焼肉もみだれの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

焼肉もみだれの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

焼肉というのは日本人にとって欧米でのバーベキューに相当するエンターテイメントを兼ねた食事となっていて、祝いや打ち上げの席としても使われますし、自宅でパーティーとして行うこともあります。肉や野菜を予め用意しておけば、料理をサービスする必要がほとんどありませんので、ホスト役の人もみんなと一緒に楽しむことができるのです。例えばコースメニューなどでは、やはりできたてを味わってほしいので、どうしても調理に集中してしまい、一緒に楽しむということができなくなります。それゆえ焼肉というのは誰もが自分で行え、しかも自分のペースで食べることができるので、ある程度の人数までは便利なものとなります。ただし家庭で行う場合、単に肉を出しただけでは面白味やサービス精神に欠けてしまうので、焼肉もみだれにこだわってみるのがいいのです。市販品もありますが、ここはそれぞれの家庭の味を出した方が面白く、またゲストの好みを知っているのなら、それに合わせたものを数点作って用意しておくと、おもてなしの精神となります。市販品の場合、だいたい入っているものが同じなので、苦手な人にとっては厳しい場合があるので、事前にリサーチすることも大切です。

焼肉もみだれを作ることの楽しさ

しかも焼肉もみだれを手作りするメリットは他にもあって、自分で好きな材料を組み合わせられることもそうですが、費用的にもリーズナブルとなるのです。意外と市販品は高価なことが多く、しかも場合によっては残ってしまう、その後に使い道がないということも起こってしまうのです。それなりに日持ちはしますが、調味料というのは普段使いなれていないものは敬遠される傾向にあって、使おうと思っていても何となく機会を失ってしまって、何時までも残ってしまうということになるのです。その点、自宅で手作りすれば必要量で済むのです。 さらに最近になって問題となっている食物アレルギーの問題もあって、これも事前に知っておけば避けることができるので、安心して食べることができます。そういった意味で市販品に比べて応用が利くのが魅力ですし、焼肉もみだれの手作り方法はそれほど難しくはないのです。甘さや辛さの調節もできますし、隠し味にこだわっても良く、いろいろな楽しみ方ができるのも手作りならではです。それゆえ興味があるのなら試してみるのがよく、まずは簡単なものからチャレンジしていって、基本を押さえた後にアレンジしてバリエーションを増やすのがいいのです。

焼肉もみだれを作るのに用意する物

少々固めのお肉でも、焼肉もみだれに漬けこんでおけば、調味料がお肉の隅々まで入り込んで柔らかくなります。しっかりお肉に味がつくので、冷めてもおいしいですから、お弁当のおかずにも最適です。焼肉もみだれは牛肉に限らず、豚肉や鶏肉でも合いますし、野菜を漬け込んで焼いてもおいしいのでおすすめです。焼肉もみだれは市販品も多く発売されていますが、自宅にある調味料だけで簡単に作ることができます。保存料や防腐剤が入っていないので安心して食べられますし、使いたいときに使う分だけを簡単に作れるので、新鮮な焼肉もみだれを使うことができます。焼肉もみだれを作る際に用意するものは、醤油と砂糖、酒、みりん、ごま油です。これらは基本の味になるので揃えましょう。さらにおろしにんにく、赤唐辛子、ねぎのみじん切りがあればよりおいしい焼肉もみだれを作ることができます。お店で食べるような、もみだれ焼き肉の味に近づきたいときは、梨をペースト状にしたものを加えると、味がまろやかになってお肉も柔らかくなります。醤油は濃口醤油の方がもみだれを作るときに向いています。甘めの焼肉もみだれが食べたいときは、調味料にはちみつや水あめを加えるとコクがある甘さのもみだれになっておすすめです。

