張子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

張子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

郷土玩具としても古い時代から用いられているものに、張子と呼ばれているものがあります。張子はそもそもの製法が手作り品に属していることによって、DIYによって何かを製作する必要があった際には比較的簡単にできるものとして活用することができます。作ることの理由に関しては張子のデザインを事前に想定することによって、できるだけイメージに近いスタイルを持ったものを作り上げることによって、一定の満足感を得ることもできます。目的の範囲も広く、例えば室内向けのインテリア雑貨品としても十分に効果を発揮させることもでき、手作り品の展覧会などに出品するためのアイテムとしても完成度によっては対応することもできます。材料に関しては様々なものを活用することができますが、張子の持っている性質上として、机の上でゆっくりと作り上げることができる部分もDIYの中では作りやすいアイテムとして利用できる環境を持っています。最初にデザインを考えることが必要になりますが、1つだけの製作でも作り応えのある作品に仕上げることは可能になり、シリーズ物として数々の張子を製作する方法も用意されており、並べることによってインテリア用品として充実した見栄えを保つこともできます。

張子を作ることの楽しさ

張子の手作り方法ではやり方によっては簡単に作業を進めることができ、製法に関してはいくつかの方法を知った上で、製作者の都合に合わせた選択を行うことが望ましいことになります。木材や粘土、和紙などを使って製作を進めることになり、伝統的な雑貨品として成立しているものですが、デザインに関しては自由な発想で作り上げることもでき、例えば飼育しているペットに似ている姿を真似することも可能になります。単に雑貨品として製作することだけではなく、記念品としても製作することができるメリットを持っており、最終的にはカラーリングを施すことになりますが、この作業でも感性によって自由に作業を進めることができます。簡単に作る方法を選択した場合であっても、比較的見栄えの優れたアイテムに仕上げられることもメリットになり、和紙の持っている質感などを発揮させることによって、完成度の高い作品を作ることもできます。作り方によっては多くの方々に評価されるものに仕上げることもでき、手の器用さを活かすことの他に、アート的な感性を磨くこともできるメリットを持っています。一般的な方であっても選ぶ材料によって良好な見栄えを保ったものを作ることもでき、いくつかのパターンで製作を進めることもおすすめになります。

張子を作るのに用意する物

張子とは、粘土などで作った型に和紙や新聞紙などの紙を貼り付けて作る人形です。有名なものは、だるまや赤べこ、犬張子や虎の張子などがあります。犬張子は江戸時代には作られていた郷土玩具で、犬は一回の出産で複数の子供を産むことができるので、安産や子供の健康のお守りとして作られていました。 張子は、個人でも簡単に手作りすることができるので、出産が近い友人に手作りのお守りとして作ってあげると喜ばれることでしょう。 手作りの張子の材料は、100均でも簡単に揃えられるものばかりです。張子の型は粘土を使って作ります。粘土は油粘土を使用します。紙は、新聞紙と和紙を使っていきます。あと用意するものは、サラダオイル、水のり、木工用のボンド、はけ、水を入れるためのボールや洗面器などです。サラダオイルは、型に紙を貼ったあとに型を抜く際に、紙が粘土に貼り付いてしまうのを防ぐために使います。張子の型は粘土以外でも発泡スチロールや新聞紙でも作ることができます。型を抜くときは、中の発泡スチロールや新聞紙をかき出せば、問題ありません。接着には水で溶いた小麦粉を使うこともできますが、時間が経つとカビが生えるかもしれないので、水のりや木工用のボンドを使うのがおすすめです。

