紫陽花ドライフラワーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

紫陽花ドライフラワーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

花というのは咲いている頃が一瞬だからこそ、儚いからこそ美しいものと言えるかもしれません。しかしながら折角の美しさを長く楽しみたい、そういうことを願ったとしてもおかしなことではないはずです。それではどうしたら花の美しさを長持ちさせることができるのか、プリザーブドフラワーという形もありますが、それだと専門店に注文しないと作ることができなく、大切な人にもらったから、庭の花の美しさを長く楽しみたい、そういう時には向かないのです。ではどうすればいいのかというとドライフラワーにすればよく、瑞々しさは失われますが、花そのものの美しさは残りますし、乾燥させることによって独特の魅力も生まれてくるのです。しかもドライフラワーというのは自分でも作ることができますので、大切な人からもらった花を長く楽しみたい、そういう時には加工してみることをすすめます。そして一般的にはバラなどが有名ですが、実は紫陽花も加工することができて、ナチュラル系やアンティーク系の雑貨と相性がよく、飾っておくと室内のイメージがぐっと上がります。購入すると意外と高いので、自分で作ってみるのがよく、プレゼントにしても喜ばれるものとなっています。

紫陽花ドライフラワーを作ることの楽しさ

紫陽花のドライフラワーというのは少し前から人気が出ていて、おしゃれなインテリア雑誌などに登場していて、気になっている人もいるかもしれません。ナチュラル系やアンティーク系の雑貨と相性が良いので、室内に飾っておくだけでアクセントになって印象を良くしてくれるのです。しかしながら市販品を購入すると想像以上に値段が高いのがネックで、そういう場合は手作りするのが一番なのです。 しかし紫陽花というのは水分が多く、素人が手作りするのには難しい気がしますが、花の選び方、そして作る日などのタイミングを合わせることが大切になってくるのです。これさえ守れば普通の花と同じように作ることができますので、知ることが大切になります。 自分で手作りするメリットは好きな花をドライフラワーにすることができること、そして作られていく過程を眺めることができることにあって、少しずつ変化していく姿を眺めていくのも楽しいものです。そういったことを見ることができるのも、自分で手作りするからで、市販品を購入するとそういった気持ちを知ることはできないのです。それゆえ興味がある人が一度試してみるのがよく、それほど難しい作業ではないのでやってみるのがいいです。

紫陽花ドライフラワーを作るのに用意する物

紫陽花のドライフラワーは意外と簡単に作ることができます。紫陽花の季節なら花自体も入手しやすいので、夏におすすめのDIYです。紫陽花にはいくつかの種類がありますが、ドライフラワーにしやすいのがアナベルやカシワバアジサイという品種が代表的です。ニホンアジサイという品種もありますが水分が多いため、難しいのでやめておきましょう。水分が抜けているものを使用することが大切です。また、古くて枝が太い部分の花を選んでください。新しい枝の花はまだ繊維も柔らかく、細く、水分も多いので失敗する可能性が高いのです。日光にしっかりと当たっていた花を選ぶこともポイントです。植物は紫外線に当てると身を守るために葉も分厚くなります。そのほうがドライにした時にくしゃくしゃになるのを防ぐことができるのです。他に花のキレイな色を残すためにミョウバンが必要になります。そして、花を入れるための花瓶やコップなどのいれもの、60度くらいのお湯、枝を切るためのカッターかはさみ、ハンガーや洗濯ばさみ、紐などの吊るす道具も必要になってきます。ミョウバンも市販されているので、ドライフラワーに必要なものは、どれも簡単に準備できるものばかりです。

