青しそジュースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

青しそジュースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

青しそは、茎・葉ともに緑色をしたもので、味と香りが良いために食用として使用されます。また、栄養面においても非常に優れており、ビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含んでいます。特にβ-カロテンの含有量は、全ての野菜の中でトップクラスです。この栄養素は、身体の粘膜や皮膚を正常に保ち、免疫機能を向上させる作用があります。また、体内で必要に応じてビタミンAに変化するので、健康を維持する為の役割を担っています。特に、強い骨を作るサポートをするなどの成長を促進する作用があるので、成長期の子供にとっては身体を大きくするために欠かすことは出来ません。ただし、青しそから必要栄養素を補給する為には、かなりの量が必要となります。そこでおすすめなのが、青しそジュースです。青しそが持つ栄養素を丸ごと補給できるので、簡単に栄養素を摂取できます。また、手間もかからないということも魅力であり、長期的に継続することが可能となります。食品からの栄養補給は健康をキープする為に非常に効果的ですが、薬ではないので急激な変化は起こりません。このために、出来るだけ長く続けることが必要となるので、簡単であるということは重要な意味を持ちます。

青しそジュースを作ることの楽しさ

青しその栄養を効率的に補給できるということが、青しそジュースのメリットです。発育をサポートする栄養素を豊富に含んでいるので、10代の子供には特に効果的です。ただし、それ以外にも多様な栄養素を含有しており、様々な効果を期待できます。その中でも女性にとってメリットとなるのが、美容の大敵である便秘を解消する食物繊維を豊富に含んでいることです。 食物繊維は、植物由来の食品の細胞壁により構成されている成分で、栄養素として吸収できないので食品の残りかすの部分と考えられていました。しかし、大腸の働きを活性化する作用があることが判明したために、現在では厚生労働省により1日の必要摂取量も規定されています。 大腸の働きを活性化することにより、不要な老廃物や毒素により構成されている便をスムーズに体外へと排出することが可能となります。吹き出物や体臭に悩んでいる人にとっては、問題を根本的に解消することができます。 この様に、青しそジュースを飲むことにより、健康状態の改善と美容の向上の両方が期待できます。作り方は、非常に簡単であり、楽しみながら続けることができます。用意しなくてはならないのは、青しそと水、そして砂糖です。

青しそジュースを作るのに用意する物

青しそは以前から香味野菜として刺身のつまや薬味などに利用されていましたが、近年は青しそそのものに注目が高まっています。揚げ物と一緒に食べるとさっぱりしますし、食欲増進が消化促進の効果が期待できます。そんな青しそを使った青しそジュースは、簡単に自宅でも作ることができます。青しそジュースを作る際に用意するものは、青しそと水、砂糖とリンゴ酢、クエン酸だけです。氷砂糖やグラニュー糖、ハチミツでも代用が可能です。リンゴ酢はそのものがフルーティーなので青しそを一緒に漬けるとよりおいしくなっておすすめですが、りんご酢を使わない場合は、一般的な酢でかまいません。酢とクエン酸は、青しそジュースの酸味になるものですから、酸っぱいのが苦手な方はリンゴ酢を使いクエン酸を少なめにし、さっぱりした青しそジュースが飲みたい方にはリンゴ酢を少なめにしてクエン酸を多めに使用するのをおすすめします。青しそは家庭菜園やプランターでも簡単に作れる野菜ですから、家で育てた青しそを使って青しそジュースを作るのもおすすめです。青しそには風邪予防の効果もありますし、クエン酸は疲労回復に効果がありますから、青しそジュースは健康に良い飲み物です。



