手作りバックの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りバックの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

バッグはさまざまなものを持ち運ぶために必要な道具です。小さいバッグや大きいバッグ、入れる中身によって交換したり、外出する先によって使い分けたりします。最近は、さまざまなものをハンドメイドする人が増え、ハンドメイド作品を販売するイベントも数多く開催されています。手作りバックも人気商品のひとつとなっています。手作りバックを作る理由は、人それぞれですが、ひとつには、自分の好みの作品に仕上げられるという点があります。種類豊富なバックはたくさん販売されていますが、生地の素材や柄、大きさ、ポケットの数など、使用する人によって、必要なデザインやパーツは異なります。その点、手作りバックは自分が欲しい柄やデザインを選んで作成することができます。ですから、好みの柄や大きさのものをいくつか揃えることで、洋服とのコーディネートをすることができます。もちろん、作品を仕上げる労力は必要です。初心者にとって手作りの作業は困難な過程であることがあります。しかしながら手作り作品を作っていくごとに、またハンドメイドを趣味とする人と交流することで、腕前も手際も良くなっていきます。ひとつの趣味を通して、人間関係の幅が広がることがあります。

手作りバックを作ることの楽しさ

手作りバックを作る楽しさは、自分好みのバックを作ることができるほかに、必要な人にプレゼントすることで楽しみも生まれます。プレゼントする相手の好みやリクエストに応えて作成することで、相手が欲しいバックを贈ることができます。子どもがいる家庭では、幼稚園や学校でレッスンバックの持参が求められます。最近では手作りする風習が薄れてきて、市販のバックを使う傾向もありますが、お母さんやおばあちゃんが手作りしたバックは世界でたったひとつのものとして、子どもにとっても愛着のわく一品となります。手作りは、唯一のオリジナル商品になるという楽しさがあります。世界に一つだけ、相手の求めているものを作ることができる、という達成感も味わえます。 材料費のみで作ることができるので、経済的にも安く済み、自分で一から作る安全性も得られます。最近ではインターネットが普及していることから、簡単に作成するレシピや型紙がすぐに手に入れられます。ハンドメイド仲間を作るSNSや交流できるブログもありますし、ハンドメイド技術の高い人が開設しているサイトでは、わからない作業を質問できるコーナーを設け、疑問を解決してくれるところもあります。

手作りバックを作るのに用意する物

市販の商品ではなく、自分の好きな色や形を表現できる手作りバックが人気です。 使用目的に合うポケットや機能が付いているバッグを探すのは至難の業です。 ノートパソコンを持ち運ぶ為、大き目の書類を折り曲げないで運ぶ為、実に様々な用途でバックは活躍します。 子供がプールに行く為に使うバックは、防水仕様且つバスタオルも入る大き目のサイズが求められます。 探す手間と購入代金を考えると、手作りというのは理にかなった方法です。 作成したいバックの大きさや素材にもよりますが、基本的に必要なものは、革でも布でもビニールでも、基盤となる1枚の外素材。ファスナーやポケットの数によって、必要分準備します。 後はミシンや裁縫道具一式があれば作成に取り掛かれます。 手作りバックは、最初にどのような形のバックを作るか、明確にしておく必要があります。 それによって、準備する材料も異なるからです。 素材や開閉部分の種類(ファスナー式、ボタン式、紐で縛る方式等)も決めてから用意します。 完成してから出来る事は、バックの外側の飾り付け程度です。 素材を革で作成する場合には、革専用の洋裁道具も必要になります。 せっかく作ったバックを長持ちさせる為に防水スプレーが合っても良いでしょう。

