蒸しまんじゅうの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

蒸しまんじゅうの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

蒸しまんじゅうを手作りするのは、まず安心できるおやつになることです。それにお店で購入した蒸しまんじゅうでは甘さが足りなかったり、あんこや皮の種類が限定されてしまい同じ様な味ばかりとなってしまいます。自分で手作りすれば砂糖の調節が出来たり塩を効かせることも可能です。皮もチョコレート味や抹茶を混ぜたり、黒糖で作ることだって出来ます。蒸しまんじゅうを膨らませる素材も重曹やベーキングパウダー、酒まんじゅうならば米麹を使います。天然酵母でも香りが良い蒸しまんじゅうが出来上がります。もしも時間があってあんこも作れば、小豆だけでなくウグイス餡や白餡などバリエーション豊かな蒸しまんじゅうとなります。子供さんが作ることに参加できれば、自分で作った蒸しまんじゅうをこれまでのどんなおやつよりも美味しいと感じるはずです。家族の団欒にもなりますし、こうやってお母さんがいつも料理を作ったりおやつを作ってくれていると理解され、情操教育の役目を果たしてもくれるでしょう。手作り方法は慣れない内は面倒に感じるかもしれませんが、何度が繰り返している間に手際も良くなり、時間も短縮していけるはずです。やってみればこんなに簡単なんだとびっくりすると思います。

蒸しまんじゅうを作ることの楽しさ

蒸しまんじゅうは薄力粉と膨らませるための重曹かベーキングパウダー、砂糖を水で混ぜるだけで作れます。ボールに薄力粉200gに重曹小さじ2分の1と砂糖140gを混ぜておき、そこへ水60m(様子を見ながら耳たぶくらいの固さを目指してください)lを入れてヘラか手で捏ねます。この皮を捏ねる作業は子供さんから大人も楽しめる時間です。子供の頃、粘土遊びや砂遊びをした感覚が蘇ってくるのではないでしょうか。パンのように力一杯こねる必要はないので、ちょっとしたストレスの解消にもなります。何かを一心に作っていると嫌なことや大変なことも忘れてしまいます。生地が纏まったら乾かない様に濡れふきんを掛けて、1時間ほど置いておきます。その後生地をひとつ30gから40gくらいに切り分け、手のひらのうえで丸く広げ団子状にした餡子を50g乗せて包んでいきます。少しくらい餡子がはみ出しても気にしなくて大丈夫です。丸い蒸しまんじゅうだけでなくて色々な形のものを作っても面白いでしょう。子供さんとどんな形にしたいか、会話も弾みます。皮の生地にココアを大匙2ほど加えれば、美味しいチョコまんじゅうが出来てしまいます。蒸し器がなければ深めの鍋に水を入れ、ザルを下において皿にのせたまんじゅうを強火で10分蒸し上げます。火をけしてあと10分置いておけば出来上がりです。

蒸しまんじゅうを作るのに用意する物

蒸しまんじゅうというのは、秋から冬にかけて寒くなってくる時期になると、むしょうに食べたくなってしまうようなものです。そのために、コンビニエンスストアの店先などにはあんまんや肉まん、ピザまんなどといった蒸しまんじゅうがホカホカで売られるようになってきたり、デパートの食品街やスーパーマーケットなどでも、様々な種類の商品が販売されるようになります。しかし、毎回のようにそれらを買っていると、お財布にとっても大変になってしまいますし、カロリー的にもなかなか厳しいことがあるものです。そこでおすすめしたいのが、家庭などで自分で蒸しまんじゅうを作ってみるというものです。しかし全く手作り方法が分からず、何だかとても難しいものなのではないかと諦めてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。実はそのような事は全く無く、初めて手作りをする人にも比較的簡単に作る事が出来るのです。作る際に用意するものは、簡単です。小麦粉に塩、砂糖にベーキングパウダーか重曹で皮が出来ます。そして中に入れるものは、手軽にあんこだけでも良いですし、肉まんの場合には、ひき肉に玉ねぎ、しいたけやニンジン、竹の子などお好みのものを準備しましょう。

