伝言ゲームお題の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

伝言ゲームお題の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

伝言ゲームは日本でも広く行われている遊びです。数人のグループで行う遊びで、先頭の人から順番に一列に並びます。先頭の人はお題を伝えられたら、それをすぐ後ろの人に伝えます。後ろの人はそれをまた後ろの人に伝え、最終的に一番後ろにいる人までお題が伝われば終了です。いかにお題が正確に伝わったかということで勝負を決するのが一般的な方法ですが、どれくらい初めのお題とかけ離れた内容になってしまったのかを楽しむという目的もあります。伝言をしているうちに全く異なる文章になってしまうことも珍しくないことから、仲間との親睦を深める目的でレクリエーションの一環として行なわれることもあります。伝言ゲームは相手から聞いたことを正確に伝えるのが目的ですが、与えられたお題によってその難易度も大きく変わってきます。文章が複雑になればなるほど、正確に伝わることも難しくなっていきます。ですから伝言ゲームのお題によってゲームの盛り上がりも大きく変わってきます。このお題はよく伝言ゲームで使われているような文章をそのまま使うこともできますが、自分たちで作って遊ぶこともできます。手作りのお題は工夫次第で様々なものを作ることができます。

伝言ゲームお題を作ることの楽しさ

伝言ゲームのお題を自分で作ることのメリットは、そのゲームが行われる場所に合ったものを作ることができることです。例えば子供だけが集まるパーティーなどで行われる伝言ゲームのための題を作る場合には、子供でもわかりやすいような簡単なものを手作りで作ることができます。文字もあまり長くならないようにして、使われる言葉も子供でもわかるような簡単なものにすることで、子供たちのパーティーを盛り上げることができます。その反対に大人のレクリエーションとして遊ぶ伝言ゲームのために使用する場合には、少し長めの文章や複雑な言葉を入れて難易度を上げることができます。そうしたものを使用して遊ぶことで、より仲間内の親睦を深められるメリットがあります。さらに伝言ゲームのお題を作ることには、作ること自体にも大きな楽しみがあります。自分が作ったお題を使用して伝言ゲームが行われて、ゲームが大きく盛り上がった場合には、とても楽しい気分を味わうことができます。意図的に伝わりにくい文章を考えていくことで、言葉の勉強にもなります。また自分が意図していなかったような部分で伝言の間違いが発生したような場合もあるので、それもまた作ることの楽しみの一つです。

伝言ゲームお題を作るのに用意する物

伝言ゲームのために用意するものは、まずは人数です。1グループ5~10人くらいでまとまったグループを作ります。あまりグループの人数が多いと伝わるまで時間がかかります。グループとグループの間には間隔が必要ですし、グループ同士1列にまとまる必要があるので、人数より広いスペースが必要です。それから、あらかじめお題を考えておき、伝える手段も用意しましょう。伝言ゲームの司会者が口頭で伝えるのが普通ですが、人数が多い場合聞き取れなくなることがあるので、箱の中にくじを用意してお題を入れておくのも一つの手段です。もしくは、何かスケッチブックやメモ帳など書けるものを用意して文字で書いて伝えるようにすると、声がもれて他の人に伝わる心配がありません。グループの回答速度に合わせることもありますが、たくさん人数がいる場合には1人当たりの時間を設定しておき、タイマーや時計などで時間を計りながら時間を知らせる事もできます。体育館など広い場所でやる時にはマイクなど音響設備があるとやりやすいです。伝えるお題の中身や伝える方法を工夫することによって難易度を調整することができるので参加者の年齢や性別、集まった目的などを考慮して調整しましょう。

伝言ゲームお題の作り方の手順

伝言ゲームのお題の手作り方法ですが、特に決まったことはないものの、その場にいる人全員が知っているもののほうがわかりやすいです。簡単な伝言ゲームにしたいなら、最初の人に伝えるお題は全てのグループで同じものにしますし、場所が狭かったり聴こえやすかったりするなら、グループごとに違うものに設定します。伝え方も言語で伝えるのか、ジェスチャーは使ってもいいのか絵を描いてもいいかなど、どういう手段で伝えるのか手段を制限しておき説明します。 司会者は最初にグループの先頭の人を集めてお題を伝え、先頭の人から順番に最後尾の人に伝言を始めてもらいます。時間設定をする場合には1回の伝言ごとの時間を区切ると良いです。グループの最後尾の人は、伝えられた内容を発表します。先頭の人が受けた伝言と何が違っているか観察するのも参加者の楽しみの一つですし、どこで混乱したのか話したがることもありますので、グループの人が交流できるように答え合わせの時間にはじゅうぶんな余裕をもちましょう。ジェスチャーなどを交える場合には実際にやっていたジェスチャーをやってもらうと、笑いを誘ってなごやかな空気になります。回答する最後尾の人は注目を集めるため何度も同じ人がやるよりは前列に来てもらうなどして、交代でやってもらうと良いでしょう。