焼肉もみだれの作り方の手順

焼肉もみだれの手作り方法は、とても簡単です。もみだれの材料となる調味料を混ぜるだけでもおいしく出来上がりますが、少し火をかけるだけで深みのあるおいしい焼肉もみだれになります。鍋に醤油と酒、砂糖を入れて火にかけます。おろしにんにくがあれば、一緒にお鍋に入れて火にかけましょう。弱火でかけて、砂糖をゆっくり溶かします。醤油の量に対し、酒は醤油の半分の量、砂糖はお好みでいいですが、少し甘めにするのがおすすめです。砂糖が溶けたら火を止めて、ごま油を入れたら完成です。ピリ辛の焼肉もみだれにしたいときは、コチュジャンを入れたり赤唐辛子を入れるといいでしょう。完成した焼肉もみだれに、お肉を炒める直前に絡めます。薄切りのお肉は漬け込み過ぎると味が濃くなって、反対に肉質が固くなることがありますから、さっともみだれにくぐらせるだけでいいでしょう。焼肉もみだれにごま油が入っていますから、フライパンにひく油は少なめでいいでしょう。お肉を漬け込んだ焼肉もみだれが余った場合は、フライパンで火を通して、野菜炒めの味付けにすることができます。味がしっかりついていますので、野菜炒めに少量加えるだけでおいしくなります。お肉を漬けていない焼肉もみだれが残った場合は、密封できるガラス瓶に入れて冷蔵庫に保管すれば、1週間ほど保存できます。

焼肉もみだれの作り方のまとめ

焼肉もみだれの必要性は、味を美味しくさせること、さらには肉のくさみを取ることにあります。それゆえベースとなる食材はおのずと決まってくるので、そこから好みの味を加えてアレンジを加えるのがいいのです。では基本となる材料ですが、しょうゆ大さじ2~3、砂糖大さじ半分~1、酒大さじ1、みりん大さじ半分~1、ゴマ油大さじ1~1.5、リンゴジュース大さじ1~2、すりおろしにんにく小さ1~2、ごま大さじ1~2になります。 ボウルに材料をすべて投入して混ぜていきます。分量はあくまで目安であって、味見をして自分の好みのものを見付けていくのが大切になります。ポイントとしてはしょうゆと砂糖で、このふたつが味の決めてとなるので、増減する時はしっかりと味を確認することが大事です。 肉を焼く前にしっかりと絡めていきます。長く漬け置きすることはなく、5分くらいで十分です。そのままお好みの火加減で焼いて召し上がってください。 焼肉もみだれは分量が必ずしも決まっているわけではなく、お好みで調整することができます。また生姜や豆板醤を加えると独特の風味になりますし、甘めが好きならパイナップルなどを刻んで加えても美味しくなるので、いろいろと試してみるのがいいかと思います。

y001-0934

ポン酢の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鍋を食べる時やてんぷらを食べる時にはポン酢を使うことがあります。市販のポン酢を使うことがほとんどだと思いますが、実はポン...

y001-0965

ふわふわパンケーキの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

見た目がふっくらボリュームがあって可愛らしく、フォークで切るとサックリしていて口の中でとろけるような軽い食感のパンケーキ...

y001-0262

冷やし汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

冷やし汁というのは九州地方の郷土料理ともいわれていますが、じつは東北や関東でも郷土料理として食べられています。冷やし汁は...

y001-0887

もんぺ型紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もんぺというのは、いろいろな作業をするのに便利です。農作業はもちろんのこと、普段の生活で家事をしたりするときにも使うこと...

y001-0944

ポーチの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ポーチは、バッグの中に散らばりがちな物を1つにまとめることができる、とても便利な小物入れです。文房具を入れておき、ペンケ...

y001-0943

ホールトマトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏は殺菌作用が強く浴び続けると有毒性が強くなる紫外線が最も多い時期のため、その紫外線で受けたダメージを回復させる食材であ...

y001-1396

お煮しめの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お煮しめというのは、日本料理の中でも家庭の味というもので、誰もが小さなころから食べているものの一つということが出来るので...

y001-0942

ポケットポシェットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ポケットポシェットとは、小学生などの子どもが普段着ている洋服にポケットがない場合などに、本来ポケットに入れるべき必要最低...

y001-0641

手芸の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

一言で「手芸」と言っても、様々なものが思い浮かびます。今回は、編み物全般について書かせていただきたいと思います。編み物と...

y001-0945

ホウ酸団子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ホウ酸団子を作る目的はゴキブリの駆除です。ゴキブリを駆除するときに悩むのは、どのような方法で駆除するかということです。ゴ...

y001-1263

シソジュースの簡単な...

古くから日本の食卓を味と香りで彩ってきた「しそ」。葉だけ...

y001-0991

フェルト王冠の簡単な...

フェルト王冠は赤ちゃんのかわいい写真を撮りたいときや子供...

y001-0335

母子手帳ケースの簡単...

妊娠した方の場合では国内では母子手帳を入手することが行わ...

梅干しの簡単な手作り...

日本の昔からの知恵で、毎日一粒の梅は医者いらず、と言われ...