお茶漬けに入れて食べるために役立ちます。伝統的な漬物としての魅力があると同時に、程よい酸味がある料理としても好まれます。高菜の油炒めは、夏場に不足しやすい塩分やミネラルの補給源として作る目的もあります。高菜を乳酸発酵させて作られた漬物ですから、生の状態よりも栄養価が格段に増えています。ちょうどいい漬け具合であれば特に美味しいのですが、古漬けになってくると酸味が強くなりすぎるのが難点です。ところが、油炒めにするためには酸っぱいほうが向いています。漬物を古くから保存食として利用してきた日本人には、古漬けになった高菜の料理法に関しても知恵があります。貴重な保存食ですから、最後まで上手に利用しなければいけないと思うのは自然なことです。高菜の油炒めにして余計な水分がさらに減って、旨味が凝縮することで、求めていた美味しさになります。油で炒めて風味を復活させて、さらに美味しいものとすることも先人たちが編み出した生活の知恵です。

高菜の油炒めを作ることの楽しさ

高菜の油炒めを作るようになれば、漬物の美味しさの真髄が理解できるようになります。乳酸発酵によって独特な酸味が生まれていますが、油との相性が抜群であることが理解できます。そのままでが酸味が非常に強いのですが、油と熱を加えることで独特な美味しさが開花することになります。アブラナ科の野菜が原料となっているとは思えないほどに豊かな味となり、ビタミンやミネラルも豊富になります。カラシナの仲間となる野菜ですから、独特な芳香もあります。油炒めにすると芳香はさらに複雑になり、胃にも優しい風味が生まれます。高菜の油炒めは食物繊維の宝庫であると同時に、酵素や乳酸菌も多いのが特徴です。普段の常備菜として食べることで、お腹の調子を整えることができます。高菜漬けのような乳酸発酵食品は、腸内の善玉菌にとっては極めて有益です。高菜の油炒めの食物繊維は善玉菌の餌となりますから、普段から食べれば便秘に強い腸内環境になります。高菜の油炒めを使って得られるメリットとしては、他の料理の美味しさを際立たせることができる点にあります。チャーハンやラーメンなどの中華料理との相性が抜群ですが、和食のおにぎりや湯漬けに入れても美味しさを倍増させることができます。

高菜の油炒めを作るのに用意する物

福岡や熊本ではお馴染みの漬けものである高菜漬け、これを使って高菜の油炒めを作っておくとおかずにもう一品欲しい時、ビールのおつまみが欲しい時、チャーハンやラーメンの具として使ったりなどいろいろ使えて便利です、基本的な手作り方法さえ知っておけばアレンジも簡単です。 用意しておくものは高菜漬け1袋、ごま油大さじ1杯、濃口醤油大さじ1杯、料理酒小さじ1杯、煎りゴマ小さじ1杯、粉末だしの素小さじ1/2、輪切りにした鷹の爪1/2本です。 火力が弱い状態で炒めるのでフッ素樹脂加工のフライパンでなくても焦げ付きの心配が無いので鉄のフライパンでも大丈夫です、出来上がった高菜の油炒めを入れる容器は色が移りやすいプラスチック製のものよりも陶器の器が良いでしょう。 高菜漬けは予め袋から出して茎の分厚い部分に縦に数本の切れ目を入れ、ボウルに溜めた水の中で揉むように軽く洗って濃い塩分を取り除きます、水を換えて2度洗ってから固く絞って5mm幅ほどで刻んでおきます、水気が残っていると美味しさに影響しますので刻んだ後も念の為絞っておきましょう。 また、高菜漬けは発酵食品であり炒めると熱が加わるせいで一時的に独特な匂いが出ます、長く染み付くことはありませんが調理中は換気を良くしましょう。