張子の作り方の手順

張子の手作り方法は、まずはじめにボールや洗面器に水を入れて、細かく切った新聞紙を浸しておきます。次に、粘土で型を作ります。型を作るときは、だるまの形をイメージしてできるだけ丸みを帯びた形のものを作っていくようにすると、かわいくできますし、型を抜くときに簡単に抜くことができます。型ができたら、型の表面にサラダオイルを塗っていきます。全体に塗ったら、濡れた新聞紙を型の全体に貼って下地を作っていきます。貼るときには、深いしわができないよう注意しながら、丁寧に貼っていきます。このときには、まだ接着剤は使いません。下地は少なくとも3層以上は貼ってください。 下地ができたら、次は下張りをしていきます。下張りには細かく切った新聞紙を使うので、下張り用に細かく切った新聞紙を用意してください。用意できたら、水のりや木工用のボンドを水で薄めて、はけで型の全体に塗っていきます。このとき、下地は濡れたままの状態です。塗り終わったら、新聞紙を全体に貼っていきます。しわができないように丁寧に3層ほど繰り返し貼ったら、2日ほど干して、完全に乾燥させます。完全に乾燥したら、型に切れ目を入れて中の型を抜きます。型を抜いたら、切れ目をのりで貼り合せて、また乾燥させます。 下地が乾燥したら、最後の仕上げに和紙で化粧張りをしていきます。綺麗に和紙が貼れたら、色付けをして完成です。

張子の作り方のまとめ

雑貨品に分類されるようなアイテムの中には張子と呼ばれるものがあります。張子は見栄えが良いものになりますが、基本的な構造は比較的簡単になるために、多くの方々が製作を開始できるものになります。その作り方としては、軽量素材の粘土などを活用する方法が用意されており、粘土の場合では下地の形状が作りやすいものになります。動物や人物などアイデアによって何でも製作することができ、最初に粘土である程度の形状を維持することになります。乾燥後には表面に和紙を貼り付けることがポイントになり、この作業でお勧めになる内容としては、速乾性の木工用接着剤を利用すると、短時間で完成させることができます。和紙の質感を活かした状態で重ね張りを行うことが良い方法になり、シワなどが発生してしまうことが無いように配慮することも大切になります。そのため、和紙は小さなサイズを何枚も貼り付ける方法も用意されており、いわゆる味を出すこともできます。最後にはペイント作業になりますが、アクリル絵の具などでも十分に対応することができ、予め想定しているデザイン通りに塗装を施すことによって完成させることができます。道具としては粘土と和紙、塗料と筆によって済ませることができ、低資金でも完成度の高いものを簡単に作ることができます。

y001-0179

友の会鍋帽子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鍋帽子を作る理由としてエコに調理を行うことが出来ることが挙げられます。料理において、特に煮込み料理に関してはゆっくりと長...

y001-1139

ドライハーブの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

毎日が忙しい、精神的に疲れている、リラックスできない、これらは現代社会に生きている人なら誰でも感じている悩みです。特に最...

y001-0238

丸太ほぞの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

DIYでの住宅を手作りで作る際に丸太ほぞを作り上げます。またその丸太の暖かさを感じる物を作り出すには、丸太ほぞを行います...

y001-0211

万華鏡の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

万華鏡を作る理由は人それぞれではありますが、その多くの理由は作り方が簡単だからという理由です。実際に作ってみると、用意す...

y001-0855

レシピお弁当のおかずの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

お弁当のおかずは、お弁当を目的として作ります。ですが、前の日の夕食のおかずを、アレンジして作ることもできますし、時間のあ...

y001-0001

甘酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

甘酒には様々な効能があります。また、「飲む点滴」といわれるほど栄養も豊富に含まれています。まず、疲労回復する効果がありま...

y001-1100

髪の毛のくくり方の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

髪の毛のくくり方は改めて教えてもらう必要はない、そう思った貴方、女子力が低下していませんか。ロングヘアだけが髪を束ねる、...

y001-1238

スカートの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ゴムを使った、簡単なギャザースカートの作り方をご紹介します。長方形にカットした布を2枚縫い合わせただけの簡単なスカートで...

y001-0681

子供エプロンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

我が子がかわいいからといって、何もかも親がやってあげては、子供が将来立派な大人になれなくなる恐れがあります。できるだけ、...

y001-0852

レシピ肉料理の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

肉料理のレシピは、日常的な食生活には、欠かせないくらいよく登場するメニューです。毎食のおかずのために作ることもありますし...

y001-1204

たくあん漬けの簡単な...

ちょっとしたご飯のおかずにいいのが「漬物」といった副菜で...

y001-0522

折り紙ネクタイの簡単...

封筒というのは中に手紙を入れてそれを贈り主に届けるもので...

y001-1329

キャラクター折り紙の...

折り紙は、日本の文化として世界中に広く知られている動物や...

y001-0574

神輿の簡単な手作り方...

お祭りごとなどのイベントが開催される場所では、その内容に...