多肉植物寄せ植えの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

多肉植物寄せ植えの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現在は癒しの効果があるなどといって部屋で観葉植物を育てている人が多いようです。そんな中で、植物を育てたことがないという人にも育てやすいと大変な人気なのが多肉植物です。ただ、そんな人気のある多肉植物ですが、それだけがポツンと植えてあっても寂しいものです。そんな時には他の植物と一緒に植える多肉植物寄せ植えを楽しむのがいいでしょう。では、多肉植物寄せ植えにどのような目的があるのかご説明しましょう。まず第一に多肉植物だけを植えて楽しんでいる以上に、様々な植物が一緒に植えられるわけですから、目を楽しませてくれる効果がひときわ強まります。これが一番の目的でしょう。さらに、多肉植物を育てたことがあるという方で、このような経験をされたことがあるという方はいらっしゃいませんか。それは、多肉植物にちょこっと触れただけでその多肉食物がゴロンと倒れたというものです。多肉植物はそれほど深く根っこが地中に入っていかないので、中には非常に倒れやすいものもあります。そういう特性のある多肉植物を、他の根っこが張る植物と一緒に植えることにより、多肉植物の根っこが簡単に固定されて安定するというものも理由として考えられます。

多肉植物寄せ植えを作ることの楽しさ

次に多肉植物寄せ植えでのメリットを考えてみましょう。まず、一つの鉢植えで、様々な植物を観賞できるというものがあげられるでしょう。多肉植物寄せ植えは、多肉植物の配置を様々にかえることによって、また組み合わせる植物の種類をかえることによって千変万化、様々なバリエーションが楽しめます。これが第一のメリットでしょう。ポツンと多肉植物が一つ植えてあるよりも、華やかで魅力的です。それと、多肉植物の寄せ植えに使う器を選ぶのも楽しさの一つでしょう。ブリキの缶や急須など、どのようなものでも鉢に利用できます。おしゃれに工夫できるのがいいところです。次に作る楽しさということに関しては、植物の寄せ植えでは切っても切れない関係の植物同士の相性というものの理解というものがあります。植物には例えば、日当たりがいいところを好む性質のものもあれば、あまり日が当たらないところの方が適しているものなど様々です。寄せ植えをする時には、この性質が同じものを植えないと成立しないわけですが、この相性を勉強するのが意外と楽しい作業になるはずです。書物やインターネットで相性を見ながら、ご自分が育てようと思っている多肉植物とどの植物が相性がよくて、どれを一緒に植えるのかを考えるのはきっと楽しい作業になると思います。 最近では寄せ植え用のおしゃれな鉢なども販売しているので、“鉢選び”“植物の配置”などを自分の好みで寄せ植えを作成できます。

多肉植物寄せ植えを作るのに用意する物

多肉植物は見た目がぷっくりとしてかわいらしいだけでなく、簡単に育てることができ、水やりの手間もあまりかからないので大変人気があります。適切に管理していれば鮮やかなかわいらしい花をつける品種もたくさんあり、さし芽やさし木で簡単に増やすこともできます。多肉植物寄せ植えも簡単な手作り方法できるので、ぜひ自作してみましょう。多肉植物寄せ植えをつくるために準備するものは、ピンセット、スコップ、あれば小型の土入れ器、鉢、土、多肉植物の苗、ミズゴケです。土は水はけのよいサボテン・多肉植物用の土が園芸店で売られています。鉢は一般的な植木鉢はもちろん、空き缶や穴あきレンガなどを利用して多肉植物寄せ植えを作っても雰囲気があって素敵な仕上がりになります。底に水はけ用の穴がない器を使用するときは、水やりの後に器を傾けて余分な水を捨てるように習慣づけましょう。多肉植物の苗は園芸店やホームセンターで手に入ります。近隣に多肉植物を扱うお店がない場合は通信販売を行っている多肉植物専門店がありますので、インターネットなどで探してみましょう。多肉植物の苗は下の方の変色変形している葉を取り除いてきれいに整えておきましょう。季節の植え替えで出てくる差し芽でも、美しい寄せ植えができますのでぜひ試してみましょう。