蒸しまんじゅうの作り方の手順

蒸しまんじゅうを作る時の流れとしては、まず皮を作ることから始めると良いでしょう。色々な蒸しまんじゅうのレシピがある中でも、ここでは手軽で特別なテクニックなどを必要としないものをご紹介しましょう。まずはボウルに小麦粉と重曹、食塩と砂糖を入れ、ぬるま湯を少しずつ注ぎながらそれをこねていきます。ピザの生地くらいの固さを目指しながら仕上がりは丸いボールのようにしておきます。それをラップに包んで、少しの間冷蔵庫で休めます。その間に中身を用意しましょう。肉まんであれば、干しシイタケを水で戻している間に、ニンジンや竹の子などを全て小さくみじん切りにしておきます。そして、フライパンに油を引いてひき肉を炒めます。少し白っぽくなってきたら、野菜類を全て入れ、砂糖としょうゆ、こしょう、カレー粉やサンショウなどでお好みの風味にします。水分をしっかりと飛ばす感じで、強火で仕上げます。ここで水気が残っていると、皮で包んだ時にベトベトしてきて汚くなるので、強火がポイントです。冷ましている間に、皮を作りますが、先ほどの生地を等分して平たくつぶして餃子の皮より少し厚めにのばし、タネを包み、ふっくらと蒸し上げれば出来上がりです。

蒸しまんじゅうの作り方のまとめ

蒸しまんじゅうの作り方は、沢山あります。材料を工夫すれば、それこそ作り方は無限大でしょう。手作り方法は難しいと考えがちですが、そんなことはまったくありません。昭和の初めまでは、何処のお家でもおやつは家で作られていました。難しいと考えてしまうのは、休ませる時間が入ることで面倒に感じてしますから。粉と砂糖と餡子、材料はこれだけです。至ってシンプル、じゃありませんか。バターを溶かしたり、卵白を泡立てたりしなくても作れる美味しいおやつです。上手に出来るようになれば親しいお友達にお裾分けして喜ばれると思います。麹で作る場合は前の晩に麹4分1カップとご飯半カップ、水1と2分の1カップを入れて良く混ぜて、一晩ふきんをかけて発酵させておくと、翌日すぐに蒸しまんじゅう作りに取り掛かれます。餡をつくるのも別の日に小豆だけを煮ておいて、冷凍しておくのも便利です。小豆を茹でる時は、えぐみがあるので必ず2回ほど茹でこぼしを行ってください。上白糖を入れればさっぱりとした味になり、黒糖ならばコクのある餡になります。蒸しまんじゅうのふっくら感は重曹のほうが強く向いていますが、匂いが気になるようでしたらベーキングパウダーを使ってください。

y001-0434

豚汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

豚汁というのは、誰もが好きである汁物ともいえるでしょう。中には豚肉が入っていてコクがあって味噌汁のほうがいいという人もい...

y001-1089

ニンニクの漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ニンニクは、ユリ科ネギ属の植物で香味野菜の代表的な存在です。紀元前数千年頃には栽培が開始されていたと考えられており、人類...

y001-0585

蒸しまんじゅうの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

蒸しまんじゅうを手作りするのは、まず安心できるおやつになることです。それにお店で購入した蒸しまんじゅうでは甘さが足りなか...

y001-0612

手作り帽子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作り帽子を作れば、自分の思い通りの帽子が手に入ります。しっかり作るには準備と作業が必要になりますし、こだわりを求めれば...

y001-0387

半熟オムライスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

卵の調理は簡単なようで非常に難しく中でも半熟調理は温度調節や経験が必要となるものが多いです。中でも半熟オムライスは非常に...

y001-1074

ネギ味噌の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

味噌は、穀物を発酵させて作られた食品であり、日本では古くより調味料としても使用してきた歴史を持っています。醤油と共に日本...

y001-0064

フリースネックウォーマーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・...

フリースネックウォーマーは冬には大活躍のアイテムです。暖かく保温性に優れ、しかも軽いというのが特徴です。市販のものもある...

y001-0639

手芸ふくろうの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

簡単に作ることが出来る手芸ふくろうを作る理由や目的はいくつかあります。まず、わずかな布があれば手芸ふくろうが出来るので、...

y001-1287

ごま油の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ごま油というのは、嫌いな人がいないのではと思われるほど、老若男女が好むものと言われているものです。香ばしい味わいと、油な...

マキシスカートの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏のおしゃれに欠かせないスカートですが、今はマキシスカートの人気が高いです。足首まで届く長いスカートを合わせることで、ト...

y001-0850

レジンの簡単な手作り...

レジンというのは英語で樹脂のことを指します。最近ではこの...

y001-1145

トマトジャムの簡単な...

健康や美容にいいと言われているトマト、医者もおすすめてい...

y001-0705

黒玉ねぎの簡単な手作...

玉ねぎは、炒め物やカレー、肉じゃがなどの料理に欠かせない...

y001-1298

ゴーヤチャンプルーの...

食欲が減退してしまう夏に、一皿でパワーを与えてくれる夏バ...