手作りバックの作り方の手順

手作りバックは簡単なものから、高度な技術を要するものまで幅広く、一口に手作り方法と言っても種類が多過ぎます。 ここでは、基本的な布で作るお稽古バックを紹介します。 先に述べた作る際に用意するもので十分作成可能なバックです。 ピアノ教室へ通うお稽古バックを作る場合、肝心な教本が入らなければ意味がありません。 教本より一回り大きいサイズを測り、布地を裁ちます。他にも筆記用具や携帯電話、ノート等も入れる場合は、内側に小さなポケットを2つ程度作っておくと便利です。 子供が使う場合は、ファスナー開閉が便利且つ安心でしょう。 持ち手は少し厚めに作って、重い教本を入れても手の負担が少ない造りにすると喜びます。 最終的にミシンで一気に縫い上げて完成です。 完成してから、外に音符のマーク等を刺繍しても手作り感があって良いでしょう。 軽くて丈夫で、誰も持って居ない、子供の好きな色で作ったバックはきっと喜んで長い事大切に使います。 市販のものより見た目が劣ったりしても、全く気にする事はありません。 使う人の事を考えて作ったバックはあたたかく、持って居るだけで幸せな気持ちになれます。 最初は簡単で単純な造りのバックから始め、少しずつステップアップして本格的なバック作りを楽しんでください。

手作りバックの作り方のまとめ

手作りバックの手作り方法はさまざまありますが、超初心者の人は裏地なしのバックから始めるとよいです。キルティング生地なら、裏地がなくても丈夫でおすすめです。 用意するものは、必要な大きさが作れるぐらいの生地と持ち手です。子どものレッスンバッグ程度であれば、出来上がりサイズが高さ30センチ、幅40センチぐらいになります。これを想定すると、必要な生地は、縫い代を合わせて巾50センチ、長さ70㎝ほどです。持ち手は、持ち手用アクリルテープがおすすめです。巾2.5センチのものを70センチほど用意します。出来上がり希望サイズに縫い代を合わせた分を足して裁断します。持ち手を付ける部分にはプラス3センチ、両わきは1センチの縫い代をつけます。上記の出来上がりサイズなら、42センチ×66センチに裁断、持ち手は半分に切ります。 生地の周りをジグザグミシン、またはロックミシンでかがります。中表にして両わき1センチ部分のところを縫います。入れ口を3センチ折り返して縫います。中心から両側に5センチずつ離したところに持ち手をつけてできあがりです。 上達すれば、マチをつけたり、裏地付きバック、ポケット付き、ファスナー付きなどに挑戦することができます。

y001-1496

アートバルーン花の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

風船はそれ自体が夢があるような雰囲気を持っているので、見ている人の気持ちをワクワクした気分にしてくれますが、花の形のアー...

y001-0091

栗甘露煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

栗甘露煮はお正月のお節料理としても活躍するひと品ですが、それ以外でも色々な用途に使えるひと品でもあります。また、これは瓶...

y001-0512

折り紙折り方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

折り紙封筒を幼い頃、一度でも作ってみたことがあると思います。その時期を通り過ぎた大人になった今でも時々手紙を書きたいな、...

y001-0471

地図作成ソフト無料の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

地図作成を行う場合、地図作成ソフトを利用しますと便利です。作る理由や目的は、人それぞれですが、市販されている地図では用途...

y001-0581

色々なミサンガの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ミサンガはブラジル発祥のお守りで、ブラジル出身のJリーガーが身につけたことで日本で話題になります。最近ではお守りという意...

y001-0601

小屋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

DIYで屋外用の小屋を作る方法があります。作ることに関しては一般的に市販されている物置の場合では、金属製のタイプのものが...

y001-0165

角松の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お正月には様々なアイテムを揃えなければなりませんが、その中でも神事にとって大切なアイテムが「角松」です。角松とは神様がそ...

いかだの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

一見、昔の冒険小説や冒険漫画にしか連想しないいかだですが、わりと全国的に手作りでいかだレースが開催されるなどの人気を見せ...

巾着の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

巾着袋は袋の入れ口をひもでぎゅっと絞って閉じる構造のバッグです。バッグの中で行方不明になってしまう小さな物、とりあえずど...

y001-0194

奈良漬の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代を生きる人は食べ物が豊富で、食べたいのに食べ物が無くてお腹を空かせるという経験はないでしょう。作るのが面倒だという人...

手作りアルバムの簡単...

手作りアルバムを作るには、いろいろな目的があることでしょ...

y001-1435

えのき氷の簡単な手作...

えのき氷はテレビでも紹介されたことがありますので知ってい...

y001-0560

水飴の簡単な手作り方...

水飴の歴史は非常に古く、なんと日本書紀の時代つまり720...

y001-1318

きんかんジャムの簡単...

きんかんは、みかん科ではなく、きんかん科に属する果実で、...