伝言ゲームお題の作り方のまとめ

伝言ゲームのお題を作る場合の手作り方法はとても簡単です。一般的な口で伝えるゲームの場合には、主語と述語を意識して文章を作っていきます。例えば「猫が転んだ」というような簡単な文章に複雑な要素を付け加えるだけでも、伝わりにくい難しい文章を作ることができます。この例文の場合ですと「猫」に「痩せ細った」などの形容詞をつけることで、複雑な文章になります。一つの名詞に形容詞をいくつもつけることによって、さらに複雑な文章にできます。「猫」の場合ですと「痩せ細った、黄色と黒の縞柄の、年老いた猫」のように情報量が多い複雑な文章にした方が、より相手に伝わりにくくなります。さらに主語に対応する動詞も複雑にすることでより伝わりにくい文章になります。例文の場合ですと「転んだ」だけですがこれを「転んでからゆっくりと起き上がって、あたりを見渡してから、突然走りだした」とすれば、より複雑で伝わりにくくなります。あまり長くなりすぎてしまうと一番先頭の人にすら全く伝わらなくなってしまう恐れもあるので、多くとも100文字程度に抑えた方がゲームが面白くなります。イラストを描いて伝えていくタイプの伝言ゲームの場合には芸能人やキャラクターなどをお題にします。

y001-1077

ぬか漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ぬか漬けを長年、守って来ているという人もおり、それぞれの家庭の味を継承し続けています。このぬか漬けを作るという理由は、塩...

y001-0077

ドアの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

インテリアを重視してDIYでドアをリフォームをする場合や、破損や傷んだ物と交換する為にドアを作る場合など、部屋の間仕切り...

y001-0840

わらびあく抜きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

春を味わえる山菜の王様「蕨(ワラビ)」。九州地方では3月中旬頃、東北地方なら5月下旬頃に旬を迎えます。先がくるんとした愛...

y001-1293

コチュジャンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

コチュジャンを作り置きしておけば、チャプチェ、チヂミ、ビビンバ、チゲ、タッカルビ、など色々な料理に使うことが出来ます。 ...

y001-0667

紙粘土マグネットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りの小物を作るのは楽しいものですが、紙粘土マグネットのように、実用性のあるアイテムを作ると、作った後にも色々な場面で...

y001-0489

鯛めしレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ご自宅の炊飯器で普段よりワンランク上の美味しいお米料理を作りたいと考えているなら、鯛めしを作ってみるといいでしょう。 ...

y001-0433

豚肉レシピキャベツの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

肉と野菜を使った料理はボリュームがあるので、家庭の食卓には頻繁に並ぶメニューでしょう。育ち盛りのお子さんから働き盛りのお...

y001-0126

栗ごはんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

主に食欲の秋に嬉しいひと品として、栗ごはんを挙げる事ができますが、大きな粒の国産の栗を使った栗ごはんはとても美味しい献立...

y001-1106

障子の張り替え方の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

今はとても便利な商品がたくさんあり、障子の張り替え方は自由に選べるようになりました。なるべくお金をかけたくない方は安くで...

y001-0879

よく飛ぶ紙飛行機の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供の頃なら誰しもが一度は紙飛行機を作成して飛ばした経験があるはずです。空を優雅に飛ぶことが出来る紙飛行機は、翼がない人...

S字の簡単な手作り方...

S字フックは雑貨屋さんやホームセンターなど色々なところに...

y001-0370

美味しい焼豚の簡単な...

ジューシーな美味しい焼豚は、お店で食べるだけではなく、自...

y001-0290

葉脈標本葉の種類の簡...

葉脈標本を作る目的としては手芸や工芸の材料として、さらに...

マキシスカートの簡単...

夏のおしゃれに欠かせないスカートですが、今はマキシスカー...