豆ご飯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

豆ご飯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

豆ご飯を作るための目的として大切なのは、白米には少ない栄養を補うためです。玄米を精米すると米糠が失われて、大切な栄養を損なうことになります。このことが原因で、昔は脚気という病気を流行させることにもなりました。現代ではおかずが豊かであるために脚気の心配はありませんが、白米だけでは食物繊維やミネラルも不十分なのも確かです。畑の肉と呼ばれる大豆を加えるだけでも、タンパク質の量を大幅に増やすことができます。脳内神経物質のアセチルコリンの原料となる大豆レシチンも豊富ですから、記憶力や学習能力を高めるために作ることもあります。大豆を加えることで独特な歯ごたえと風味が生まれ、滋味あふれる美味しさとなることも重要です。歯ごたえが加われることで、唾液の分泌を促進しやすくなり、虫歯予防のためにもなります。豆ご飯にして調理することは、収穫への感謝のためでもあります。伝統的な日本の風習においては、穀物は生活の糧となる食料です。大豆を入れたご飯を炊いて家族で食べれば、無病息災を祈願することができます。収穫の恵みに感謝しながら、翌年も同様な恵みに期待することも有意義です。いつもと違ったご飯を作るために、豆ご飯を調理することも重要な目的となります。

豆ご飯を作ることの楽しさ

豆ご飯を作ること自体が楽しいもので、人生の喜びとなるものです。調理方法は様々ですが、土鍋で炊くこともできます。炊飯器を使う場合には簡単ですが、直火で炊く場合には熟練の技も必要になります。絶妙な火加減によってふっくらと炊き上げることも楽しいもので、料理の醍醐味を存分に実感できます。鍋の底の部分におこげができると、香ばしい匂いがするようになります。おこげを食べることも大きな楽しみの一つですが、最近の炊飯器では性能が良すぎて作れないこともあります。直火で炊けば昔ながらのおこげを楽しめて、米や大豆の本来の美味しさも分かります。豆ご飯を作ることで得られるメリットとしては、わずかな出費で栄養豊富な主食を作れることにもあります。大豆の水煮は庶民的な食材であり、缶詰の製品を使うこともできます。保存がしやすい食材ですから、食べたいときには缶詰やパックから大豆を取り出して作ることができます。スタミナをつけたいときに豆ご飯を食べれば、豊富なタンパク質や鉄分のおかげで血液や筋肉が丈夫になります。慢性的なタンパク質不足になりやすい高齢者にとって、豆ご飯は手軽に食べられるタンパク源として貴重です。栄養が偏りやすい子供にとっても、極めて有益な料理です。

豆ご飯を作るのに用意する物

(豆ご飯の手作り方法) 材料を混ぜて、炊飯器で炊くだけの簡単豆ご飯です。 (用意するもの) 炊飯器・ざる・しゃもじ・水 (材料) ①米3合 ②酒大さじ1 ③塩小さじ1 ④さやつきえんどう豆適量 (量の目安:さやをむいた状態で100~150グラム) ⑤昆布10センチ程度。 ※豆ご飯の材料は、家族4人分になります。 できあがった豆ご飯の量は、大人用の茶碗で、だいたい6杯程度です。 えんどう豆は、さやから出したものは固くなっているので、できればさやつきのえんどう豆をご用意ください。 豆ご飯をつくるときに、えんどう豆をさやから取り出します。 さやから取り出すときは、特別道具を使わなくても指で簡単にひらくことができます。 えんどう豆は乾燥しやすいので、すぐ使われない場合は、さやつきのまま、ビニール袋などに入れ、冷蔵庫にいれておきます。 さやから取り出したものは、水につけて、冷蔵庫で保存してください。 グリンピースでつくっても美味しいです。 えんどう豆もグリンピースもだいたい2月~7月に市場に出回ってます。 旬は春~初夏で、暑さに弱いそうです。 この時期に下ゆでして冷凍しておくと年間を通して使えます。 グリンピースは冷凍のものが年中売られています。