紫陽花ドライフラワーの作り方の手順

ドライフラワーは手作り方法に関しても簡単に作ることができます。まず、400cc程度のお湯にひとつまみのミョウバンを入れてかき混ぜておきます。ミョウバンが溶けたら液は冷ましましょう。これが紫陽花の色止め液となります。次に良く晴れた日に紫陽花を剪定し、清潔な花瓶に入れたミョウバン水にさしておきましょう。これを日光が当たらない暗くて涼しい場所に1週間ほど放置してください。3日おきくらいにミョウバン水を作り直して入れて腐らないようにしましょう。忘れると紫陽花は茶色く枯れてしまいます。また、切り口も雑菌で腐りやすいので1日おきに切ってあげることが成功のポイントになってきます。そしていよいよ吊り下げです。葉っぱを取り除いて水分をふき取りましょう。花が崩れないようにスプレーのりを全体にふきかけると、形を保つことができるのであればやっておきましょう。直射日光の当たらない涼しい冷暗所に3日程度吊るしておいてください。風通しがいい場所が最適ですがない場合は扇風機の使用も裏技としておすすめです。きちんと乾燥させる事ができれば完成です。仕上げに防水スプレーをかけると、湿気にも強くなるのでドライフラワーを長く楽しむことができますよ。

紫陽花ドライフラワーの作り方のまとめ

紫陽花のドライフラワーの簡単な手作り方法ですが、まず紫陽花の種類を選ぶことで、秋色あじさいやアナベルが向いています。ただ秋色紫陽花は品種名ではなく元々は見頃が過ぎて変色したものをそう呼んでいたのですが、最近はその名前で販売されているので求めてみてもいいのです。そして剪定した後にしばらく水を入れた花瓶にいれて乾燥させていきます。よく観察して様子が変わってきたら花瓶から取り出して、直射日光の当たらない風通しのいい場所に吊るしてください。花の種類や大きさ、室内の環境によって変わってきますが、だいたいは2~3日ぐらいで出来上がります。 紫陽花のドライフラワーを上手に作るコツは短期間で乾燥させること、専用の薬品も売っていますが、そこまでする必要はないかと思います。それゆえ天気の良い日を選ぶことも大切で、天気予報をチェックして、作りやすい日を決めて行うことがいいのです。ドライフラワーの基本は短期間で一気に乾燥させることで、それによって花の色素などが残ってくれるので、美しさを鑑賞することができるのです。 そして出来上がったら室内に飾って楽しむのがよく、バスケットなどに入れると可愛らしく、おすすめになっています。

y001-1246

しょうがの味噌漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

しょうがは、日本では奈良時代には既に栽培されていたと考えられており、古事記にも記載されています。食用や薬用、香辛料、お菓...

マキシスカートの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏のおしゃれに欠かせないスカートですが、今はマキシスカートの人気が高いです。足首まで届く長いスカートを合わせることで、ト...

y001-0946

ペン回しやり方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ペン回しをする理由を考えてみます。まず、第一に考えられるのは勉強をしている合間の息抜きということが言えるかと思います。学...

y001-1056

はぎれ小物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

はぎれ小物は、洋服やバッグやのれん、クッションカバー等の大きめの雑貨などを作った余りの生地で作ることができます。はぎれで...

y001-1450

うめぼしの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

うめぼしは、バラ科サクラ属の落葉高木うめの果実を塩漬けした後に日干しにした漬物の一種で、日本では少なくとも平安時代には食...

y001-1306

グローブの型の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

買ったばかりの新品グローブはカチカチで、すぐに捕球するのは簡単ではありません。そこで、捕り易い捕球面を自分で作ってあげな...

自分未来年表の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自分の人生を振り返るということでは、より自分の人生を簡単に把握して、これからの人生を有意義にしたり、何かを後世に残したり...

y001-0888

もんぺの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もんぺというと、作業をするときに動きやすく、汚れてもいいような作業着のズボンのことですが、それぞれの人で使いやすく工夫を...

イージーパンツの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イージーパンツをハンドメイドなどで作る一番大きな理由としては、機能性にあります。そもそもイージーパンツと呼ばれるボトムス...

y001-1065

バーベキュー料理の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アウトドアでのバーベキュー料理は自然がスパイスとなるので、誰が作っても美味しいと言ったメリットが有りますが、バーベキュー...

y001-1221

スモークサーモンの簡...

スモークサーモンは、サーモンをより一層美味しく食べる方法...

y001-0902

メッセージカード手作...

自分以外の人へのお祝いの言葉、クリスマスやお正月と言った...

切り絵の簡単手作り方...

切り絵と聞くと、影絵風のノスタルジックなものや、昔ながら...

y001-0870

ランチョンマットの簡...

自宅の中である意味でもっとも活躍している場所は食卓で、だ...