青しそジュースの作り方の手順

青しそジュースの手作り方法は、青しその葉を茎から取ることから始めます。土の汚れや虫を水でしっかりと洗い流しましょう。汚れがついていると、濁った青しそジュースになってしまうので、1枚1枚丁寧に洗います。大き目のお鍋に水を入れて沸騰させたら、そこに青しそを入れて15分程度煮だします。水1リットルに対し、青しその葉は50枚程度が目安になります。煮出したら、青しろを全て引き上げます。青しそをふきんなどで濾して、成分を一滴残らず絞り出しましょう。青しそを引き上げたら、再び火にかけてリンゴ酢と砂糖を加えます。混ぜながら砂糖が完全に溶けたら火を止めて、粗熱を取ります。粗熱が取れたらクエン酸を入れて出来上がりです。煮沸消毒したガラス瓶に入れて、冷蔵庫に保存しましょう。酢が入っているので長持ちしますが、無添加で保存料が入っていませんから、なるべく早く飲むようにしましょう。青しそジュースは水割りやソーダ割りだけでなく、お湯割りにしてもおいしいので、一年中楽しめる飲み物です。また、青しそジュースを作るときに、青しそだけを使うのでなく、青しその半分ほどを赤しそに代えれば、きれいな赤いしそジュースを作ることができます。

青しそジュースの作り方のまとめ

青しそジュースの手作り方法は、まず青しそをしっかりと洗って煮詰めることからスタートします。青しその有効成分であるβ-カロテンと食物繊維は熱に強いという性質を持っているので、かなり煮込んでも壊れることはありません。 10分程度沸騰させた後に、青しそを中から取り出します。これに、砂糖を入れて溶かします。砂糖の量が少ないと、保存できる期間が短くなります。このために、すぐに飲んでしまうという場合は、少なめでも構いません。出来あがったものには、好みでリンゴ酢を加えるなどで味を調えることも可能です。 青しそジュースは、それほど綺麗に色が出ない場合もあるのが特徴で、見た目は薄く感じても味はしっかりと出ています。氷を浮かべて飲めば夏の飲み物としてピッタリであり、炭酸や焼酎で割るという飲み方も楽しむことができます。 保存方法は、冷蔵庫に入れるのが無難で、常温で放置するとカビが生えることがあります。なお、冷凍保存であれば長期間の使用も可能となります。ただし、栄養補給ということを目的にしているのであれば、必要に応じて新たに製造した方が適当です。また、ダイエットを目的としている場合は、リンゴ酢ではなくクエン酸を加える方が良好です。



y001-0509

折り紙封筒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

相手に手紙を出すときには手紙が他の第三者に見られないように封筒の中に入れて送ることになるのですが、その場合封筒をスーパー...

減塩梅干しの漬け方の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅はバラ科サクラ属の落葉高木で、その果実は強い酸味を持っているのが特徴で薬用や食用として古くより使用されてきた歴史を持っ...

y001-0873

らっきょう漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

らっきょう漬けは、カリッとした歯ごたえが魅力で、カレーの付け合せとして知られています。らっきょう漬けはカレーの辛さを中和...

北欧モビールの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もともとは赤ちゃんや子供の視覚を楽しませるために利用されていた北欧モビールですが、北欧では室内にこもることが多いためにD...

y001-0190

学校経営計画の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

学校は、小学校、中学校、高校と学校種によって全く違った学校経営計画が必要になります。簡単にはいきません。なぜならば、児童...

y001-1357

かまぼこ飾り切りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

かまぼこは一個当たりの単価が100円~250円くらいと比較的安価な食材のため、お弁当や普段の食事でも気軽に使われる食材で...

y001-1340

かわいい髪型学校の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

女の子ならだれでもかわいくありたいものです。学校に行くときだってできるだけおしゃれしてかわいくいたいものです。とはいって...

y001-0920

ミートソースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ミートソースを手作りする理由として安全面と経済的な面、健康面があげられます。缶やレトルトパックで簡単に食べる事の出来るミ...

折り紙箱折り方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代はお金さえ出せば、なんでも手に入る時代です。そういう時代にもかかわらず、手作りを楽しむ人は多くなっています。手作り作...

y001-1175

チャーハンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

炊飯ジャーにある白ご飯と冷蔵庫の残り物で料理を作ろうと思ったらチャーハンが一番適しているでしょう。チャーハンなら炊いてあ...

y001-1208

タイムスケジュールの...

時間はこの世に生まれてくるすべての人に同じように与えられ...

y001-0822

引継書の簡単な手作り...

会社に勤めていると人事異動はつきものです。人事異動の際に...

y001-0218

マスクポーチの簡単な...

かつてはマスクをする機会といえば、風邪を引いたときや、学...

y001-0007

ヘクセンハウスの簡単...

子どもの頃に憧れたお菓子の家。それが自分でも作れます。ヘ...