高菜の油炒めの作り方の手順

作り方もシンプルです、フライパンにごま油を入れて中火で全面に馴染ませます、充分に熱くなったら中火の弱火にし高菜と鷹の爪を入れてヘラや箸でよく炒めます、全体に火が通ったところで弱火にし、醤油と酒とだしの素を入れて再び軽く炒めて煎りゴマを入れて全体に馴染ませます、これで基本的な高菜の油炒めは完成です、陶器などの色が移りにくい容器に移し、冷めたところで冷蔵庫で保存します、保存は1週間を目処にしましょう。 ごま油の代わりに一般的な菜種油でも美味しいですが、その時は煎りゴマの量を少し増やすと風味が増して美味しくなります、また、煎りゴマの代わりにすりゴマでも構いません。 醤油と酒を入れる時にいろいろな物を加えることによりアレンジができます、たとえば予めレンジで1分ほど加熱し乾かしたちりめんじゃこを大さじ2杯足してみたり、また、ほぐした明太子を大さじ1杯や、山椒の実の佃煮を大さじ1杯というのも美味しいものです、明太子や山椒の実の佃煮を使う時は醤油の量を減らします、ちりめんじゃこや明太子を足した場合の保存は3日を目処にしましょう。 醤油と酒を入れる時にマヨネーズを大さじ1杯足すと出来上がりにコクが出て一味違った美味しさが生まれます、若い人にも喜ばれるでしょう。

高菜の油炒めの作り方のまとめ

高菜の油炒めの手作り方法は実に簡単で、忙しいときでもすぐに作ることができます。しっかりと発酵した高菜漬けがあるのですから、あとは油炒めにすれば十分に美味しくなります。高菜は古漬けのものを選びますが、塩分が強すぎる場合には塩抜きをしておきます。非常に塩辛くても、数時間は水につけておけばちょうどいい塩梅になります。炒める前には水切りをしっかりとして、1センチほどの長さで細かく刻みます。次にフライパンを用意して、ごま油を入れて熱していきます。高菜を入れてからは、香ばしく炒めていきます。このときにはよく混ぜて、余計な水分を飛ばすことが大切です。風味を良くするために、細かく刻んだタカノツメと胡麻を入れてさらに炒めていきます。最後には味を調整するために、醤油をわずかに加えますが、味見をしてから加える量を決めます。高菜に十分に塩味がついているときには、醤油は風味付け程度の量をわずかに使うだけで大丈夫です。味付けが終わってからは、皿に盛り付ければ完成です。常備菜として保存するためには、粗熱を取ってから他の容器に移すようにします。冷蔵庫で保存する場合でも、余計な熱を取ってから行うことで長持ちさせることができます。

y001-0483

大根葉レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

大根葉レシピを覚えることで無駄を無くすと言ったメリットが有ります。レシピが解らない、使い道が思い浮かばないから大根葉を捨...

y001-1142

トマトの雨よけの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

トマトはナス科に分類される植物であり、乾燥を好む性質があります。この性質は他のナス科植物とは違うものですから、トマト専用...

ヘアスタイルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ヘアスタイルのアレンジは簡単にできればおしゃれですね。朝の時間のないときでも、簡単にヘアスタイルをアレンジできる人になり...

y001-1369

カツオ梅の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅干しは、日本では少なくとも平安時代には食べられていたと考えられており、長い歴史を持つ漬けものの一種です。保存食や薬用と...

y001-0406

梅ワインの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅ワインを手作りすれば、大量におもてなしのお酒が作れます。買ってくるよりも経済的ですし、好みの味付けも可能です。おもてな...

y001-1045

ハッカ油スプレーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ハッカ油スプレーはハッカの葉から抽出した精油を使用して作ります。薄荷オイルはハッカの葉を使用して作られており、天然の植物...

イチゴジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りのイチゴジャムには、何といっても市販のジャムとはまるで違う味わいがあります。生のイチゴを煮詰めて作ったイチゴジャム...

y001-0507

千羽鶴の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

千羽鶴といえば、もともとは祈願の意味で寺社などに奉納されていたようですが、現在ではやはりお願いごとを叶えるために作ること...

y001-1251

シャボン玉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供の頃、シャボン玉が飛んでいくのを追いかけて手で割ったり、大きくふくらませようと集中してゆっくりとふいたりして、シャボ...

y001-0889

もんじゃの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もんじゃ焼きはよく大阪のお好み焼きと比較対照となる、東京下町の味です。もんじゃ焼きの歴史は古く、江戸時代末期から明治にか...

y001-1199

たけのこ料理の簡単な...

4月から7月にかけて旬を迎えるたけのこは、たけのこ料理に...

y001-1118

ナンタケットバスケッ...

専門の手作り教室が存在しているなど、多くの方が市販の商品...

y001-1389

お茶の簡単な手作り方...

お茶というのは、日本人にとっては毎日の生活の中で欠かせな...

y001-0640

手芸フェルトの簡単な...

自分の趣味を持つことは、毎日の生活にも楽しみが増えるので...