辛味噌の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

辛味噌の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

辛味噌はどんな食材にも合う万能調味料で、自家製の手作り辛味噌を作っておくとあらゆる料理のレシピに活用できます。材料も簡単にスーパーなどで手に入る物ばかりですし、手作り方法も基本は混ぜるだけなので、すぐにおいしい辛味噌が食べられます。辛味噌は野菜スティックなどにそのまま付けて食べても良いですし、魚料理や肉と野菜の炒め物などにも最適です。特に豚肉とピーマン、茄子などとの相性が良く、適当な大きさに材料を切って辛味噌と炒めるだけで、ごはんに合うおかずがあっという間に出来上がります。他にもチャーハンやラーメンなどに味のポイントとして加えるのも良いですし、煮込み料理やスープの調味料としても利用できます。また、ゆで卵を手作り辛味噌に一晩漬けこんでおいても、お弁当のおかずやおつまみなどに最適な一品になります。焼き肉や焼き鳥のたれにしてもおいしいですし、作り方も簡単なのでキャンプなどのアウトドアで辛味噌を作るのも楽しいですね。ベースになるレシピを覚えておけば、食材に合わせて色々とアレンジのできる調味料です。作る際にも特別な調理器具は必要ないので、材料さえ揃っていればいつでもすぐにおいしい辛味噌が作れます。

辛味噌を作ることの楽しさ

手作り辛味噌の良いところは、それぞれの材料の配合を微妙に変えることで自分好みのオリジナルができる点です。辛い物が好きな方は唐辛子の分量を多くしたり、疲労回復効果や滋養強壮などを高めたいときにはにんにくや生姜を多めに加えます。 市販の調味料は塩分が気になるという方も、手作りの辛味噌なら減塩味噌を使って塩分を抑えて作ることができるので、健康に配慮した食事が楽しめます。特に味噌は体に良い発酵食品になり、ビタミンB群やナイアシン、葉酸、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどさまざまな栄養成分を豊富に含んでいます。味噌の原料になる大豆はタンパク質やイソフラボン、ビタミンEなどが含まれていて、老化を防止する働きがあるとされています。大豆を普通に加熱調理すると成分の吸収が弱いのですが、味噌に加工する事で吸収が良くなります。 辛味噌に加える唐辛子はカプサイシンという成分が含まれていて、エネルギー代謝を活性化させたり免疫力を高める働きがあります。にんにくには疲労回復や滋養強壮の働きが、生姜には体を温める作用があり、利尿効果でむくみの解消になります。辛味噌は体に役立つ食材を使用しているので、おいしく食べて健康維持に役立てられます。

辛味噌を作るのに用意する物

辛味噌を作り置きしておけば、万能調味料として使えます。 家庭で作るならば、家にあるものを混ぜるだけで作れる手作り方法を覚えておくと良いです。計って混ぜるだけなので、とても簡単です。 用意するのは、味噌大さじ1、砂糖大さじ1、粉唐辛子大さじ1、ごま油大さじ1、しょうゆ大さじ1、すりおろしニンニク大さじ1、すりおろし生姜大さじ1、炒りごま小さじ1、です。 炒りごま以外の材料はすべて同じ割合と覚えておくと良いです。炒りごまはその1/3量用意すればOKです。 ちなみに、小さじ1が5mg、大さじ1が15mgです。 用意する道具は、煮沸した保存容器です。煮沸するのでガラス瓶などが適しています。煮沸しないで入れてしまうと、菌が繁殖して腐りやすくなるので注意します。 煮沸するには、大きめの鍋にお湯を沸かして、そこに保存容器を伏せて中を殺菌します。お湯の対流のおかげで、勝手に内側が消毒されます。あとは取り出してキッチンペーパーの上に伏せてのせて乾燥させます。まだ気になるようであれば、アルコールをしみこませたキッチンペーパーで内側を拭くと良いです。 唐辛子はパウダー状になって売っているものが適しています。甘みも含んだ韓国産のパウダーが良いです。

