子供エプロンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供エプロンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

我が子がかわいいからといって、何もかも親がやってあげては、子供が将来立派な大人になれなくなる恐れがあります。できるだけ、子供を自主的に行動させる教育をしてあげることこそが、親としての務めといえます。子供の教育におすすめの方法として、一緒に料理を作るというのがあります。料理を作ることに対して、子供は割と興味を持つ子が多く、男の子でも積極的に参加しようとします。料理を通じて子供の成長を後押ししてあげるなら、まず子供エプロンを用意してあげましょう。但し、地味な子供エプロンでは子供がやる気を起こさない可能性がありますので、できれば可愛いプリント柄や、刺しゅう入りなどのものを用意してあげたいところです。自分が気に入ったエプロンを持つと、子供は生き生きとしますし、エプロンをつけるために料理に積極的になることも十分ありますので、侮れない存在だといえるでしょう。市販のものを購入してもよいですが、せっかくならば親の愛情がこもった手作りエプロンを作ってあげましょう。子供エプロンとあり、サイズが小さく、布や縫う量は大人用のものと比べると少ないですので、手間なく簡単に好みのデザインのエプロンを作成することが可能です。

子供エプロンを作ることの楽しさ

手作りの魅力的な部分として、豊富な絵柄から選びやすいというのがあります。市販品だと売り場によってあまりよいデザインがなく、子供に気に入ってもらえないエプロンを無理やり購入しなければなりませんが、布から選べは、割と可愛らしい絵柄のものがたくさん揃っていますので、子供に好まれそうなエプロンを作りやすいというメリットがあります。たとえ気に入った絵柄の布がなくても、子供の大好きなキャラクターの刺繍を入れてやれば、とても喜ばれます。 絵柄以外に、全体的なデザインについても同様のことがいえます。基本的な形を守れば、後は自由にデザインしやすいのがエプロンのよいところです。女の子であれば、レースをつけたり、リボンを縫いつけるなどしてやると、華やかな見栄えになります。 親が頑張って作るのもよいですが、子供と一緒に手作りをすれば、教育的にもよいでしょう。布の寸法の取り方や、針や糸、ミシンの扱い方などを子供が覚えるきっかけを与えることができます。料理と一緒に、モノづくりの楽しさを子供に教えてあげることができますので、一石二鳥といえます。 後は、コストをかけずに素敵なデザインのエプロンを自由自在に作れるという点が、メリットとして大きいでしょう。

子供エプロンを作るのに用意する物

子供がエプロンを使い始めるのは、保育園や幼稚園に通っている位の小さい頃からです。園内で料理を作るイベントがある時等は保護者や先生のお手伝いをするためにエプロンを持参しなければなりません。子供エプロンは子供向けの衣料品を扱っている店舗に行くと見つけることができますが、大きさが合わなかったり子供が気に入る子供エプロンが見つからないこともあるでしょう。 そんな時は可愛い子供のためにオリジナルの子供エプロンを作ってあげるといいですね。大人用の物とは違ってサイズも小さいですから簡単に作ることができます。作り始める前に必要な物を買い揃えておきましょう。 まずは生地を選びますが男の子と女の子では全体的なデザインに違いがでてきますし、生地の色も違ってきます。男の子ならキャラクターの絵がプリントされているものやダーク系の生地を選んで挙げると喜びます。女の子ならピンク系やイエロー系の柔らかい色合いの生地なら喜んでくれるでしょう。選んだ生地の色に合った紐も準備します。紐が途中で足りなくなると大変ですから少し長めに購入しておくと安心です。ミシンで使用するミシン糸も生地の色にこだわった方がオシャレになります。カラフルなデザインで真っ白の糸では浮いてしまうでしょう。