多肉植物寄せ植えの作り方の手順

多肉植物寄せ植えの手順を説明します。まず鉢や器に底石をしき、多肉植物用の土を4分の1ぐらい入れます。多肉植物の苗を鉢の中におおまかに置いて、レイアウトを決めます。レイアウトが決まったら高さが揃うように土を足していきます。このとき小さめの土入れ器を使うと、多肉植物の葉に土がかかりにくく、仕上がりが美しくなります。土が隙間なく詰まっていくように鉢や器をトントンと叩き、土をならしながら少しずつ土を足していきます。ピンセットで位置を微調整して終了です。隙間が気になるときはミズゴケをピンセントでクッションの様に優しくつめてあげると、安定し美しいバランスが保てます。 多肉植物にはたくさんの種類がありますが、寄せ植えにする苗を選ぶときは同じ鉢に成長期の季節や水やりの間隔が同じか近いものを選ぶと、上手くいきます。また植え替え後はしばらく水をあげないようにします。植えた多肉植物がうまく根付くまで水やりを控えると、根腐れを予防し、強い根を育てやすくなります。 多肉植物の葉の表面は美しい白い粉に覆われているものもありますが、手でむやみに触らずにできるだけ茎の部分をピンセットでつまんで植えることで、粉落ちを防ぐことができます。

多肉植物寄せ植えの作り方のまとめ

多肉植物寄せ植えの手作り方法の説明です。まず準備するものは、ピンセット、 はけ、鉢底ネット、スプーン、土入れ(スコップ)、ハサミ、軽石、多肉植物専用の土、肥料、新聞紙などです。つづいて、寄せ植えに使用したい器と寄せ植えする予定の多肉植物を準備します。どちらもホームセンターなどで簡単に入手できます。器は、お好みの器で問題ありませんが、鉢底に穴が開いているものにしたほうが根腐れなどの症状がでにくいと思います。次に、ネットを鉢底の穴が隠れる程度に切って底に敷きます。そしてその後軽石をネットが隠れるように敷きます。そうしたら、ひとつかみくらいの多肉植物用の土を入れ、さらに少量の肥料(元肥)を入れていきます。その上にさらに土を入れます。この作業は忘れずに、根っこを肥料から守る効果があります。ここまで進んだら、いよいよ多肉植物を植える段階です。多肉植物のバランス、そして、配色などを考えて丁寧に植え込んでいきます。細かい部分に関しては手作業ではなく、ピンセットでやったほうが、きれいに仕上がります。これでほとんど完成です。仕上げにハケで植物の周りについた土をパラリパラリとはらいましょう。近くで見た様子と遠くから見た様子、または様々な角度から見ることによって微調整をして終了です。

y001-1302

ゲームの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

最新のCPUを搭載し、広大なフィールドをキャラクターが自在に動き回る様子を華麗なグラフィックで表現できるようになった家庭...

y001-0690

三角バッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

少し前から地球環境のことを考えて、エコロジーに関心を持つ人が増えてきています。また世界から日本が注目されていて、それを受...

y001-0261

冷や汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏の暑い日は食欲も減退しがちですし、火の前に立つのも億劫になってしまいます。ついつい素?や冷麦といった簡単で冷たい食事が...

ニンニクの醤油漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ニンニクの醤油漬けは優れた保存食品である上、あればとても便利な調味料でもあります。ニンニクは気温が高ければすぐに発芽して...

座布団の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

座布団やクッションなどは、買えばある程度の値段がします。そのわりには、気に入ったものがなかなかないという経験をされた人も...

y001-1092

ニンニクチップの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

にんにくの健康効果というのは精力剤の材料に使われるように食欲増進効果に加えて疲労回復効果があることで男性にとってうれしい...

y001-0606

酒まんじゅうの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

小麦を使った生地にお酒を加えて作るのが、酒まんじゅうの和菓子です。ほのかにお酒が香る小麦の記事の皮で、甘いあんこを包んで...

y001-0257

冷凍卵の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「冷凍卵」という言葉を聞いたことがありますか。冷凍卵とは、生卵を冷凍したものです。解凍してそのまま食べたり、料理の材料と...

y001-0583

織田信長年表の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

織田信長年表を作る理由や目的は人それぞれです。大学受験生が受験対策の為に作る場合もあれば、歴史ファンが織田信長をもっと詳...

y001-1056

はぎれ小物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

はぎれ小物は、洋服やバッグやのれん、クッションカバー等の大きめの雑貨などを作った余りの生地で作ることができます。はぎれで...

y001-1439

エクセル方眼紙の簡単...

エクセル方眼紙という言葉をご存知でしょうか。文字通り、エ...

y001-1100

髪の毛のくくり方の簡...

髪の毛のくくり方は改めて教えてもらう必要はない、そう思っ...

y001-1301

コースターの簡単な手...

夏場になると冷たい飲み物を自宅に来たお客様に出す方も多い...

y001-0764

基礎代謝を上げる方法...

基礎代謝を上げる方法を生活に取り入れることは健康のために...