辛味噌の作り方の手順

辛味噌の作り方です。 材料(味噌大さじ1、砂糖大さじ1、粉唐辛子大さじ1、ごま油大さじ1、しょうゆ大さじ1、すりおろしニンニク大さじ1、すりおろし生姜大さじ1、炒りごま小さじ1)をすべて混ぜるだけで作れます。全体が混ざり合うように、大きめの清潔なボウルで混ぜると良いです。味噌で混ぜる時に抵抗があるので、ヘラなどで混ぜると良いです。 煮沸した保存容器に移せば完成です。冷蔵庫保存で1週間くらいはもちます。日ごとに熟成してまろやかになりますが、1週間過ぎると今度は腐敗に向かっていくので、1週間以内に食べきるようにしてください。 辛味噌は、きゅうりにディップしたり、炒め物に使ったり、そうめんや中華麺にのせても美味しいです。ごま油が入っているので、中華食材として使いやすいです。 お好みによって、にんにくと粉唐辛子の量を多くすれば味が調整できます。ただし粉唐辛子もにんにくも、入れすぎるとほかの調味料の風味が損なわれてしまう可能性があるので、適量にするのが良いです。 辛いものが好きな人にとっては、いろいろな料理に使える万能調味料です。ご飯、パン、麺、と何にでも使えます。 作る時には、1週間で食べきれる分量を作るようにしましょう。

辛味噌の作り方のまとめ

辛味噌の手作り方法ですが、まずは材料を準備します。味噌を大さじ3杯、みりん小さじ2杯、豆板醤小さじ2杯、砂糖小さじ2杯、ごま油大さじ1杯、にんにく適量、しょうが適量です。にんにくとしょうがの分量は好みに応じて調整します。にんにくとしょうがは生の材料を擦りおろして使用しますが、手早く作りたい時には市販のチューブの物で代用できます。作り方は、この材料をボウルに入れて混ぜるだけです。とても簡単で時間もかからずおいしい辛味噌ができあがります。 辛いものが好きな方は豆板醤を増やしたり、赤唐辛子を利用します。赤唐辛子を使う時は、細かくみじん切りにしてごま油を入れて弱火でじっくり炒めると香ばしくなります。辛味を抑えたい時は、ごまペーストやピーナツバターを加えると辛味がマイルドになるだけでなく、甘辛くなって味に深みが出てきます。サラダなどでドレッシング代わりに使いたい時はお酢で伸ばすと使いやすくなり、料理の調味料として使う時には、昆布茶を少し混ぜておくとダシがきいておいしくなります。 色々活用できる辛味噌は簡単に作れるので、作り置きして常備しておくと料理のレシピも広がってきます。ピリ辛の料理はごはんがすすむので、食欲がない時にもピッタリです。

y001-0736

鶏ささみレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鶏肉の栄養には上質なたんぱく質とコラーゲンそして肝機能を向上させるメオニチンなど美肌効果や体質改善に効果があることに加え...

y001-1028

ハンカチポーチの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ハンカチポーチといって、いろいろなタイプを考えることでしょう。ハンカチやティッシュを入れるための子どものポケットポシェッ...

y001-0540

生理食塩水の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

生理食塩水は簡単に作ることができますし、様々な用途に使うことができます。どのような目的で使うことができるかというと、目や...

y001-0645

射的的の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

射的の的を作るのは簡単なもので作れます。いってみれば射的をする人が興味を持つもの、喜んでくれそうなものを作ればいいわけで...

y001-0843

ワインビネガーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お酢は健康食品として注目されていて、料理に使う以外にも水割りやソーダ割りにしてドリンクとして飲んだり、野菜や果物を漬けて...

y001-0137

レジ袋収納の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

レジ袋はスーパーやコンビニエンスストアなどで買い物をした時にもらうことができますが、これはたまにもらいすぎてしまって、余...

y001-0522

折り紙ネクタイの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

封筒というのは中に手紙を入れてそれを贈り主に届けるものであり、中身が他の第三者にわからないようにするために必須のアイテム...

y001-1248

シュウマイの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「生きる事は、食べる事」という言葉があります。大げさな言葉かもしれませんが実際のところ生きるために食べますし、健康でいる...

y001-1214

そうめん流し竹の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代の日本はなかなかデフレ経済から脱却できずにいます。様々な政策が打ち立てられるものの、消費の回復の兆しはなかなか見えま...

y001-1454

うどレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

うどは山菜の一つであり、漢字で書くと「独活」になります。「独活」と書いて有っても、これを「うど」と読める人は少ないと言え...

y001-0562

水ようかんの簡単な手...

水ようかんというのは、夏に暑い日に食べたいおやつとしてゼ...

y001-0373

美味しい稲荷寿司の簡...

稲荷寿司ということばの語源は、油揚げが稲荷信仰に関わりの...

y001-1366

カツ丼の簡単な手作り...

カツ丼を作る理由には、たまにはガッツリとした肉料理を食べ...

y001-0459

朝食レシピの簡単な手...

朝食レシピをいろいろ覚えておくと、忙しい朝の時間短縮に役...