多肉植物寄せ植えの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

多肉植物寄せ植えの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現在は癒しの効果があるなどといって部屋で観葉植物を育てている人が多いようです。そんな中で、植物を育てたことがないという人にも育てやすいと大変な人気なのが多肉植物です。ただ、そんな人気のある多肉植物ですが、それだけがポツンと植えてあっても寂しいものです。そんな時には他の植物と一緒に植える多肉植物寄せ植えを楽しむのがいいでしょう。では、多肉植物寄せ植えにどのような目的があるのかご説明しましょう。まず第一に多肉植物だけを植えて楽しんでいる以上に、様々な植物が一緒に植えられるわけですから、目を楽しませてくれる効果がひときわ強まります。これが一番の目的でしょう。さらに、多肉植物を育てたことがあるという方で、このような経験をされたことがあるという方はいらっしゃいませんか。それは、多肉植物にちょこっと触れただけでその多肉食物がゴロンと倒れたというものです。多肉植物はそれほど深く根っこが地中に入っていかないので、中には非常に倒れやすいものもあります。そういう特性のある多肉植物を、他の根っこが張る植物と一緒に植えることにより、多肉植物の根っこが簡単に固定されて安定するというものも理由として考えられます。

多肉植物寄せ植えを作ることの楽しさ

次に多肉植物寄せ植えでのメリットを考えてみましょう。まず、一つの鉢植えで、様々な植物を観賞できるというものがあげられるでしょう。多肉植物寄せ植えは、多肉植物の配置を様々にかえることによって、また組み合わせる植物の種類をかえることによって千変万化、様々なバリエーションが楽しめます。これが第一のメリットでしょう。ポツンと多肉植物が一つ植えてあるよりも、華やかで魅力的です。それと、多肉植物の寄せ植えに使う器を選ぶのも楽しさの一つでしょう。ブリキの缶や急須など、どのようなものでも鉢に利用できます。おしゃれに工夫できるのがいいところです。次に作る楽しさということに関しては、植物の寄せ植えでは切っても切れない関係の植物同士の相性というものの理解というものがあります。植物には例えば、日当たりがいいところを好む性質のものもあれば、あまり日が当たらないところの方が適しているものなど様々です。寄せ植えをする時には、この性質が同じものを植えないと成立しないわけですが、この相性を勉強するのが意外と楽しい作業になるはずです。書物やインターネットで相性を見ながら、ご自分が育てようと思っている多肉植物とどの植物が相性がよくて、どれを一緒に植えるのかを考えるのはきっと楽しい作業になると思います。 最近では寄せ植え用のおしゃれな鉢なども販売しているので、“鉢選び”“植物の配置”などを自分の好みで寄せ植えを作成できます。

多肉植物寄せ植えを作るのに用意する物

多肉植物は見た目がぷっくりとしてかわいらしいだけでなく、簡単に育てることができ、水やりの手間もあまりかからないので大変人気があります。適切に管理していれば鮮やかなかわいらしい花をつける品種もたくさんあり、さし芽やさし木で簡単に増やすこともできます。多肉植物寄せ植えも簡単な手作り方法できるので、ぜひ自作してみましょう。多肉植物寄せ植えをつくるために準備するものは、ピンセット、スコップ、あれば小型の土入れ器、鉢、土、多肉植物の苗、ミズゴケです。土は水はけのよいサボテン・多肉植物用の土が園芸店で売られています。鉢は一般的な植木鉢はもちろん、空き缶や穴あきレンガなどを利用して多肉植物寄せ植えを作っても雰囲気があって素敵な仕上がりになります。底に水はけ用の穴がない器を使用するときは、水やりの後に器を傾けて余分な水を捨てるように習慣づけましょう。多肉植物の苗は園芸店やホームセンターで手に入ります。近隣に多肉植物を扱うお店がない場合は通信販売を行っている多肉植物専門店がありますので、インターネットなどで探してみましょう。多肉植物の苗は下の方の変色変形している葉を取り除いてきれいに整えておきましょう。季節の植え替えで出てくる差し芽でも、美しい寄せ植えができますのでぜひ試してみましょう。