豆ご飯の作り方の手順

(1)作り方 ①ご飯を炊く1時間前くらいに、米3合をといでおき、ざるにあげておきます(ざるにあげるのは省略可能)。 ②えんどう豆をさやから取り出します。 豆の量はお好みで決めてください。 目安としては、さやをむいた状態で100~150グラムです。 ③炊飯器にといだ米3合と3合のメモリまで水をそそぎ、酒大さじ、塩小さじ1をくわえ、軽く混ぜます。 ④さやから取り出したえんどう豆を③にくわえて、昆布10センチ程度をのせます。 ⑤少し時間(30分程度)をおいて、炊飯器のスイッチを押します。 ⑥炊き上がったら、昆布を取り出し、しゃもじでさっと混ぜます。 ⑦炊飯器のふたをとじ、少し蒸らしておきます。 ⑧簡単豆ご飯の完成です。 (2)レシピについて このレシピは薄味なので、味がしっかりしているものがお好きなでしたら、塩の量を少しふやされてください。 取り出した昆布を細かく切って、まぜても美味しいと思います。 豆ご飯はやっぱりとれたての豆でつくるのが一番美味しいですが、豆を下ゆでして冷凍したものでも美味しくつくれます。 冷凍しておいた豆や市販の冷凍のグリンピースなどを使っても美味しい豆ご飯ができます。 冷凍しておいた豆の保存期間の目安は、2カ月程度です。 シンプルな味付けが一番おいしいと思います。

豆ご飯の作り方のまとめ

豆ご飯の簡単な手作り方法を実践するために必要なのは、大豆と米となります。コクを出すために、油揚げも使うことがあります。乾燥した大豆を使う場合には、一晩かけて大豆を水に浸して戻しておきます。時間がなくて忙しい場合には、水煮の大豆を使います。米はしっかりと研いでから、ザルに移して水分を切っておきます。次の段階で炊飯器の内釜に米と水を入れて、隠し味の塩を入れます。水加減は好みで調整しますが、大豆の水分にも考慮することが大切です。油揚げを入れる場合には、油抜きをしてから刻んで加えます。後は炊飯器のスイッチを押せば、40分ほどの時間で完成します。土鍋を使う場合には、火を入れるまでの作業は同じです。土鍋に米と大豆を入れて、水分も加えて最初は弱火でじっくりと熱していきます。20分ほども経過すると音が変わってきます。ジリジリと音がするようになると、水分が十分に蒸発していることになります。この段階で火を止めて、20分ほどの時間をかけて蒸らします。さらに、フタを開けてかき混ぜれば、底の部分におこげがあることが分かります。炊飯器や土鍋で作る場合でも、盛り付けの方法は同じであり、おにぎりにして食べることもできます。

パーティー料理の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

皆で集まって開催するホームパーティーは楽しいものですが、パーティー料理を作るのは面倒だと感じる方は多いのではないでしょう...

巾着の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

巾着袋は袋の入れ口をひもでぎゅっと絞って閉じる構造のバッグです。バッグの中で行方不明になってしまう小さな物、とりあえずど...

アームカバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アームカバーは日焼け止めや掃除の時に長袖が汚れないようにするために使うものですが、手作りすることもできます。手作りしてア...

y001-0241

ガウス加速器の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ガウス加速器という言葉はさほど聞き慣れない装置の名前だと考えていますが、どうやら暑いシーズンでの休みの間に出される研究の...

y001-1172

チョコバナナの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チョコバナナは、バナナにチョコや様々なトッピングを施したお菓子のことです。お祭りなどの屋台や出店で販売されることが多く、...

凍り豆腐の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

豆腐は、鎌倉時代には食べられていたことが文献上でも確認されており、非常に長い歴史を持つ食べ物です。畑の牛肉とも呼ばれてい...

y001-1293

コチュジャンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

コチュジャンを作り置きしておけば、チャプチェ、チヂミ、ビビンバ、チゲ、タッカルビ、など色々な料理に使うことが出来ます。 ...

y001-0612

手作り帽子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作り帽子を作れば、自分の思い通りの帽子が手に入ります。しっかり作るには準備と作業が必要になりますし、こだわりを求めれば...

y001-0892

モビールの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

オシャレなインテリア小物として、日本でも近年人気が高まっているのが、モビールです。デンマークでは室内装飾品として、古くか...

ビーズの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ビーズで作るアクセサリーには、誰でも簡単に作れるものがたくさんあります。アクセサリーを作るセットが売っていて、必要となる...

y001-0448

土間コンクリートの簡...

古い時代では住宅内に土間と呼ばれるスペースが用意されてい...

y001-0942

ポケットポシェットの...

ポケットポシェットとは、小学生などの子どもが普段着ている...

y001-0406

梅ワインの簡単な手作...

梅ワインを手作りすれば、大量におもてなしのお酒が作れます...

y001-1230

ストレッチ体操の簡単...

普段の生活を送る上では使われる筋肉はだいたい決まってしま...