子供エプロンの作り方の手順

子供のためのエプロンを作る時は、あらかじめ手作り方法を確認しておきましょう。衣類は型紙を使用するので、初めに子供エプロンの型紙を用意します。子供の月齢や身長、スタイルに合わせて型紙を作成し生地を裁断します。この時生地を外表にしてチャコペーパーを使用しますが、生地がずれないようにしっかりと留めておきましょう。まち針を使うとずれなくなるので安心して線を描くことができます。ミシンを使う時にちょうど縫うことになる線を描くことができるので、ミシンが途中で曲がることもなく安心して作業ができます。さらに縫いしろの部分を取ったら生地を裁断します。いよいよミシンをかけていきますが、折り目の部分がずれていかないようにしっかりとプレスしておくといいでしょう。多少手間がかかってもアイロンをかけておくと便利です。 一枚の生地を使って単純なデザインのエプロンを作るなら比較的簡単に出来上がりますが、可愛い子供のためだと思うと色々と工夫したくなるのが親心でしょう。リボンやフリルを付けたり、数枚の生地を使ってカラフルなデザインにしたいという気持ちもありますが、リボンやフリルは簡単に付けることはできても生地自体を繋ぎ合わせて作るのは難しいので、初心者には少しハードルが高いかもしれません。

子供エプロンの作り方のまとめ

子供エプロンの手作り方法ですが、着せたい子供の身長によって、布の長さが変わってきます。例として120cm程度の身長を持つ子供であれば、50cmを少し超える程度の布の長さが適しています。幅に関しても50cmくらいでよいですが、まずは子供の身体に布を巻いたり、メジャーではかるなどしてみると、ぴったりしたサイズの子供エプロンを作れるはずです。 肩ひもは40cmから50cm程度の長さ、幅は5cmから6cmに布で作っておきます。ゴム入りだと子供が扱いやすくなります。腰ひもも同様に、60cm前後の長さで作っておきますが、腰ひもは縛りますので、ゴムは必要ありません。 胸にあたる部分に、見返しをつけてあげると丈夫になります。腰から上の辺りにエプロンの形状と同じ裏地用の布を縫いつけますが、裏地のデザインは凝らなくても大丈夫です。裏地の下部分はエプロンには縫いつけず、端を三つ折りにしてミシンで縫っておくと、ほつれを防げます。 エプロン本体も端を1cm幅の三つ折りにしておき、ぐるりと一周、ミシンで縫っていきます。最後に肩ひもと腰ひもを縫いつけます。適度な位置に調整しながら、仮止めから始めると、失敗を防ぎやすくおすすめです。

y001-0659

歯車の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

工業製品として販売されている商品の中には、歯車を利用して作られているアイテムがあります。非常に有名なアイテムとしては時計...

y001-1500

PPバンドかごの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昔の主婦が食料品を買いに行く際に、手に持っていたのが買い物かごです。様々な素材の紐で編まれたかごは、軽い割には丈夫に作ら...

y001-0497

草刈機混合油の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏のシーズンに入ると、草刈りなどを行う場面が出てくることがあります。農業などを営んでいる方の他にも一般的な一戸建て住宅の...

アクセサリー台紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ガラスビーズやパールビーズ、革紐、レースなどを使った手作りのアクセサリーは、作家のセンスとアイデアを活かして作られた世界...

y001-0631

手作りコサージュの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

コサージュは女性が服やドレスなどにつける花飾りの事を言います。コサージュには生花、リボン、布、造花など様々な素材のものが...

y001-0746

巾着袋手縫いの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

巾着袋とは、主に布で作られている袋で、口をひもで絞って中身を封じるものの事を指します。小さめのものが多く、小物を分別して...

y001-0824

稲の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本人にとってお米は欠かすことができない食料のひとつです。毎日食べるものとても馴染みのあるものです。お米を食べるためには...

y001-1245

ショートパンツの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ショートパンツというのは、ハーフパンツなどともいわれることもあり、動きやすく活動的であることが特徴として挙げることができ...

y001-0332

抱っこひも手作りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

赤ちゃんが生まれると、いつまでもあやしていたいほど、いとおしい存在ですが、生活をする上で、いつまでもあやしている訳にはい...

y001-0628

手作りトートバッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

トートバッグと呼ばれるバッグは一般的に物を入れる部分がマチ付きの四角い形で、持ち手が2本ついているものです。マチが深いも...

y001-0673

紙トンボの簡単な手作...

"から子供の遊びとして伝えられてきた竹とんぼですが、身近...

y001-0856

レシピの簡単な手作り...

まず、簡単な料理の作り方、ときいて、気になるのは時間と材...

y001-0459

朝食レシピの簡単な手...

朝食レシピをいろいろ覚えておくと、忙しい朝の時間短縮に役...

y001-0742

空き缶風車の簡単な手...

空き缶風車は、比較的簡単に作る事ができて、見た目の面白い...