子ども神輿の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子ども神輿の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

学校の行事や町内会の行事、もっと身近なサークル活動などでも子ども神輿を利用する場面があります。特に夏から秋にかけてのシーズンではお祭りごとなども多く開催される傾向にあり、国内では古くから子ども神輿というものが用意されています。正式な神社などでも子ども用として神輿を用意している場合も多く、お祭りの際に姿を見せるものとしても知られています。そんな中、子ども神輿はDIYであっても製作することができ、作り方によっては簡単に製作することもできます。作ることの理由や目的に関しては製作しておくことによって、数々のイベント事で活躍することになり、一時的なイベントであっても手軽に製作することによって、十分に役割を果たすことができます。学校などではクラス単位として製作する題材としても向いている一面を持っており、製作する際に必要としている資材類も入手しやすいもので構成させることもできます。手作り方法に関しては全国各地で利用されている既存のものを見ることもできますが、オリジナリティを出して独自的な発想で製作することもでき、DIYとしての知識や技術の習得にも役立つものとして利用することもできます。数多くの人員が関わることによって、良い作品作りを行うことができる場合も見られます。

子ども神輿を作ることの楽しさ

子ども神輿を製作するような場面では、一般的には工作アイテムとして用いられることの少ないものになるために、神輿の持っている基本的な構造を把握することにも役立ちます。一般的には担ぎ棒の上に櫓を設置する形式になりますが、全てのパーツ類を手作りで完成させる方法になるために、1人ではなく大勢の子供によって製作を進めることができ、その結果として団結力を高めることにも役立つ可能性を持っています。装飾品などを事前にデザインしておくことも良い方法になり、多くのアイデアを出し合うことによって、他には類の無いようなスタイルに仕上げることも可能になります。作り方のレシピなども広く公開されているものもあり、インターネット上では動画なども提供されています。既に完成した子ども神輿を確認しながら作業を進める方法もありますが、基本的な構造を知った上で、自由な発想で製作する方法でも優れたものを作り上げることが可能になります。大勢で楽しみながら作ることに相応しいアイテムと言うこともでき、完成後には携わった全ての子どもによって利用することもできる内容を持っているために、いくつものメリットを感じることができます。簡単な方法であっても作り方次第では完成度の高い作品に仕上げることもできます。

子ども神輿を作るのに用意する物

子ども神輿というのは非常に高額な値段で売られているので、かなりの予算が必要になるのでなかなか購入することができないのです。そこでこういう時には、ダンボールを使って自分で子ども神輿を作ってみるといいでしょう。 ダンボールは非常に安い金額で手に入れることができるので、DIY用品販売店で購入するといいのですが、スーパーなどでもらうこともできます。スーパーでもらうときには、ただでもらうことができる可能性があるので、まずはお店に人にもらうことができるのかどうかを確認してからもらうことができるというのなら、ただで貰うといいでしょう。 ダンボールを切るときにはカッターが必要になるので、カッターを文房具店で購入しておくといいのですが、ついでにボードも購入しておきます。ボードは床などに傷が入らないようにするために用意しておくといいですが、ボードの代わりに新聞紙をたくさん組み合わしたものでもいいでしょう。 ハサミを使ってもいいのですが、ハサミはダンボール等の厚紙を切るときには切りにくいので、あまりおすすめできません。また、ボンドや定規などもあるとダンボールを組み立てるときに非常に役に立つので、購入しておくといいです。

子ども神輿の作り方の手順

子ども神輿を作るときの手作り方法はというと、これはパーツに分けて作り、最後に合わすと簡単に作る事ができます。まず大屋根の部分を作るので、屋根の部分をウェーブ状にカッターで切ってそれを組み合わせていき、大屋根の土台になる部分に切れ目を入れてどんどん差しこんでいきましょう。 これができたら上の部分に鳥のオブジェを乗せるので、鳥の形に切り取ってそれを2,3枚合わせて作ります。これをボンドでくっつけて、アクリル絵の具で塗っておきましょう。 下の部分を作るので四角のダンボールを持ってきて、窓や凹凸の部分をはめ込んで作っていきます。それができたら大屋根の部分と合体させて子ども神輿の大部分を作ることができるのです。 次に持ち手の部分を作ることになるので、ダンボールを複数ガムテープで連ねてからグルグルと回して巻きずしのようにしていきます。このロール状のダンボールを2つ作ったならこれを子ども神輿の本体と合体させましょう。 合体させるときには大きめの紐を使い本体部分に穴を開けてくくりつけるのですが、それだけでは耐久性に問題があるのでガムテープを使い固定していきます。見事本体が安定したなら、子ども神輿は完成します。