多肉植物寄せ植えの作り方の手順

多肉植物寄せ植えの手順を説明します。まず鉢や器に底石をしき、多肉植物用の土を4分の1ぐらい入れます。多肉植物の苗を鉢の中におおまかに置いて、レイアウトを決めます。レイアウトが決まったら高さが揃うように土を足していきます。このとき小さめの土入れ器を使うと、多肉植物の葉に土がかかりにくく、仕上がりが美しくなります。土が隙間なく詰まっていくように鉢や器をトントンと叩き、土をならしながら少しずつ土を足していきます。ピンセットで位置を微調整して終了です。隙間が気になるときはミズゴケをピンセントでクッションの様に優しくつめてあげると、安定し美しいバランスが保てます。 多肉植物にはたくさんの種類がありますが、寄せ植えにする苗を選ぶときは同じ鉢に成長期の季節や水やりの間隔が同じか近いものを選ぶと、上手くいきます。また植え替え後はしばらく水をあげないようにします。植えた多肉植物がうまく根付くまで水やりを控えると、根腐れを予防し、強い根を育てやすくなります。 多肉植物の葉の表面は美しい白い粉に覆われているものもありますが、手でむやみに触らずにできるだけ茎の部分をピンセットでつまんで植えることで、粉落ちを防ぐことができます。

多肉植物寄せ植えの作り方のまとめ

多肉植物寄せ植えの手作り方法の説明です。まず準備するものは、ピンセット、 はけ、鉢底ネット、スプーン、土入れ(スコップ)、ハサミ、軽石、多肉植物専用の土、肥料、新聞紙などです。つづいて、寄せ植えに使用したい器と寄せ植えする予定の多肉植物を準備します。どちらもホームセンターなどで簡単に入手できます。器は、お好みの器で問題ありませんが、鉢底に穴が開いているものにしたほうが根腐れなどの症状がでにくいと思います。次に、ネットを鉢底の穴が隠れる程度に切って底に敷きます。そしてその後軽石をネットが隠れるように敷きます。そうしたら、ひとつかみくらいの多肉植物用の土を入れ、さらに少量の肥料(元肥)を入れていきます。その上にさらに土を入れます。この作業は忘れずに、根っこを肥料から守る効果があります。ここまで進んだら、いよいよ多肉植物を植える段階です。多肉植物のバランス、そして、配色などを考えて丁寧に植え込んでいきます。細かい部分に関しては手作業ではなく、ピンセットでやったほうが、きれいに仕上がります。これでほとんど完成です。仕上げにハケで植物の周りについた土をパラリパラリとはらいましょう。近くで見た様子と遠くから見た様子、または様々な角度から見ることによって微調整をして終了です。



y001-0596

小物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

DIYなどによって工作を行うことを考えた場合では、一般的に小物に分類されるような雑貨品を製作することを希望される方が存在...

y001-0756

牛乳パック工作の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

牛乳やジュース、コーヒーやヨーグルトなど、紙パックを容器として流通している飲料はとても多くなっています。壜やペットボトル...

y001-0687

山椒味噌の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

山椒味噌は山椒の若い葉や実をすりつぶし、味噌に加えたものを言い、別名木の芽味噌とも言います。山椒は雄株と雌株があり、雌株...

y001-0332

抱っこひも手作りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

赤ちゃんが生まれると、いつまでもあやしていたいほど、いとおしい存在ですが、生活をする上で、いつまでもあやしている訳にはい...

y001-0574

神輿の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お祭りごとなどのイベントが開催される場所では、その内容によっては神輿が登場する場面を目にすることができます。一般的には神...

y001-0163

羊毛フェルトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

羊毛フェルトで作品を作る理由は、手芸初心者でも簡単に始められる点にあります。しかも必要な材料は少ないです。必要な道具は羊...

y001-0513

折り紙星折り方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

封筒というのは手紙を中に入れて相手に郵送するものであり、郵送中に中身が落ちないようにしたり、中身が第三者に見られないよう...

y001-1419

おいしいハンバーグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おいしいハンバーグは人気レシピの定番です。ボリューム満点のおかずにもなり、子どもも大人も大喜びです。夏にスタミナをつけた...

y001-0663

紙飛行機の折り方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

紙飛行機の折り方を学ぶ事は、子供にも大人にも創作を通じた成長を促します。紙飛行機を作るには、まず、どのような飛び方をする...

y001-0057

テトラポーチの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

テトラポーチを作る理由は、作成方法が簡単だということが挙げられます。他にも、自分の工夫次第ですごく可愛らしく作ることがで...

y001-0833

鮎の甘露煮の簡単な手...

鮎の甘露煮は、鮎を焼いたり干したりして乾燥させたものを、...

y001-0110

ファスナー付きトート...

バックは生きていく上で欠かせない持ち物ですが、意外とこれ...

y001-0278

嵐グッズ手作りの簡単...

嵐のファンはたくさんいますが、なかでも盛り上がっているの...

y001-0926

マジパンの簡単な手作...

マジパンは1407年のドイツで生まれたといわれています。...