子ども神輿の作り方のまとめ

子ども神輿をDIYによって製作する方法の中には、できるだけ簡単に作り上げる方法も用意されています。子ども神輿で大切な項目としては、軽量で安定していること、さらに怪我などをしないように仕上げることが必要になります。担ぎ棒に関しては胴縁などを活用する方法によって、低資金で製作を進めることができ、胴縁には布などを巻き付けることも良い方法になります。多い傾向にあることとしては、紅白の布を巻き付ける方法になり、神輿としての良い雰囲気を出すことができます。櫓の部分に関しては、自由なデザインで製作することができ、手作り方法の中には段ボールを活用する方法があります。段ボールは身近なものを再利用することができ、一般的には無料で集めることのできる素材になります。カッターなどを使って三角屋根などを製作することになり、その下の部分には神輿の形状に近くなるように装飾を施すことになります。段ボールを利用した場合では、非常に軽量に仕上げることができるために、塗料などを用いてペイントを行った場合でも、子どもであっても問題なく担ぐことのできる重量に留めることができます。カラーリングに関しても自由に施工することができ、事前に画用紙などにイラストを描いておくことによって、スムーズに作り上げることができます。

y001-0912

ミツバチの巣箱の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ミツバチが作りだす蜂蜜は、花の蜜を採取して巣の中で加工したものです。これを入手するために、開始したのがミツバチの巣箱を作...

y001-1282

コロッケの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

コロッケの材料として使われるじゃがいもは安土桃山時代にオランダ人によって長崎に伝えられたといわれていますが、コロッケ自体...

y001-0439

豆乳で豆腐の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

豆腐は大豆からできています。大豆は「畑の肉」ともいわれており、良質なタンパク質やビタミン、ミネラルなどのさまざまな栄養素...

y001-0064

フリースネックウォーマーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・...

フリースネックウォーマーは冬には大活躍のアイテムです。暖かく保温性に優れ、しかも軽いというのが特徴です。市販のものもある...

y001-1494

アイスクリームの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

原料に牛乳をたっぷりと使ったアイスクリームは、たくさんの人を笑顔にするスイーツでもあります。市販品も手軽ですが、手作りし...

練習用ロマンティックチュチュの簡単な手作り方法や作り方・DI...

練習用簡単ロマンティックチュチュを作る理由としましてはいろいろあると思います。一口にチュチュといいましてもロマンティック...

y001-1382

カードホルダーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

買い物をしたり、サービスを利用すると、多くのお店でポイントカードや会員カードなどをもらうことが多くなりました。常連客を作...

y001-1456

うちわの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

うちわは今では当たり前のように繁華街で無料配布されていますが、無料で手に入るものをあえて手作りするのには理由があります。...

y001-1007

ピザ窯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

冷凍ピザや宅配ピザもいいけれど、本格的な窯で焼いたピザの味は格別です。イタリアンレストランで食べたような石焼きピザの味を...

防災頭巾カバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

防災頭巾カバーを作る理由としてはまずは防災頭巾の必要性があります。学校などにおいては防災に関する意識が強くなり、教育も行...

y001-0600

小学5年生自由研究の...

小学5年生のお子さんが長期休暇を利用して自由研究を行う場...

手作りアクセサリーの...

アクセサリーは男性でも女性でも自分を引き立ててくれ、そし...

y001-0419

年表の簡単な手作り方...

年表とは特定の会社などの団体や、個人の人物などの出来事な...

y001-1222

スマホケースの簡単な...

スマートフォンは、現代人が情報ツールとして広く使われてい...